FLOAT

シーズン真っ只中! 関門エリアのロックフィッシュゲーム!!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今回は、私のホーム・下関のロックフィッシュゲームを紹介させていただこうと思います。

 
 

こちら下関には、全国的にも有名な『関門海峡』があり、その潮流が育む周辺のフィールドには様々な魚が居て、日夜釣り人を楽しませてくれます。

 

そんな釣りモノ豊かな関門エリアの中でも、最近特に人気が出ているのがアコウ(キジハタ)カサゴといったロックフィッシュです。

 

その釣期は早いポイントでは4月初旬から始まり、およそ10月半ばくらいまで狙える(カサゴは通年)為、それ専門で狙っているアングラーもいる程です。

 

例に漏れず私も、3月末より、ボチボチとポイントに足を運びアコウを狙っていました。

 

使用するリグは『Re:バレット ナツメ』『Ar.Hook ロッキンロー』【テキサスリグ】です。

 

メインウェイトは21g前後。

 

このウェイトを中心に、流速やアコウの活性に合った適正なウエイトを見つけていきます。

 

基本的な狙いは、沖の根やショア沿いのハードボトム。

 

なかでも、流れの淀みが絡む所は、非常に有望なポイントです。

 

多くの場合は、ボトムを取り、リフトさせフォールさせるボトムノックを行います。

   

『Re:バレット ナツメ』は、ブラス製の為、スローなフォールを演じる事が出来ますし、鏡面加工してある為、フラッシング効果で魚にアピールを自ずとしてくれる為、本当にありがたい。

 

こうしたボトムに絡めたシチュエーションではホッグ系のワームを使い、主食と思われる甲殻類に見たてて口を使わせます。

アコウもカサゴも、ロックフィッシュ特有の強烈な引きで楽しませてくれます。

 
 

アコウについては、巻きの釣りによく反応することもあります。

 

一言に「巻き」と言っても、ボトムを取りそのままボトム付近をスイミングさせてみたり、リフトさせてスイミングさせてみたりと、狙い方は様々。

 

「巻き」の誘いの際には、『Arブレード コイルスピン』を装着するのも効果的。

 

その時のメインのベイトを予想し、それに当て嵌めた釣りを展開していくと出会う確率は更に高くなっていきます。

 

そして、出会ってからの楽しみは・・・やっぱりあの強烈な引き♪

 

餌を咥え、巣穴へ戻ろうとするアコウと、人とのパワーファイト。

   

これはまた、格別です。

   

そして、信頼の強度で、やりとりを心から楽しませてくれるのが『Ar.Hook ロッキンロー』

 

エクストラヘビーワイヤーを使用したクエ針ベースのオフセットフックです。

 

アイにはコイルキーパーが装着してあり、ワームをがっちりホールド。

ワームの切れやズレを劇的に軽減してくれるのが、これまたありがたい。

 

私は、関門海峡~旧下関市内では#1~#2/0を多用します。

 

フックサイズも中々重要ですので、乗りが悪い場合やショートバイトが続く場合は、違うサイズを試してみることをお勧めします。

 

勿論、クエ針がベースですので、クエとのパワーファイトにも全く動じません(笑)

 

これからが本番のロックフィッシュゲーム、暑さとの戦いにもなると思いますが、更に楽しんでいきたいと思います。

 
 

【使用タックルデータ】

 

★パワータックル

●ロッド・・・HRF KJ711HB[グローブライド]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.5号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~32g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+ダブルモーション 3.6inch [エバーグリーン]、藻蝦 3inch、BeTanCoカーリーテイル 3inch [ベイトブレス] など

 

★ミドルウェイトタックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSC-T82 “ゲームファインダー”[エバーグリーン]

●リール・・・モラム ZX1601C MAG[Abu Garcia]

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 14~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+バグアンツ 3inch、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 
2018年06月27日

身近なポイントで釣果を引き出す 新感覚フロートアジング

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの木下彰です。

 

今回は【フロートアジング】

それも『今までのフロートアジングとは一風変わったアプローチ』について、紹介させていただこうと思います。

 
 

初春から晩春へと季節が移り変わり、良型のアジの回遊が見られる頃になると、波止には釣り人が溢れ、なかなかお目当てのポイントに入ることが難しくなります。

釣果等の情報が簡単に手に入る様になった昨今、なかなか自分だけの「竿抜けポイント」を探し出すことは難しくなってきているのではないでしょうか。

 

そんな時にお勧めなのが、『ぶっ飛びロッカーⅡ』と、1~1.5g程度のジグヘッドを組み合わせた【フロートリグ】によるポイント開拓です。

 

『ぶっ飛びロッカーⅡ』を使用した【フロートリグ】は、主に軽量ジグヘッドと組み合わせて表層に浮いたターゲットをスローに狙うリグです。

 

しかし、1.5gと高い残浮力が設定されているHFタイプ(ハイフロートタイプ)は、ジグヘッドのウェイトを調整する事で、表層だけでなくボトムまでを隈無く攻めることが可能となります。

 

基本的な動かし方は、フロートを極力手前に引っ張らない様に注意しながらのリフト&フォール。

 

フォール中にフリーで落とせば、そのまま上下に誘う縦の釣り。

テンションをかければフロートをフォールセーバーとして使用した極スローなテンションフォールを演出できます。

またある程度の流れがあれば、1.5g以上のジグヘッドをセットしてもフロートを沈めることなく深場をドリフトさせるなんてことも可能です。

 

狙うポイントは磯場や砂利浜等で、水深は2mもあれば十分。

 

岬の先端部などの潮通しの良い場所も良いのですが、岬より少し内側にある、切れた藻が溜まっては流れてを繰り返す様な、潮が緩やかに流れるシャローなエリアもオススメ。

一見アジが入ってきそうにないポイントですが、日中のアジは基本ベイトについて移動することが多く、まさかこんな所に、と思うような場所に溜まっている事もありますので、足を使って様々なポイントを積極的に撃っていく事が釣果に繋がります。

 

また水温の上昇と共に藻が切れ始めると、スプリットやキャロでは浮き藻を拾って釣りにならないといった状況になりますが、フロートリグであればラインメンディングを行うことで何とか手前の浮き藻をかわしながらボトムまでワームを届けることも可能となります。

 

フロートリグ特有の横移動の距離を抑えた上下の誘いというのは、他のリグでは演出しづらく、ジグヘッドやスプリットで攻めてもあまり反応がない様なシチュエーションでもフロートリグなら連続ヒット、なんて状況に遭遇することがあります。

あまり釣れない人気のないポイントにも、フロートリグのアクションに高反応を示す魚がいるかもしれません。

 

正直、いつでも効果を発揮するリグというわけではありませんが、まさかこんなところで、という様なポイントを積極的に攻めてみることが、自分だけの竿抜けポイント開拓に繋がるのではないでしょうか。

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーション PSSS-74S “BBヒットマン”[エバーグリーン]

●リール・・・14ステラ C2500HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号 [アルカジックジャパン]

●メインリーダー・・・バスザイルマジックハードR 8lb [エバーグリーン]

●サブリーダー・・・バスザイルマジックハードR 4lb [エバーグリーン]

●フロートリグ・・・ぶっ飛びロッカーⅡ LL-HF [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.6g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年05月21日

技アリ!!フォローショットでのメバル攻略!!

日を追うごとに暖かさを増してきている今日この頃。季節はすっかり春ですね。

春といえば春告魚、そぅ今回のテーマはメバルです。

 

クリクリっとした愛くるしい瞳!

造形美すら感じるカッコいいボディ!!

ファイトはパワフル!!!

 

ソフト・ハード問わずルアーに好反応な、この時期のライトゲームのメインターゲットです。

 

さて様々なルアーで狙えるメバルですが、裏を返せば適材適所のリグ選択、アプローチ方法が必要であるとも言えます。

 

そこで今回私がご紹介したいのが『フォローショット』

樹脂製のシンキングフロートであるこの『フォローショット』を、【スプリットショットリグ】の要領で固定した中間分離リグです。

 

『フォローショット』「キャストアシスト」「フォールセーバー」の役割を担い、中・近距離でのメバル攻略において、私にとっては欠かすことのできないアイテムです。

 

例えば港湾部に位置する一般的な漁港でメバルを狙う場合、メバルは船影や係留ロープ等に身を寄せていることが多いのですが、そういう状況のメバルはトレースコースやレンジ、スピード等に意外とシビアな場合が多いです。

1.0~1.5gのJH単体で届く距離だけど、そのウェイトではスピードが速すぎて食ってこない。

かと言って極軽量のJHでは飛距離やキャストの正確性に難がある。

そういうシチュエーション、よくありますよね。

 

こんな時は『フォローショット』の出番です。

JHの重さはそのままにフォローショットでフォールスピードをコントロールして誘ったり…。

軽量JHと組み合わせ、飛距離とキャストの精度を上げつつ、よりスローに誘う…。

 

どちらも非常に有効です。

 

軽量JHとの組み合わせでは操作感も増しますし、水受けも良くなるので、流れに乗せドリフトで送り込んで誘う、なんてことも可能です。

 

またレンジ攻略においても、表層~水面直下はフォローショットの得意とするところですし、中層やより深いレンジまで送り込んでのスローな誘いも全然アリです。

 

また深めのレンジまで早く送り込みたい、速めのアクションでも食ってくる、そのような状況であれば『スプリットシンカー』『スプリットシンカースリム』に変更するのですが、これらのリグ変更はものすごく簡単で着脱・交換がワンタッチ、『スプリットストッパー』に差し替えるだけ。

       

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて声を大にして言いたくなります。

 

「着脱・交換、めっちゃ楽!!」

 

日中のサイトフィッシングでも活躍してくれるリグですので、動きの確認も兼ねて試して頂けたら、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、状況に合わせて様々なリグでターゲットにアプローチしていくことこそライトゲームの醍醐味であり、釣果への近道であると私は考えます。

他のリグ同様、フォローショットだけあれば完全無欠、とはならないのがライトゲームの面白いところですが、きっとお役に立つシチュエーションがあると思いますので、ぜひ試して頂ければ幸いです。

   
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年04月16日

2018年・春の新商品紹介

暦は4月。

 

桜の季節も過ぎ去り、新緑が映える今日この頃。

 

弊社ブランドスタッフをはじめ、各地から、春の大漁祭開催中との報せをいただいておりますw

弊社製品たちが、そんな釣果の一助となれていることを、改めて誇らしく感じる次第です。

   

さて本日は、各地のフィッシングショーもひと段落し、その間棚上げとなっておりました2018年の新商品のご紹介を、今漸くにご案内したいと思います。

 
 

Ar.Head MultiRock[Ar.ヘッド マルチロック]

 

『マルチアイ』という、シンプルかつ機能的な拡張性を備えたジグヘッド。

上下対称にデザインされたヘッドとアイを持つこのジグヘッドは、対象魚やその状況に応じて、フックの向きを変更したり、アシストフックやブレードを追加したりと、その機能をアレンジすることが可能です。

 

アジやメバルはもちろんのこと、カマスやカサゴ、クロダイなど、実に多くのターゲットに対応することの出来る、マルチスタンダードな存在です。

 
 

尺獲ムシ[しゃくとりむし] 2.6inch & 3.4inch

 

「尺超え」を本気で狙う…。

 

ライトゲームで最も使用頻度の高いストレートワームの基本的な形状を抑えながらも、比類無い存在感を放つロングワームです­。

 

深く掘られたボリューム感溢れるリブボディと、繊細なピンテールという、一見アンバランスにも見えるこのボディ形状は、エラストマー素材の持つ柔軟性・浮力と相まって、極めて理想的な姿勢を維持したままスローフォールし、強烈にターゲットを誘引します。

 

汎用性の高い2.6インチと、大型狙いの3.4インチの2サイズ。

全10色のカラーラインナップで、多様なエリア、状況に対応できる、海ゲラ、艶じゃこいずれとも違う新たなルアーレパートリーとして、重宝する存在となること間違いなしです。

 
 

INSPIRATION[インスピレーション]

 

コンセプトは”リグ本位”…。

 

満を持しての登場となる、ライトゲームロッドシリーズ『インスピレーション』

 

このシリーズは、ライトゲーム4大リグと呼ばれる、

「ジグヘッドリグ」 「スプリットショットリグ」 「キャロライナリグ」 「フロートリグ」

の それぞれを扱う上で最良とされるセッティングを施した4アイテムから成るライトゲームロッドシリーズです。

 

ジグヘッドモデル : S63 the’Jack Upper’

スプリットショットモデル : S69 the’Split Seeker’

キャロライナモデル : S76 the’Free Thinker’

フロートモデル : S80 the’Shallow Freaker’

 

アルカジックジャパンがこれまで世に送り出してきた、ライトゲームアイテムそれぞれのポテンシャルを100%引き出すための、アイテム・リグ専用設計。

 

手に取ってもらえば、きっとそのコンセプトを直観として、感じていただけると思います。


 

以上、取り急ぎ概要ではありますが、今春以降の新製品についてのご案内でした。

 

なお、Ar.ヘッド マルチロック は先日、初回出荷が始まったところでございます。

大変有難いことに、初回生産分を上回る御注文数をいただいており、順次のご案内となりますが、店頭でお見かけの際は、是非手に取ってご覧くださいませ。

 

続く尺獲ムシ、インスピレーションに関しては、残念ながら量産がずれ込んでおり、正確なデリバリー時期についてはまだ確定しておりません…(汗

発売開始に向けてスタッフ一同対応してまいりますので、引き続きご期待くださいますようお願い致します!

 

※Ar.ヘッド マルチロック、尺獲ムシ の詳細情報は、【PRODUCTS】のページをご参照ください。

 インスピレーションについては、近日中に掲載予定ですので、今しばらくお待ちください。

   
2018年04月13日

九州発のツツイカ新戦略”S.L.Sゲーム”!!

 

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

玄界灘に風雪伴う冬将軍が訪れる季節になると、毎年楽しみにしている釣りモノが最盛期を迎えます。

 

いわゆるツツイカと呼ばれるイカたちがそのターゲットなのですが、今回は、私が提唱している新たなツツイカゲーム『S.L.S(ショアライトスッテ)ゲーム』についてご紹介させていただこうと思います。

 
 

S.L.Sゲームとは

 

ツツイカとは、ケンサキイカヤリイカスルメイカヒイカなどを総じて呼ぶ俗称なのですが、一般的には、餌まきスッテを使用したウキ仕掛けやエギングなどで狙うことの多いターゲットです。

 

ショアライトスッテゲーム(以下、S.L.S)とは、アジングやメバリングなどで使用される【スプリットショットリグ】【キャロライナリグ】【フロートリグ】などのいわゆる分離リグを用いたツツイカゲームです。

 

リグの構成は簡単

普段使用している分離リグのジグヘッド+ワームの部分を、ヒイカや船マルイカ釣りで使用される小型スッテに置き換えるだけです。

小型エギを用いて行われるライトエギングが、ライトゲームで言うところのジグ単だと思っていただければ、解りやすいかと思います。

 

飛距離、攻略スピード、ラインテンションの高さなど、分離リグの利点を駆使してツツイカを攻略するのが、S.L.Sゲーム最大の魅力と言えます。

 
 

S.L.Sゲームで私が主軸としているリグが、【キャロライナリグ】【スプリットショットリグ】です。

 

それぞれのリグの違いは、中間シンカー部分の体積にあり、同重量値でのフォールスピードの調整でリグを使い分けます。

 

例えば、ウエイト7g設定で

抱かせのスローフォールを重視するのなら【キャロライナリグ】

 

素早いフォールで手返しを重視するなら【スプリットショットリグ】

 

といった感じでセレクトします。

 

エギでいうところのシャロー、ノーマル、ディープなどのタイプによるフォールスピードの調整を中間シンカーのウエイトやリグの違いで行うイメージです。

 

また、S.L.Sと小型エギの使い分けとしては、近距離やボトム攻略ではエギ、中〜遠距離やディープゾーンの攻略をS.L.Sといった感じです。

正直、近距離やボトム付近での抱かせはエギのほうが有利で、そのようなシチュエーションでは、迷わず小型エギをセレクトするほうが懸命です。

 

S.L.Sでは、その飛距離、攻略スピード、ラインテンションの高さを活かせる、沖を回遊するイカの群れを攻略するシーンで活躍します。

ですから、使用するシンカーのウエイトは5g以上の設定で使用するケースが多く、それ以下で攻略できるシチュエーションではエギを使うといった感じです。

 

アプローチは、3~4回ほどリグを巻きジャクってからのテンションフォール(カーブフォール) が基本です。

イカはフォール中にリグを抱くことが大半なので、抱かせの間(フォールアクション)を演出することは必要なのですが、リグの沈下速度の早いS.L.Sゲームでは、おおよそ5~15秒ほどのフォールタイムを演出すれば十分な場合がほとんどで、同一レンジ内でのアクション&フォールを繰り返し、レンジを意識した釣りを行うことが重要です。

日頃、アジングなどでレンジを意識した分離リグのアプローチをされている方なら、そのままの釣法でOKですし、エギングを行ったことがある方ならシャクリとフォールの間が狭いエギングだと思っていただければ、素直にできるかと思います。

 
   

最後に、釣り場や釣期について。

 

ツツイカは地域やイカの種類によって、シーズンに大きな違いがあります。

 

私がこのゲームのホームとしている北部九州エリアでは、主な釣期は晩秋〜初春ですが、瀬戸内エリアでは晩春〜初秋がよかったりと地域差があります。

お住いの地域で、エギやウキ釣りでのツツイカの実績があれば、その最盛期となるシーズンに、このS.L.S ゲームを楽しむこともできると思います。

 

アジングやメバリングのタックルBOXの中に、小型スッテを忍ばせておけば、いつでもチャレンジできるゲームですので、ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 
 

【タックルデータ】

 

①スプリットショットリグ

●ロッド・・・ソルティーセンセーション PSSS-73T “ワイドレシーバー” [エバーグリーン]

●リール・・・バンキッシュ 2000S [シマノ]

●メインライン・・・Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号-150m [バリバス]

●メインリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-150~200cm [バリバス]

●サブリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks1.0号-30~60cmほど[バリバス]

スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 3.5~7.0g [アルカジックジャパン] + ユニットスイベル #12 [アルカジックジャパン] + ナオリーおっぱいスッテ WJ[ヤマシタ]など

 

②キャロライナリグ

●ロッド・・・Luxxe 宵姫EX S79MH-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ルビアス 2004 [グローブライド]

●メインライン・・・Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●メインリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.5号-150~200cm [バリバス]

●サブリーダー・・・ハードトップ Ti-nicks 1.2号-30~60cmほど [バリバス]

キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカー Basic 7.0~10.0g設定 [アルカジックジャパン] + ノットプロテクター 小 [アルカジックジャパン] +ユニットスイベル #10 [アルカジックジャパン] + ナオリーおっぱいスッテ WJ[ヤマシタ]など

 
2018年03月13日
1 / 2012345...1020...最後 »
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR