FLOAT

激アツなご当地ライトゲーム・ガヤ釣り!

 

皆さん、こんにちは。ブランドアドバイザーの對馬智樹です。

 

今回は初めてのレポート。

それも北海道のレポートとなれば、大型の根魚…特にアブラコ(アイナメ)ソイといった有名どころを連想される方が多いかと思います。

 

ですが…もう1種類、北海道にも「メバル」が居る事をみなさんご存知でしょうか?

 

それがこちら

 

エゾメバル(通称 ガヤ)

   

諸説ありますが「ガヤガヤとたくさん獲れる」ので…ガヤ、と言われているとか。

アイナメが居る所には大体居る上に、すばしっこく好奇心旺盛なので、アイナメが口を使う前にガヤの猛攻に遭うなんて事も珍しくありません。

 

そのせいか、ガヤを嫌がる釣り人さんも一定数居るようで…

 

んー…もったいない!

 

もったいない!

 

同じサイズのソイやアイナメに比べると、引きが強い上に、食べても美味しい!

 

大きい物だと30cmを超え…噂では40cm…というのが居るとか居ないという話まで。

 

実は、私…年間に釣る魚の半分以上はこの魚だったります。

 

という訳で、今回のレポートは

「ガヤ をジグ単でたくさん釣ってきた話。」です。

   

向かった先はこちら。

 

道南方面のとある漁港。

 

ココは照明がとても明るいので、写真も撮りやすいだろう…という事でやってきました。

思っていた程雪が無く、風が予報よりも少々吹いている程度で釣りもしやすい日でした。

 

気温はマイナス6度。

 

ちなみに、まだ暖かい方です。

 

タックルは、8フィート台のベイトフィネスタックルを使用します。

足場が高いので、できるだけ長めの竿を使って、ジグヘッドを足元まできっちり引きます。

 

まずは、【ジャックアッパーHW 】の2g + 【尺獲ムシ 3.4インチ】のナトリウムSP

堤防のキワ沿いに投げて 、そのままゆっくり落としていき、アタリを待ちます。

 

早速アタリが。

 

ギリギリ20cmあるかないか位のサイズが釣れました。

 

そこからは入れ食いに。

似たようなサイズがたくさん釣れます。

 

せっかくなので、サイズアップを狙うことにして、今まで釣れていたタナよりもほんの少し上を巻いてみることに。

 

竿先を下げてゆーっくり巻いてきます。

そうすると途中でコツンとアタリが…

 

サイズアップ!

 

大したサイズではないと言われそうですが…狙ったやり方で結果がでると、とても嬉しいものです…。

 

満足したし、正直この辺で止めて帰ってもよかったのですが…せっかくなのでもう1匹…

 

同じように引いてくると、ガツンと大きなアタリが…

 

お…おお?随分頑張るな…サイズアップか?

と思っていたら…ゴンゴンゴン!と首振り特有の感触…

 

小型のアブラコ(アイナメ)でした。

堤防のキワ沿いに浮いて来ていたようです。

 

ここでジグヘッドを【BM.キール】の3.5gに変更し、【 尺獲ムシ】をチョンがけ。

こうすると、引いてる最中にユラユラと揺れながら泳ぎます。

 

一旦底に落としてから、先程と同じように巻いてくると…すぐに元気な小型が食ってきます。

 

同じウエイトの【ジャックアッパーのHW】にしてみたり、大きめのワームも試してみたり。

氷点下の中での釣行でしたが、寒さも忘れてしまう位に楽しむ事ができました。

 

まだまだ寒い日は続きますが、防寒対策さえすれば、魚が連発する熱い釣りはまだまだ楽しむ事ができますよ。

 
 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単用タックル

●ロッド・・・ブルーカレントⅢ 82B[ヤマガブランクス]

●リール・・・カルカッタコンクエストBFS[シマノ]

●ライン・・・スーパージグマン 1.0号[よつあみ]

●リーダー・・・シーガーグランドマックスFX 8lb[クレハ]

●ジグヘッド・・・ジャックアッパーHW + 尺獲ムシ 3.4inch[アルカジックジャパン]ほか

 
2021年03月05日

メバちょことエギヅノに新しいカラーが増えました!

2020冬から、この春にかけてのライトゲームシーズンに、満を持して登場するメバちょことエギヅノのNEWカラーをご紹介します。


14.クリアキャンディ

デイでも、ナイトでも。 常夜灯ポイントでも、闇磯でも。 状況選ばず活躍する、もはや説明不要の鉄板カラー!

15.生シラス

なまめかしい艶消しカラー。 デイゲームでの視認性が高く、その一方反射光は柔らかい、ナチュラルアピールカラー。

16.魔王ブラック

スレきったデカメバルに効く、艶消しブラックカラー。 ラメ、ホロ、パターンなどを一切排した、ありそうでなかった完全シルエットブラック。 知る人ぞ知るシークレットなカラーです。

17.マジックアワー

淡いピンク、ブルー、イエローのグラデーションが煌めく怪しげなカラー。 夕マヅメ・朝マヅメなど、時間(光量)とともに変化するまさに「マジックアワー」な一色。

18.ホタルイカ

ホタルイカパターン最強のイミテーションカラー。 クリアブラウンのグラデーションにラメのパターン、封入されたグローボール。 これはまさにイカそのもの。  

310.アカシロ

いわゆるレッドヘッド。 漁具カラーとしてなじみの深い一色。 ベースボディはグローカラーなのでアピール力は極めて高い。  

311.アカミドリ

これぞ漁具カラー。 オフショアのマルイカ釣りはコレがなくでは始まらない。 アカシロとの組み合わせを楽しみたい、そんな一色です。

312.シロムラサキ

ケイムラボディベースに、グローヘッドというアピール×アピールコンビネーション。 他カラーにはない爆発力があります。

307.超イワシ

クリアボディにパープル→パールブルーのグラデーションを乗せみずみずしい透明感を演出。ホットスタンプも施し、あふれんばかりの生命観を宿したリアルカラーです。    

308.超キビナゴ

クリアブルーボディにブラックバック塗装を施し、奥行きを演出。 ホットスタンプと相まって、力強く水中を泳ぐキビナゴを彷彿させるカラーとなりました。

309.超ピンクグロー

発光色であるグローボディベースのこのカラー。 デイではホワイトベリーのリアルカラーが一転、マヅメから夜が更けるにつれてグローが際立つハイアピールに変貌します。

メバちょこ5色、エギヅノ6色の、計11アイテム。

早いものは先月から、順次発売が開始しています。

ご自身のスタイルに合う1色をぜひこのハイシーズンに、お試しいただけましたら幸いです。

2021年02月25日

夏の大型メバル攻略

 

皆さん、こんにちは。ブランドアドバイザーの羽田泰です。

暦は9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いている宮城県牡鹿半島。

 

ロックフィッシュファンの私にとっては、沿岸部の個体数が少なくなる辛い季節ですが、実はこんな季節だからこそ釣れる魚が居るのです。

 

「夏に釣れる大型のメバル」

 

多くの方が「メバルと言えば春~初夏。あるいは、秋~冬」といった印象をお持ちだと思われますが、実は夏でも条件を満たせば狙えるターゲットなのです。

 

海水温が上昇し多くの魚が岸辺を離れてしまう夏ですが、体力のある大型の個体、ベイトに固執している個体は、岸辺を離れずに残っている傾向にあります。

 

ハイシーズンに比べれば数こそ圧倒的に少ないですが、釣りものが減る夏の時期に「大型のメバルが狙える」としたら、それは夢がありますよね?

 

しかも、尺メバルも夢じゃないとしたら…。

 
 

期待を胸に出掛けた今回の釣行。

スケジュールは0泊2日・15時~翌朝までの夜通し釣行。

 

青物、ロックフィッシュ含むメバル狙いの欲張りな感じです(笑)

 

残念ながら青物のヒットとはなりませんでしたが、夕マヅメに良型のベッコウゾイ(タケノコメバル)がヒット!!

 

冷水系のロックフィッシュですが、夏の厳しい状況でも強い個体は残っているという証拠。

 

メバルにも期待が持てそうです!

 

ヒットルアーは【ショアグライダーjr】の10gで、カラーはブルーベイト。

 

ボトム近辺を小刻みにシャクっていたときに、海草の中から飛び出してきてくれました。

ショアグライダーjrと同じくらいのカタクチイワシが群れで泳いでいたので、マッチザベイトだったのでしょう。

 

その後のヒットはなく、日没を迎え、メバルに移行。

 

使用タックルはジグ単用に【インスピレーションS63】と、
フリーシンカー及びメバちょこ用に【インスピレーションS69】

 

狙う魚が大きいので、使うワームもシャッド系2インチクラスです。

メインベイトとなり得るのは基本アミですが、そのアミを狙って小魚も接岸している状況でしたので、小魚に合わせることで狙いを大型に絞りました。

※アミを狙う大型ももちろんいます

 

夏の大型メバルの傾向としては、ケーソンや根回りの海草帯のボトム周辺に着く傾向がありますので、基本はボトム狙い。

 

水深が2m~5m程でしたので、【ラウンドロック】の1.5g#4を使用。

アクションはスイミング主体ですが、一定のスピードで巻き進めるよりもストップ&ゴーを織り交ぜて食わせの間を与えてあげる方が、バイトが多く取れるように感じます。

 

コンマ数グラムで魚の反応が変わるメバリング。

 

水深、流れ、魚の活性などを考慮し、ジグヘッドのバリエーションは持ち合わせておくのが良いでしょう。

 

メバリングに移行して早々に良型のバイト!

大型特有の押さえ込む食い方に期待が高まります。

 

無事ランディングできたのは27.5cmの良型のメバル。

 

数こそ多くは獲れませんが、夏の厳しい季節に狙える大型メバルを捉えることが出来れば、また一つ釣りの楽しさが味わえると思います。

 

その後も25cmクラスを数本追加。

 

次第に、足下のケーソン付近のバイトが遠退いたので、遠投に狙いを切り替えます。

この日は回遊で回っている個体も多く、フリーシンカーが活躍してくれました。

私のおすすめはフリーシンカーに海水封入+1gウエイト のセッティング。

 

使用ジグヘッドが1.5gなので飛距離を伸ばしつつ、フリーシンカーの沈下スピードがジグヘッドを上回らないようにするセッティングです。

 

最終釣果は25cmオーバーが10数本、尺メバル1本(同行者)とこの時期としては満足な釣果。

 

狙い目のポイントのキーワードとしては、「潮通しが良いこと」が必須。

「海草帯」「沈み根」「ケーソン」などのベイトが溜まる要素があること。

あとは年間通じて「実績」が高いことです。

併せてメバルに対しての「熱意」もあると良いでしょう。

 

9月に入った現在でも岸辺に残っている個体は居ますので、是非皆さんも尺メバルを目指して通ってみてくださいね!

 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単用タックル

●ロッド・・・インスピレーション S63″ジャックアッパー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・C2000番クラス

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 4lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・ラウンドロック 1.5g-#4[アルカジックジャパン]+シャッド系2インチ

 

★フリーシンカー&プラグ用

●ロッド・・・インスピレーション S69″スプリットシーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・2000番クラス

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.3号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb + 4lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・Ar.キャロ フリーシンカー Long(ウェイトアジャスターⅡ 1g + 海水) + ラウンドロック 1.5g-#4[アルカジックジャパン]+シャッド系2インチ

2020年09月18日

今年も開幕!関門アコウゲーム!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今年もいよいよ、私のホームである関門ロックゲームが開幕しましたので、レポートしたいと思います。

 
 

実は、4月初旬から、ちょこちょこと釣行を重ねている今年の関門ロック。

 

例年通りの展開であれば、関門海峡(北九州側)→関門海峡(下関側)→下関市内~山陰と、季節の進行と共に北上しつつ魚を追いかけるのですが、今年は調査目的も兼ねた関門海峡(下関側)からのスタートとしました。

 

リグはテキサスリグ。

 

釣行初日はまだ、ロックフィッシュには少し早いイメージのある4月。

ショアに寄っている魚も少なく、その活性も低いだろうと予想し、なるべく軽いウェイトを中心に釣行を重ねました。

 

メインで使用したのは、【Re:バレット ナツメ 18g】 + 【Ar.Hook ロッキンロー #1】

 

関門海峡としては比較的ライトなセッティングで、しっかり食い込ませる狙いです。

 

関門海峡の下関側は、比較的護岸整備が進んでいるためポイント」に乏しく、「波止周辺の基礎狙い」と、「沖の沈み根狙い」を主に釣りを展開します。

 

特に基礎周りは複雑に石が積まれており根魚達のストック量も多い為、丹念に探っていくことが重要です。

 

例年の実績で言うと、4月は大型狙いに期待が持てる分、ハズせばボウズ…という感じ。

当日もやはり魚影は薄く、釣行を重ねてもボウズやカサゴのみの日が続きました。

 

季節は進んで6月。

 

各ポイントでは次第ベイトを見かけるようになり、「そろそろ良さそう」な雰囲気ですが…。

 

潮通しの良い波止先端周り。

 

その沖合の沈み根。

 

波止の基礎周り。

 

足元のシェード。

 

撃てども撃てども根魚からの反応は無く、日は高々…。

 

周りの釣り人も帰りだす始末です。

 

しかし私はそれをチャンスと捉え、波止の基礎撃ちランガンを開始♪

 

キャストするのは基礎のあるちょい沖に絞り、撃っては歩きを繰り返します。

潮流の変化に合わせてウェイトも小まめに変えつつ、基礎周りを丁寧に根気よく撃ち続けると、やがて「ゴンッ!!」という明確なバイト!!

 

しっかりフッキングも決めて、念願の令和初アコウをGET♪

 

この一尾を皮切りに、地磯でのアコウと、ヒラメもキャッチ出来ました。

 

今季の釣行では、新発売の【扇クロー 2.8&3.4inch】【岩礁ウオ 3.6inch】【捲ナゴ 3.6inch】をメインで使用しています。

 

このワーム達は甲殻類フレーバーを配合し、臭いでものすごくアピールしてくれます。

各種特徴が違うので、使い分けると良い釣果に繋がると思います。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション C88XH”ロックショアスピン”[アルカジックジャパン]

       ブラックスター ハード B72MHX[ゼスタ]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・スーパーブレイド5  1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC 20lb[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+扇クロー2.8inch or 3.4inch岩礁ウオ 3.6inch捲ナゴ 3.6inch[アルカジックジャパン]、ロックマックス 3inch [エコギア] など

 
2019年07月30日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート3~

暦もいよいよ12月になろうかという本日。

 

「2018秋~冬」と銘打ったのは別のこの為の予防線というわけでもないのですが、やっとこさのパート3をお届けしたいと思います。

 
 

Shallow Freak Expanda[シャローフリーク エクスパンダ]

 

全国のシャローフリーカー待望の、シャローフリーク追加ラインアップです。

 

Fシステム考案者:藤原真一郎氏がテストを重ね、さらなるキャスタビリティと、レンジ攻略性能を獲得した、Fシステムの領域を更に拡張するエキスパートフロートとなっています。

 
 

まず体感していただきたいのは、その飛行性能。

 

「スコーッン!!」と、迷いなく真っ直ぐに飛んでくその飛行姿勢が、アングラーの体格や腕力に関わらない安定したロングキャスタビリティをもたらしています。

 

【シャローフリーク F-10.5g】と比較すると、こんな感じ。

より全長のある構造とすることで、飛行中の整流効果を付与するデザイン。

 

従来の【シャローフリーク】で時々感じていた「あれっ?今のキャスト、思ってたより飛ばなかった…?」の原因、球体後方に出来る空気の巻き込み抵抗を極力軽減することで、後半により伸びのあるキャストフィールを体感していただけるようになっています。

 

そして、回収が億劫になるほどのロングキャストともなれば、当然糸絡みは厳禁。

 

シャフトはフロート内部にスイベル構造を有するローリング仕様。

 

アイ部は溶接仕上げとし、糸絡みを徹底的に排除しています。

 
 

【シャローフリーク・エクスパンダ】のもうひとつの大きな特徴、それが『残浮力調整機構』です。

 

シャフトの付け根に任意のウェイトを着脱することで、既定の浮力を状況に合わせてカスタマイズ。

 

例えば 0.6gの浮力を有するF-17.8g に、0.6gのウェイトを追加することで、浮力0のフロートを創り出すことが出来る、というものです。

 

【シャローフリーク】【シャローフリーク ダイブ】へ付け替えていた手間を省き よりスピーディに状況に、そのうえ、『入りそうで入りきれないあのレンジに、スっと収まる絶妙な浮力調整』までもが可能となります。

 

この【シャローフリーク・エクスパンダ】は、

F-17.8g(残浮力:0.6g)

D-19.0g(残浮力:-0.6g)

の2規格と、残浮力調整用の専用ウェイト(別売)というラインナップでのリリースを予定しています。

 

今まで届かなかった遥か沖合、そしてレンジを攻略可能にする、『expandability(=拡張性)』の名に恥じぬパフォーマンスを是非とも体感していただきたいと思います。

 
 

Shallow Freak Petit[シャローフリーク プチ]

 

こちらも、【シャローフリーク・エクスパンダ】と同じく、藤原真一郎氏考案のシャローフリークシリーズの追加ラインナップのひとつ。

 

従来の【シャローフリーク F-7.5g】の更にライトユースをカバーする、その名の通りのプチフロートです。

 

本体重量は3.3g。

 

いわゆるジグ単ロッドでも十分に扱うことができるウェイトなので、ジグヘッドの釣りからそのまま、フロートの釣りに移行することが出来ます。

 

ハリス止めを採用した本製品。

 

本来のFシステムはもちろん、ジグヘッドリグでの釣りの最中に、リーダーに後付けすることで簡易Fシステムに素早く移行できる、というのが最大の強みです。

 

リーダーの目安は3lb前後。

 

4lbを使用すれば、プチを取り外してジグヘッドリグに戻した際の強度にも余裕を持てるので、様子見として投入する場合には、このあたりの太さがオススメです。

 

本体の残浮力は0.3gなので、1gのジグヘッドリグと組み合わせると、-0.7g。

 

フロート本体の体積の抵抗と相まって、0.7gジグヘッドリグよりもよりスローなフォール、アクションが可能となります。

 

もちろん、0.3g以下のウェイトを組み合わせて、水面直下を超スローに誘ったりと、従来のFシステム同様に幅広い演出が可能ですので、是非いろいろな状況で投入してみていただきたいと思います。

 

なお、この【シャローフリーク・プチ】には、本体上部に「ケミホタル20」が装着可能なケミホールが設けられています。

 

着水点、トレースコースの視認がしやすく、また浮かせて使う際には、アタリがケミホタルの動きに現れるので、初めて使う方はオススメです。

 

初心者からエキスパートまで、「とりあえずプチがあればもう少しなんとかなる…」なシチュエーションは、きっと多いはず。

いつもジグヘッドリグで釣りが成立している「あのポイント」での、すこし違った角度からのアプローチ、試してみていただければと思います。

 
 

以上、言わずと知れたライトゲームフロート【シャローフリーク】の新展開についてのご案内でした。

 

シャローフリーク・プチは丁度出荷がスタート!

シャローフリーク・エクスパンダは少し遅れて1月末頃の初回出荷を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月30日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR