FLOAT

Arukazik Japanでは【Free Think キャンペーン】と題して『Ar.キャロ フリーシンカー』のカスタムキャンペーンを​開​催致​し​ま​した。​​審査基準は“!(エクスクラメーション)”
今回のキャンペーンは少々お題が難しかったでしょうか・・・?
それでは、実釣向きのカスタムアイディアを社内審査にて審議、表彰させていただきます。

BEST CUSTOM賞 大阪府 志摩人さん

《カスタム内容》
うっかりものの私は意気揚々と釣り場へ赴き、【Ar.キャロ フリーシンカー】に8.0gのウエイトを詰めフルキャスト!・・・しかし、痛恨の根掛かり。なんとかキャロシンカーとスイベルだけは回収できたのですが、なんとリーダーもジグヘッドも家に忘れており、事実上継続不能に・・・。せっかく海まで来たのだからどうにかならないものか?とBOXの底に転がっていたトリプルフックを付け、水を封入したキャロシンカーをキャストすると、まさに【I字系ルアー!】。・・・爆釣でした!!
よくフロートなどに直接バイトしてくるメバルなどがいますが、それにヒントを得て実践しての結果でした。その後も何度か実戦してみて、これは確実に釣れる!とわかり、ラメなどを封入して今の仕様になりました。本体内部に水とラメを封入してサスペンド仕様にして表層を漂わせます。軽いアクションだけで本体内部のラメがグルグルと輝きながら動きます。【これはもう生きたアミ?!】ぜひ、実戦投入されてみてください。


NICE IDEA賞 大阪府 イカウボンさん

《カスタム内容》
 【Ar.キャロ フリーシンカー】の内部に小型メタルジグ(タングステン製・10g)をセットしてみました。また、メタルジグにセットしたアシストフックをキャップ部から垂らし、本体内部のメタルジグにダイレクトアタックしてきたバイトをも、拾ってしまおうという発想です。セットするメタルジグのカラー&ウエイト等でいろいろと楽しめると思います。


NICE IDEA賞 山口県 梅田さん


《カスタム内容》
キャロシンカーの特徴であり欠点でもあるバックスライドアクション。これを【Ar.キャロ フリーシンカー】のウエイト交換機能を残したまま極力抑える改造を施しました。
まず、キャップを開け任意の位置で糸通しチューブを切り、片方のキャップと本体を分離します。次に分離したキャップの外側(糸多しチューブが伸びている方)から5mmほどの位置で糸通しチューブをカットし、瞬間接着剤などで固定します。最後に、本体内部で繋がる糸通しチューブの断面をライター等で炙って出来上がりです。
ポイントは、重心がセンターになるようにウエイトとバランサーをうまく配置することと、糸通しチューブの直線性を保つためにウエイトとバランサーで本体内部を満たすことです。
実戦でも写真の釣果がでております!バックスライドアクションが気なる方には一押しのカスタムです。


NICE IDEA賞 山口県 マーキーさん

《カスタム内容》
まずは、本体内部のキャップ上下側にウエイトを装着しゴム管などで固定します。そして、空いたスペースに砕いた蓄光ビーズ(またはケイムラ発光ビーズ)+水(または海水)を封入。本体内部でビーズが自然に浮遊しながら、視覚でターゲットにアピールします。


※参加賞に関しましては、賞品の発送をもって表彰とかえさせていただきます。
※ページの関係上、ご応募いただいた内容を簡略化しご紹介させていただいております。ご了承ください。