FLOAT

技アリ!!フォローショットでのメバル攻略!!

日を追うごとに暖かさを増してきている今日この頃。季節はすっかり春ですね。

春といえば春告魚、そぅ今回のテーマはメバルです。

 

クリクリっとした愛くるしい瞳!

造形美すら感じるカッコいいボディ!!

ファイトはパワフル!!!

 

ソフト・ハード問わずルアーに好反応な、この時期のライトゲームのメインターゲットです。

 

さて様々なルアーで狙えるメバルですが、裏を返せば適材適所のリグ選択、アプローチ方法が必要であるとも言えます。

 

そこで今回私がご紹介したいのが『フォローショット』

樹脂製のシンキングフロートであるこの『フォローショット』を、【スプリットショットリグ】の要領で固定した中間分離リグです。

 

『フォローショット』「キャストアシスト」「フォールセーバー」の役割を担い、中・近距離でのメバル攻略において、私にとっては欠かすことのできないアイテムです。

 

例えば港湾部に位置する一般的な漁港でメバルを狙う場合、メバルは船影や係留ロープ等に身を寄せていることが多いのですが、そういう状況のメバルはトレースコースやレンジ、スピード等に意外とシビアな場合が多いです。

1.0~1.5gのJH単体で届く距離だけど、そのウェイトではスピードが速すぎて食ってこない。

かと言って極軽量のJHでは飛距離やキャストの正確性に難がある。

そういうシチュエーション、よくありますよね。

 

こんな時は『フォローショット』の出番です。

JHの重さはそのままにフォローショットでフォールスピードをコントロールして誘ったり…。

軽量JHと組み合わせ、飛距離とキャストの精度を上げつつ、よりスローに誘う…。

 

どちらも非常に有効です。

 

軽量JHとの組み合わせでは操作感も増しますし、水受けも良くなるので、流れに乗せドリフトで送り込んで誘う、なんてことも可能です。

 

またレンジ攻略においても、表層~水面直下はフォローショットの得意とするところですし、中層やより深いレンジまで送り込んでのスローな誘いも全然アリです。

 

また深めのレンジまで早く送り込みたい、速めのアクションでも食ってくる、そのような状況であれば『スプリットシンカー』『スプリットシンカースリム』に変更するのですが、これらのリグ変更はものすごく簡単で着脱・交換がワンタッチ、『スプリットストッパー』に差し替えるだけ。

       

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて声を大にして言いたくなります。

 

「着脱・交換、めっちゃ楽!!」

 

日中のサイトフィッシングでも活躍してくれるリグですので、動きの確認も兼ねて試して頂けたら、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、状況に合わせて様々なリグでターゲットにアプローチしていくことこそライトゲームの醍醐味であり、釣果への近道であると私は考えます。

他のリグ同様、フォローショットだけあれば完全無欠、とはならないのがライトゲームの面白いところですが、きっとお役に立つシチュエーションがあると思いますので、ぜひ試して頂ければ幸いです。

   
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年04月16日

九州発のツツイカ新戦略”S.L.Sゲーム”!!

 

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

玄界灘に風雪伴う冬将軍が訪れる季節になると、毎年楽しみにしている釣りモノが最盛期を迎えます。

 

いわゆるツツイカと呼ばれるイカたちがそのターゲットなのですが、今回は、私が提唱している新たなツツイカゲーム『S.L.S(ショアライトスッテ)ゲーム』についてご紹介させていただこうと思います。

 
 

S.L.Sゲームとは

 

ツツイカとは、ケンサキイカヤリイカスルメイカヒイカなどを総じて呼ぶ俗称なのですが、一般的には、餌まきスッテを使用したウキ仕掛けやエギングなどで狙うことの多いターゲットです。

 

ショアライトスッテゲーム(以下、S.L.S)とは、アジングやメバリングなどで使用される【スプリットショットリグ】【キャロライナリグ】【フロートリグ】などのいわゆる分離リグを用いたツツイカゲームです。

 

リグの構成は簡単

普段使用している分離リグのジグヘッド+ワームの部分を、ヒイカや船マルイカ釣りで使用される小型スッテに置き換えるだけです。

小型エギを用いて行われるライトエギングが、ライトゲームで言うところのジグ単だと思っていただければ、解りやすいかと思います。

 

飛距離、攻略スピード、ラインテンションの高さなど、分離リグの利点を駆使してツツイカを攻略するのが、S.L.Sゲーム最大の魅力と言えます。

 
 

S.L.Sゲームで私が主軸としているリグが、【キャロライナリグ】【スプリットショットリグ】です。

 

それぞれのリグの違いは、中間シンカー部分の体積にあり、同重量値でのフォールスピードの調整でリグを使い分けます。

 

例えば、ウエイト7g設定で

抱かせのスローフォールを重視するのなら【キャロライナリグ】

 

素早いフォールで手返しを重視するなら【スプリットショットリグ】

 

といった感じでセレクトします。

 

エギでいうところのシャロー、ノーマル、ディープなどのタイプによるフォールスピードの調整を中間シンカーのウエイトやリグの違いで行うイメージです。

 

また、S.L.Sと小型エギの使い分けとしては、近距離やボトム攻略ではエギ、中〜遠距離やディープゾーンの攻略をS.L.Sといった感じです。

正直、近距離やボトム付近での抱かせはエギのほうが有利で、そのようなシチュエーションでは、迷わず小型エギをセレクトするほうが懸命です。

 

S.L.Sでは、その飛距離、攻略スピード、ラインテンションの高さを活かせる、沖を回遊するイカの群れを攻略するシーンで活躍します。

ですから、使用するシンカーのウエイトは5g以上の設定で使用するケースが多く、それ以下で攻略できるシチュエーションではエギを使うといった感じです。

 

アプローチは、3~4回ほどリグを巻きジャクってからのテンションフォール(カーブフォール) が基本です。

イカはフォール中にリグを抱くことが大半なので、抱かせの間(フォールアクション)を演出することは必要なのですが、リグの沈下速度の早いS.L.Sゲームでは、おおよそ5~15秒ほどのフォールタイムを演出すれば十分な場合がほとんどで、同一レンジ内でのアクション&フォールを繰り返し、レンジを意識した釣りを行うことが重要です。

日頃、アジングなどでレンジを意識した分離リグのアプローチをされている方なら、そのままの釣法でOKですし、エギングを行ったことがある方ならシャクリとフォールの間が狭いエギングだと思っていただければ、素直にできるかと思います。

 
   

最後に、釣り場や釣期について。

 

ツツイカは地域やイカの種類によって、シーズンに大きな違いがあります。

 

私がこのゲームのホームとしている北部九州エリアでは、主な釣期は晩秋〜初春ですが、瀬戸内エリアでは晩春〜初秋がよかったりと地域差があります。

お住いの地域で、エギやウキ釣りでのツツイカの実績があれば、その最盛期となるシーズンに、このS.L.S ゲームを楽しむこともできると思います。

 

アジングやメバリングのタックルBOXの中に、小型スッテを忍ばせておけば、いつでもチャレンジできるゲームですので、ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 
 

【タックルデータ】

 

①スプリットショットリグ

●ロッド・・・ソルティーセンセーション PSSS-73T “ワイドレシーバー” [エバーグリーン]

●リール・・・バンキッシュ 2000S [シマノ]

●メインライン・・・Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号-150m [バリバス]

●メインリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-150~200cm [バリバス]

●サブリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks1.0号-30~60cmほど[バリバス]

スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 3.5~7.0g [アルカジックジャパン] + ユニットスイベル #12 [アルカジックジャパン] + ナオリーおっぱいスッテ WJ[ヤマシタ]など

 

②キャロライナリグ

●ロッド・・・Luxxe 宵姫EX S79MH-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ルビアス 2004 [グローブライド]

●メインライン・・・Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●メインリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.5号-150~200cm [バリバス]

●サブリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-30~60cmほど [バリバス]

キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカー Basic 7.0~10.0g設定 [アルカジックジャパン] + ノットプロテクター 小 [アルカジックジャパン] +ユニットスイベル #10 [アルカジックジャパン] + ナオリーおっぱいスッテ WJ[ヤマシタ]など

 
2018年03月13日

Fシステムで攻略する愛媛のギガアジ!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの藤原 真一郎です。

冷たい季節風でライトゲーマーには厳しい時期が到来しましたが、フィールドに出かけてみると熱いゲームが待っている!?

 

というわけで、今が最盛期の愛媛県西部のデカアジを狙いに行って来ました。

 

愛媛県西部の豊後水道に面したエリアは、海岸線がクネクネとしたリアス式になっており、水深も足元から数m沖で深く落ち込むような“ドン深”が特徴のエリアです。

 

水温は比較的高く、年間通じてアジが狙える海域。

とくに、晩秋から春にかけては40cmを軽く超えるようなデカアジが陸っぱりで狙える魅力あふれるエリアです。

この時期、昔はほんとによく通ったものですが、ここ数年、再び足繁く通っています。

というのも、当時、飛距離や水深のためにキャロでやっていた場所を『シャローフリークDive』での【フロートリグ】で攻める、ということを検証…というか単純に楽しんでいるためです。

今までキャロで楽しんでいた場所をフロートリグメインでアプローチすることで、さらにスリリングで面白いゲームが広がりつつあるからです。

 
 

『シャローフリークDive』でのアプローチということは、遠投しつつスローフォールで攻めるという釣り方です。

大型アジは、例えばベイト付きのマズメの釣りなどではジグやキャロの巻きなどで釣れることも多いですが、ナイトゲームでは、それでは食い切らないこともよくあります。

トレーススピードやフォールスピードがキモになる場面がやはりあって、そこに着目したアプローチができるフロートリグの釣りは、大型アジに対してもときに非常に有効なのです。

一昨年のある釣行では流れが緩い時間が多く、キャロだと交通事故的な単発アタリがあるのみという状況だったのが、フロートで攻め始めると尺オーバーが連発。

じっくりと沈めるため一匹に多少時間は掛かるものの、「狙ったゾーン」「狙ったアクション」に反応してくれる再現性の高い釣りが楽しめました。

 

昨年末に数度行ったときは、活性は高くはないもののバイトがあれば40オーバーという状況で非常にスリリングなゲームが楽しめました。

 
 

『シャローフリークDive D-16.6g』【Fシステム】を、静かに沈めてレンジを探っていくというこの釣り。

 

飛距離は60mほど、そしてレンジは10m前後とずいぶんな遠距離戦ですが、誘いやリズムは軽量ジグ単ゲームによく似ています。

ロッドをさびくようにラインテンションをキープし、ときおりシェイクを入れて誘い、アタリに集中する。

微かな変化も捉えようと没頭していると小さくも鋭い生命感を持ったアタリが伝わります。

しっかりとフッキングした瞬間、40cmオーバー特有の重量感と走りが始まります!

基本的には『シャローフリークDive』のFシステムを用いた、ゆっくりと沈めて狙う釣りですが、その日そのときどきでの微妙なパターンの違いを感じます。

 

あるときは、ジグヘッドを0.6g、ワームを艶じゃこなどやや水押しの強いルアーを選んで、テンションを掛け気味でトレースするというのが結果的にもっともアタリを引き出しやすかったのですが、いっぽうで、軽くサビいておいてフリーフォールを一瞬入れるというようなアクションにやたらと反応があるときもあります。

 

ジグヘッドも0.4gなど極軽量で水に馴染むような薄い引き抵抗のルアーがハマりました。

1.5gなど重めのジグヘッドと組み合わせてボトムから跳ね上げるといったパターンが効果だったこともありました。

大型アジと言っても、ナイトのスローな状態では微妙な違いが差となって現れることもあります。

 

流れのないところではリトリーブ主体で、流れのある場所ではロッドをサビいてラインテンションを調整しながらアクションを入れていく、という釣り方を基本にしておくと状況に合わせやすいと思います。

Fシステムのフロートリグの作り方は、PEラインとリーダーを結束したときのリーダーの余り糸に管付き型のフロート『シャローフリーク』『シャローフリークDive』を結び、メインのリーダーの先に0.5g程度の極軽量ジグヘッドを結びます。

 

フロート側のリーダーの長さは10~15cmほど。

ジグヘッド側のリーダー側は、アジ狙いだと長めになり100~150cm。

シビアなときや波風の強いときほど長めに調整するようにしています。

 

ノットはFGノットが強いですが面倒だと言う方にはクインテットノットがおススメ。

トリプルサージェンスノットの5回版で、とても簡単で手早く結べますが十分な強度が得られます。

PEラインは0.5号、リーダーは6lbというのが扱いやすく、いざというときにも無理の効く号数だと思います。

陸っぱりからでもまだまだデカアジが狙えるポイントはあります。

外灯が広範囲を照らしている所や遠投したらブレイクに届くというような場所、今までキャロで狙っていたポイントなどでフロートアジングを試してみて欲しいと思います。

 

スリリングで楽しいゲームが待っているかも!?

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫 華 S82H-solid [がまかつ]

 

●リール・・・イグジスト 2003H [グローブライド]

 

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・スモールゲームリーダー FCⅡ 6lb[サンライン]

 

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク Dive D-16.6g[アルカジックジャパン] + キャロヘッド 0.4g-#4[がまかつ] + 艶じゃこ[アルカジックジャパン]など

 
2018年02月19日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日

2017秋・新製品のご紹介~パート2~

北海道ではすでに初雪が観測されたとのことで…こちら九州も、朝晩はかなり冷え込むようになりました。

 

そんな気温の移ろいを後追うかのように海水温が、そしてお魚さんたちのポジションも目まぐるしく移り変わる…。

週末が待ち遠しい時期になってきましたね(笑)

   

さてそんな本日は、先日のパート1に続く新製品情報第2弾です!

 
 

Ar. LANDING SHAFT 300 [Ar.ランディングシャフト 300]

アジ、メバル、チヌ、etc…。

想定されるライトゲームターゲットに対応する小継玉ノ柄として、明確な強度設定と、その強度を保持したうえでの徹底的な軽量化を追究した、まさにライトゲーム専用設計のランディングャフトです。

 

その自重は、およそクラス最軽量と呼べる、アンダー250g。

  ※計量機が汚れてますが気にしないでください(汗

その軽さ、細身な見た目とは裏腹に、ブレない芯の強さのあるブランクスは、手の震えるようなレコードフィッシュのランディング時にこそ真価を感じていただける、抜群の操作性をも兼ね備えています。

 

全長は3.0m。

 

河川や小~中規模の漁港、ともするとフレッシュウォーターでも重宝する、汎用性の高い仕様となっています。

ライトゲームで不意に訪れる、想定外のビックフィッシュの取り込みはもちろん、ことライトブリームゲームに関しては、これ一本下げていれば凡その状況に対応できます。

 

約40cmというコンパクトサイズで、腰周りに携行すると、ご覧の通り。

※画像にあるバッグ、ステー、ジョイント、玉網などは付属品ではありません。

軽い自重も相まって、腰に下げたまま一日中歩き回ってもまるで気になりません。

     

他の仕様としては、スムースな振り出しに貢献する空気穴仕様のエンドキャップと…

雨天でも安心して使用出来る、特殊防滑塗装のグリップ。

 

全体的なカタログスペックとしては、下記の通りとなります。

   

全長       :

    3.0m

仕舞寸法     :

  40.0cm

自重       :

    250g

先径       :

  12.3mm

元径       :

  29.1mm

継数       :

     10本

カーボン含有率  :

     98%

価格       :

¥10,500 (税別)

 

以上、かなり矢継ぎ早に書き連ねてしまいましたが、ライトゲーム専用ランディングシャフト『Ar.ランディングシャフト 300』のご紹介。

 

現在、11月末~12月にかけての発売開始を目標に、鋭意量産中です!

詳細な使用感なども引き続きお伝えできればと思いますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2017年10月26日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR