FLOAT

舞シュリンプで良型連発!本格シーズンインのライトブリームゲーム!!

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

 

梅雨入りを目前に、そろそろ『アフター回復のクロダイ』が狙えるではないかと河川に様子見に行って来ました。

産卵を終えたクロダイが、流れを求めて河川へ遡上し出すこの時期を境に、いよいよライトブリームゲームのハイシーズンが開幕します。

 

今回の釣行では、直前まで晴れの日が続き、河川の流量が低下していることが予想されました。

そのため、この状況でも「流れ」が期待できる河川をピックアップ。

なかでも中流域で川幅が狭まる様なポイントにエントリーしました。

 

日没前、干潮からの動き出しと夕マヅメが重なる時間帯からスタート!

の緩やかな流れの中を遡上するイナっ子も見当たり、釣れそうな雰囲気が漂います…。

 

使用するリグは、【BM.キール5.0g-#1/0】 +【舞シュリンプ 3.2inch】

 

瀬やガレの、「潮が当たる面」を特に念入りにチェックしていきます。

ガレにリグが差し掛かったらすぐにハズしたりはせず、引っ掛けつつシェイク。

移動距離を抑えて繰り返し誘っていると、コツンッっと繊細なバイト!

 

しっかりフッキングも決まり、幸先良くグッドサイズのクロダイを釣る事が出来ました!

 

手短に写真を撮りしっかり蘇生させてからリリース。

 

これからの時期、弱りやすい個体も多くなってくるので、フィッシュグリップやタモでエラに流れが当て、泳げるようにしっかりと回復させてからリリースしてあげて下さい。

 
 

その後潮が止まり、日も暮れ、いよいよ最高のタイミング!

 

と思っていたのですが、予想とは裏腹に中々上げ潮が効かずバイトが無い時間が続きます。

 

徐々に効きだした上げ潮の流れに、BM.キールのウエイトを7.0gに変更して対応しながら辛抱強く粘っていると「バイトかな?」というような違和感程度のアタリ。

 

再アプローチすると、やっぱり微妙なアタリがあるので、半信半疑でフッキング!

 

一瞬「エイかな?」と疑うほどトルクフルな引きを見せてくれたのは、歳なしサイズ!

 

再開後、今度はハッキリしたバイトを掛け、もう一枚追加し終了となりました。

 
 

今釣行では、BM.キール舞シュリンプ で全ての魚をキャッチ出来ました。

 

「魚が居るだろうピンスポット」を確実に攻略するための

 

・小さなロッドワークでもアクションしてくれるパーツがあること

・不必要に流されない細身なボディデザイン

 

を満たした舞シュリンプが、非常にマッチしました。

 

舞シュリンプのような細身のワームは流れに対して抵抗が少なく、比較的軽いウェイトのリグでもしっかりとボトムを捉えることが出来ます。

ボトムの質感も感知できるため「根掛かりしそうな場所」ではそれに備えることもできます。

 

そんな時は、今回のように、ワームのボリュームを意識することで対応できるかもしれませんので、是非試してみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-T84″マークスマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 5.0g-#1/0~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2019年06月05日

春がハイシーズン!南国鹿児島・錦江湾でのアジング

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

真夏を思わせるような暑い日差しが照りつける昨今の鹿児島。

桜島のお膝元に広がる錦江湾の湾奥部では、アジングのハイシーズンを迎えています。

 

全国的なアジングのハイシーズンと言えば、秋〜冬を連想する方も多いかと思いますが、錦江湾奥部では春がアジングの最盛期となります。

年度差こそありますが、大よそ3月中旬〜4月下旬頃から産卵を意識した大規模な群れの接岸が始まり、おおよそ6月いっぱいまでが、身近な防波堤から手軽に良型アジを狙える絶好の季節です。

 

使用するリグは、スタンダードなジグヘッド単体リグがベース。

 

足元から10~15mほどと比較的水深のあるフィールドが多いこと、レンジを効率的に探る必要があることなどから、ジグヘッドのウエイトは1.3~3.0gほどと重めのウエイトを使用する機会が多いです。

 

釣れるアジのアベレージサイズは22~25cmほどと良型で纏まることが多く、フックは【ジャックアッパー】【#6】を普段使いとして愛用。

 

時に25~27cmアベレージの35cmMAXといった大型の群れが差すこともあり、このような状況下ではフック強度に信頼のある【ラウンドロック】【マルチロック】をワームのサイズやアクションの傾向に合わせてセレクトします。

 

基本攻略は、表層もしくはボトムからのカウントダウン釣法。

 

レンジにうるさいアジを効率的に攻略するための欠かせない戦略です。

始めのワンキャスト目でボトムカウントを計り、まずはそれを5~6等分割ほどして広くレンジを探ってアジの反応を捕えます。

 

バイトのあるレンジが判明したら、そのレンジ周辺をさらに細かく分割し、ヒットレンジを絞っていくといった流れ。

 

例にすると、ファーストアプローチでのボトムカウントが60カウントだった場合、表層から10、20、30…、

ボトムからだと60、50、40…と10カウント刻みほどでレンジを探っていき、30カウントあたりでバイトがあった場合、さらに25、30、35カウントとレンジを細かく刻んで探っていく要領です。

 

また、レンジ同様にうるさいのがアプローチやワームの形状やカラー。

 

春の錦江湾のアジは『ツンデレ体質』のようで、ある程度レンジを捉えさえすれば何でも釣れる日もあれば、かなりセレクティブなツンな日もあります(笑)

 

細身のストレートワームには反応しないシーン…。

 

クリアーラメ系ばかりに反応する日などなど…。


 

そんな奥床しいアジングを堪能できるフィールドでもあります。


 

フリーフォールなどの素早いフォールアクションに反応が良い時もあれば、スローな水平フォールが大好き。

強めのリフトアクション直後にバイトが集中する日もあったりと、そのヒットパターンは実に様々ですので、アプローチも常にいろいろと試してみることを心掛けると良いでしょう。

 

最後に、アジの遊泳レンジやヒットパターンは時系列で変化していくので、反応がなくなったら、再度基本に立ち戻りレンジやアプローチを探り直すことが大切です。

 

何事も基本に忠実に…です。

 

アジのヒットパターンを追い駆けていると、あっという間に時間が過ぎるもの。

そんな奥深いアジングを存分に堪能できるのが春の鹿児島・錦江湾です。

 

今年のGWも盛んに釣れていたので、ぜひ皆さんもそんな連休のタイミングを利用して、観光がてらでも春の錦江湾に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S63″ジャックアッパー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・カーディフ Cl4+ 1000PGSS[シマノ]

●メインライン・・・ Avani アジングマスター レッドアイ 0.3号-150m [バリバス]

●リーダー・・・ライトゲームショックリーダー Ti-F 3lb 30~60cm [バリバス]

●ルアー・・・ジャックアッパー 1.0~1.5g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch 

       ラウンドロック 1.0~1.5g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch[いずれもアルカジックジャパン]

2019年05月08日

シャローフリーク エクスパンダでの泉南メバルゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

 

今日は、新発売となった【シャローフリーク・エクスパンダ】を使って良いメバルゲームが出来たので、その時の模様をお届けしたいと思います。

 

釣行日は3月中旬、新月大潮の2日目。

例年、大阪湾のメバルは、桜の開花時期に釣れ出す傾向があるのですが、今年は暖冬だった影響か、早めのスタートを切っている、という状況です。

 

フィールドインした時点で、下げ2分といった具合の高めの潮位。

シャロ―帯の手前までメバルが差して来ていそうなシチュエーションですが、フロートマンの私はやはり発売されたばかりの【シャローフリーク エクスパンダ】を結んでしまう(笑)

 

ちなみに、使用するロッドは【インスピレーションのS80】

【シャローフリーク エクスパンダ】や、【シャローフリーク】を遠投する釣りをするときに最適です。

 

【シャローフリーク エクスパンダ F 17.8g】【シンキングバランサー1.2g】を取り付けシンキング仕様にチューンし、まずは7割程の力で様子見キャスト。

 

ボトム付近の部周りや、海藻スレスレを丁寧に通していきますが、反応はイマイチ…。

 

使用しているワームはメバル狙いで絶大な信頼を寄せている【海ゲラ】ですが、それでも簡単に口を使ってくれる状況ではないようです。

断続的にカラーローテーションを行いながら一通りチェックしましたが、変わらずメバルの反応は悪い…。

 

思い切って大きくレンジを変えてみようと、シンキングバランサーを取り外し、フローティング仕様にチェンジ。

リーダー1m分の表層付近を探り始めると、ようやく反応がありました!

 

コンディションの良いメバル!

 

レンジが分かったところで、あらめてジグヘッドのウェイトやカラーローテーションを行いパターンを突き詰めていくと、どうやら今宵のメバルは【よもぎ】に反応が良さそうです。

 

ここ大阪湾では、【パールホワイト】【スノーマン】などソリッド系のアピールカラーが鉄板ですが、この日はバイトが浅く、よもぎに付け替えて再度同じ所を通すと、途端に暴力的なバイトで喰ってくる!という状況。

 

水色や、捕食している餌のカラーなのかは判りませんが、確実に「この日のカラー」でした。

 

大阪に限らず、全国各地のフィールドで、その日の条件ごとの「当たりカラー」は存在すると思います。

皆さんも是非、カラーのローテーションをこまめに行ってみてください。

 

今回潮位的には【シャローフリークプチ】【シャローフリーク】でも十分に釣りが展開できる状況でしたが、大潮周りの大きな干満差に対応するには、エクスパンダのキャスタビリティが大きな武器になります。

 

他のアングラーよりも遠投が出来る=そこに居るスレて無い魚が攻略できるって事ですね。

 

従来のシャローフリークに加えて、近距離のシャローフリーク プチ、超遠投のシャローフリーク エクスパンダ、それぞれをフィールドに合わせて使い分けることで、Fシステムも今まで以上に活躍する場面が増えました。

 

皆さんも是非、シャローフリークシリーズを駆使して、Fシステムでしか獲れないメモリアルな魚をゲットしてください!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Ar.PE レンジブレイド 0.5号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb-100cm [アルカジックジャパン]

●Fシステム・・・シャローフリーク エクスパンダ F-17.8g + 海ゲラ よもぎ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [いずれもアルカジックジャパン]

 
2019年03月19日

夏に負けない最盛期!! 真冬のキビレゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

一日の最高気温が一桁台を記録するほどの寒波が、こちら南国の鹿児島にも訪れる季節となると、冬のブリームゲームが開幕の時を迎えます。

 

ブリームゲームの全国的なターゲットは、クロダイ(チヌ)とキチヌ(キビレ)の二種ですが、この時期の一般河川や運河(温廃水などの人工的高水温域がないエリア)で、狙って釣れる確率の高いターゲットは後者のキビレ。

 

地域差、個体差、年度差こそありますが、秋に産卵のために海へ下っていた個体が、徐々に彼らの生活圏である湾奥部や汽水域に戻ってくる、いわゆる『アフター期』と呼ばれる季節で、早い地域では10月下旬〜11月初旬ごろからスタートし、大よそ1月いっぱい頃までは、盛夏のハイシーズンにも劣らない、冬の最盛期を迎えます。

 

「鹿児島は暖かいから釣れるんだよ…」

と、思うかたも居るかもしれませんが、水温にして5℃前後までをキープする地域の河川や運河であれば、このゲームはどこでも変わらず楽しめる傾向があり、九州北部でも、瀬戸内でも、四国でも、関西でも、キビレが多い地域であれば、変わらず存在する一つのシーズナルパターンとして確立されたゲームです。

 

そんな冬のブリームゲームでは、基本的にアンダーウォーター。

中でもボトムを意識したスローな釣り、もしくは、リアクション要素の高い釣りが効果的です。

 

水温の下降期にあたる、シーズン初〜中盤のタイミングでは、デイゲームでのボトムワインド釣法など、ハイシーズン並みのエキサイティングなゲームが楽しめます。

 

また、厳寒期の2中旬~3月いっぱいのシーズン終盤は、ボトズルでのスローゲームで引き続き釣果を得ることができ、そのまま春、夏のハイシーズンへと移行するので、かなりのロングスパンで楽しめるターゲットです。

 

このレポートを書いている今現在のタイミングは、シーズン中盤の最盛期にあたり、河川へ戻ってきたキビレたちの荒喰いが始まったような状況で、デイゲームでのワインド釣法などで良果が上がっています。

 

使用するのは、【マルチロック 5.0g-#4】 に、爪をカットした 【扇クロー 2.0inch】

 

ボトズルと併用でき、いつもバックに入っている【扇クロー】を現場でチューンするほうが手っ取り早く、荷物を減らせることもあり、私はこれを愛用していますが、市販のワインド専用ジグヘッド+ワームで、サイズ感さえ極端に間違わなければ、なんでもOKだと思います。

 

基本操作も非常に簡単で、キャスト後の着底からロッドを3~4回ほど巻きシャクり、そのまま再度着底するまでカーブフォール。

この繰り返しです。

 

バイトは、シャクりからフォールに移行する刹那の頂点位置か、着底直前に多い傾向があります。

 

ゴンッ! と明確なバイトがでる時もあれば、着底と区別できないほどのラインスラックが緩むだけのバイトも多いので、怪しいと思ったら、ききアワセてみるように心掛けています。

 

狙うべきスポットは、河川や運河の中でも最も水深がある流心部。

 

冬季は、ある程度の範囲に群れで纏っているケースも多く、居場所さえ特定できれば、1スポットでツ抜け釣果!!・・・なんてことも起こる季節ですので、ぜひ、そんなハニースポットを探し当てる楽しみにも、トライしてみてください。

 

最後に、ライトタックルそのままで楽しむライトブリームゲームでは、フィニッシュを飾るランディングネットの存在は欠かせません。

 

無理な抜き上げやズリ上げは、タックルを傷める原因となるので、忘れずに携帯するようにしましょう。

 

身近な河川で、パワフルなファイトを存分に楽しめるライトブリームゲーム。

「真冬の厳寒期、アジはシーズンオフだし、メバルもアフター初期で奮わないんだよなぁ…。」

そんなタイミングにでも、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本当、夏以上の釣果が出ることも決して珍しくないのですから。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・ルビアス 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●リーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-150~250cm [バリバス]

●ルアー・・・マルチロック 5.0g-#4 + 扇クロー 2.0inch (爪カットチューン) [いずれもアルカジックジャパン]

2019年01月24日

ヒットパターンはメタルアジング!? ハイシーズンの離島アジング。

 

みなさん、こんにちは、ブランドビルダーの黒原 祐一です。

 

秋も深まり各地でアジが好調となってきました。

 

僕のアジングで一番忙しいシーズンですが、そんな中、離島に行ってきたのでその時の様子をレポートします。

 

釣行した場所はルアーやロッドテスト等には必ず行ってしまう平郡島

 

この島を利用する理由は、まだこの島が有名になるよりも昔から通っている場所であり、勝手がわかっていること。

そして、年々変化していく様を見届けたいという思いがあるからです。

 

10年前に比べ、サイズも数もかなりダウンしてしまいましたが、その分「あらゆるリグ、テクニックを使いこなさないと好釣果を得ることが出来ないことがある」というところが一段と面白さを醸し出してくれます。

 

釣行時はかなり横風…。

 

ひとまず、いつものようにサーチリグとして5gのスプリットショットリグから開始したのですが、いつもと何か違う…。

 

先週同ポイントに釣行した時は、『夕マズメから普通に釣れるいつもの平郡』って感じでしたが、今回は全くアタリがありません。

軽量ジグ単でネチネチ探ろうにも、時折強く吹く風が邪魔をしウエイトを上げざるを得ない状況。

 

ジグヘッドを徐々にウエイトアップし、ようやくバイトがあったのが3.0g。

しかも、通常のテンションフォールでは中々バイトしない。

 

一番バイトを誘発できたのが横移動を抑えたフォールもしくはフリーフォール。

ただバイトは誘発できてもミスバイトが多くヒット率が低い。

比較的早いフォールが有効ではあるが、ノセることができなければ釣果にも繋がりません。

 

そこで選択したのが【マルチロック3.0g-#4】のジグヘッドリグ。

マルチロックは上下にアイがついているため下側のアイにはアシストフックやブレード等を取り付けることができます。

 

この下側のアイに、【ショットアシストTW】をつけてショートバイトも獲ってやろうという魂胆。

 

それが功を奏してヒット率は上昇。

 

しかし、これが最良、というわけでも無さそうな手応え…。

いつもの釣果と比べると雲泥の差です。

 

引き続き、ああでもない、こうでもないと自問自答しながら出た答えが、メタルジグ。

重めのジグヘッドへの反応の仕方といい、どうやら明暗の暗部+比較的早めのフォールというのが結論のようです。

 

使用したのは【ショアグライダーJr】の5gと7g。

基本は5gを中心に、風の影響により飛距離がスポイルしてしまう時には7gを使用しました。

 

メタルジグはベイトフィッシュを果敢に追っている時などに有効ですが別にベイトに拘る必要はなく、今回のように早いフォールを演出する際にも有効です。

 

狙いのレンジからしゃくり上げた後、ラインを軽く張ったままロッドを送り込んでいき、ルアーを縦に落としていくというテクニック。

 

テンションフォールでは不思議とほとんど釣れない一日でした・・・。

しゃくり上げるのは「魅せる」というよりも、落とすための高さ稼ぎがメイン。

 

これで怒涛の連荘をかまし、納得できる釣果を得ることができました。

 

今回の釣行ではこの時期でワースト1じゃないかと言わんばかりの状況でアセりましたが、最善なものが何かを探り当てることができアジングの楽しさを満喫できた一日となりました。

 

アジングは色々なリグ、ルアーを使い分けることで釣果は大きく変わるので皆さんも日頃使用したことのないリグ、ルアーを試してみては如何でしょうか?

     
2018年12月05日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR