FLOAT

遠投系リグで夏メバリング!!

皆さん、こんにちわ!! 企画担当のコーノです。

夏季は【ライトゲームのオフシーズン】という認識が一般的ですが・・・まだまだ各地でアジ&メバルの釣果が上がっております!!

正確には・・・『今年も・・・』という表現が正しくなりつつある昨今。 ライトゲームは“冬季の釣り”という認識がすでに間違っていたのかもしれませんね。

また、アジ&メバルだけがライトゲームのターゲットではないことも考慮すると。。。

今や【多種多様なターゲットを狙って、周年楽しめるゲーム】として認識していたほうが賢いようです。

本日は、そんな旬なレポートをご紹介☆ BB木下彰氏より最近話題の“夏メバリング”のレポートを頂いておりますのでご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【遠投系3種で夏メバルを攻略!!】

梅雨も明け、連日の猛暑で釣場から足が遠のくアングラーも多い時期かと思いますが、現場に立てば、夏は夏の出会いがあります。

今回の釣行では、『Ar.キャロ フリーシンカー』『ぶっ飛びRocker』『シャローフリーク』の遠投系3アイテムが活躍してくれました。

リールを巻くorロッドをさびくなどの“横の釣り”に反応が良い場合、または激流の中を沈めながらレンジを探りたい時にはフリーシンカー

フロートを支点としてワームを上下に跳ね上げる“縦の釣り”に反応が良い場合、または潮流に任せてリグを自然にドリフトさせながら、浮いたメバルに口を使わせたい時にはぶっ飛びRocker

ぶっ飛びRockerより更に遠投が必要な場合、または少し太めのリーダーを使用したい時、ジグヘッドのフォール速度を早く演出したい時には、シャローフリークを誘導式で使用して釣果を上げていきます。

遠投系3種釣行開始時はまず、潮の流れや強さ、ストラクチャーの有無などを把握しながら広範囲を効率良く探るために、【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】×5個と海水を充填したフリーシンカーをチョイス。

手前のポイントから沖のポイントへむかって順にチェックしていきます。

沖はかなり速い潮流が走っているので、徐々にウエイトを追加しながら探る範囲を広げていきます。

夏メバルMAXウエイトのフリーシンカーで沖のボトムまでキッチリ攻略しましたが、あまりレンジを下げ過ぎると小さいメバルやベラなどが容赦なくワームを食い千切っていきます。

フリーシンカーで広範囲をサーチ最終的には、ウエイトアジャスター×7個での中層攻めが良い感じでした。

そうこうしているうちに夕マズメの時合に突入し、メバルの反応も海面付近に集中してきます。

ぶっ飛びRocker L-Fのフロートリグに変更。

ラインテンションを掛けすぎてリグを引っ張ってしまうと極端に反応が悪く、リグを流れにそのまま乗せ、できるだけ自然にドリフトさせると面白いように引っ手繰っていきます。

ドリフトでGETアベレージサイズは20.0cm前後とやや小ぶりなサイズではありますが、夏期のメバルは流れの中でベイトをたらふく捕食していることもありとてもパワフル! 筋肉質で体高のあるプロポーション抜群のメバルたちにしばし癒させます。

すっかり日も暮れた頃、沖の流れも止まり、それと同時に反応も薄くなってきたので、ここで一旦休憩。朝マヅメの少し前から再びメバルを狙います。

まずは状況確認。手前はほぼ流れておらず、キャスト範囲ギリギリのところで潮流がぶつかり沖に払いだしている様子。 前日の傾向も考慮して、シャローフリークを誘導式でセットしフルキャスト。

誘導式シャローフリークうまく流れに乗ってくれたリグをそのまま軽くテンションをかけながら送り込んでいくと・・・「コンッ!」と良い感触。

潮流に乗って“これでもか!”と抵抗し、楽しませてくれます。

朝マズメなかなかのファイトにサイズも期待しましたが、浮かせてみれば22.0cmほどと前日に少し色がついた位のサイズ。

このサイズでこれほどのファイトが堪能できるのは、夏期ならではです。

その後も、流れにうまくリグを送り込みさえすれば、ほぼ1キャスト1ヒット!!

パワフルなファイト!途中フリーシンカーに変更して、手前に引きながら探るも流れに逆らうアプローチは反応が芳しくなかったので、すぐにシャローフリークへ戻します。

メバルの高活性状態は朝マヅメいっぱいまで続きましたが、サイズは右肩下がりで、終いには掌サイズが多くなってきました。

『夜間にこのポイントに入っていれば、もしかしたら良型も・・・』とも思いましたが、まぁ時すでに遅しのタラレバです。

完全に夜が明け、流れの緩いポイントのボトム付近までワームを送り込んで20.0cmちょっとのサイズをキャッチしたところで終了としました。

シャローフリーク応用術このメバル達がいつまで釣れ続くかは解りませんが、潮流の中をアグレッシブに回遊している夏のメバルは、サイズ以上にパワフルなターゲットです。

ハイシーズン、オフシーズン・・・どのターゲットも確かにその傾向はありますが、それを決めつけているのは私たちアングラー側なのかもしれません。

釣れづらい時期だからこその細かい探求の積み重ねが、ハイシーズンの釣果にも影響を与えることは事実だと思います。

ブランドビルダー 木下 彰

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.7ft(ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C3000S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 8-5Lb

●キャロライナリグ・・・フリーシンカー + ウエイトアジャスター×5~8個(海水充填) + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[中通し式]・・・ぶっ飛びロッカー L-F + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[誘導式]・・・シャローフリーク 10.5g + ノットプロテクター 大 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BB木下氏のレポートをご紹介させていただきました!!

ハイシーズンほどの安定した釣果は期待できないものの、条件さえ解ってしまえば案外簡単に楽しめる“夏メバル”!!!!

皆さんも地域でもきっと! 夏メバルと出会えるスポットが存在しているはずですよ♪

2014年07月30日

話題のチヌゲームにチャレンジ!!

皆さん、こんちには♪ 企画担当のコーノです。

梅雨もそろそろ中~終盤。 暦の上では7月に入り、いよいよ夏が目前に迫ってまいりました。

梅雨メバル&アジもそろそろ終盤戦の様子で、地域によっては既に夏のツリモノに移行している地域も多いようです。

夏のライトゲームは、小~中型のマアジや良型のマルアジ、小型回遊魚(青物)やカマス、メッキやチヌ、キスなどあげればキリがないほどの多種多様なターゲットが狙える季節です♪

中でも【チヌのライトゲーム】は今、話題の一押しターゲット!!

本日は、そんな“ライトタックルでのチヌゲーム”を満喫したというBA中崎氏の釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【スプリットショットリグでの“チヌのDAYゲーム”】

とある日、友人との会話の中で『チヌが良く上がっているよ~。』との近況を聞いて、そのポイントを案内してもらうことに。

今回の舞台となった河川は、最干時にその大部分が干上がってしまうような干満の影響をモロに受ける中規模河川。地質は泥質で、牡蠣殻の付着したストラクチャーが各所に点在しているようなフィールドでした。

友人の話によると、最干時に出来るスリ鉢状の潮溜まりに上潮で遡上してきたチヌが居残り、そこにストックされたチヌをバイブレーションのリフト&フォールなどで釣っていくのが、このポイントの定評あるパターンらしい。

バイブレーションでのチヌしかし、今回私が持ち込んだタックルはライトタッックル。 今話題の“ライトタックルでのチヌゲーム”に私も挑戦してみようと思ってのエントリーでした。

現場に到着したのは、ちょうど最干のタイミング。地元では有名なポイントだけに、すでに多くのアングラーが並んで釣りをしているような状況です。

ボトムには泥が堆積し、水深は1~2m前後。前日までの雨の影響もあってか、かなりの濁りで流れも速い。川幅も広く、手前は牡蠣のガレ場が点在している-。

現場を目にして、ライトタックルのチヌゲームにおける定番アプローチである【ボトムのズル引きパターン】は、今回のフィールドでは適切なアプローチではないだろうと判断。

友人が操作するルアーのアクションを確認しても、重めのスプリットショットリグやキャロライナリグを使用してのリフト&フォールのほうが、今回のフォールドは攻略しやすそうな印象を受けました。

【スプリットシンカー 7.0g】【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】を組み合わせたスプリットショットリグをフルキャスト。

川幅の2/3程度までしか攻略できないが、本流から駆け上がるブレイクは何とか攻められる。

リグを2~3回シャクり上げ、流れに乗せながら着底するまでドリフト。このアプローチで扇状に広く探っていくが・・・ブレイクラインのエンドにあるガレ場が想像以上に手強く、根掛かりが多発してしまう。

リグの変更も視野にいれるが、スプリットシンカー 7.0gでも普通に流されていくほどの流速。 ポイントまでの飛距離や水深を考慮しても今のセレクトがベストだと思い、リグは変更せずに“根掛かりの回避方法”に思考をシフトしてみました。

そうこうしているうちに、この河川での釣行をすでに経験している友人のロッドが大きく曲がった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA良型のチヌ!!

友人が仕留めた良型チヌこの河川はご覧のような良型のチヌが多く生息しているらしい。

焦る気持ちを抑えながら幾度も同じコースを通し、根掛かりを起こしてしまう状況の分析を続ける。 自分の立ち位置より上流側にキャストしたリグが下流側まで流され、ティップを支点にリグがスライドすると根掛かりが多発する状況。

逆を言えば、リグが自分より上流側から並行位置にくるまでの間は根掛かりが少ないことに気付き、その範囲のみにあるポイントを自分の立ち位置を変えながらスポット的に攻略していくことで、根掛かりを減少させることに成功しました。

この時点で、既に最干から30分以上の時間が経過していましたが、ようやく【魚へのアプローチ】に集中できる状況♪

狙いのポイントより上流側にキャストし、そこをかすめるように1~2m刻みのリフト&フォールでトレースコースを丁寧に修正しながら攻めていくと・・・リグがポイントを通過した直後のシャクり上げ中に「ガツッ!! ガツンッ!!」という明確なバイト!

すかさずフッキングを入れると、ロッドはバットから弧を描き、重々しい重量感とゴンゴンと竿を叩いて抵抗するファイトに、ヒットした魚がチヌだと確信しました。

手前のガレ場にラインが触れると即ラインブレイクとなってしまうので、なるべく魚が暴れないように慎重にじわじわと寄せ無事にランディングに成功

作戦成功♪45.0cmオーバーの良型チヌ!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその後は、ほどなくして上げの満ち潮が効き出したころからチヌの反応は極端になくなり、帰路に着くアングラーも多くなりました。

しばらく続けていましたが、中型のマゴチを追加できただけでチヌからの反応は無くなったので、私たちもここで終了といたしました。

マゴチライトタックルでのチヌゲームは、そのスリリングかつエキサイティングなファイトが病み付きになるゲームでした♪

これから到来する本格的な夏シーズンに向けて、身近な河川にも足を運んでいろいろと試みていこうと思います。

シビれるファイト!!ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.0ft(チューブラーティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2500S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.5-1.2号

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 7.0g + ユニットスイベルラウンドロック 0.4g-#4 + 2~3インチ前後のブラックバス用ワーム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎氏のレポートをご紹介させていただきました。

北海道を除く、日本各地の沿岸に生息するチヌ。

この夏は、そんな身近なターゲットに皆さんもチャレンジしてみませんか。

ライトゲームならではのスリリングかつエキサイティングなファイトが、新たなライトゲームの世界を体感させてくれることでしょう。

2014年07月04日

キャロで尺メバルを攻略する!!

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

早くも6月中旬に差し掛かろうとしている昨今ですが、全国各地でご活動いただいております弊社ブランドスタッフから“梅雨メバル&アジ”の情報が続々あがってきております♪

本日は、ブランドビルダー/藤原克則氏より届きました【キャロライナリグを使ったメバルゲーム】のレポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【梅雨の伊豆メバル好調です!】

私がホームグランドとしている伊豆エリアの春メバルは、梅雨入りした現在でもなかなか好調な釣果が続いております。

例年、5~8月までのロングスパンで楽しめる伊豆の春メバルですが、毎年そのヒットパターンには若干の違いがあるように感じています。

『好調!!』と言っても、投げて巻くだけで簡単に釣れるというわけではなく【その日のヒットパターンを掴めれば・・・】という条件付きです。

実際に、ヒットパターンを外すとバイトすらない日もあるのですが、パターンにハマれば“尺オーバー連発!!”なんて日もあって、釣行の度になかなかエキサイティングな釣りを楽しむことができています。

中でも、私が今年1番!と感じているストロングパターンが『Ar.キャロ フリーシンカー』での“リフト&フォール パターン”

変幻自在メバル狙いにおいて、キャロライナリグを使用するアングラーは正直少ないかと思いますが、今年はこのパターンがかなりハマっているのです。

昨年も一筆させていただきましたが、キャロライナリグ最大の特徴は、その体積によるスローフォールアクション。

同重量のスプリットシンカーと比べて体積が大きいキャロシンカーは、私が通うゴロタ場などの水深が浅いフィールドでも、その威力を存分に発揮してくれます。

また、ラインをカットせずに瞬時にウエイトやバランスが交換できることもフリーシンカーの嬉しい特徴です♪

フリーシンカー私がフリーシンカーを使用する際のスタートセッティング【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】×5個+【Ar.キャロ バランスアジャスター】×3個をリアウエイト(後方重心)でセットした約7.0gのキャロライナリグからスタートします。

ワーム&フックは【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】に2インチほどのグラブをセットしたものを多用。

リグをフルキャストした後、まずは中層をリフト&フォールさせるイメージで探っていきます。

ロッドをさびいてリグをリフトしカーブフォール。

カーブフォール中は、ロッドティップを下げながらラインテンションを保ちつつ余分な糸ふけを回収して、次のリフトアクションに備える。リグが波線を描くような軌道で同じレンジをトレースするイメージです。

キャロ・スラロームアクションこのアクションを表層、中層、ボトムと大まかなレンジに別けて探りながら、ラン&ガンで広範囲を攻めていきます。 また、根掛かりが多発する場合やフォールスピードがいまいち合っていないと感じる場合は、ウエイトやバランスを調整して、当日のベストセッティングを探していきます。

BB藤原克則今春は、HITポイントが遠いうえにスローなフォールアクションが効く場合が多く風や波がある状況下ではフリーシンカーの独壇場となることもしばしば♪  ウネリのある状況下でも波に揉まれ過ぎることもなく、なかなか良い仕事をしてくれます。

アジングで使用するイメージの強いキャロシンカーですが、ゴロタ場のメバルゲームでも、そのポテンシャルを遺憾なく発揮してくれるので、皆さんもぜひ!ローテーションの一つに加えてみてくださいね!

もちろん、その日によってHITゾーンやレンジは違うので、リグセレクトは適材適所♪

ラウンドロックでも【Ar.ヘッド ラウンドロック 3.0g-#4】のジグ単が良い日もあれば・・・

リグは適材適所!【シャローフリーク】などのフロートリグが威力を発揮する日もあります。

メバルという共通のターゲットであっても、その攻略方法は千差万別。

私の場合は“リグをローテーションさせながら、その日のヒットパターンを見つけていくスタイル”が、多くの魚と出会えるチャンスが増えるのでオススメですね!!

伊豆もいよいよ【梅雨入り】が宣言され、ついに本格的な梅雨メバルシーズンの開幕です♪

長雨、ウネリ、濁りなど釣りにおけるマイナス要因も増える季節ではありますが、まだまだ伊豆のメバルは最盛期!それらの条件も含めて楽しみながら、梅雨~初夏のメバルも満喫したいと思います。

ブランドビルダー 藤原 克則

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.4ft(高弾性チューブラーモデル)

●リール・・・スピニングリール 2506H

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 2.0号

【使用リグ】

●キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカー + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム(グラブ 2インチ)

●ジグヘッドリグ・・・ラウンドロック 2.0~3.0g-#4 + ワーム 2 ~ 2.5インチ前後

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク 7.5~10.5g + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム (グラブ 2インチ)

●フロートリグ[中通し式]・・・ぶっ飛びロッカー L-SS + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル or スティックストップ + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム (グラブ 2インチ)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BB藤原克則氏の釣行レポートをご紹介させていただきました!!

【キャロライナリグでのメバルゲーム!】

私も思い当たるフィールドが幾つかあるので、実戦してみたいと思います♪

【スプリング・フォトカーニバル】リンクバナー【スプリング・フォト・カーニバル】も残すところ後2日!!

対象写真のある方は、お早目にご応募くださいね♪

2014年06月13日

“梅雨メバル”開幕!!

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。

暦は6月!! いよいよ【梅雨メバル&アジ】のシーズンに突入しましたね!!

春メバルは、全国的にもそろそろラストスパートを迎える季節。 釣れているうちに、思う存分、今春のメバルを満喫しちゃってくださいね♪

本日は、そんな【梅雨メバル】を一足先に満喫しちゃったレポートをBA中崎氏からいただきました。ぜひ、あなたのフィールドに置き換えて読み進めてみてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【梅雨メバル開幕!!】

とある日の休日。 午後より本降りとなった雨と雷で、さすがに本日の釣行は難しいかと思っていましたが、予報より早めに天候が回復。 それならばと、近場のポイントにエントリーしてみました。

ここは、河川に隣接した岬状の地磯。

到着後さっそく状況を確認しましたが、河川から流れてきたゴミと沖から入るウネリが重なって、正直ここでは釣りが出来そうもない。

そこで、岬状の地磯から湾奥へと連なるサーフをラン&ガンで探ってみることに。

干潮だと完全に干上がってしまうような遠浅のサーフですが、沖に満潮位で水没する瀬が点在しているので、そこを【ぶっ飛びRocker F-L】+【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】のフロートリグで狙っていくことに。

水深は2mあるなしといったところ。 瀬の沖側にキャストし、潮流と風を利用してカーブを描くように攻略していく。

リグが瀬の裏側に迫ったところで直ぐにヒット!

重量感のある引きに期待したものの、あがって来たのはお決まりのゲスト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『正直、嬉しいような悲しいような・・・。』

その後も、足をつかって点在する沈み瀬を狙っていきますが反応はない。

さらに釣り歩いていくと、リップラップが整備された道路脇のポイントに差しかかる。沖は変わらずのサーフ&沈み瀬地帯であるが、やや水深が深くなっているポイント。

早速、沖の沈み瀬の先までフルキャスト。 瀬の裏側でフロート越しにジグヘッドをリフト&フォールさせると・・・『ゴゴンッ!』といきなりバイト!!

瀬を越えるカタチで強引に寄せてきた魚は、ナイスプロポーションの26.0cm!!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA写真撮影を済ませ、高鳴る気持ちを抑えつつ正確に同じポイントへリグを届けるとまたまたヒット!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれもなかなかの良型♪

その後も20.0~23.0cmほどをアベレージに怒涛の連続ヒットが続きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAメバルが付いているスポットは沈み瀬の周辺のみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA瀬から少し離れてしまうと、釣れてくるのがセイゴに変わる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAしばらく、狙って魚種を釣り別けることを楽しんでいましたが、潮位が下がり、瀬が頭を出し始めたころから反応がなくなってしまったので、この日はここで終了としました。

今回のポイントは、これまで幾度も足を運んでいたにもかかわらず、釣果を上げられずにいたポイント。

今回の釣行で、釣れる潮位は把握できたので今後の展開が今から楽しみです。 また、当日のベイトは【バチ】だったので、この時期は、潮周りも踏まえたエントリーが必要になるかもしれません。

ともあれ・・・何度もなんども足を運んでやっと実を結んだ今回の結果は、サイズ以上の満足感が得られた思い出深い一夜となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2500S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.75-1.2号

【フロートリグ】

ぶっ飛びRocker F-L + ノットプロテクター 小ユニットスイベル+ ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム 2インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【スプリング・フォト・カーニバル】

【スプリング・フォトカーニバル】リンクバナーいよいよ残すところ2週間余り!ぜひ、奮ってご応募ください!!

2014年06月03日

Approach from the light game !!

皆さん、こんにちは。 企画担当のコーノです。

本日は、ライトゲームファンの皆様に、近年流行の兆しを感じる新しいゲームのご提案です♪

それは・・・『ライトタックルでのチヌゲーム!!!!』

皆様もご存じの通り、チヌのルアーゲームは【チニング】の愛称で親しまれ、既に定着しているルアーゲームの一つですが、近年の目覚ましいタックルの進化に伴い、ライトゲームタックルでも“狙って捕れるターゲット”として、そのゲームが確立されました。

現在、関西の都市圏を中心に、そのスリリングなファイトと手軽さから、話題沸騰中の人気ジャンルなのです!!!!

そんな【ライトタックルでのチヌゲーム】に、最近本気で取り組んでいる弊社ブランドビルダー/豊西和典氏よりレポートを頂戴いたしました。 『今はまだまだ、ビギナーレベル。』と自負するBB豊西氏とともに、皆様も今夏より一緒にステップアップしてみませんか?

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【“投げて巻くだけ!”・・・そこに奥深さがある最新チヌゲーム!】

最近、若い仲間から「手軽な夏のライトゲーム」として教えてもらいながら楽しんでいるのが“ライトタックルでのチヌゲーム”

そもそも「豊西さん、チヌ釣ったことあります?」という何気ない質問から私のチヌゲームは始まりました。

ソルトルアーを始める前、ドップリと磯のフカセ釣りにハマっていた私。 当然のことながらチヌを釣ったことはあったので「釣ったことあるよ!」と返答したものの、よくよく考えてみると・・・ルアーでのチヌ釣り経験は皆無。 この発言が、あとあと大きなプレッシャーとなることに-。

ナイトゲーム大阪湾のチヌゲームはナイトゲームが主流。 雨上がりなどで水が少し濁っているくらいのコンディションが理想的で、最近はそんな日を選んでポイントへ出掛けています。

自宅からポイントまでは僅か15分足らず。食後の夕涼みがてらにと気軽にチャレンジできることも、このゲームの魅力の一つです。

先月は、某雑誌取材のプラクティスも兼ねた連日釣行を行いましたが、同行の仲間たちは順調にチヌを釣りあげる中、要領がわからい私にはバイトすらない大苦戦の日々が続きました。

仲間にコツを聞いても「投げて巻くだけです。」の一言。

素直にその通りにキャストを繰り返していたつもりでしたが、【ボトムコンタクト】というチヌゲームでは当たり前に行うアプローチを知らなかった私は、その重要な要素を見落としていたのです。

しかし、連日釣行で悔しい思いを重ねていくことで見えてきたものもあります。なんとなく「こうかな?」と思える感覚を得てくると、次第に楽しさも感じられ、釣りにも余裕も出てきます。

チヌのバイトは、メバルやアジのシビアさに比べるとかなり明確です。

待望のファーストバイトは逃してしまったものの、セカンドバイトでキッチリとフッキングさせることに成功!! 初めて狙ってルアーでキャッチしたチヌに、思わず「ヤッタ!」とガッツポーズをしていました。

ファーストキャッチパワフルな引きをライトタックルで存分に味わえる、スリリングかつエキサイティングなファイト!!!!

「自分で釣った!!」という感覚でランディングした1匹には、サイズにかかわらず、熱い思いがありました。

大阪湾・キビレチヌのボトムゲームの基本は、「投げて巻くだけ」という簡単なものです。 状況によって、時折ステイやシェイキングを加えたり、リフト&フォールでアピールするのも効果があります。

思いつくテクニックはいろいろ試していますが、やはり基本はボトムコンタクトさせながらのただ巻き。 一言で表すなら、仲間のアドバイス通り「投げて巻くだけ」というのが今のところの結論です。

最近は、過去の磯釣りの経験も活かした【自分なりのチヌゲーム】を確立するため、様々なアクション&アプローチを継続して思考錯誤し、色々なポイントで自分なりのチヌゲームの攻略パターンを探究する日々が続いています。

メイタサイズ大阪湾では5~9月がチヌゲームのハイシーズン。

特にメバルのシーズンが終わる初夏からは、本当にエキサイティングなゲームが展開できます。

ライトタックルでのチヌ仕掛け図私のチヌゲームは、「ライトゲームからのアプローチ」ということを大前提としています。

日頃から愛用している高感度のライトゲームタックルに、ラインもPE0.4号に5~6ポンドのリーダーを直結するといったライトゲームスタイルそのままで行います。

使用するリグも【Ar.ヘッド ラウンドロック】【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW】など、1.0~3.5g前後のライトゲーム用ジグヘッドに2インチ前後のクローorホッグ系のワームをセットしたジグヘッドリグをメインに使用します。

ジグヘッドリグ大阪湾のチヌ(キビレ)のサイズは40.0cmが一つの目安なので、このサイズであればラウンドロックの強度で十分に対応できます。 また、強度的な不安でメーカーは推薦しておりませんがジャックアッパーHWも、驚くほどのフッキングレスポンスを誇るので、私はコッソリとこちらを使用することも多いです。

いずれにしても、タックルに合わせた適切なドラグ設定と、ランディングネットでのランディングを前提にゲームを展開すれば、現在の進化したライトゲームタックルでは、決して捕れない、オーバーパワーなターゲットでは無いと感じています。

ライトゲームタックルを使用したチヌゲームは、より繊細なアプローチが可能となり、そのぶん多くのバイトが得られるようになります。 20cm前後のメイタサイズから50cmオーバーの年無しサイズまでを、思う存分、手軽に楽しむことができるのです。

「基本は投げて巻くだけ」というアプローチの手軽で、誰しもが楽しめるチヌゲームですが・・・その奥に“深いゲーム性も秘めていること” これが、今までの経験から私が知っている【チヌ】という魚です。

スリリングなゲーム!!今後、ライトゲームならではの様々なアプローチやフィールドが開拓されていくことで、アジの時のように、このターゲットもまた“新たなライトゲームの世界”として拡がっていくことでしょう。

ライトタックルでのターゲットが少ない夏季。今年は、是非とも“ライトタックルでのチヌゲーム”を楽しんでみてください。

ブランドビルダー 豊西 和典

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.3~7.6ft(チューブラーティップモデル) ●リール・・・スピニングリール 2004~2506

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 5~6lb

【使用リグ】

●ジグヘッドリグ・・・ラウンドロック 1.5~3.0g-#4 & ジャックアッパー HW 2.0~3.5g-#7 + ワーム 2インチ前後のクローorホッグ系

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【スプリング・フォト・カーニバル】開催中!!!!

【スプリング・フォトカーニバル】リンクバナー

2014年05月29日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR