FLOAT

ヒットパターンはメタルアジング!? ハイシーズンの離島アジング。

 

みなさん、こんにちは、ブランドビルダーの黒原 祐一です。

 

秋も深まり各地でアジが好調となってきました。

 

僕のアジングで一番忙しいシーズンですが、そんな中、離島に行ってきたのでその時の様子をレポートします。

 

釣行した場所はルアーやロッドテスト等には必ず行ってしまう平郡島

 

この島を利用する理由は、まだこの島が有名になるよりも昔から通っている場所であり、勝手がわかっていること。

そして、年々変化していく様を見届けたいという思いがあるからです。

 

10年前に比べ、サイズも数もかなりダウンしてしまいましたが、その分「あらゆるリグ、テクニックを使いこなさないと好釣果を得ることが出来ないことがある」というところが一段と面白さを醸し出してくれます。

 

釣行時はかなり横風…。

 

ひとまず、いつものようにサーチリグとして5gのスプリットショットリグから開始したのですが、いつもと何か違う…。

 

先週同ポイントに釣行した時は、『夕マズメから普通に釣れるいつもの平郡』って感じでしたが、今回は全くアタリがありません。

軽量ジグ単でネチネチ探ろうにも、時折強く吹く風が邪魔をしウエイトを上げざるを得ない状況。

 

ジグヘッドを徐々にウエイトアップし、ようやくバイトがあったのが3.0g。

しかも、通常のテンションフォールでは中々バイトしない。

 

一番バイトを誘発できたのが横移動を抑えたフォールもしくはフリーフォール。

ただバイトは誘発できてもミスバイトが多くヒット率が低い。

比較的早いフォールが有効ではあるが、ノセることができなければ釣果にも繋がりません。

 

そこで選択したのが【マルチロック3.0g-#4】のジグヘッドリグ。

マルチロックは上下にアイがついているため下側のアイにはアシストフックやブレード等を取り付けることができます。

 

この下側のアイに、【ショットアシストTW】をつけてショートバイトも獲ってやろうという魂胆。

 

それが功を奏してヒット率は上昇。

 

しかし、これが最良、というわけでも無さそうな手応え…。

いつもの釣果と比べると雲泥の差です。

 

引き続き、ああでもない、こうでもないと自問自答しながら出た答えが、メタルジグ。

重めのジグヘッドへの反応の仕方といい、どうやら明暗の暗部+比較的早めのフォールというのが結論のようです。

 

使用したのは【ショアグライダーJr】の5gと7g。

基本は5gを中心に、風の影響により飛距離がスポイルしてしまう時には7gを使用しました。

 

メタルジグはベイトフィッシュを果敢に追っている時などに有効ですが別にベイトに拘る必要はなく、今回のように早いフォールを演出する際にも有効です。

 

狙いのレンジからしゃくり上げた後、ラインを軽く張ったままロッドを送り込んでいき、ルアーを縦に落としていくというテクニック。

 

テンションフォールでは不思議とほとんど釣れない一日でした・・・。

しゃくり上げるのは「魅せる」というよりも、落とすための高さ稼ぎがメイン。

 

これで怒涛の連荘をかまし、納得できる釣果を得ることができました。

 

今回の釣行ではこの時期でワースト1じゃないかと言わんばかりの状況でアセりましたが、最善なものが何かを探り当てることができアジングの楽しさを満喫できた一日となりました。

 

アジングは色々なリグ、ルアーを使い分けることで釣果は大きく変わるので皆さんも日頃使用したことのないリグ、ルアーを試してみては如何でしょうか?

     
2018年12月05日

身近なポイントで釣果を引き出す 新感覚フロートアジング

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの木下彰です。

 

今回は【フロートアジング】

それも『今までのフロートアジングとは一風変わったアプローチ』について、紹介させていただこうと思います。

 
 

初春から晩春へと季節が移り変わり、良型のアジの回遊が見られる頃になると、波止には釣り人が溢れ、なかなかお目当てのポイントに入ることが難しくなります。

釣果等の情報が簡単に手に入る様になった昨今、なかなか自分だけの「竿抜けポイント」を探し出すことは難しくなってきているのではないでしょうか。

 

そんな時にお勧めなのが、『ぶっ飛びロッカーⅡ』と、1~1.5g程度のジグヘッドを組み合わせた【フロートリグ】によるポイント開拓です。

 

『ぶっ飛びロッカーⅡ』を使用した【フロートリグ】は、主に軽量ジグヘッドと組み合わせて表層に浮いたターゲットをスローに狙うリグです。

 

しかし、1.5gと高い残浮力が設定されているHFタイプ(ハイフロートタイプ)は、ジグヘッドのウェイトを調整する事で、表層だけでなくボトムまでを隈無く攻めることが可能となります。

 

基本的な動かし方は、フロートを極力手前に引っ張らない様に注意しながらのリフト&フォール。

 

フォール中にフリーで落とせば、そのまま上下に誘う縦の釣り。

テンションをかければフロートをフォールセーバーとして使用した極スローなテンションフォールを演出できます。

またある程度の流れがあれば、1.5g以上のジグヘッドをセットしてもフロートを沈めることなく深場をドリフトさせるなんてことも可能です。

 

狙うポイントは磯場や砂利浜等で、水深は2mもあれば十分。

 

岬の先端部などの潮通しの良い場所も良いのですが、岬より少し内側にある、切れた藻が溜まっては流れてを繰り返す様な、潮が緩やかに流れるシャローなエリアもオススメ。

一見アジが入ってきそうにないポイントですが、日中のアジは基本ベイトについて移動することが多く、まさかこんな所に、と思うような場所に溜まっている事もありますので、足を使って様々なポイントを積極的に撃っていく事が釣果に繋がります。

 

また水温の上昇と共に藻が切れ始めると、スプリットやキャロでは浮き藻を拾って釣りにならないといった状況になりますが、フロートリグであればラインメンディングを行うことで何とか手前の浮き藻をかわしながらボトムまでワームを届けることも可能となります。

 

フロートリグ特有の横移動の距離を抑えた上下の誘いというのは、他のリグでは演出しづらく、ジグヘッドやスプリットで攻めてもあまり反応がない様なシチュエーションでもフロートリグなら連続ヒット、なんて状況に遭遇することがあります。

あまり釣れない人気のないポイントにも、フロートリグのアクションに高反応を示す魚がいるかもしれません。

 

正直、いつでも効果を発揮するリグというわけではありませんが、まさかこんなところで、という様なポイントを積極的に攻めてみることが、自分だけの竿抜けポイント開拓に繋がるのではないでしょうか。

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーション PSSS-74S “BBヒットマン”[エバーグリーン]

●リール・・・14ステラ C2500HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号 [アルカジックジャパン]

●メインリーダー・・・バスザイルマジックハードR 8lb [エバーグリーン]

●サブリーダー・・・バスザイルマジックハードR 4lb [エバーグリーン]

●フロートリグ・・・ぶっ飛びロッカーⅡ LL-HF [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.6g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年05月21日

Fシステムで攻略する愛媛のギガアジ!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの藤原 真一郎です。

冷たい季節風でライトゲーマーには厳しい時期が到来しましたが、フィールドに出かけてみると熱いゲームが待っている!?

 

というわけで、今が最盛期の愛媛県西部のデカアジを狙いに行って来ました。

 

愛媛県西部の豊後水道に面したエリアは、海岸線がクネクネとしたリアス式になっており、水深も足元から数m沖で深く落ち込むような“ドン深”が特徴のエリアです。

 

水温は比較的高く、年間通じてアジが狙える海域。

とくに、晩秋から春にかけては40cmを軽く超えるようなデカアジが陸っぱりで狙える魅力あふれるエリアです。

この時期、昔はほんとによく通ったものですが、ここ数年、再び足繁く通っています。

というのも、当時、飛距離や水深のためにキャロでやっていた場所を『シャローフリークDive』での【フロートリグ】で攻める、ということを検証…というか単純に楽しんでいるためです。

今までキャロで楽しんでいた場所をフロートリグメインでアプローチすることで、さらにスリリングで面白いゲームが広がりつつあるからです。

 
 

『シャローフリークDive』でのアプローチということは、遠投しつつスローフォールで攻めるという釣り方です。

大型アジは、例えばベイト付きのマズメの釣りなどではジグやキャロの巻きなどで釣れることも多いですが、ナイトゲームでは、それでは食い切らないこともよくあります。

トレーススピードやフォールスピードがキモになる場面がやはりあって、そこに着目したアプローチができるフロートリグの釣りは、大型アジに対してもときに非常に有効なのです。

一昨年のある釣行では流れが緩い時間が多く、キャロだと交通事故的な単発アタリがあるのみという状況だったのが、フロートで攻め始めると尺オーバーが連発。

じっくりと沈めるため一匹に多少時間は掛かるものの、「狙ったゾーン」「狙ったアクション」に反応してくれる再現性の高い釣りが楽しめました。

 

昨年末に数度行ったときは、活性は高くはないもののバイトがあれば40オーバーという状況で非常にスリリングなゲームが楽しめました。

 
 

『シャローフリークDive D-16.6g』【Fシステム】を、静かに沈めてレンジを探っていくというこの釣り。

 

飛距離は60mほど、そしてレンジは10m前後とずいぶんな遠距離戦ですが、誘いやリズムは軽量ジグ単ゲームによく似ています。

ロッドをさびくようにラインテンションをキープし、ときおりシェイクを入れて誘い、アタリに集中する。

微かな変化も捉えようと没頭していると小さくも鋭い生命感を持ったアタリが伝わります。

しっかりとフッキングした瞬間、40cmオーバー特有の重量感と走りが始まります!

基本的には『シャローフリークDive』のFシステムを用いた、ゆっくりと沈めて狙う釣りですが、その日そのときどきでの微妙なパターンの違いを感じます。

 

あるときは、ジグヘッドを0.6g、ワームを艶じゃこなどやや水押しの強いルアーを選んで、テンションを掛け気味でトレースするというのが結果的にもっともアタリを引き出しやすかったのですが、いっぽうで、軽くサビいておいてフリーフォールを一瞬入れるというようなアクションにやたらと反応があるときもあります。

 

ジグヘッドも0.4gなど極軽量で水に馴染むような薄い引き抵抗のルアーがハマりました。

1.5gなど重めのジグヘッドと組み合わせてボトムから跳ね上げるといったパターンが効果だったこともありました。

大型アジと言っても、ナイトのスローな状態では微妙な違いが差となって現れることもあります。

 

流れのないところではリトリーブ主体で、流れのある場所ではロッドをサビいてラインテンションを調整しながらアクションを入れていく、という釣り方を基本にしておくと状況に合わせやすいと思います。

Fシステムのフロートリグの作り方は、PEラインとリーダーを結束したときのリーダーの余り糸に管付き型のフロート『シャローフリーク』『シャローフリークDive』を結び、メインのリーダーの先に0.5g程度の極軽量ジグヘッドを結びます。

 

フロート側のリーダーの長さは10~15cmほど。

ジグヘッド側のリーダー側は、アジ狙いだと長めになり100~150cm。

シビアなときや波風の強いときほど長めに調整するようにしています。

 

ノットはFGノットが強いですが面倒だと言う方にはクインテットノットがおススメ。

トリプルサージェンスノットの5回版で、とても簡単で手早く結べますが十分な強度が得られます。

PEラインは0.5号、リーダーは6lbというのが扱いやすく、いざというときにも無理の効く号数だと思います。

陸っぱりからでもまだまだデカアジが狙えるポイントはあります。

外灯が広範囲を照らしている所や遠投したらブレイクに届くというような場所、今までキャロで狙っていたポイントなどでフロートアジングを試してみて欲しいと思います。

 

スリリングで楽しいゲームが待っているかも!?

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫 華 S82H-solid [がまかつ]

 

●リール・・・イグジスト 2003H [グローブライド]

 

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・スモールゲームリーダー FCⅡ 6lb[サンライン]

 

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク Dive D-16.6g[アルカジックジャパン] + キャロヘッド 0.4g-#4[がまかつ] + 艶じゃこ[アルカジックジャパン]など

 
2018年02月19日

遠浅ゴロタに潜む大型アジを『Fシステム』で攻略!

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

今回は、私が日頃から励んでいるシャロ―エリアでのフロートアジングについて、ご紹介させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のホームグランドである大坂湾南部エリアには、人口浜や自然海岸などの比較的水深の浅い遠浅なシャローエリアが多く点在しています。

例年、8月頃から豆アジの接岸が始まり、お盆を過ぎた8月下旬頃より尺に届くような良型アジの回遊がみられます。その後、秋が深まるに連れ、おおよそ年末頃までのロングスパンで25cm前後をアベレージに、40cmを超えるような特大サイズが飛び出すこともある、関西エリアきってのライトゲーム激戦区です。

今年は、近年の温暖化の影響か海水温が高い状態が続き、アジの回遊コースも例年よりやや遠深寄りにシフトしているのかな?といった印象ですが、潮周りや潮位のタイミングで射程圏内に回遊してくることもあり、そんな千載一隅のチャンスを逃さないよう気を抜かずに、丁寧に探り続けることで釣果を出しています。

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2私がシャローエリアで使用するリグは【シャローフリーク】【シャローフリーク Dive】でのFシステム。

先ずは、【シャローフリーク F-10.5g】【ラウンドロック #6-0.4~0.6g】を組み合わせたF(フローティング)モードで、表層付近を回遊しているアジがいるか確認することからスタートします。

Fモードでの基本操作は、デッドスローなタダ巻きにシェイクを折り混ぜて誘うのがセオリー。活性の高いアベレージサイズのアジは、表層~1m付近のレンジで釣れるケースが多いように感じます。潮の流れにフロートを乗せ、張らず緩めずのラインテンションを保ちつつ、ドリフトで広範囲を探るように心掛けます。


上記手法で表層付近を一通り攻めても反応が無い、もしくは、釣れていたが反応が薄くなりはじめたタイミングで【シャローフリークDive D-11.7g】に変更し、今度はカウントダウンによるレンジ攻略(Dモード)にシフトします。

着水後、糸ふけを回収したら再度ベールをおこし、任意のレンジまでリグをフリーフォールでカウントダウン。基本的には水面直下のレンジよりサーチし、反応が無ければキャスト毎で徐々にレンジを落とし、最終的にボトムまで探ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

操作はFモード同様、もしくは、シェイクアップ&テンションフォール(ドリフト)など、潮流に漂うベイトをイメージして探っていくと良いと思います。

また、補足としてシャローフリークとリーダー端糸の接続部に、小型スナップを使うとフロートの交換がスムーズになります。特に6lb以上のリーダーを使用する際は、トラブルも少なく良い感じに使用できているのでお勧めです。


大阪湾南部のシャロ―エリアで釣れるアジは、湾口の激流の中を回遊している群れと同じようで筋肉質で体高があり、そのファイトもかなりパワフルです。

大型ともなると、その引きは正に青物!

そういった理由からもフックには、フッキング性能と強度に信頼のおける【ラウンドロック】を愛用しています。%e6%84%9b%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af

リグの着水点で水深5~7メートルほど。ブレイクラインまでの距離にして40~50mほどのポイントが多い大阪湾南部のシャロ―エリア。

常夜灯完備のポイントも少なく、後ろの街明かりや道路の外灯が主な光源になるのですが、そんなシチュエーションの沖の潮筋やブレイクラインを回遊しているアジは、決して少なくないと感じます。

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e5%a4%a7%e5%9e%8b%e3%82%82%e9%a3%9b%e3%81%b3%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81皆さんの最寄りのフィールドにも、きっとこのような条件のポイントがあるハズです!

人知れず、竿抜けポイントとなっているフィールドを開拓するのも釣りの楽しみの一つ。皆さんもぜひ、そんなポイントで楽しいフロートゲームを満喫してみてはいかがでしょうか。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-T78“ライトタフ”[エバーグリーン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・スモールゲームPE 0.4号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFC 6~8lb[サンライン]

●Fシステム・・・シャローフリーク & シャローフリークDive 各サイズ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4~0.6g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch & 海ゲラ 1.2inch各色など[アルカジックジャパン]

2016年11月02日

ジグヘッドリグでのスタンダードアジング


こんにちわ。アルカジックジャパン・ブランドアドバイザーの平川 潤です

今回の釣行エリアは、私の自宅からほど近い場所にある小規模な漁港。

このポイントは以前より知っていたのですが、外海から少し入り込んだ位置にあるため潮が緩やかで、アジなどの回遊魚が入りにくい印象を持っていたので、正直、今まであまり重要視していなかったポイントでした。

ところが・・・「今年は、年明け頃よりポツポツと良型のアジが釣れている。」との情報を耳にしたため、改めて再調査してみることに。

小さな漁港の両側より堤防が伸びており、その先端には常夜灯がぼんやりと灯っている。潮流という条件さえ除けば『ここぞ、アジングの定番ポイント!』といった条件が揃っている場所です。


夕刻後、常夜灯周りに釣り座を構え、いざ実釣開始です。

ポイントに入ってまず行うことは、水深の把握と何かしらの変化を見つけること。

一口に『変化』と言っても解りづらいと思いますが、常夜灯の灯りの明暗潮のヨレ防波堤の基礎の境目船道のブレイクなどの地形変化がそれにあたり、それらが複合的に絡む点こそ、好ポイントになる可能性が高いスポットです。

まずは、左から右へ緩やかに流れる潮の中で、船道のブレイクと灯りの明暗が重なるスポットを重点的に攻略してみます。

『Ar.ヘッド ジャックアッパー 1.5g-#8』『艶じゃこ 1.8インチ』のジグヘッドリグを、潮上からのカウントダウンで狙いのスポットまで送り込んでいきます。

すると、早々に船道のブレイクあたりで「コン!」という明確な反応♪

フッキングを入れると同時に、ロッドがベリーまでキレイな弧を描き、絞り込まれる!小気味良い手ごたえを楽しみつつ、姿を見せたのは25.0cmを超える良型アジ♪

幸先よく良型ゲット♪

※白飛び写真で申し訳ございません。

幸先よい反応にテンションも上がり、再現性を求め、同様のアプローチで二匹目を狙いますが・・・

反応が無い。

同じスポット内を、レンジやアプローチを変えて探るも、これまた音沙汰無し。

こういった時は、一度思考をリセットして、一から再構築する方が賢明

まだ探りきっていない、沖のブレイク付近を狙ってみることに。

ボトムまでのカウント30。

まずは、ボトムベタベタをトレースしてみますが・・・無反応。

次投は、5カウント上げて、カウント25。

ロッドを横にさびくアプローチを基準に、時折アクションやフォールを加える探っていると、待望のバイト!!

一匹目同様、ロッドが絞り込まれ良型確定♪

プロポーションの良いアジサイズは同じくらいですが、先程よりプロポーションの良い個体です♪

これまた、再現性を求め同じスポットへキャスト&アプローチ。

スッ!とティップのテンションを抜くようなフォールを入れた瞬間に・・・「コッ!」と明確なバイト!!!!

狙って再現性を確認できた、気持ちの良い瞬間です。

しかも、あがってくるアジはどれも良型♪

「やはり、先入観を持たずにいろいろなポイントを試さないといけないな。」と痛感しつつ、しばしの良型アジのイレグイを堪能します。

その後は、アジの群れも入れ替わったのか、豆メバルと18.0cmほどの小アジが釣果の主体に。

ジグヘッドのウエイトを0.6g、1.0g、1.5gとローテーションさせながら探り続けましたが、最終的に反応もなくなり、この日は納竿としました。

しばしのイレグイを満喫今回の釣行では、常夜灯の明暗や船道などの比較的近距離の変化に的を絞って、ジグ単のみで攻略してみましたが、他リグも入れていくと、また違った結果が出て面白いかもしれません。

『地元のポイントもまだまだ捨てたものではないな♪』と実感できた一夜でした。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-610S  “リンバーティップ”[エバーグリーン]

●リール・・・セルテート 2004CH[ダイワ]

●メインライン・・・鯵の糸(エステルライン) 0.3号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFC(フロロカーボン) 0.3号[サンライン]

●ジグヘッド・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8~10 [アルカジックジャパン]

●ワーム・・・艶じゃこ 1.8inch  ケイムラピンク,ケイムラブルー,クリアーラメ [アルカジックジャパン]、フィッシュテール 2.0inch[ベイトブレス]など


2016年03月28日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR