FLOAT

今年も開幕!関門アコウゲーム!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今年もいよいよ、私のホームである関門ロックゲームが開幕しましたので、レポートしたいと思います。

 
 

実は、4月初旬から、ちょこちょこと釣行を重ねている今年の関門ロック。

 

例年通りの展開であれば、関門海峡(北九州側)→関門海峡(下関側)→下関市内~山陰と、季節の進行と共に北上しつつ魚を追いかけるのですが、今年は調査目的も兼ねた関門海峡(下関側)からのスタートとしました。

 

リグはテキサスリグ。

 

釣行初日はまだ、ロックフィッシュには少し早いイメージのある4月。

ショアに寄っている魚も少なく、その活性も低いだろうと予想し、なるべく軽いウェイトを中心に釣行を重ねました。

 

メインで使用したのは、【Re:バレット ナツメ 18g】 + 【Ar.Hook ロッキンロー #1】

 

関門海峡としては比較的ライトなセッティングで、しっかり食い込ませる狙いです。

 

関門海峡の下関側は、比較的護岸整備が進んでいるためポイント」に乏しく、「波止周辺の基礎狙い」と、「沖の沈み根狙い」を主に釣りを展開します。

 

特に基礎周りは複雑に石が積まれており根魚達のストック量も多い為、丹念に探っていくことが重要です。

 

例年の実績で言うと、4月は大型狙いに期待が持てる分、ハズせばボウズ…という感じ。

当日もやはり魚影は薄く、釣行を重ねてもボウズやカサゴのみの日が続きました。

 

季節は進んで6月。

 

各ポイントでは次第ベイトを見かけるようになり、「そろそろ良さそう」な雰囲気ですが…。

 

潮通しの良い波止先端周り。

 

その沖合の沈み根。

 

波止の基礎周り。

 

足元のシェード。

 

撃てども撃てども根魚からの反応は無く、日は高々…。

 

周りの釣り人も帰りだす始末です。

 

しかし私はそれをチャンスと捉え、波止の基礎撃ちランガンを開始♪

 

キャストするのは基礎のあるちょい沖に絞り、撃っては歩きを繰り返します。

潮流の変化に合わせてウェイトも小まめに変えつつ、基礎周りを丁寧に根気よく撃ち続けると、やがて「ゴンッ!!」という明確なバイト!!

 

しっかりフッキングも決めて、念願の令和初アコウをGET♪

 

この一尾を皮切りに、地磯でのアコウと、ヒラメもキャッチ出来ました。

 

今季の釣行では、新発売の【扇クロー 2.8&3.4inch】【岩礁ウオ 3.6inch】【捲ナゴ 3.6inch】をメインで使用しています。

 

このワーム達は甲殻類フレーバーを配合し、臭いでものすごくアピールしてくれます。

各種特徴が違うので、使い分けると良い釣果に繋がると思います。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション C88XH”ロックショアスピン”[アルカジックジャパン]

       ブラックスター ハード B72MHX[ゼスタ]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・スーパーブレイド5  1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC 20lb[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+扇クロー2.8inch or 3.4inch岩礁ウオ 3.6inch捲ナゴ 3.6inch[アルカジックジャパン]、ロックマックス 3inch [エコギア] など

 
2019年07月30日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート3~

暦もいよいよ12月になろうかという本日。

 

「2018秋~冬」と銘打ったのは別のこの為の予防線というわけでもないのですが、やっとこさのパート3をお届けしたいと思います。

 
 

Shallow Freak Expanda[シャローフリーク エクスパンダ]

 

全国のシャローフリーカー待望の、シャローフリーク追加ラインアップです。

 

Fシステム考案者:藤原真一郎氏がテストを重ね、さらなるキャスタビリティと、レンジ攻略性能を獲得した、Fシステムの領域を更に拡張するエキスパートフロートとなっています。

 
 

まず体感していただきたいのは、その飛行性能。

 

「スコーッン!!」と、迷いなく真っ直ぐに飛んでくその飛行姿勢が、アングラーの体格や腕力に関わらない安定したロングキャスタビリティをもたらしています。

 

【シャローフリーク F-10.5g】と比較すると、こんな感じ。

より全長のある構造とすることで、飛行中の整流効果を付与するデザイン。

 

従来の【シャローフリーク】で時々感じていた「あれっ?今のキャスト、思ってたより飛ばなかった…?」の原因、球体後方に出来る空気の巻き込み抵抗を極力軽減することで、後半により伸びのあるキャストフィールを体感していただけるようになっています。

 

そして、回収が億劫になるほどのロングキャストともなれば、当然糸絡みは厳禁。

 

シャフトはフロート内部にスイベル構造を有するローリング仕様。

 

アイ部は溶接仕上げとし、糸絡みを徹底的に排除しています。

 
 

【シャローフリーク・エクスパンダ】のもうひとつの大きな特徴、それが『残浮力調整機構』です。

 

シャフトの付け根に任意のウェイトを着脱することで、既定の浮力を状況に合わせてカスタマイズ。

 

例えば 0.6gの浮力を有するF-17.8g に、0.6gのウェイトを追加することで、浮力0のフロートを創り出すことが出来る、というものです。

 

【シャローフリーク】【シャローフリーク ダイブ】へ付け替えていた手間を省き よりスピーディに状況に、そのうえ、『入りそうで入りきれないあのレンジに、スっと収まる絶妙な浮力調整』までもが可能となります。

 

この【シャローフリーク・エクスパンダ】は、

F-17.8g(残浮力:0.6g)

D-19.0g(残浮力:-0.6g)

の2規格と、残浮力調整用の専用ウェイト(別売)というラインナップでのリリースを予定しています。

 

今まで届かなかった遥か沖合、そしてレンジを攻略可能にする、『expandability(=拡張性)』の名に恥じぬパフォーマンスを是非とも体感していただきたいと思います。

 
 

Shallow Freak Petit[シャローフリーク プチ]

 

こちらも、【シャローフリーク・エクスパンダ】と同じく、藤原真一郎氏考案のシャローフリークシリーズの追加ラインナップのひとつ。

 

従来の【シャローフリーク F-7.5g】の更にライトユースをカバーする、その名の通りのプチフロートです。

 

本体重量は3.3g。

 

いわゆるジグ単ロッドでも十分に扱うことができるウェイトなので、ジグヘッドの釣りからそのまま、フロートの釣りに移行することが出来ます。

 

ハリス止めを採用した本製品。

 

本来のFシステムはもちろん、ジグヘッドリグでの釣りの最中に、リーダーに後付けすることで簡易Fシステムに素早く移行できる、というのが最大の強みです。

 

リーダーの目安は3lb前後。

 

4lbを使用すれば、プチを取り外してジグヘッドリグに戻した際の強度にも余裕を持てるので、様子見として投入する場合には、このあたりの太さがオススメです。

 

本体の残浮力は0.3gなので、1gのジグヘッドリグと組み合わせると、-0.7g。

 

フロート本体の体積の抵抗と相まって、0.7gジグヘッドリグよりもよりスローなフォール、アクションが可能となります。

 

もちろん、0.3g以下のウェイトを組み合わせて、水面直下を超スローに誘ったりと、従来のFシステム同様に幅広い演出が可能ですので、是非いろいろな状況で投入してみていただきたいと思います。

 

なお、この【シャローフリーク・プチ】には、本体上部に「ケミホタル20」が装着可能なケミホールが設けられています。

 

着水点、トレースコースの視認がしやすく、また浮かせて使う際には、アタリがケミホタルの動きに現れるので、初めて使う方はオススメです。

 

初心者からエキスパートまで、「とりあえずプチがあればもう少しなんとかなる…」なシチュエーションは、きっと多いはず。

いつもジグヘッドリグで釣りが成立している「あのポイント」での、すこし違った角度からのアプローチ、試してみていただければと思います。

 
 

以上、言わずと知れたライトゲームフロート【シャローフリーク】の新展開についてのご案内でした。

 

シャローフリーク・プチは丁度出荷がスタート!

シャローフリーク・エクスパンダは少し遅れて1月末頃の初回出荷を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月30日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート2~

先日のパート1に引き続き、本日はパート2!

先日のターミナルタックルシリーズから一転、お馴染みのワーム、小物類から色々と追加になったニューラインナップのご紹介です!

 
 

海ゲラ1.2inch & 艶じゃこ1.8inch アソートパック

弊社オリジナルワーム『海ゲラ』『艶じゃこ』が誇る全18色のカラーラインナップから、選りすぐりの6色を一まとめにしたアソートパックです。

 

その内訳は以下の通りです。

 

・表層アミパターンに最適!「あみだんご」(クリアー×赤ラメ)

・グローラメが妖しくアジを誘う!「夜光虫」(クリアー×グローラメ)

・マヅメ・デイゲームに効くケイムラ!「海ほたる」(ケイムラクリアー×青ラメ)

・濁りに効くハイアピールカラー!「チャートラメ」(クリアチャート×シルバーラメ)

・『オキアミ』でおなじみの鉄板カラー!「アミフレーク」(クリアブラウン×グローラメ)

・常夜灯下から闇夜まで、万能シルエットカラー!「パールホワイト」(ソリッドカラー)

 

全国的に高い人気と実績を誇るクリア系カラ―を中心に、ソリッド系カラ―とハイアピールカラーも交えて構成されたレパートリィ。

 

傾向の解らない初場所や、荷物が制限される旅先へのお供にジャストフィットなアイテムとなっております。

 
 

Ar.Caro Free Thinker Starter Set [Ar.キャロ フリーシンカー スターターセット]

「Starter Set」の青いラベルが目印の、フリーシンカー追加規格です。

 

『Mini』『Basic』の2サイズそれぞれから、

「シンキングモデル(シャローモデル)」と、

「ファストシンキングモデル(ディープモデル)」のセッティングを予め施した、ウェイトインモデルとしてリリースされます。

現場で、パッケージから取り出してそのまま使えるこのスターターセットは、キャロ初心者にはもちろん、

 

「キャロが要るかどうかわからないけど、キャロBOX一つ持っていくのは大掛かり過ぎる…」

 

と、そんなラン&ガン嗜好のアングラーにも携行してもらいやすいモデルなんです。

ウェイト付きでお得、というのも地味に高ポイント…。

 

お手持ちのタックル、あるいはエリアに合わせた規格をひとつバッグに忍ばせておくと、いざという時にきっと活躍してくれると思います。

 
 

Re:Bullet NATSUME Value Pack [Re:バレット ナツメ バリューパック]

 

北は本場東北のロックシーンから、南は九州のハタゲームまで、発売直後より多くのアングラーから好評をいただいておりますロックフィッシュ用バレットシンカー『Re:バレット ナツメ』に、コアアングラー待望のバリューパックが登場!!

 

特に使用頻度の高い規格を中心としたラインナップ(14~32g)で、全規格共通の10個入りという安心の大容量パック。

 

通常パック換算だと約11個分の価格というリーズナブルさは、消耗の激しいロックフィッシュゲームでは、なによりも強い味方となってくれるでしょう。

 

しっかりとしたブリスターパッケージを採用しているため、そのままタックルボックスやバッグにも入れられる点もまたGOOD!!

 
 

以上3シリーズ、計12アイテム。

 

何れも高実績、即戦力間違いなしの追加ラインナップ群を是非引っ提げて、今シーズンを楽しんでいただければと思います!

 

海ゲラ&艶じゃこアソートパックと、フリーシンカーのスターターパックは既に出荷開始。

Re:バレット ナツメも、もう間もなくの出荷開始を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月20日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート1~

気が付けば、ライトゲームもとっくにシーズンイン。

いろいろと企画は進行しているのですが、それにかまけてこちらの更新が疎かになっておりました…。(汗

 

というわけで、ここらでまとめて、この秋~冬にかけての新製品群を、いくつかに分けて紹介していきたいと思います。

 
 

Ar.All In Bag [Ar.オールインバッグ]

 

その名の通り、「ひょっとしたら必要な場面があるかも…?」なアイテム全部詰められる、大容量フィッシングバッグです。

 

ワームやフロートなどのライトゲームアイテムはもちろん、ロックフィッシュアイテムや、終いにはエギまで!?

 

広々としたメインスペース壁面には4つのポケットを仕切り、大小のフロントポケットと併せて機能的かつ整然とした収納が可能です。

ずれにくい大型のウェストベルトのほか、ショルダーベルトを標準装備。

 

例えば、腰巻き式の救命具ならショルダースタイル。

非インフレータブルのフローティングベストならウェストスタイルなど、好みに合わせてアレンジできる仕様となっております。

 

個人的なイチオシポイントは、このプライヤーホルダー

 

従来品にあたる『ウェスト&ショルダーバッグⅡ』のホルダーから若干設計を変更しています。

「プライヤーの着脱をベルトが邪魔しない」という、ただそれだけのことですが、例えば、「貴重な時合いに、やっかいな掛かり方をしたフックをハズさないといけない時」などには、その差の大きさを感じていただけるのではないかと思います。

 

同じくストレスフリーに貢献する設計変更としては、フロントポケットの開口形式の変更。

 

全ファスナーに標準装備のジップタブと相まって、厳寒期でも開閉&出し入れが容易です。

 

磯場での使用なども視野に入れ、ドリンクホルダーも装備。

 

定番のブラック(ブラック×ブルー)のほかに、

 

カジュアルな グレー×ピンク と、

 

COOLな ネイビー×ライム。

 

タウンユースにも応える2色を併せた、全3色のラインナップでの展開となります。

防波堤ランガンスタイルのアジング&メバリングはもちろん、小磯周りでのロックフィッシュゲームなどで、是非使っていただきたいと思います!

 
 

Ar.LG Grip [Ar.LGグリップ]

 

いわゆるフィッシュグリップです。

 

ちなみに「LG」は、「Lihgt Game」の意。

 

手を汚したり、傷つけたりせず、簡単安全に魚を掴むことが出来る、ライトゲームの必需品です。

 

握り易さと、掴み易さの両立を追究したデザイン。

 

密に歯を持つ細身なデザインの刃先は、ターゲットの大小に関わらないグリップ力を発揮します。

 

グリップ後部には、ワンタッチで開閉できるロック機構を採用。

収納・携行を妨げず、かつスピーディに使用することが出来ます。

 

凸凹加工のグリップ部は、濡れた手やグローブ越しでも握りやすさと疲労軽減に寄与しています。

 

カラーラインナップは、定番のブラックのほか、モスグリーンキャメルブラウンの3色。

ワタクシごとですが、アジの撮影時にはキャメルブラウンを使うと、白飛びしにくいので気に入っています。

 
 

とこんな感じで、まずはターミナルタックルの紹介となりました。

 

上記2アイテムは、いずれも初回出荷が開始しておりますので、お近くの販売店様でもご覧いただけるかと思います。

店頭でお見かけの際は是非、手に取ってみていただきたいと思います。

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月15日

技アリ!!フォローショットでのメバル攻略!!

日を追うごとに暖かさを増してきている今日この頃。季節はすっかり春ですね。

春といえば春告魚、そぅ今回のテーマはメバルです。

 

クリクリっとした愛くるしい瞳!

造形美すら感じるカッコいいボディ!!

ファイトはパワフル!!!

 

ソフト・ハード問わずルアーに好反応な、この時期のライトゲームのメインターゲットです。

 

さて様々なルアーで狙えるメバルですが、裏を返せば適材適所のリグ選択、アプローチ方法が必要であるとも言えます。

 

そこで今回私がご紹介したいのが『フォローショット』

樹脂製のシンキングフロートであるこの『フォローショット』を、【スプリットショットリグ】の要領で固定した中間分離リグです。

 

『フォローショット』「キャストアシスト」「フォールセーバー」の役割を担い、中・近距離でのメバル攻略において、私にとっては欠かすことのできないアイテムです。

 

例えば港湾部に位置する一般的な漁港でメバルを狙う場合、メバルは船影や係留ロープ等に身を寄せていることが多いのですが、そういう状況のメバルはトレースコースやレンジ、スピード等に意外とシビアな場合が多いです。

1.0~1.5gのJH単体で届く距離だけど、そのウェイトではスピードが速すぎて食ってこない。

かと言って極軽量のJHでは飛距離やキャストの正確性に難がある。

そういうシチュエーション、よくありますよね。

 

こんな時は『フォローショット』の出番です。

JHの重さはそのままにフォローショットでフォールスピードをコントロールして誘ったり…。

軽量JHと組み合わせ、飛距離とキャストの精度を上げつつ、よりスローに誘う…。

 

どちらも非常に有効です。

 

軽量JHとの組み合わせでは操作感も増しますし、水受けも良くなるので、流れに乗せドリフトで送り込んで誘う、なんてことも可能です。

 

またレンジ攻略においても、表層~水面直下はフォローショットの得意とするところですし、中層やより深いレンジまで送り込んでのスローな誘いも全然アリです。

 

また深めのレンジまで早く送り込みたい、速めのアクションでも食ってくる、そのような状況であれば『スプリットシンカー』『スプリットシンカースリム』に変更するのですが、これらのリグ変更はものすごく簡単で着脱・交換がワンタッチ、『スプリットストッパー』に差し替えるだけ。

       

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて声を大にして言いたくなります。

 

「着脱・交換、めっちゃ楽!!」

 

日中のサイトフィッシングでも活躍してくれるリグですので、動きの確認も兼ねて試して頂けたら、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、状況に合わせて様々なリグでターゲットにアプローチしていくことこそライトゲームの醍醐味であり、釣果への近道であると私は考えます。

他のリグ同様、フォローショットだけあれば完全無欠、とはならないのがライトゲームの面白いところですが、きっとお役に立つシチュエーションがあると思いますので、ぜひ試して頂ければ幸いです。

   
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年04月16日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR