FLOAT

~フロート越しのアプローチ~

4月は全国的に“春のライトゲームシーズン真っ最中!!”ということで、弊社にも連日多くの釣果情報が寄せられる季節です。

近年は様々なパターンも確立され、梅雨メバル(アジ)や夏メバルなど、地域差やある種の条件を有効活用すれば、周年ライトゲームを楽しむことができるようになってきました。

もちろん、メバルやアジにとらわれることなくサバや小型回遊魚など、その地域の四季折々のターゲットをライトタックルで狙うスタイルも確立されつつあります。

今後ますますの発展が予想されるライトゲームの世界。 私たちアルカジックジャパンも、その担手の一員であることを自負していかなければならないと強く感じる昨今です。

そして、本日もブランドスタッフ(BA中崎優斗氏)から届きました釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【フロートリグ応用術でセカンドアプローチ】

今回もシーズン真っ只中のメバルを狙って釣行してきました。

明るいうちは、春一番を思わせるほどの強風が吹き荒れていましたが、日が傾くころには風もおさまり、日付けが変わるころには凪といった状況。

昼間の強風の影響か、港は貸し切り状態。 外海に面したゴロタ場やテトラ帯はまだ波が高い状態だったので、まずは港内の常夜灯周りからエントリーしてみます。

外海が荒れている影響もあって、港内の水質も濁り気味でメバルの姿は確認できない。

時間の経過が状況を変えてくれることに期待して、まずは足元の暗部で確認した良型のシーバスを狙ってみることに♪

【Ar.ヘッド ラウンドロック 2.0g-#4】のジグヘッドリグを使用して、可変リトリーブでスイッチを入れる作戦!

確認している魚影の真横を通り過ぎるあたりから、リトリーブ速度を急激にあげて誘うと、作戦が見事にハマったのか2投目にしてヒット。

周辺に気になるストラクチャーも特になかったので、ドラグを使ってゆっくり楽しみながら取り込みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA70cmオーバーの良型シーバス♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『シーバスが居るということは何らかのベイトも入っているはずなので、時合いでメバルも狙えるかも!』と、腰を据えて様子を伺っていると、予想通り?メバルらしきライズが始まりました。

取り敢えず、結ばれたジグヘッドリグのままで攻略してみましたが・・・そう簡単には反応してくれません。 ライズは頻繁ではないが変わらず発生しているので、魚が抜けたわけではないと判断しリグを変更。

【ぶっ飛びRocker L-F】+【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6】のフロートリグに1.2インチほどのワームをセットして探ってみます。

ライズが発生している付近を流してみると直ぐに反応がありましたが・・・その反応は、フロート本体にバイトしてくるといった状況。

プラグが圧倒的に有利な状況に感じましたが、生憎持ち合わせていなかったので何とか対策を考えていきます。

フロートとワームの大きな違いは“海面からの位置関係とシルエットの大きさではないか”と判断し、まずは、ワームサイズを2インチ以上の大きなものに変更してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの作戦で20.0cm前半のメバルがポロポロ釣れるようにはなりましたが、それでもまだフロート本体に直接バイトしてくることの方が多い状況。

ここで敢えて水面直下を見切り、ホバーリングしているかのように浮いているメバルの層を直接狙ってみることに。

結ばれたフロートリグを一度リセットし、PEラインからスイベルまでのリーダー長を3mほどと長めにとり直します。そして、スイベル下に60cmほどとったリーダー内で軽量スプリットショットのカタチをつくります。

中崎式フロートリグ【バイトシンカー ガン玉 J2~B】プロトのジグフック(ノーシンカー)を組み合わせて、フロート越しにスプリットショットリグを上下に動かすイメージ。

キャスト後、まずは長めにとっているリーダーを送り込んで任意のレンジまで仕掛けを沈めます。(※足元でフロートリグ越しに落ちるリグのフォールスピード(カウント)を予め確認しておくとイメージしやすいかと思います。)

狙いのレンジまでワームが到達したら、ラインスラッグのみをシャクるイメージでフロート越しに上下のアクションを繰り返します。

敢えてジグヘッドではなく、シンカーとフックが独立したかたちでリグを組んだのは、急加速なリフトからフリーフォールを移る際に起こるワームのステイアクションが、効果的な場面を何度も経験していたため。

半ば強引にリアクションでスイッチを入れる作戦です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれが功を奏したのか、20.0~24.0cmほどのメバルが面白いように釣れるようになり、繰り返しやっているうちにレンジやヒットパターンも随分見えてきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA反応が良いのは、水面下約3m(2.5m+60cm)ほどのレンジで、リグのリフト直後にバイトが多発しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今までの苦戦が嘘のように思えるほどの釣れっぷり♪

1時間足らずで30匹ほど釣り上げ、今度はサイズとパターンの確立を求めて別ポイントへ移動してみます。

常夜灯とテトラ帯が絡む好ポイント。 多少波気がありフロートが押し戻されてくる状況だったので、ラインスラッグを操作しやすい範囲(水面下2mほど)で同様に攻めていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのポイントでも反応は上々♪ 22~25.0cmほどのサイズがポツポツ釣れてくる状況を楽しんでいると・・・

足元のテトラ帯から伸びるサラシの中で大型がヒット!!

一度は浮かせたのですが、波に揉まれ、潜られ、抜きあげきれず・・・痛恨のラインブレイク。 どうやらリーダーをテトラで擦らせてしまったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその後すぐにリグを再投入して、本日最大の28.0cmをキャッチ♪

となりましたが“逃した魚は確かに大きかった・・・”ことと“プラグを持参していれば・・・”という釣りあるある】に若干後ろ髪を引かれつつ、朝まで楽しい釣りが堪能できた一夜でした。

ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C2000S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.5-1.0号

【シーバス狙いのジグヘッドリグ】

Ar.ヘッド ラウンドロック 2.0g-#4+ワーム 2インチ

【メバル狙いのフロートリグ】

ぶっ飛びRocker F-L(限定ピンク)+ユニットスイベル+バイトシンカーがん玉 J2~B +ジグフック(プロト) #6~4+ワーム 1.2~2インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎優斗氏の釣行レポートをご紹介させていただきました!!

もの対する価値観は千差万別

一口に『この◯◯◯はイイ!!』と言っても、タックルも違えば、使用する地域も条件も違います。 当然一つのリグに対する使用方法もその扱手によって大きく違いがでてきます。

私たちが手掛ける製品のどれか一つが、皆様のフィッシングシーンの一場面を支えるアイテムとして有効であれば幸いです。

季節は4月。 春のライトゲーム最盛期ですよ!!!!w

2014年04月11日

関門エリアの近況報告

皆さん、こんにちわ♪  暦も4月に入り、いよいよ春本番といった感じですね☆

桜前線の北上とシンクロするように、メバルの釣果も右肩上がりとなってきた昨今、春のライトゲームも最盛期に突入です♪

本日は、山口県西部の関門エリアを拠点に活動いただいておりますBA平川氏の釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【関門エリアの近況報告】

私のホームグランドである山口県西部の関門エリアでも、ようやく『春の便り』が聞こえる季節になってきました。

情報がでると釣人が同じ釣り場に殺到するのはもはや仕方のないこと。視野を広げ、そのポイントと同一ライン上の潮がさす小場所に的を絞り釣行してまいりました。

当日の天候は生憎の雨模様。 釣行を開始するころにはあがるだろうと予測しておりましたが、自然はそう甘くもなく雨足が止まる気配はありません。

しかし、裏を返せば貸切状態で釣りができるまたとないチャンス☆ こちらは予想通り、到着したポイントにはアングラーの姿はありませんでした。

大雨のなか鼻歌交じりでタックルを準備♪ 釣りはメンタルも大切です(笑)。

今回のメインターゲットはアジ。 メバルの情報が多い季節ですが、春のアジも秋とはまた違った奥深さがあるターゲットです。

まずは【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW 2.0g-#7】のジグヘッドリグから、常夜灯の灯りが届かない暗部を中心に探っていきます。

リーリングやロッドをさびく【横の誘い】に加え、トゥイッチによるリフトや様々なフォールアクションで【縦の誘い】を行い、変化をつけながら当日のヒットパターンを探求していきます。

また、これと同時進行でトレースコースやレンジ、照明効果の有無など当日のピンスポットを探る必要もあります。

暗部→明暗の境目と、レンジ&アクションを変えながら、あの手この手で探っていきますが・・・無反応。

次は、明部の中に点在するストラクチャー(沈みテトラやシモリ、藻場)付近をフォールアクション主体で探ってみるが・・・これも不発。

再度、同じスポットをストラクチャーをかすめる様に、ロッドをさびいて横移動させた直後、縦のフォールアクションに移行した瞬間に「コッ!」っという生命反応が!

すぐさまフッキングを入れると不同時にロッドが大きく絞り込まれます。 この曲がりに良型であること確信するも・・・・何か引き方がアジとは違う?

浮いてきたのは、25.ocmオーバーの体高のある良型メバル♪

ファーストフィッシュ狙いのターゲットとは違うものの、雨音だけが聞こえる状況を打開できたことに気持ちも高まり心が弾みます。

しかし、それもほんの束の間の出来事。 その後は変わらずの沈黙が続き、バイトが出たかと思えばフグの猛攻にあう始末(泣)

ここで一旦、いままでの考察をリセットしようと再度沖から探ることに。

リグをフルキャストし着水後のカウント5。 表層付近をロッドでさびきリグを横移動させてからのステップフォール。

その3ステップ目に明確なバイト!!

間髪入れずにアワセを入れると、ロッドがグンと絞り込まれ良型確定♪ 貴重なバイトをモノにする為、やや慎重にやりとりして無事ランディング。

価値ある一匹春の大型!!とは呼べないサイズですが、27.0cmほどの立派な良型アジ!!!!

雨の中、自分で考え導き出したポイントで引き出した一匹にサイズ以上の充実感を覚え、この日は釣り場をあとにしました。

関門エリアもメバルの釣果は昇上中!! 春アジは・・・これからかな?といった感じですね。

ブランドアドバイザー 平川 潤

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 6.10ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2004CH

●メインライン・・・PE 0.3号 ●リーダー・・・フロロカーボン 2~4lb

【使用リグ】

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8~6 or ジャックアッパー HW 2.0g-#7 + ワーム 1.2~3インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2014年04月03日

【巻かないフロートゲーム】が炸裂!!

皆さん、こんにちわ。 企画担当のコーノです。

南日本では桜の開花情報が飛び交う中、北日本では纏まった大雪・・・。

四季がある日本ならではの光景ではございますが、北と南でかなりの季節差を感じる昨今です。しかし、春の訪れは確実に近づいてきております!!

いよいよ春のメバルシーズン到来♪

本日も、九州北部を拠点に活動いただいておりますBA髙橋氏より釣果レポートが届いておりますのでご紹介させていただこうと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【巻かないフロートゲーム】

とある日の出来事、「○○漁港にベイトがたくさん入ってますよ~。」と友人の一人から連絡が入った。

自分自身でも状況把握には日頃から努めてはいるつもりだが、広大なエリアに無数に点在するポイント、それも日々刻々と変わる状況を一人で網羅するのは正直無理がある。

つまり、どんな時でも信頼できる仲間からの生の情報は非常にありがたい。

「釣れた、釣れてる」の釣果情報ももちろん必要ではあるのだが、それよりも大切にしているのは、ベイトの有無であったり、藻の生育具合だったり、釣れなかった情報であったり・・・。

タイムリーな現場の情報を伝えてくれる仲間を持つことができ、幸せな釣り人生を送れていることに感謝しつつ、早速情報をもらった漁港へと車を走らせた。

靄ポイントに到着し、まずは状況確認。

常夜灯に照らされた水面には赤潮が発生している・・・。 その影響か、聞いていた情報とは裏腹にベイトの姿はない。

まぁ、状況が一変してしまうことはよくあること。 とりあえず投げてみなければ始まらないので【Ar.ヘッド ラウンドロック】のジグヘッドリグで表層からボトムまで丹念に探ってみることにした。

小さな潮回り&湾奥のポイント。潮がまったく動かずバイトも得られないまま時間だけが過ぎていく。

操作には少しコツが・・・。小一時間が経過した頃になって、ようやくゆっくりではあるが、じわっと潮が動き出した。 ほどなくして「チュパッ・・・チュパツ・・・」とメバルらしいライズ音が聞こえ始め、サイズはともかく「魚はいる!」と確信できた。

レンジは表層、活性も上がってきているようなので、ジグヘッドリグから【ぶっ飛びRocker F-L】+【ラウンドロック 0.4g-#6】のフロートリグへと変更し、表層付近をゆっくりリトリーブして誘ってみるのだが・・・まったくアタリがない。

魚はいるのに、横の誘いではまったくといっていいほど反応しない状況。 「これは、以前にも同じような経験をしたような・・・。」

それは“巻かないフロートゲーム”

巻かないフロートゲーム以前、BB黒原氏と釣行した際、 日中、横の釣りではまったく反応しないメバル達に苦戦を強いられていた私のとなりで、ポンポンと連続ヒットさせていくBB黒原氏。

正直その釣りに衝撃を受け、私のフロートゲームの常識は変わった。 そのあまりもの釣果差に、その釣法を教えてもらい、ここ最近ハマってトライしているゲームでもある。

リグシステムは通常の中通し式のフロートリグ。 

釣り方は、キャストしてリグがしっかり馴染んだら、フロートを動かさない程度の極軽いトゥイッチアクションを入れる。イメージとしては、先に結ばれた軽量ジグヘッドだけを、狭い移動幅で上下にリフト&フォールさせる感じ。

巻かないフロートゲーム2“フロートの位置が極力変わらないように、先端に結ばれたジグヘッドの特性を最大限に活かし、バーチカルに何度も見せ続けて誘うこと。 魚の活性や状況に合せて、ジグヘッドのウエイトを変え、最適なフォールスピードと上下の移動幅を見つけていくことで、より好釣果に繋げることができる。”とのことだった。

さて、話がそれてしまったが、上記した通りの“巻かない黒原スタイル”で結ばれたフロートリグをそのまま再投入。 まずは、チョイ投げで操作をはっきり視認できる距離から試してみる。

赤潮こそ浮いているが、常夜灯下で水質もクリアな条件。水面下に入ったワームのアクションまでよく見える。仕掛けが馴染んだところで、スーッと軽くリフト、そしてフォール。

すると、少し離れた船影から勢いよくメバルが飛び出し、コンッという手ごたえとともにティップごとワームを引っ手繰っていった!

「うそー!ここ今まで散々探ったよね!?」と驚きながら、20.0cmほどのメバルをあっさりキャッチ。

巻かないフロートゲーム3「たまたまか?」と思いつつも、その後も連続ヒットが続き、あまりの反応の違いに正直唖然としてしまった。

「状況が良くなっただけかな?」と、再びリトリーブの横の釣りに戻してみるが・・・

やはり無反応。

リグ操作だけで、ここまでの反応差が出る状況は面白い限りではあったが、このままではサイズは伸びそうもない。 ヒットパターンも把握できたので、今度は先程から時折ライズが発生している沖のブレイクライン付近までキャストしてみる。

誘い方はさきほどと同じ。リグが馴染んだら、軽く軽くアクション、そしてフォール。 すぐに反応は得られなかったが、しつこいくらい同じポイントでアクションを繰り返していると「コンッ」

アワセと同時に、ずっしりとした重量感とパワフルなファイト!!

良型確保!キャッチしたのは、先ほどより二回りほど大きい24.0cmの黒メバルであった。

連発とはいかないが、さらに同型を追加。そして、当日の最大サイズ26.0cmをキャッチして納竿とした。

起死回生!!今回、釣れない状況を大きく打開してくれた【巻かないフロートゲーム】

居るのに口をつかわないメバルに、皆さんもぜひ一度試してみて欲しい。

また、釣れたメバルはどれもお腹回りがスリムな個体。産卵後まだ完全には回復しきっていない様子ではあったが、程なくしてアフターメバルの最盛期に突入していくのではないだろうか。

オフショアでのタイラバゲームも気になる時期ではあるが・・・これからが春本番!! 楽しみながらマメに釣り場へ足を運んでいきたい。

今からがハイシーズン♪ブランドアドバイザー 髙橋 大介

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・オリジナルのベイトフィネスロッド 8.3ft

●リール・・・小型ベイトリール

●メインライン・・・PE 0.6号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.5号

【使用リグ】

●フロートリグ・・・ぶっ飛びRocker F-L【限定ピンク】+ユニットスイベル+ラウンドロック 0.4~0.6g-#6+ワーム 1.2インチほど

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA髙橋氏の釣行レポートをご紹介させていただきました♪

【巻かないフロートゲーム♪】

実際、ロッドティップの真下意外でワーム(ジグヘッド)を同じレンジにステイさせ続けられるのは、フロートリグ意外では難しいテクニックですよね。

フロートリグを応用しての“見せる釣り”

ぜひ、皆さんも引出しの一つとして実戦されてみてはいかがでしょうか~?☆

2014年03月24日

早春のアジ&メバル狙い

皆さん、こんにちは♪ 企画のコーノです。

春の安定しない天候が続く昨今ですが、メバル&アジ共に好釣果の知らせが日々入るようになってきています♪

本日も、BA中崎氏から届きました釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【早春のハイシーズン目前! アジ&メバルの二目狙い♪】

久々に穏やかな天候に恵まれた週末。 好天のせいか、はたまたここ最近の釣果好調の知らせを耳にしてか、今回の目的地はすでに多くのアングラーの姿で賑わっていました。

しかも、そのほとんどのアングラーがライトゲームタックルを握っている状況。 これだけのアングラーが集まるということは、それなりに釣果も上がっている証。 期待を胸にポイントまで向かいます。

幸いなことに、今回目星をつけていた地磯にはアングラーの姿はなく無事釣り座を確保。 さっそく下見も兼ねて釣行を開始することに。

まずは、【スプリットシンカ― 5.0g】【Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.4g-#6】を結んだスプリットショットリグから試していきます。

沖の潮が足元まで入る絶好のロケーション☆ 手前10mほどは遠浅なシャロー帯ですが、その先のブレイクラインより先は、沖に向かって急激に落ち込んでいる様子。フルキャストの着水点はかなりの水深があります。

ボトムの根も荒く、地形を把握するまでにかなりのロストを強いられましたが、なんとか明るいうちに地形やストラクチャーの位置などを把握することができました。

釣れてくるのはカサゴ。 良型混じりでコンスタントに拾えるので、これはこれで面白いものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA先端のジグヘッドのロストが多いので【Ar.フック ジャックアッパー ジグフック #6】【バイトシンカー がん玉 0.35g】を噛み付けたジグヘッドに変更。

僅か0.05gのウエイト変更ですが、確実に根掛かりが減少したように感じました。

良型混じりの楽しい釣り日も傾きだし、いよいよ夕マズメのアジ狙い。

夕マズメフルキャストでの着水点、フリーフォールでボトムをとろうとカウントを開始した直後に突然のバイト! 不意のバイトにアワセきらず、再度同じポイントにキャストし、反応のあった表層~カウント10ほどのレンジを集中的に攻めます。

カウント5で25.0cmほどのアジがヒット! 時合いの始まりです♪

ファーストヒットは25.0cm!!ヒットレンジはカウント5~10。 数を伸ばしていくうちに“一瞬のフリーフォールに高反応であること”が解ってきました。

怒涛のヒットを目撃したのか、次第にアングラーが増えていきます。

短いスパンに、なるべく多くのフリーフォールアクションを演出しようと、リーダーの長さを60cmから30cmへ変更。

カウント5~10のレンジ内をテンポよく、シャクッてはフリーフォール、シャクッてはフリーフォールと、ロッドを躍らせるとうに誘って釣果を伸ばしていきます。

フリーフォール強し!MAX 29.0cmまでのアジを10本ほど釣ったところで、短い時合いは終了。

日もスッカリ暮れてきたので、別の地磯へポイントを移動し、今度はメバルを狙ってみます。

【Ar.ヘッド ラウンドロック 3.0g-#4】のジグヘッドリグで数時間、近距離に的を絞ってラン&ガンしてみましたが全くの無反応。

今度は【ぶっ飛びRocker F-L】のフロートリグで遠~中距離を中心に、今来た磯を戻りながら攻めていきます。

潮の変化するところ潮目を重点的にスローな誘いで狙っていくと、潮が払い出すポイントの沖で25.0cmほどのアジがヒット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA偶然なのか、はたまた必然なのか・・・? 答えは直ぐでました♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA23.0cmの黒メバル!!

その後も同型がポツリポツリと、アジも混じってヒットしてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAコンディション抜群の26.0cm!!

この日は、これがMAXサイズでしたが、最近不発が続いていたシャローゲームでの釣果に思わず笑みがこぼれた釣行となりました。

ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C2000S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.0~1.5号

【スプリットショットリグ】

スプリットシンカー 5.0g+スプリットストッパー+ユニットスイベル+ ジャックアッパー 0.4-#6 or ジャックアッパー ジグフック #6+バイトシンカーがん玉 0.35g+ワーム 2~2.5インチ前後 【フロートリグ】

ぶっ飛びRocker F-L , SS-M+ユニットスイベル+ストップスティック+ラウンドロック 0.4g-#6など+ワーム 1.2インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎氏のレポートでした♪

アフターメバル&春アジ共に、いよいよハイシーズンに突入です!!

天気図やタイドグラフ、スケジュール帳と睨めっこしながら、春のハイシーズンをできるだけ多く楽しんでくださいね☆

2014年03月14日

関西エリアもアフターメバル始動開始!!

皆さん、おはようございます。 企画担当のコーノです。

本日は「2014.03.11」。 東日本大震災から早3年の月日が経過いたしました。

私たちが日頃から楽しみ、親しんでいる【釣り】という趣味は、平穏な日常があって始めて成立するレジャーでございます。

今日は、そういった日頃当たり前に感じている幸せを、改めて確認し、感謝する日。

当ブログを観覧できる環境こそ、皆様の平穏な日常の証ではないでしょうか・・・。

と、個人的な見解はこれくらいにして、本日もいつも通り、BB豊西氏より届きました【釣行レポート】のご紹介をさせていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【関西エリアもアフターメバル始動開始!!】

3月に入り、私のホームグランドでも、そこかしこからメバルの釣果が聞こえて来るようになりました。

例年、この時期からはじまる『暖かい雨』が降り出すと、春の訪れ=アフターメバルシーズン開幕の合図です。

今宵もシャローフリークな仲間が集合♪

まずは、最近調子の上向いてきたテトラ帯からエントリーです。

例年であれば、軽量ジグ単での釣りで釣果が目立つポイントなのですが・・今季はなぜかプラグのほうが好反応な場面が多いです。

プラグも熱い!!『巻かないプラグゲーム』

操作方法は、軽量ジグ単とフロートの操作を足して2で割った感じ(笑)

巻かないプラグゲームプランクトンやイカナゴ、仔イカなど、その日その時々のベイトパターンに対応しながら、春のプラグゲームを満喫しております。

時には、常夜灯の灯りを好むこんなベイトフィッシュも♪

シラスウナギ釣れた魚が何を捕食していたのか?を実際に調査することも面白い。

自分が現場で思い描いたパターンが本当にマッチしてたか?を確認することで、次釣行のヒントとなる場面もあるかと思います。

ジグ単でもGET!

藤原氏も参戦♪思い思いのリグやアプローチで、楽しい夜は更けていきます。

そろそろシャローエリアも気になる頃・・・。 どシャローのゴロタ場にも足を運びます。

私のホームグランドとしている大阪・泉南エリアは、北西風にめっぽう弱い。

季節はまだ3月初旬だし、気温も3℃程度しかない。

まだ少し早いかな?と思いつつも、揺らぐ木々とヒラスズキが好みそうなサラシが広がる間のゴロタを縫って、釣りができそうなポイントを探す。

見つけたのは“ほんの小さな風裏”。 畳み四畳半ほどの僅かなスポットだ。

風表と風裏の境界線。 境目は目には見えないが海面に浮かぶ一筋の泡がそれを示している。

【ぶっ飛びRocker F-L】【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6】を結んだFシステムを急いで投じる。

この状況、いつ風向きが変わってポイントがなくなるかも解らない!

『私が魚なら、あの筋でエサを待ち構える!』 そんなことを思いながら投じた2投目。

そろそろ回収かな?と思った最中に“ツンッ!”と。

ゴロタにて24.0cmの良型♪

やはりシャローのメバルは良く引く! 実にトルクフルなアフターメバルらしいファイトでした。

久しぶりのシャローでの釣果。

ゴロタでの釣果ややフライミング気味ではあったが、これからますますシャローゲームも熱くなってくる。

本格的なシーズンの到来が今から楽しみである。

これからがハイシーズン♪ブランドビルダー 豊西 和典

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.6ft(チューブラーティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2004

●メインライン・・・PE 0.2号 ●リーダー・・・フロロカーボン 4~5lb

【使用リグ】

●プラグ・・・40mm前後のミノー、シンキングペンシルなど

●フロートリグ(Fシステム)・・・ぶっ飛びRocker L-F or シャローフリーク 7.5g+ラウンドロック 0.4-#6+ワーム 1.2インチ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2014年03月11日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR