FLOAT

今話題の!? 磯アジング!!

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。

ライトゲームもハイシーズンを迎え、全国各地より様々な情報が飛び込んでくる昨今ですが・・皆さん、ちゃんと出掛けていますかぁ~?w

メバルやアジなどのターゲットが主となる、ライトソルトゲームは【冬の釣り】というイメージがずいぶんと定着している感じですが・・・

実際の最盛期は、10~12月、3~5月全国的にみても一番熱いシーズンなのではないでしょうか。

他の釣りモノも多い時期ではございますが・・・ ぜひ、秋の好機を逃さずにライトゲームをエンジョイして欲しいものです☆

本日は、BA平川氏より届きましたレポートをご紹介させていただきます♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【 今話題の!?磯アジングにトライ!! 】

季節は秋。 だんだんと釣果が上向き始めている瀬戸内エリアへ、今話題の!?“磯アジング”に出掛けてみました。

磯アジングといっても、完全なる闇磯から、ポイント近隣に常夜灯が存在する道路沿いのお手軽な小磯まで、意外と身近な場所にも手付かずの穴場ポイントが残っています。

今回は、どちらかと言うと後者にあたる“お手軽な小磯”にエントリー♪

一箇所のポイントに腰を据えるつもりで【アルカジック タックルバッカン】に一通りのタックルを詰め込み、明るいうちに入磯。 夕マズメの時合いを待ちます。

釣座でのベースキャンプに最適♪ポイントに先行者があったことも有り、同行者と二人で交互にポイントに入り、アジの反応を伺っていきます。

リグは、【Ar.キャロ フリーシンカー】【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】を8個封入したキャロライナリグ(約10.0g)を遠投し、沖のトップレンジを素早くサーチすることからスタート。

縦に横にと、レンジや誘い方を変えながら、広範囲をスピーディーに攻め、本日のパターンとアジの付場を探していきます。

フルキャストでも届かない遥か沖では、時折アジのナブラも出ており、今後の展開に期待を持たせてくれますが、依然アタリも無く、悶々とした時間が過ぎていきました。

次第にショアライン沿いにもベイトが寄っきてテンションアップ! そろそろ時合いの到来か?と期待に胸が高鳴りましたが・・・。 現実はそう甘くはなく、数回あったショートバイトをモノにできないまま、夕マズメの時合いは敢無く終了。

そのままナイトフィッシングに突入です。

この日は、日が落ちてから形勢逆転!! キャスト範囲にアジが寄ってきたのか、日没後から良い反応が得られます。

ジグヘッドリグでヒット★ヒットポイントが近いこともあり、【Ar.ヘッド ジャックアッパー #8-1.5g】のジグヘッドリグを、常夜灯の暗部⇒明部⇒また暗部へと、潮流に流し込みながらアプローチしていくことで、アジを捕えていきます。

しかし、同じ付場から数匹を釣り上げると、途端に反応が消えてしまいます。

「潮流の影響なのか、回遊なのか・・・。」 僅かなレンジ&ポイントのズレで全くバイトが無くなってしまいます。

ウエイトをローテーションすることがコツです♪流の緩急に合わせて、ジグヘッドリグのウエイトをロテーションさせ、投入地点も細かく修正していくことで、一匹、また一匹と釣果を伸ばしていくことができました。

ほんの些細なことで釣果に差が出るアジ。

アジの季節ですね♪私のホームグランドである関門エリアでも、そろそろシーズンインのころですね♪

ブランドアドバイザー 平川 潤

【使用ロッドデータ】

《キャロライナリグ用》

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

《ジグヘッドリグ用》

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 6.10ft(高弾性ソリッドティップモデル)

【使用リグ】

●キャロライナリグ・・・フリーシンカーウエイトアジャスター×8個+ユニットスイベルジャックアッパー #8-0.4g+ワーム 2~3インチ前後

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパー  #8-0.6~1.5g+ワーム 2~3インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA平川氏の釣行レポートをご紹介させていただきました☆

ライトゲームもいよいよ秋の最盛期に突入!!

皆様もぜひ、今秋のライトゲームシーズンを謳歌されてみてはいかがでしょうか♪

2013年10月15日

アジングシーズン開幕!!

皆さん、こんにちわ。 企画担当のコーノです。 いよいよライトゲームが加速度的に熱を帯びてくる季節になりました♪

中でもアジは、メバルより一足先に本格的なシーズンインを迎えるということで、弊社ブランドスタッフの方々からの良報も右肩上がりで増加中です!!

本日は、BA中崎氏より届きました釣行レポートをご紹介させていただこうと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

アジングシーズン開幕です!!】

昼夜の寒暖差が激しくなってきた昨今。いよいよ本格的なライトゲームシーズンを迎えるということで、本腰を入れてアジ調査に出掛けてきました。

釣行当日は、生憎の雨天。アジの釣果情報もまだ耳にしない状況でしたが、離島であれば、そろそろ良型のアジが周ってくる頃だろうと思いチャレンジしてきました。

夕暮れ1時間ほど前に渡島して釣行スタート。

まずは、漁港内を【スプリットシンカ― 5.0g】のスプリットショットリグで、ボトムを中心に広範囲を手広く探って行きますが・・・まったく反応がない。

そうこうしているうちに夕マヅメのタイミング。ポイントを転々としながら、アジの群れを探してキャストを続けますが、何の反応も得られないまま、敢え無くゴールデンタイムは終了。

「このエリアでの釣行は、まだ早過ぎたのか?」と、一抹の不安を抱えながらも、常夜灯の恩栄を期待して、夜の釣座へ移動します。

日が完全に傾き、辺りがすっかり暗くなった頃、ようやく常夜灯の明部内で待望のバイト!!

しかし、なかなか乗せきらず・・・苦戦しながらもやっと手にした本日一匹目のお魚は・・・豆アジ。

その後も漁港内にある常夜灯周辺を隈なくチェックしていくも、どこに行っても釣れるの豆アジサイズ。

常夜灯の周辺にはこのサイズの群れが寄っていると判断し、今度はブレイクなどの地形変化を中心に攻めていくことに。

これが功を奏したのか、港内入口の船道で25.0cm程の良型をキャッチ☆

良型確保です!!この一匹を皮切りに、本日の良型アジの付き場とパターンを模索していきます。

上顎貫通!!水深15mほどある船道のボトムにリグを着底させ、4~5回ほどシャクり上げたあたりのレンジが現状のヒットレンジの様です。

この日はフォールアクション、なかでもテンションフォールに良型の反応が良いみたいで、豆アジが多い状況の中、前途した要領で丁寧に探っていくと、25.0~28.0cmほどの良型のみを選んで釣り上げることに成功。

パターン探究中♪その後もしばらくは同様のパターンで楽しめましたが、満潮潮止まりのタイミングでシーバスの回遊が始まり、一時アジのバイトが遠のく。

目視できるサイズは50.0cmほどのモノが多かったので【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW 3.5g-#7】のジグヘッドリグで狙ってみました♪

ドラグをフル活用したファイト+ネットランディングで、ゲストも御用☆

今宵も素敵なゲストが登場♪呑まれるとラインブレイク必死のライトラインを使用していましたが、ジャックアッパーの形状特性のおかげで口元にフッキングしていたので、切られずに済みました。

HWも上顎貫通!!潮が下げ出したタイミングからは、アジの付き場も変わり【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW 3.5g-#7】のジグヘッドリグで宙層を攻略すると連発状態に♪

重量級リグは炸裂★その後も、朝マヅメに向けて釣れ盛り、結果的に29.0cmほどの泣尺サイズまでのアジを釣り上げることができました。

状況的には、まだまだイージーと言える状態ではありませんでしたが、様々なリグを駆使して根気良く探っていくことで、良型のアジの群れを捕らえることができました。

今回の釣行では、割かし速いフォールアクションに反応が顕著だったこともあり、改めて重量級リグの必要性も痛感されられた釣行となりました。

リグ組み一つで釣果が左右されるアジング。 楽しいシーズンの開幕です♪

ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C2000S

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・フロロカーボン 4lb前後

【使用リグ】

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 5.0~7.0gスプリットストッパー SS~S +ユニットスイベル #8ジャックアッパー #8~6-0.6g+ワーム 2~3インチ前後

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパー HW #7-3.5g+ワーム 2~3インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎氏の釣行レポートでした!!

日頃、私自身もタフな状況になればなるほど、軽いリグへシフトしてしまいがちですが、必ずしもそうではないというコトなのでしょうね。

ラフコンディションなどの状況に対応する場合も含めて、3.5g以上のリグの必要性も改めて感じます。

アンダー1.0g以下の軽量リグを駆使して拡がる世界があれば、重量級リグを使用することで見えてくる世界もあるということ。

ライトゲームの世界は本当に奥が深いですね♪ 皆さんもぜひ、好みのスタイルからライトゲームを深く楽しんでみてくださいねッ☆

この世界観にハマってしまうと・・・・寝る暇がなくなりますから(笑)

2013年10月02日

Ar.HEAD ROUND ROCK !!!!

 

皆さん、お久ぶりですw 企画担当のコーノです。

本日は、まず皆様に重要なお知らせとお詫びを・・・。

HPのサーバーメンテナンスに伴うアップデートの際に、当ブログの記事がすべて飛んでしまうアクシデントが発生してしまいました。

いろいろと復旧を試みたのですが、結果的に修復不可能ということで、申し訳ございませんが、本日より心機一転再稼働という運びとなりましたことをお知らせ、ならびにお詫び申し上げます。

日頃から当ブログをご観覧いただいております皆様、リンクまで貼って当ブログに記載されている記事をご紹介いただいていた方々・・・。

たいへん申し訳ございませんが、ご理解、ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

と言うわけで・・・最近凹み気味な担当コーノですが、起こってしまった事態は今更どうしようもないので、本日より、気持ちを切り替えて更新してまりますッ!!!!

季節は、明日より10月!! いよいよライトゲームが全国的にハイシーズンを迎える季節の到来です!!!!

そして、コチラもたいへん永らくお待たせ致しましたッ!!!! 今秋発売予定の新製品を遂にご紹介です♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【Ar.Head Round Rock (Ar.ヘッド ラウンドロック)】!!!!

ラウンドロック(ロゴイメージ)アルカジックジャパン・オリジナル設計のジグヘッドシリーズの第2弾☆がついに登場です!!!!

アルカジックジャパン・オリジナル設計ジグヘッドの第1弾として、既に発売させている【Ar.ヘッド ジャックアッパー】シリーズは、アジに特化した形状設計で開発されていることに対して、今回の【Ar.ヘッド ラウンドロック】は、ライトゲームのもう一つのメインターゲットであるメバルを強く意識した形状設計で開発致しました。

プロトテスト①

※掲載されている写真は、開発段階でのプロト(ジグフック)モデル、実釣テスト時のものです。

フックというギアは、魚釣りに使用されるすべてのギアの中でも、最もターゲットと近い、極めて重要なセッションを担うギア。 針先の角度などは特に繊細で、1°も違うとまったくのベツモノとなってしまいます。

また、ターゲットやエリア、地域によっても求められるフック性能も様々。 それこそ、いざ釣具店に足を運んでみると「同じ魚を狙うのにここまで種類が多いのか!?」と戸惑ってしまうほど、多岐多様に進化を続けるギアの一つでもあります。

プロトテスト②

プロトテスト③

※掲載されている写真は、開発段階でのプロト(ジグフック)モデル、実釣テスト時のものです。

今回、弊社が開発した【Ar.ヘッド ラウンドロック】は、加速度的な進化を遂げる近年のライトゲームシーンで、私たちが今、必要と思える基本性能を昇華したベーシックタイプのジグヘッドです。

その主な特性は下記の通りです!!!

ラインドロックの特徴●あらゆるライトゲームで活躍するベーシック形状。

●フックポイントは、繊細なバイトも逃さず捕らえるロングスロート&マイクロバーブ設計。

●ラウンド型のベンドカーブは、ファイト時にフックに掛かる負荷を分散。フォールディング性能にも優れ、良型メバルのトルクあるファイトにも対応します。

●センターバランスのラウンドヘッドは、姿勢を崩しにくい抜群の安定感。ロッド操作にも素直に反応し、アングラーの思い通りのリグの演出が可能です。

●多彩なリグとのコンビネーションを想定した豊富なラインアップ。

製品ラインアップは下記の10アイテムで展開。

フックサイズ:【#6モデル】 0.4g , 0.6g , 1.0g , 1.5g 計4アイテム

フックサイズ:【#4モデル】 0.4g , 0.6g , 1.0g , 1.5g , 2.0g , 3.0g 計6アイテム

発売予定は、11月末頃となっております!!!!

ラウンドロックイメージ

※掲載されている写真は、最終のプロトモデルです。実際の製品とは若干異なる場合がございます。予めご了承ください。

ラウンドベンド&ラウンドヘッドのオールラウンド設計ジグヘッド【Ar.ヘッド ラウンドロック】!!!!

“鋭く刺さって、しっかりホールド!!”を合言葉に、基本性能を凝縮した自慢のライトゲーム用ベーシックジグヘッドを今秋いよいよリリースいたします。

特に、メバルへのフックアップには拘って設計!!

プロトテスト④

プロトテスト⑤

プロトテスト⑥※掲載されている写真は、開発段階でのプロト(ジグフック)モデル、実釣テスト時のものです。

来る今季のメバルシーズン!!!!

釣行の際には、ぜひ!! コイツをバッグに忍ばせて出掛けてみてくださいねッ☆

2013年09月30日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR