FLOAT

夏に負けない最盛期!! 真冬のキビレゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

一日の最高気温が一桁台を記録するほどの寒波が、こちら南国の鹿児島にも訪れる季節となると、冬のブリームゲームが開幕の時を迎えます。

 

ブリームゲームの全国的なターゲットは、クロダイ(チヌ)とキチヌ(キビレ)の二種ですが、この時期の一般河川や運河(温廃水などの人工的高水温域がないエリア)で、狙って釣れる確率の高いターゲットは後者のキビレ。

 

地域差、個体差、年度差こそありますが、秋に産卵のために海へ下っていた個体が、徐々に彼らの生活圏である湾奥部や汽水域に戻ってくる、いわゆる『アフター期』と呼ばれる季節で、早い地域では10月下旬〜11月初旬ごろからスタートし、大よそ1月いっぱい頃までは、盛夏のハイシーズンにも劣らない、冬の最盛期を迎えます。

 

「鹿児島は暖かいから釣れるんだよ…」

と、思うかたも居るかもしれませんが、水温にして5℃前後までをキープする地域の河川や運河であれば、このゲームはどこでも変わらず楽しめる傾向があり、九州北部でも、瀬戸内でも、四国でも、関西でも、キビレが多い地域であれば、変わらず存在する一つのシーズナルパターンとして確立されたゲームです。

 

そんな冬のブリームゲームでは、基本的にアンダーウォーター。

中でもボトムを意識したスローな釣り、もしくは、リアクション要素の高い釣りが効果的です。

 

水温の下降期にあたる、シーズン初〜中盤のタイミングでは、デイゲームでのボトムワインド釣法など、ハイシーズン並みのエキサイティングなゲームが楽しめます。

 

また、厳寒期の2中旬~3月いっぱいのシーズン終盤は、ボトズルでのスローゲームで引き続き釣果を得ることができ、そのまま春、夏のハイシーズンへと移行するので、かなりのロングスパンで楽しめるターゲットです。

 

このレポートを書いている今現在のタイミングは、シーズン中盤の最盛期にあたり、河川へ戻ってきたキビレたちの荒喰いが始まったような状況で、デイゲームでのワインド釣法などで良果が上がっています。

 

使用するのは、【マルチロック 5.0g-#4】 に、爪をカットした 【扇クロー 2.0inch】

 

ボトズルと併用でき、いつもバックに入っている【扇クロー】を現場でチューンするほうが手っ取り早く、荷物を減らせることもあり、私はこれを愛用していますが、市販のワインド専用ジグヘッド+ワームで、サイズ感さえ極端に間違わなければ、なんでもOKだと思います。

 

基本操作も非常に簡単で、キャスト後の着底からロッドを3~4回ほど巻きシャクり、そのまま再度着底するまでカーブフォール。

この繰り返しです。

 

バイトは、シャクりからフォールに移行する刹那の頂点位置か、着底直前に多い傾向があります。

 

ゴンッ! と明確なバイトがでる時もあれば、着底と区別できないほどのラインスラックが緩むだけのバイトも多いので、怪しいと思ったら、ききアワセてみるように心掛けています。

 

狙うべきスポットは、河川や運河の中でも最も水深がある流心部。

 

冬季は、ある程度の範囲に群れで纏っているケースも多く、居場所さえ特定できれば、1スポットでツ抜け釣果!!・・・なんてことも起こる季節ですので、ぜひ、そんなハニースポットを探し当てる楽しみにも、トライしてみてください。

 

最後に、ライトタックルそのままで楽しむライトブリームゲームでは、フィニッシュを飾るランディングネットの存在は欠かせません。

 

無理な抜き上げやズリ上げは、タックルを傷める原因となるので、忘れずに携帯するようにしましょう。

 

身近な河川で、パワフルなファイトを存分に楽しめるライトブリームゲーム。

「真冬の厳寒期、アジはシーズンオフだし、メバルもアフター初期で奮わないんだよなぁ…。」

そんなタイミングにでも、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本当、夏以上の釣果が出ることも決して珍しくないのですから。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・ルビアス 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●リーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-150~250cm [バリバス]

●ルアー・・・マルチロック 5.0g-#4 + 扇クロー 2.0inch (爪カットチューン) [いずれもアルカジックジャパン]

2019年01月24日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート1~

気が付けば、ライトゲームもとっくにシーズンイン。

いろいろと企画は進行しているのですが、それにかまけてこちらの更新が疎かになっておりました…。(汗

 

というわけで、ここらでまとめて、この秋~冬にかけての新製品群を、いくつかに分けて紹介していきたいと思います。

 
 

Ar.All In Bag [Ar.オールインバッグ]

 

その名の通り、「ひょっとしたら必要な場面があるかも…?」なアイテム全部詰められる、大容量フィッシングバッグです。

 

ワームやフロートなどのライトゲームアイテムはもちろん、ロックフィッシュアイテムや、終いにはエギまで!?

 

広々としたメインスペース壁面には4つのポケットを仕切り、大小のフロントポケットと併せて機能的かつ整然とした収納が可能です。

ずれにくい大型のウェストベルトのほか、ショルダーベルトを標準装備。

 

例えば、腰巻き式の救命具ならショルダースタイル。

非インフレータブルのフローティングベストならウェストスタイルなど、好みに合わせてアレンジできる仕様となっております。

 

個人的なイチオシポイントは、このプライヤーホルダー

 

従来品にあたる『ウェスト&ショルダーバッグⅡ』のホルダーから若干設計を変更しています。

「プライヤーの着脱をベルトが邪魔しない」という、ただそれだけのことですが、例えば、「貴重な時合いに、やっかいな掛かり方をしたフックをハズさないといけない時」などには、その差の大きさを感じていただけるのではないかと思います。

 

同じくストレスフリーに貢献する設計変更としては、フロントポケットの開口形式の変更。

 

全ファスナーに標準装備のジップタブと相まって、厳寒期でも開閉&出し入れが容易です。

 

磯場での使用なども視野に入れ、ドリンクホルダーも装備。

 

定番のブラック(ブラック×ブルー)のほかに、

 

カジュアルな グレー×ピンク と、

 

COOLな ネイビー×ライム。

 

タウンユースにも応える2色を併せた、全3色のラインナップでの展開となります。

防波堤ランガンスタイルのアジング&メバリングはもちろん、小磯周りでのロックフィッシュゲームなどで、是非使っていただきたいと思います!

 
 

Ar.LG Grip [Ar.LGグリップ]

 

いわゆるフィッシュグリップです。

 

ちなみに「LG」は、「Lihgt Game」の意。

 

手を汚したり、傷つけたりせず、簡単安全に魚を掴むことが出来る、ライトゲームの必需品です。

 

握り易さと、掴み易さの両立を追究したデザイン。

 

密に歯を持つ細身なデザインの刃先は、ターゲットの大小に関わらないグリップ力を発揮します。

 

グリップ後部には、ワンタッチで開閉できるロック機構を採用。

収納・携行を妨げず、かつスピーディに使用することが出来ます。

 

凸凹加工のグリップ部は、濡れた手やグローブ越しでも握りやすさと疲労軽減に寄与しています。

 

カラーラインナップは、定番のブラックのほか、モスグリーンキャメルブラウンの3色。

ワタクシごとですが、アジの撮影時にはキャメルブラウンを使うと、白飛びしにくいので気に入っています。

 
 

とこんな感じで、まずはターミナルタックルの紹介となりました。

 

上記2アイテムは、いずれも初回出荷が開始しておりますので、お近くの販売店様でもご覧いただけるかと思います。

店頭でお見かけの際は是非、手に取ってみていただきたいと思います。

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月15日

サイトのデイゲーム&繊細なナイトゲーム で真夏のリバーチヌを楽しみ尽くす!!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎 優斗です。

 

毎日暑いですね。

私の住んでいる山口県も、例年にない猛暑日が続いています。

 

水中も、表水温は30度を超え、魚にとっても暑い夏となっているようです。

そんなわけで、例年以上に苦戦している今年の夏の釣りですが、そのなかでもなかなかと言える釣りが出来たので、レポートしたいと思います。

 
 

まずここ最近の動向ですが、例年のホームフィールドで思い通りの釣果があげられず、先日思い切って、エリアの選定をイチから見直すことにしました。

 

この時期、エリアを決めるうえで重要にしていることは「流れがある」こと。

 

まず第一に安定した流入量があること。

そして、大規模河川のように全体的な大きな流れを形成するのではなく、複雑な地形や障害物が絡み、わかり易い流れが形成される小規模河川に、狙いを絞って釣行してみることにしました。

 

流れの当たるポイントに狙いを絞り、

 

浅場は軽量リグを使ったサイト

 

深場は巻きの釣り

 

で、効率的に流していくプラン。

 

この河川では、ガレがきついポイントが多かったので、『BM.キール 2.5g-#1』『躍ハゼ』 を組み合わせたリグをメインで使用しました。

 

しかし…軽量リグと言えど、昼間のチヌの警戒心は高く、リグの着水音や、近づく段階で逃げて行ってしまうことも。

 

そんななかでも僅かに反応する個体をしっかり観察しながらアプローチを絞り込んでいきます。

 

そして待望のファーストフィッシュ。

 

基本サイトで釣り上がりながら、行き当たるチャンネルなどの深場をブラインドで流しているところでのキャッチ!

魚のポジションなどのイメージは浅場狙いのまま、リグを重めの『BM.コンタクト』 にチェンジし、ボトムに当てながらの早巻きでリアクションバイトを誘うと、狙い通りにヒットに持ち込むことができました。

 

この1尾をキッカケに、魚の反応の傾向もやや見えてきました。

 

具体的には、チヌの進行方向より前側からアプローチして、目線より上を通すこと。

 

ロッドでアクションを付けながら、ふわふわっ とスイミングで誘うと、浅場のサイトでもヒットに持ち込むことに成功!

 

やっとの思いでサイトで釣る事が出来ました!!

 

この後は、目線上の方が反応が良いということで、トップウォーターゲームにシフトし数枚追加し、そのままナイトゲームへ。

 

デイゲームで反応のあったチャンネルラインを中心に食わせの釣りで狙うと、デイゲームとは一変、キャストの度にアタリが!

 

バイト自体は多いもののフックアップには至らない浅いバイトが多いので、様々なリグを試しながら反応を煮詰めていくと、どうやら移動距離を抑えたアクションが正解な様子。

 

こういうときには、ヘッドがボトムにスパイクする、『BM.コンタクト』がベスト。

ピンポイントでねちねち動かし続けると、ゴツン!と明確なバイトが引き出せる感じです。

 

サイズこそ大小さまざまですが、満喫することが出来ました。

 
 

この日、デイゲームではベイトフィッシュが多く入っていたこともあり、トップウォーターゲームの方が反応が良い…という状況でしたが、日没以降は状況が一変し、ボトムでの反応が急によくなりました。

 

その日の状況やエリアによって、反応する魚やその釣り方も様々。

色々なリグや、その状況にあったアプローチを駆使して魚を探していく過程も、チヌゲームの醍醐味ではないかと思います。

 

これから9月一杯までは、多くの河川でチヌを狙うこと出来ますので、デイも無いとも、思いっきり楽しんでみて下さい!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワーMg C2000S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 2.5g-#1 + 躍ハゼ 、BM.コンタクト5~7g-#2 躍ハゼ[いずれもアルカジックジャパン]

2018年08月12日

2018年・春の新商品紹介

暦は4月。

 

桜の季節も過ぎ去り、新緑が映える今日この頃。

 

弊社ブランドスタッフをはじめ、各地から、春の大漁祭開催中との報せをいただいておりますw

弊社製品たちが、そんな釣果の一助となれていることを、改めて誇らしく感じる次第です。

   

さて本日は、各地のフィッシングショーもひと段落し、その間棚上げとなっておりました2018年の新商品のご紹介を、今漸くにご案内したいと思います。

 
 

Ar.Head MultiRock[Ar.ヘッド マルチロック]

 

『マルチアイ』という、シンプルかつ機能的な拡張性を備えたジグヘッド。

上下対称にデザインされたヘッドとアイを持つこのジグヘッドは、対象魚やその状況に応じて、フックの向きを変更したり、アシストフックやブレードを追加したりと、その機能をアレンジすることが可能です。

 

アジやメバルはもちろんのこと、カマスやカサゴ、クロダイなど、実に多くのターゲットに対応することの出来る、マルチスタンダードな存在です。

 
 

尺獲ムシ[しゃくとりむし] 2.6inch & 3.4inch

 

「尺超え」を本気で狙う…。

 

ライトゲームで最も使用頻度の高いストレートワームの基本的な形状を抑えながらも、比類無い存在感を放つロングワームです­。

 

深く掘られたボリューム感溢れるリブボディと、繊細なピンテールという、一見アンバランスにも見えるこのボディ形状は、エラストマー素材の持つ柔軟性・浮力と相まって、極めて理想的な姿勢を維持したままスローフォールし、強烈にターゲットを誘引します。

 

汎用性の高い2.6インチと、大型狙いの3.4インチの2サイズ。

全10色のカラーラインナップで、多様なエリア、状況に対応できる、海ゲラ、艶じゃこいずれとも違う新たなルアーレパートリーとして、重宝する存在となること間違いなしです。

 
 

INSPIRATION[インスピレーション]

 

コンセプトは”リグ本位”…。

 

満を持しての登場となる、ライトゲームロッドシリーズ『インスピレーション』

 

このシリーズは、ライトゲーム4大リグと呼ばれる、

「ジグヘッドリグ」 「スプリットショットリグ」 「キャロライナリグ」 「フロートリグ」

の それぞれを扱う上で最良とされるセッティングを施した4アイテムから成るライトゲームロッドシリーズです。

 

ジグヘッドモデル : S63 the’Jack Upper’

スプリットショットモデル : S69 the’Split Seeker’

キャロライナモデル : S76 the’Free Thinker’

フロートモデル : S80 the’Shallow Freaker’

 

アルカジックジャパンがこれまで世に送り出してきた、ライトゲームアイテムそれぞれのポテンシャルを100%引き出すための、アイテム・リグ専用設計。

 

手に取ってもらえば、きっとそのコンセプトを直観として、感じていただけると思います。


 

以上、取り急ぎ概要ではありますが、今春以降の新製品についてのご案内でした。

 

なお、Ar.ヘッド マルチロック は先日、初回出荷が始まったところでございます。

大変有難いことに、初回生産分を上回る御注文数をいただいており、順次のご案内となりますが、店頭でお見かけの際は、是非手に取ってご覧くださいませ。

 

続く尺獲ムシ、インスピレーションに関しては、残念ながら量産がずれ込んでおり、正確なデリバリー時期についてはまだ確定しておりません…(汗

発売開始に向けてスタッフ一同対応してまいりますので、引き続きご期待くださいますようお願い致します!

 

※Ar.ヘッド マルチロック、尺獲ムシ の詳細情報は、【PRODUCTS】のページをご参照ください。

 インスピレーションについては、近日中に掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。

   
2018年04月13日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR