FLOAT

今年も開幕!関門アコウゲーム!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今年もいよいよ、私のホームである関門ロックゲームが開幕しましたので、レポートしたいと思います。

 
 

実は、4月初旬から、ちょこちょこと釣行を重ねている今年の関門ロック。

 

例年通りの展開であれば、関門海峡(北九州側)→関門海峡(下関側)→下関市内~山陰と、季節の進行と共に北上しつつ魚を追いかけるのですが、今年は調査目的も兼ねた関門海峡(下関側)からのスタートとしました。

 

リグはテキサスリグ。

 

釣行初日はまだ、ロックフィッシュには少し早いイメージのある4月。

ショアに寄っている魚も少なく、その活性も低いだろうと予想し、なるべく軽いウェイトを中心に釣行を重ねました。

 

メインで使用したのは、【Re:バレット ナツメ 18g】 + 【Ar.Hook ロッキンロー #1】

 

関門海峡としては比較的ライトなセッティングで、しっかり食い込ませる狙いです。

 

関門海峡の下関側は、比較的護岸整備が進んでいるためポイント」に乏しく、「波止周辺の基礎狙い」と、「沖の沈み根狙い」を主に釣りを展開します。

 

特に基礎周りは複雑に石が積まれており根魚達のストック量も多い為、丹念に探っていくことが重要です。

 

例年の実績で言うと、4月は大型狙いに期待が持てる分、ハズせばボウズ…という感じ。

当日もやはり魚影は薄く、釣行を重ねてもボウズやカサゴのみの日が続きました。

 

季節は進んで6月。

 

各ポイントでは次第ベイトを見かけるようになり、「そろそろ良さそう」な雰囲気ですが…。

 

潮通しの良い波止先端周り。

 

その沖合の沈み根。

 

波止の基礎周り。

 

足元のシェード。

 

撃てども撃てども根魚からの反応は無く、日は高々…。

 

周りの釣り人も帰りだす始末です。

 

しかし私はそれをチャンスと捉え、波止の基礎撃ちランガンを開始♪

 

キャストするのは基礎のあるちょい沖に絞り、撃っては歩きを繰り返します。

潮流の変化に合わせてウェイトも小まめに変えつつ、基礎周りを丁寧に根気よく撃ち続けると、やがて「ゴンッ!!」という明確なバイト!!

 

しっかりフッキングも決めて、念願の令和初アコウをGET♪

 

この一尾を皮切りに、地磯でのアコウと、ヒラメもキャッチ出来ました。

 

今季の釣行では、新発売の【扇クロー 2.8&3.4inch】【岩礁ウオ 3.6inch】【捲ナゴ 3.6inch】をメインで使用しています。

 

このワーム達は甲殻類フレーバーを配合し、臭いでものすごくアピールしてくれます。

各種特徴が違うので、使い分けると良い釣果に繋がると思います。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション C88XH”ロックショアスピン”[アルカジックジャパン]

       ブラックスター ハード B72MHX[ゼスタ]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・スーパーブレイド5  1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC 20lb[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+扇クロー2.8inch or 3.4inch岩礁ウオ 3.6inch捲ナゴ 3.6inch[アルカジックジャパン]、ロックマックス 3inch [エコギア] など

 
2019年07月30日

今がハイシーズン! ドリフトで狙う、初夏の瀬戸内アジング!!

こんにちは。ブランドアドバイザーの高木謙一郎です。

 

僕のホームグラウンド・瀬戸内のアジングが、ハイシーズンをむかえています。

 

瀬戸内の中央部に位置する、広島~愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」周辺のアジングは例年、この初夏の時期にハイシーズンをむかえます。

 

このエリアの地域的な特徴は、多くの島々で形成されている水道に面したポイントが多い事。

 

また干満差が大きいことがあり、潮周り次第では4mの干満差があります。

 

干満差が大きい事で潮流が強いポイントが多くなり、「湾内や潮溜まりを探る緩い釣り」から、「ドリフトを多用した流し込む釣り」まで、多様なアプローチでアジを狙える楽しいフィールドです。

 

狙えるサイズは20cm~尺クラスまで。

 

もちろんそれ以上に大きいサイズも釣れますが「狙って釣る」となると、表現的にどうかと。

「釣れることがある」と言った方が正しいかも知れませんね。

 
 

基本的なリグはジグヘッド単体リグが多くなりますが、流れが複雑で強い場所ではスプリットショットリグ、シャローではフロートリグも有効な場面も多くあります。

 

各リグ共に基本的なアプローチは「レンジを刻む」こと。

 

これに尽きます。

 

キャスト後のカウントダウンから、ラインは張らず緩めず。

アクションと、ラインスラッグ処理のためのトゥイッチを入れながら、テンションフォール。

常にカウントしながらバイトレンジを探してゆきます。

 

エステル、PE、フロロ、ラインシステムを問わず、これは共通です。

 
 

ポイントや活性次第では、「特定のレンジのみにアジが集まっている」場合があります。

 

アジが集まっているのがボトムなら分かりやすいのですが、中途半端な中層に浮いている場合は、難しいけれど面白いパターンです。

フォールのみで釣ろうとすると、リグが狙いのレンジを一瞬で通過してしまうため、いわゆる「拾い釣り」的な散漫なヒットになり、群れを捕まえる事が出来ません。

 

この場合に特に、カウントでヒットレンジを見つける事が大事になってきます。

 

バイトのあるレンジに集中してリグを引いてくる。

 

ロッドで引いてくるのも良いし、ラインテンションを強めにかけてフォール幅を狭くしたテンションフォールを多用するのも有効です。

 

フォールの釣りでアタリが続かない場合「特定の狭いレンジのみをグルグルと回遊している」事を疑って、狙いのレンジをより丁寧にアプローチする事が必要です。

 

ポイントによって潮流の有無、強弱、水深が違うので、「これ!」と決めてのアプローチは難しいのですが、まず潮流の合わせたウェイトを選択して潮上にキャストし潮下へ流し込む。

フォールメインでも、レンジキープメインでも、ジグ単なら0.6~1.5gを使い分けて、アジとの距離を縮めてゆきます。

 

この狙いがビンゴして、アジを見つけ出せた瞬間は、最大の醍醐味です。

   

昨年の傾向からすると、しまなみ周辺の初夏のアジングは7月まで盛期の予想です。

 

その後は豆アジの時期となり、しばらくして秋冬のハイシーズンをむかえます。

 

今が良い時です。

僕もまだまだ楽しんでいこうと思います。

 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単タックル

●ロッド・・・アリア ARS-56S[ゴールデンミーン]

●リール・・・ヴァンキッシュ 1000SSPG[シマノ]

●ライン・・・鯵の糸エステル NightBlue 0.35号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 4lb[サンライン]

●ルアー・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6~1.5g-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

 

★スプリット(フロート)タックル

●ロッド・・・アリア ARS-64S[ゴールデンミーン]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000S[シマノ]

●ライン・・・スモールゲームPE-HG 0.4号[サンライン]

●メインリーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 8lb[サンライン]

●サブリーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 4lb[サンライン]

●ルアー・・・スプリットシンカー 1.8~5.0g

       ジャックアッパー 0.6g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

 

       ぶっ飛びロッカーⅡ SS 各サイズ

       ジャックアッパー 0.6g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

2019年07月01日

舞シュリンプで良型連発!本格シーズンインのライトブリームゲーム!!

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

 

梅雨入りを目前に、そろそろ『アフター回復のクロダイ』が狙えるではないかと河川に様子見に行って来ました。

産卵を終えたクロダイが、流れを求めて河川へ遡上し出すこの時期を境に、いよいよライトブリームゲームのハイシーズンが開幕します。

 

今回の釣行では、直前まで晴れの日が続き、河川の流量が低下していることが予想されました。

そのため、この状況でも「流れ」が期待できる河川をピックアップ。

なかでも中流域で川幅が狭まる様なポイントにエントリーしました。

 

日没前、干潮からの動き出しと夕マヅメが重なる時間帯からスタート!

の緩やかな流れの中を遡上するイナっ子も見当たり、釣れそうな雰囲気が漂います…。

 

使用するリグは、【BM.キール5.0g-#1/0】 +【舞シュリンプ 3.2inch】

 

瀬やガレの、「潮が当たる面」を特に念入りにチェックしていきます。

ガレにリグが差し掛かったらすぐにハズしたりはせず、引っ掛けつつシェイク。

移動距離を抑えて繰り返し誘っていると、コツンッっと繊細なバイト!

 

しっかりフッキングも決まり、幸先良くグッドサイズのクロダイを釣る事が出来ました!

 

手短に写真を撮りしっかり蘇生させてからリリース。

 

これからの時期、弱りやすい個体も多くなってくるので、フィッシュグリップやタモでエラに流れが当て、泳げるようにしっかりと回復させてからリリースしてあげて下さい。

 
 

その後潮が止まり、日も暮れ、いよいよ最高のタイミング!

 

と思っていたのですが、予想とは裏腹に中々上げ潮が効かずバイトが無い時間が続きます。

 

徐々に効きだした上げ潮の流れに、BM.キールのウエイトを7.0gに変更して対応しながら辛抱強く粘っていると「バイトかな?」というような違和感程度のアタリ。

 

再アプローチすると、やっぱり微妙なアタリがあるので、半信半疑でフッキング!

 

一瞬「エイかな?」と疑うほどトルクフルな引きを見せてくれたのは、歳なしサイズ!

 

再開後、今度はハッキリしたバイトを掛け、もう一枚追加し終了となりました。

 
 

今釣行では、BM.キール舞シュリンプ で全ての魚をキャッチ出来ました。

 

「魚が居るだろうピンスポット」を確実に攻略するための

 

・小さなロッドワークでもアクションしてくれるパーツがあること

・不必要に流されない細身なボディデザイン

 

を満たした舞シュリンプが、非常にマッチしました。

 

舞シュリンプのような細身のワームは流れに対して抵抗が少なく、比較的軽いウェイトのリグでもしっかりとボトムを捉えることが出来ます。

ボトムの質感も感知できるため「根掛かりしそうな場所」ではそれに備えることもできます。

 

そんな時は、今回のように、ワームのボリュームを意識することで対応できるかもしれませんので、是非試してみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-T84″マークスマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 5.0g-#1/0~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2019年06月05日

春がハイシーズン!南国鹿児島・錦江湾でのアジング

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

真夏を思わせるような暑い日差しが照りつける昨今の鹿児島。

桜島のお膝元に広がる錦江湾の湾奥部では、アジングのハイシーズンを迎えています。

 

全国的なアジングのハイシーズンと言えば、秋〜冬を連想する方も多いかと思いますが、錦江湾奥部では春がアジングの最盛期となります。

年度差こそありますが、大よそ3月中旬〜4月下旬頃から産卵を意識した大規模な群れの接岸が始まり、おおよそ6月いっぱいまでが、身近な防波堤から手軽に良型アジを狙える絶好の季節です。

 

使用するリグは、スタンダードなジグヘッド単体リグがベース。

 

足元から10~15mほどと比較的水深のあるフィールドが多いこと、レンジを効率的に探る必要があることなどから、ジグヘッドのウエイトは1.3~3.0gほどと重めのウエイトを使用する機会が多いです。

 

釣れるアジのアベレージサイズは22~25cmほどと良型で纏まることが多く、フックは【ジャックアッパー】【#6】を普段使いとして愛用。

 

時に25~27cmアベレージの35cmMAXといった大型の群れが差すこともあり、このような状況下ではフック強度に信頼のある【ラウンドロック】【マルチロック】をワームのサイズやアクションの傾向に合わせてセレクトします。

 

基本攻略は、表層もしくはボトムからのカウントダウン釣法。

 

レンジにうるさいアジを効率的に攻略するための欠かせない戦略です。

始めのワンキャスト目でボトムカウントを計り、まずはそれを5~6等分割ほどして広くレンジを探ってアジの反応を捕えます。

 

バイトのあるレンジが判明したら、そのレンジ周辺をさらに細かく分割し、ヒットレンジを絞っていくといった流れ。

 

例にすると、ファーストアプローチでのボトムカウントが60カウントだった場合、表層から10、20、30…、

ボトムからだと60、50、40…と10カウント刻みほどでレンジを探っていき、30カウントあたりでバイトがあった場合、さらに25、30、35カウントとレンジを細かく刻んで探っていく要領です。

 

また、レンジ同様にうるさいのがアプローチやワームの形状やカラー。

 

春の錦江湾のアジは『ツンデレ体質』のようで、ある程度レンジを捉えさえすれば何でも釣れる日もあれば、かなりセレクティブなツンな日もあります(笑)

 

細身のストレートワームには反応しないシーン…。

 

クリアーラメ系ばかりに反応する日などなど…。


 

そんな奥床しいアジングを堪能できるフィールドでもあります。


 

フリーフォールなどの素早いフォールアクションに反応が良い時もあれば、スローな水平フォールが大好き。

強めのリフトアクション直後にバイトが集中する日もあったりと、そのヒットパターンは実に様々ですので、アプローチも常にいろいろと試してみることを心掛けると良いでしょう。

 

最後に、アジの遊泳レンジやヒットパターンは時系列で変化していくので、反応がなくなったら、再度基本に立ち戻りレンジやアプローチを探り直すことが大切です。

 

何事も基本に忠実に…です。

 

アジのヒットパターンを追い駆けていると、あっという間に時間が過ぎるもの。

そんな奥深いアジングを存分に堪能できるのが春の鹿児島・錦江湾です。

 

今年のGWも盛んに釣れていたので、ぜひ皆さんもそんな連休のタイミングを利用して、観光がてらでも春の錦江湾に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S63″ジャックアッパー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・カーディフ Cl4+ 1000PGSS[シマノ]

●メインライン・・・ Avani アジングマスター レッドアイ 0.3号-150m [バリバス]

●リーダー・・・ライトゲームショックリーダー Ti-F 3lb 30~60cm [バリバス]

●ルアー・・・ジャックアッパー 1.0~1.5g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch 

       ラウンドロック 1.0~1.5g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch[いずれもアルカジックジャパン]

2019年05月08日

シャローフリーク エクスパンダでの泉南メバルゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

 

今日は、新発売となった【シャローフリーク・エクスパンダ】を使って良いメバルゲームが出来たので、その時の模様をお届けしたいと思います。

 

釣行日は3月中旬、新月大潮の2日目。

例年、大阪湾のメバルは、桜の開花時期に釣れ出す傾向があるのですが、今年は暖冬だった影響か、早めのスタートを切っている、という状況です。

 

フィールドインした時点で、下げ2分といった具合の高めの潮位。

シャロ―帯の手前までメバルが差して来ていそうなシチュエーションですが、フロートマンの私はやはり発売されたばかりの【シャローフリーク エクスパンダ】を結んでしまう(笑)

 

ちなみに、使用するロッドは【インスピレーションのS80】

【シャローフリーク エクスパンダ】や、【シャローフリーク】を遠投する釣りをするときに最適です。

 

【シャローフリーク エクスパンダ F 17.8g】【シンキングバランサー1.2g】を取り付けシンキング仕様にチューンし、まずは7割程の力で様子見キャスト。

 

ボトム付近の部周りや、海藻スレスレを丁寧に通していきますが、反応はイマイチ…。

 

使用しているワームはメバル狙いで絶大な信頼を寄せている【海ゲラ】ですが、それでも簡単に口を使ってくれる状況ではないようです。

断続的にカラーローテーションを行いながら一通りチェックしましたが、変わらずメバルの反応は悪い…。

 

思い切って大きくレンジを変えてみようと、シンキングバランサーを取り外し、フローティング仕様にチェンジ。

リーダー1m分の表層付近を探り始めると、ようやく反応がありました!

 

コンディションの良いメバル!

 

レンジが分かったところで、あらめてジグヘッドのウェイトやカラーローテーションを行いパターンを突き詰めていくと、どうやら今宵のメバルは【よもぎ】に反応が良さそうです。

 

ここ大阪湾では、【パールホワイト】【スノーマン】などソリッド系のアピールカラーが鉄板ですが、この日はバイトが浅く、よもぎに付け替えて再度同じ所を通すと、途端に暴力的なバイトで喰ってくる!という状況。

 

水色や、捕食している餌のカラーなのかは判りませんが、確実に「この日のカラー」でした。

 

大阪に限らず、全国各地のフィールドで、その日の条件ごとの「当たりカラー」は存在すると思います。

皆さんも是非、カラーのローテーションをこまめに行ってみてください。

 

今回潮位的には【シャローフリークプチ】【シャローフリーク】でも十分に釣りが展開できる状況でしたが、大潮周りの大きな干満差に対応するには、エクスパンダのキャスタビリティが大きな武器になります。

 

他のアングラーよりも遠投が出来る=そこに居るスレて無い魚が攻略できるって事ですね。

 

従来のシャローフリークに加えて、近距離のシャローフリーク プチ、超遠投のシャローフリーク エクスパンダ、それぞれをフィールドに合わせて使い分けることで、Fシステムも今まで以上に活躍する場面が増えました。

 

皆さんも是非、シャローフリークシリーズを駆使して、Fシステムでしか獲れないメモリアルな魚をゲットしてください!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Ar.PE レンジブレイド 0.5号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb-100cm [アルカジックジャパン]

●Fシステム・・・シャローフリーク エクスパンダ F-17.8g + 海ゲラ よもぎ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [いずれもアルカジックジャパン]

 
2019年03月19日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR