FLOAT

舞シュリンプで良型連発!本格シーズンインのライトブリームゲーム!!

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

 

梅雨入りを目前に、そろそろ『アフター回復のクロダイ』が狙えるではないかと河川に様子見に行って来ました。

産卵を終えたクロダイが、流れを求めて河川へ遡上し出すこの時期を境に、いよいよライトブリームゲームのハイシーズンが開幕します。

 

今回の釣行では、直前まで晴れの日が続き、河川の流量が低下していることが予想されました。

そのため、この状況でも「流れ」が期待できる河川をピックアップ。

なかでも中流域で川幅が狭まる様なポイントにエントリーしました。

 

日没前、干潮からの動き出しと夕マヅメが重なる時間帯からスタート!

の緩やかな流れの中を遡上するイナっ子も見当たり、釣れそうな雰囲気が漂います…。

 

使用するリグは、【BM.キール5.0g-#1/0】 +【舞シュリンプ 3.2inch】

 

瀬やガレの、「潮が当たる面」を特に念入りにチェックしていきます。

ガレにリグが差し掛かったらすぐにハズしたりはせず、引っ掛けつつシェイク。

移動距離を抑えて繰り返し誘っていると、コツンッっと繊細なバイト!

 

しっかりフッキングも決まり、幸先良くグッドサイズのクロダイを釣る事が出来ました!

 

手短に写真を撮りしっかり蘇生させてからリリース。

 

これからの時期、弱りやすい個体も多くなってくるので、フィッシュグリップやタモでエラに流れが当て、泳げるようにしっかりと回復させてからリリースしてあげて下さい。

 
 

その後潮が止まり、日も暮れ、いよいよ最高のタイミング!

 

と思っていたのですが、予想とは裏腹に中々上げ潮が効かずバイトが無い時間が続きます。

 

徐々に効きだした上げ潮の流れに、BM.キールのウエイトを7.0gに変更して対応しながら辛抱強く粘っていると「バイトかな?」というような違和感程度のアタリ。

 

再アプローチすると、やっぱり微妙なアタリがあるので、半信半疑でフッキング!

 

一瞬「エイかな?」と疑うほどトルクフルな引きを見せてくれたのは、歳なしサイズ!

 

再開後、今度はハッキリしたバイトを掛け、もう一枚追加し終了となりました。

 
 

今釣行では、BM.キール舞シュリンプ で全ての魚をキャッチ出来ました。

 

「魚が居るだろうピンスポット」を確実に攻略するための

 

・小さなロッドワークでもアクションしてくれるパーツがあること

・不必要に流されない細身なボディデザイン

 

を満たした舞シュリンプが、非常にマッチしました。

 

舞シュリンプのような細身のワームは流れに対して抵抗が少なく、比較的軽いウェイトのリグでもしっかりとボトムを捉えることが出来ます。

ボトムの質感も感知できるため「根掛かりしそうな場所」ではそれに備えることもできます。

 

そんな時は、今回のように、ワームのボリュームを意識することで対応できるかもしれませんので、是非試してみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-T84″マークスマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 5.0g-#1/0~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2019年06月05日

夏に負けない最盛期!! 真冬のキビレゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

一日の最高気温が一桁台を記録するほどの寒波が、こちら南国の鹿児島にも訪れる季節となると、冬のブリームゲームが開幕の時を迎えます。

 

ブリームゲームの全国的なターゲットは、クロダイ(チヌ)とキチヌ(キビレ)の二種ですが、この時期の一般河川や運河(温廃水などの人工的高水温域がないエリア)で、狙って釣れる確率の高いターゲットは後者のキビレ。

 

地域差、個体差、年度差こそありますが、秋に産卵のために海へ下っていた個体が、徐々に彼らの生活圏である湾奥部や汽水域に戻ってくる、いわゆる『アフター期』と呼ばれる季節で、早い地域では10月下旬〜11月初旬ごろからスタートし、大よそ1月いっぱい頃までは、盛夏のハイシーズンにも劣らない、冬の最盛期を迎えます。

 

「鹿児島は暖かいから釣れるんだよ…」

と、思うかたも居るかもしれませんが、水温にして5℃前後までをキープする地域の河川や運河であれば、このゲームはどこでも変わらず楽しめる傾向があり、九州北部でも、瀬戸内でも、四国でも、関西でも、キビレが多い地域であれば、変わらず存在する一つのシーズナルパターンとして確立されたゲームです。

 

そんな冬のブリームゲームでは、基本的にアンダーウォーター。

中でもボトムを意識したスローな釣り、もしくは、リアクション要素の高い釣りが効果的です。

 

水温の下降期にあたる、シーズン初〜中盤のタイミングでは、デイゲームでのボトムワインド釣法など、ハイシーズン並みのエキサイティングなゲームが楽しめます。

 

また、厳寒期の2中旬~3月いっぱいのシーズン終盤は、ボトズルでのスローゲームで引き続き釣果を得ることができ、そのまま春、夏のハイシーズンへと移行するので、かなりのロングスパンで楽しめるターゲットです。

 

このレポートを書いている今現在のタイミングは、シーズン中盤の最盛期にあたり、河川へ戻ってきたキビレたちの荒喰いが始まったような状況で、デイゲームでのワインド釣法などで良果が上がっています。

 

使用するのは、【マルチロック 5.0g-#4】 に、爪をカットした 【扇クロー 2.0inch】

 

ボトズルと併用でき、いつもバックに入っている【扇クロー】を現場でチューンするほうが手っ取り早く、荷物を減らせることもあり、私はこれを愛用していますが、市販のワインド専用ジグヘッド+ワームで、サイズ感さえ極端に間違わなければ、なんでもOKだと思います。

 

基本操作も非常に簡単で、キャスト後の着底からロッドを3~4回ほど巻きシャクり、そのまま再度着底するまでカーブフォール。

この繰り返しです。

 

バイトは、シャクりからフォールに移行する刹那の頂点位置か、着底直前に多い傾向があります。

 

ゴンッ! と明確なバイトがでる時もあれば、着底と区別できないほどのラインスラックが緩むだけのバイトも多いので、怪しいと思ったら、ききアワセてみるように心掛けています。

 

狙うべきスポットは、河川や運河の中でも最も水深がある流心部。

 

冬季は、ある程度の範囲に群れで纏っているケースも多く、居場所さえ特定できれば、1スポットでツ抜け釣果!!・・・なんてことも起こる季節ですので、ぜひ、そんなハニースポットを探し当てる楽しみにも、トライしてみてください。

 

最後に、ライトタックルそのままで楽しむライトブリームゲームでは、フィニッシュを飾るランディングネットの存在は欠かせません。

 

無理な抜き上げやズリ上げは、タックルを傷める原因となるので、忘れずに携帯するようにしましょう。

 

身近な河川で、パワフルなファイトを存分に楽しめるライトブリームゲーム。

「真冬の厳寒期、アジはシーズンオフだし、メバルもアフター初期で奮わないんだよなぁ…。」

そんなタイミングにでも、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本当、夏以上の釣果が出ることも決して珍しくないのですから。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・ルビアス 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●リーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-150~250cm [バリバス]

●ルアー・・・マルチロック 5.0g-#4 + 扇クロー 2.0inch (爪カットチューン) [いずれもアルカジックジャパン]

2019年01月24日

サイトのデイゲーム&繊細なナイトゲーム で真夏のリバーチヌを楽しみ尽くす!!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎 優斗です。

 

毎日暑いですね。

私の住んでいる山口県も、例年にない猛暑日が続いています。

 

水中も、表水温は30度を超え、魚にとっても暑い夏となっているようです。

そんなわけで、例年以上に苦戦している今年の夏の釣りですが、そのなかでもなかなかと言える釣りが出来たので、レポートしたいと思います。

 
 

まずここ最近の動向ですが、例年のホームフィールドで思い通りの釣果があげられず、先日思い切って、エリアの選定をイチから見直すことにしました。

 

この時期、エリアを決めるうえで重要にしていることは「流れがある」こと。

 

まず第一に安定した流入量があること。

そして、大規模河川のように全体的な大きな流れを形成するのではなく、複雑な地形や障害物が絡み、わかり易い流れが形成される小規模河川に、狙いを絞って釣行してみることにしました。

 

流れの当たるポイントに狙いを絞り、

 

浅場は軽量リグを使ったサイト

 

深場は巻きの釣り

 

で、効率的に流していくプラン。

 

この河川では、ガレがきついポイントが多かったので、『BM.キール 2.5g-#1』『躍ハゼ』 を組み合わせたリグをメインで使用しました。

 

しかし…軽量リグと言えど、昼間のチヌの警戒心は高く、リグの着水音や、近づく段階で逃げて行ってしまうことも。

 

そんななかでも僅かに反応する個体をしっかり観察しながらアプローチを絞り込んでいきます。

 

そして待望のファーストフィッシュ。

 

基本サイトで釣り上がりながら、行き当たるチャンネルなどの深場をブラインドで流しているところでのキャッチ!

魚のポジションなどのイメージは浅場狙いのまま、リグを重めの『BM.コンタクト』 にチェンジし、ボトムに当てながらの早巻きでリアクションバイトを誘うと、狙い通りにヒットに持ち込むことができました。

 

この1尾をキッカケに、魚の反応の傾向もやや見えてきました。

 

具体的には、チヌの進行方向より前側からアプローチして、目線より上を通すこと。

 

ロッドでアクションを付けながら、ふわふわっ とスイミングで誘うと、浅場のサイトでもヒットに持ち込むことに成功!

 

やっとの思いでサイトで釣る事が出来ました!!

 

この後は、目線上の方が反応が良いということで、トップウォーターゲームにシフトし数枚追加し、そのままナイトゲームへ。

 

デイゲームで反応のあったチャンネルラインを中心に食わせの釣りで狙うと、デイゲームとは一変、キャストの度にアタリが!

 

バイト自体は多いもののフックアップには至らない浅いバイトが多いので、様々なリグを試しながら反応を煮詰めていくと、どうやら移動距離を抑えたアクションが正解な様子。

 

こういうときには、ヘッドがボトムにスパイクする、『BM.コンタクト』がベスト。

ピンポイントでねちねち動かし続けると、ゴツン!と明確なバイトが引き出せる感じです。

 

サイズこそ大小さまざまですが、満喫することが出来ました。

 
 

この日、デイゲームではベイトフィッシュが多く入っていたこともあり、トップウォーターゲームの方が反応が良い…という状況でしたが、日没以降は状況が一変し、ボトムでの反応が急によくなりました。

 

その日の状況やエリアによって、反応する魚やその釣り方も様々。

色々なリグや、その状況にあったアプローチを駆使して魚を探していく過程も、チヌゲームの醍醐味ではないかと思います。

 

これから9月一杯までは、多くの河川でチヌを狙うこと出来ますので、デイも無いとも、思いっきり楽しんでみて下さい!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワーMg C2000S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 2.5g-#1 + 躍ハゼ 、BM.コンタクト5~7g-#2 躍ハゼ[いずれもアルカジックジャパン]

2018年08月12日

トップ&ジグヘッドで狙う!初秋のクロダイゲーム

こんにちは。ブランドビルダーの木下 彰です。

突然ですが、「夏のチヌゲーム」と言えば、真っ先に思い浮かぶのはトップゲームではないかと思います。

ドッグウォークするペンシルや、ポコポコと小気味良いサウンドを鳴らしながら進むポッパーに激しくバイトする様は、爽快の一言です。

 

しかし中には、ルアーの少し後ろを、明らかに深いレンジを維持したままついてくるだけ…というチヌを目撃したことがある人も少なくないのではないでしょうか?

これは、まだまだ水温が上がりきらない晩春から初夏、そして肌寒くなってくる晩夏~初秋にかけて、シャローエリアに差してはいるものの活性が上がりきらないというチヌに良く見られる状況です。

 

今回紹介するのはそんな「チェイスはするけどバイトはしない」という気難しいチヌを狙うゲームです。

 
 

今年は思いのほか季節の進行が早く、9月も中旬に差しかかった頃には磯やゴロタなどではトップへの反応がなかなか得られない状況になっていました。

それでも、まだまだシャローエリアに潜んでいる個体もいると思い、【BMシリーズ】【躍ハゼ】【扇クロー】【舞シュリンプ】等の新作ワームを片手に狙いに行ってみることに。

   

さっそくストラクチャー周辺やボトムのスリット等、いかにもチヌが潜んでいそうなポイントへ片っ端からキャストし、ゆっくりとしたフォールやボトムバンプで丁寧に狙っていきます。

【BM.キール】【BM.キューブ】は、ストラクチャーの多い所謂ややこしいポイントでもしっかりと根掛かりを回避してくれます。

が、ボトムに溢れんばかりにたむろするクサフグの猛攻は回避することができず、ボトムでステイなどを入れようものなら、一瞬でワームがプラスチック片へと変貌を遂げてしまいます。

このゆゆしき事態を打開する為【BM.コンタクト】+【扇クロー】でのスイミングにチェンジ。

手前で泳ぎを確認すると、扇クローの団扇型の大きな爪がブルンブルンと揺れてなかなか良い感じにアピールしてくれます。

 

期待を胸に再びストラクチャー周辺へ片っ端からキャストするも、一度だけチヌらしきチェイスがあったのみで大した反応は得られず、この日はタイムアウト。

かなりの距離を歩いたので、ダメ元で復路はトップを投げてみるも、やはり反応は皆無でした。 ハイシーズンにはちょくちょく見かけていた波打ち際でぼーっとしているチヌにも出会えませんでしたので、思った以上に状況は芳しくない様子です。

そこで、翌日はリグに一工夫。

使用するのは、【Ar.ブレード】を組み合わせた【Ar.ヘッド マルチロック】(プロト)【扇クロー】をセットしたジグヘッドリグ。 これをスイミングで使用します。

マルチロックはヘッドの上下にアイがついたジグヘッドで、フックの向きを使い分ける他、ブレードやアシストフック等をセットして使用することができます。

まるでロックフィッシュを狙うかの様な組み合わせのジグヘッドですので、一見チヌ狙いには少し派手すぎではないかな?といったイメージを受けるかも知れませんが、広大なシャローエリアで少しでもやる気のあるチヌを狙うには、これくらいのアピール力があっても問題はありません。

   

さっそく沈み根が点在するシャローなサーフエリアにエントリーし、ブレイクやストラクチャーが絡むようコースを考えながらリトリーブ。

しばらく歩きながらキャストを続け、藻場が絡むエリアに差しかかったところで、藻場の上っ面をかすめるようにジグヘッドを通過させると、エッジから真っ黒な個体が一定の距離を保ちながらついてきます。

 

波打ち際から5mのところでボトムにステイ…。

 

じりじりと鼻先3cmまで近寄るもなかなか口を使わないので、軽くボトムバンプをいれた2回目のフォールでバイト。

ルアーが完全に口の中に消えたことを確認してからフッキング。

サイズはそこそこですが、ほとんど距離のないところでのヒットなのでやりとりはかなりエキサイティングです。

右へ左へと走りまわるチヌを強引にこちらへと向かせ、元気なうちにランディング。 40cmちょっとの日焼けしたチヌでした。

 

二匹目のドジョウを狙ってそのまま藻場を攻めるも、相変わらず高活性なフグに貴重なヒットワームを食い散らかされたので、ワームのカラーをチェンジして沖のブレイクへ向けてキャスト。

 

ボトム目がけてフォールさせていた最中にラインがピタッと止まります。

見た目よりだいぶ浅いなー…って、そんなわけないな!でアワセてヒット。

少し弱めにセットしていたドラグを引っ張り出しながら上がってきたのは、年無しまであと少しの48cmでした。

 

その後は、3チェイス1バイト1すっぽ抜けと少々物足りない結果となってしまいましたが、水温低下と共にシャローエリアからチヌが姿を消すまで、もうしばらく楽しめそうな手ごたえを感じることができました。

   

攻めるポイントとしては、写真にあるようなストラクチャーが点在するサーフや、スリットなどのチヌが身を隠すスポットの多い磯場などです。

 

基本的なリグの動かし方は、サーフェイスからミドルレンジを意識した早巻き&ただ巻き。

実釣では巻き取り長さ81cmのハイギアリールを使用して秒間2.5~3回転でしたので、1秒間に2~3m移動させる程度が、巻き速度の目安です。

ちなみにこれ以上遅くすると、私の地域ではフグの餌食になってしまいます。

   

ひとつのポイントに対して3、4キャストで反応が無ければどんどん次を打っていきます。

あまりにもストラクチャーに対してタイトにキャストしてしまうとリグがスタックしてしまいますので、岩と岩の間を通すくらいの気持ちで良いと思います。

広大なシャローエリアに点在するポイントをひたすら歩きながら打っていくので、イメージ的には渓流のミノーイングに近いものがありますね。

 

リトリーブ中にガツンとバイトが出ることはそう多くはなく、トップの時と同様にリグの真後ろの水面がモコっと盛り上がってチェイスに気づく事が多い様な気がします。

ただ個体によっては、少し距離をあけたままピックアップ寸前までついてくる場合もあります。

なので、手前4~5mまで巻いてきたところでいったんストップを入れてボトムに放置すると、ジグヘッドの真後ろに黒い影が忍び寄り、そこから先は、「食うか?見切られるか?」のギリギリのやり取りに身を焦がす時間が始まります。

一度チヌがルアーについてしまえば、フグは恐れて近寄ってこない場合が多いので、ボトムバンプステイ一点シェイクからのエスケープアクションなど、ジグヘッドリグならではの小技を効かせたアクションを駆使して、じっくりとチヌと対峙することができます。

   

今回はシーズン終盤に差し掛かった時期での釣行となりましたが、7、8月のハイシーズンでも、なんらかのプレッシャーで活性が低くなったチヌにも効果があるのではないかと思います。

チヌはいろいろな狙い方で楽しむことができるターゲットですので、トップを投げてどかんと派手なバイトを楽しむも良いですが、繊細なアプローチを駆使してワームが吸い込まれる瞬間のドキドキを味わうのもまた楽しいのではないかと思います。

 

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S74″BBヒットマン”[エバーグリーン]

●リール・・・14ステラC2500HGS [シマノ]

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

●リーダー・・・バスザイルマジックハードR 6lb[エバーグリーン]

●ルアー・・・Ar.ヘッド マルチロック 3g-#4[アルカジックジャパン](プロト)躍ハゼ 、扇クロー、舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2017年10月03日

アフタークロダイ攻略

こんにちは。ブランドビルダーの中﨑優斗です。

今回は産卵後の河川のクロダイ攻略を紹介したいと思います。

 
 

春に産卵を終えたクロダイは、次第に流れを求めて河川に多く入ってきます。

時に流れてくる餌を捕食しながら体力を少しずつ回復させ、丁度梅雨頃には果敢に餌を追い回すまでになります。

梅雨明け後も、水温が上がりきってしまうまではこの傾向が続くため、年間を通して非常に釣りやすく、これからクロダイゲームを始めようという方にもオススメの季節でもあります。

 

私のホームグラウンドである山口県西部の河川では、5月を過ぎるくらいからクロダイの遡上が始まります。

 

デイゲームではあちらこちらにクロダイを目視できるほど個体数が多く、特にチャンネルライン(川筋)沿いの瀬や淵といった変化のあるポイントに留まる傾向が見られます。

こうした細かなチャンネルライン上の変化の他に、蛇行や分岐などチャンネルライン自体の大きな変化にも目を配りつつクロダイを探していくのですが、そもそもどこまで遡上してくるのか?は河川の流量によって変わる為、予めデイゲームで遡上範囲を確認できると、キャッチ率が大きく高まるでしょう。

ちなみに私のホームエリアでは、例年よりも雨が少ないためか、流量の多い河川に集中して遡上が確認され、個体によっては河口から5km以上上流まで遡上している場合もありました。

 
 

この時期の私のクロダイゲームは、デイでは遡上ポイントを確認しながらのサイトゲーム。

ナイトは、日中確認した遡上ポイントでの繊細なボトムゲーム、という組立で楽しんでいます。

 

「クロダイは警戒心の高い魚」と言われるだけあり、日中のサイトゲームは本当に難い!

人やラインの存在を気づかせない繊細なアプローチと、見切らせないルアー選びが重要です。

アプローチのコツとしては、ラインを張り過ぎないこと。

ラインを張ると、クロダイがラインに気づいて逃げてしまうことが多く、予めキャストしておいたルアーを魚に見つけてもらってから喰わせる、というパターンがほとんどです。

そのため、根掛かりしないようにボトムにリグをステイできることが重要で、地形に合わせて【BM.キューブ】【BM.キール】を使い分けています。

底質と流れに対して極力軽量なウェイトに【躍ハゼ 1.6inch】を組み合わせ、僅かなアクションや流れにもテイルとフィンでナチュラルにアピールさせます。

この組み合わせはシルエットも小さく、軽い吸い込みでもしっかり深いバイトを引き出すことが出来るため、シビアなデイゲームにぴったりです。

 

一方のナイトゲームでは、日中と違いクロダイの警戒心も薄れ、果敢に餌を捕食するようになります。

当然デイゲームよりバイト数は格段に増えますが、クロダイ特有のショートバイトも多く、そのなかでより深いバイトを引き出せるアクションを見つけることで、がっつりと掛けていくボトムゲームが楽しめます。

 

高活性で大きな動きに反応が良い時には【扇クロー 2.0inch】を使い、大きな爪がだす強めの波動でアピール。

 

低活性時はスローアクションが有効になるので、【舞シュリンプ 3.2inch】ドリフトステイなどでのアプローチが、細かなパーツがナチュラルにアクションしてくれるのでおすすめです。

 

組み合わせるジグヘッドによってもアクションが変わってくるので、その状況にあった組み合わせを探しながら楽しめるのがこのゲームの面白いです。

 

これから晩秋までロングスパンで楽しめますので、是非トライしてみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

 

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

 

●メインライン・・・ライトゲーム用PEライン 0.4号(プロト)[アルカジックジャパン]

 

●リーダー・・・ライトゲーム用リーダー 6lb(プロト)[アルカジックジャパン]

 

●ルアー・・・BM.キール、BM.コンタクト、BM.キューブ 2.5g-#1~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 躍ハゼ 、扇クロー、舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

 
2017年07月25日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR