FLOAT

2017春・新製品のご紹介 ~パート1~

各地フィッシングショーが大盛況で賑わう最中・・・海も春へ向けて、確実な一歩を踏み出している様子です。

春のライトゲームと言えば、産卵から回復したアグレッシブなアフターメバルを筆頭に、産卵を意識した大型のアジ、チヌなども人気ターゲットの一つですね♪

これまた、どれを狙おうか、限られた期間の中で悩む日が増える季節ですが・・・厳寒期明けのこれからのシーズンは、アングラーにとっても過ごしやすい絶好の釣りシーズンです。

そんな春期シーズンの下準備を、そろそろ始めるライトゲーマーのために!!

今年は、早春より発売開始の新製品をご用意しておりますので、ご紹介させていただきます!


Ar.Caro Free Thinker Long [Ar.キャロ フリーシンカー ロング]

変幻自在のキャロシンカー『Ar.キャロ フリーシンカー』に、シリーズ中のMAXサイズとなる【Long】が仲間入りです♪

昨年度より地道にマイナーチェンジを繰り返していた、弊社キャロシステム。 現時点での最終到達地点が、この『フリーシンカー ロング』の発売です。

【Long】の本体重量は約3.0g。 『ウエイトアジャスターⅡ』との組み合わせで最大15.0gのキャロシンカーとしてご使用いただけます。

主に、ディープエリアや急流エリアなど、これまでのキャロシンカーでは攻略しきれなかったシチュエーションに対応するアイテムなのですが、その最大重量を活かしたロングディスタンスでの素早いサーチ能力は、他のリグを圧倒するシーンがあります。

また、『スペースアジャスター』『ウエイトアジャスターⅡ』の組み合わせにより、仕様を自在にアレンジすることで、本体重量を稼ぎつつ、遠深のハニースポットを、スローなリグの演出で直撃することも可能です。

シリーズの本体バリエーションは3種。【Mini】、【Basic】、【Long】を使い分ければ、様々なシチュエーションで、キャロライナリグの威力と魅力を体感いただけることでしょう。


海ゲラ 1.2inch艶じゃこ 1.8inch 新色追加

 弊社オリジナルワーム『海ゲラ 1.2inch』『艶じゃこ 1.8inch』に、新色が追加ラインナップされます!

この度、追加ラインナップが決定した5色は【プランクトン・シリーズ】という愛称で、テストを繰り返してきた待望のカラー群です。

その愛称の通り、主に常夜灯下などの光源のあるポイントや、アミパターンなどのマイクロベイトパターン時に、その威力を最大限に発揮するカラーです。

 COLOR No.09 あみだんご

クリアーカラーの本体にレッドラメを大量に散りばめたライトゲームの鉄板カラー。 アミエビなどのプランクトンの集合体をイメージしたカラーです。

 COLOR No.10 海ほたる [うみほたる]

ケイムラ塗料を配合したクリアーの本体にブルーラメを大量配合。 『No.9 あみだんご』と対極に位置するプランクトンのイミテートカラー。

COLOR No.11 夜光虫 [やこうちゅう]

クリアーの本体に粒子~ゴマ粒大のグローフレークを散りばめた微発光カラー。 夜空に輝く天の川のような発光で、その存在をアピールします。

COLOR No.12 アミフレーク

クリアーブラウンの本体に粒子~ゴマ粒大のグローフレークを散りばめた微発光カラー。 別名『オキアミ』の愛称で親しまれる鉄板カラーです。

COLOR No.13 よもぎ [夜藻擬]

ウォーターメロンにブルーラメを散りばめました。 海藻につくワレカラやヨコエビなどの端脚類をイミテートした、コアアングラーご用命のカラーです。


 BM.Contact [BM.コンタクト] 7.0g / 10.0g / 14.0g 追加規格

弊社が提案するライトボトムゲーム専用ジグヘッド『BM.コンタクト』に、ご要望の多かった 7.0g / 10.0g / 14.0g のヘビーウエイトモデルを追加ラインナップです!

このヘビーウエイトモデルの追加は、飛距離の向上はさることながら、干満差の激しい河川でライトブリームゲームを行うための急流対策モデルとして誕生しました。

『流れの中で、確実にリグを止められる』ことがバイトを引き出すキーとなる、厳寒期~これからのシーズンに最適なモデルです。

また、スイミングやボトムバンプなどでのロックフィッシュ攻略の際など、あらゆるライトボトムゲームで重宝できる追加ウエイトとなっています。


 Needle Keeper [ニードルキーパー]

『ニードルキーパー』は、ワンタッチで着脱可能なニードル式ワームキーパーです。

主に、ワームのセッティングが難しいエラストマー素材などのマテリアルに対応するためのワームキーパーで、ワームにまっすぐ突き差すだけで、搭載されたバーブがワームをしっかりとホールドします。

『BM.キール』『BM.キューブ』にジャストフィッティングなサイズ設計。 特に、弊社オリジナルワームとのコンビネーションでは、その性能を最大限に発揮します。

ねじ込み式でワームをセットする『コイルキーパー』と使い分けることで、さまざまなワームマテリアルに対応! ワームのズレやセットによるストレスを大幅に軽減してくれます。


以上、今回ご紹介させていただいた5種のアイテムは、全て今月末のデリバリー開始を予定しております!

ぜひ、万全の態勢で、きたる春のライトゲームシーズンを謳歌してくださいね♪

※製品ごとの詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2017年02月23日

【NIIGATA FISHING SHOW 2017】出展のご案内

北陸、東北エリアのライトゲームファンの皆さまへご案内です!

今週末、平成29年2月18日(土)~2月19日(日)[朱鷺(トキ)メッセ]にて開催されますNIIGATA FISHING SHOW 2017】!!!!

アルカジックジャパンは、弊社ウキブランド【KIZAKURA】との共用ブースにて、今年も出展させていただきます♪

ブースでは、フィッシングショー大阪2017で出展していた製品をそのまま展示しております♪ ぜひお気軽にブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】も無料配布致します!!

※数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しくださいませ。


それでは手短ではございますが・・・

北陸、東北のライトゲームアングラーの皆様のご来場、心よりお待ち致しております。


※同日開催となっております【~NAGOYA LURE FISHING FESTIVAL~ KEEP CAST 】への出展は見合わせております。予めご了承くださいませ。

2017年02月13日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日

F-システムで体感する“シャロー×メバル”のスーパーラッシュ!!

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの藤原真一郎です。

今回は“メバル”、中でも私が大好きなシャローエリアに潜む大型メバルの攻略法をご紹介させていただきます。


まず、メバルのシーズナルパターンとして・・・

秋になる頃から気配が出始めて、12月末~1月頃に産卵期を迎え、2月に入る頃からアフター期に入り、水温の上昇とともに回復した個体から活性が高まり、梅雨明け頃までは広いエリアで楽しめる…というのが、おおよそのメバルの季節的な傾向です。

もちろん、年や地域、シチュエーションによっても変わりますが、シャローのメバルなら産卵期を境にその前後が最盛期と呼べ、ひとつは水温が下がり始める10、11、12月という時期。もうひとつは春以降で、こちらはさらにエリア差があって、年中アジが釣れるような比較的水温の高いエリアでは2、3月頃から、水温の低いエリアでは4月以降、とくに5、6、7月と初夏と言える季節に最盛期となる傾向があります。

特に、最盛期の新月まわりは狙い目で、大型が乱舞する“スーパーラッシュ”の遭遇確率が格段に上がります。


メバルのシャロ―ゲームを楽しむなら、是非一度は体験してもらいたいのが、この“シャローのスーパーラッシュ”

産卵期前の狙い目で言えば、12月半ば~1月いっぱいまでの新月まわりになり、その満潮前後のタイミングから、まずは狙ってみて欲しいと思います。

春以降のスーパーラッシュのタイミングに関しては、前途した通りかなりの地域差があり、九州北部でおおよそ3月半ば~4月中頃、ホームの大阪界隈では、4月中~5月いっぱいの新月まわりのタイミングで遭遇する機会が多いです。そのラッシュは朝まで続くこともあれば、下げ半ばあたりで突如として終了することもあります。もし、そのタイミングを逃してしまった場合は、水深の多少ある磯まわりを狙ってみると良いかもしれません。

リグは『シャローフリーク』での【F-システム】です。メバルでは特にフローティングタイプをメインに使用することが多いです。サイズは、必要な飛距離や組み合わせるジグヘッドに合わせて選んで頂ければと思います。

もし、リグの組み合わせやアプローチ、レンジで迷われるようなら・・・

『シャローフリーク』はF-10.5gジグヘッドは0.4~0.6gの極軽量なもので、ワームは『ウミゲラ』のパールホワイト、狙うレンジは水面直下。リーダーは60cmで、サブサーフェスを強く意識して攻めてみるのが私のおススメです。

フロート側の端糸を15cmとすると、ジグヘッドの位置する最深部は水面からおよそ75cm。そのレンジをキープするぐらいデッドスローに漂わせ、ときおりシェイクで惹きつける。そんな感じで試してみてもらえれば、何かしらの取っ掛かりは得られるのではないかと思います。

上記時期の新月&満潮前後で、さらに天候が穏やかとなれば・・・メバルがシャローに差す基本条件は揃っていると考えて良いでしょう。

もっと詳細なアプローチや戦略等は、カタログでもご紹介しておりますので、そちらのページを参考にしていただけると幸いです。

あとは、アプローチや機微に触れるようなメバルとの駆け引き、その場での閃きに集中しつつ、小さくも鮮烈なアタリや掛けてから始まる怒涛のファイト、といったシャローゲームならではの醍醐味を存分に楽しんでもらえたらと思います!

最後に・・・釣行する場所に合わせた装備を事前に確認し、とにかく安全面には気を配って頂きたいです。

ゴロタ浜や磯ではフェルトスパイクなど滑り難いフットウェアで臨んで欲しいと思いますが、それでも万全ではありません。というのも、これから始まる冬の季節は夜間に大きく潮が引き、できるだけ遠投したくて、ついつい前へ前へと出て行きがちなのですが・・・干上がった岩は濡れてツルツル、海藻が顔を出したり海苔がついていたりと、かなり滑りやすくなっています。もはや其処らじゅうにバナナの皮が転がっているような状態で、ほぼ罠に近いです(笑)

釣行の際は、そのことも頭の片隅にいれておいて貰って、どうか慎重に、安全にシャロ―ゲームを楽しんでもらえたらと思います。

あと・・・メバルを狙うシャロー帯は綺麗な自然海岸が多いです。

その居心地の良さや自然を楽しめるのもシャローゲームの魅力。ゴミなどは出さずに、豊西さんのように魚にありつけなくてもゴミだけは拾って帰る!というような気概になれば、あなたはもぅ立派なシャローフリークの仲間入りです!


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・Luxxe 宵姫EX S83M-solid.RF[がまかつ]

●リール・・・ルビアス 2004H[グローブライド]×シーファンネル Float [OFFICE ZPI] カスタムハンドル仕様

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

●リーダー・・・ スモールゲームリーダーFCⅡ 6lb[サンライン]

●フロートリグ[F-システム]・・・シャローフリーク F-7.5g、F-10.5g、F-15.0g[アルカジックジャパン]  + キャロヘッド 0.4g-#4[がまかつ] + 海ゲラ艶じゃこ[アルカジックジャパン]、 Q.S.S.マイクログラブ ファットドリフト 、マイクロストレート トレモロ [がまかつ]な

2017年01月13日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR