FLOAT

今年も開幕!関門アコウゲーム!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今年もいよいよ、私のホームである関門ロックゲームが開幕しましたので、レポートしたいと思います。

 
 

実は、4月初旬から、ちょこちょこと釣行を重ねている今年の関門ロック。

 

例年通りの展開であれば、関門海峡(北九州側)→関門海峡(下関側)→下関市内~山陰と、季節の進行と共に北上しつつ魚を追いかけるのですが、今年は調査目的も兼ねた関門海峡(下関側)からのスタートとしました。

 

リグはテキサスリグ。

 

釣行初日はまだ、ロックフィッシュには少し早いイメージのある4月。

ショアに寄っている魚も少なく、その活性も低いだろうと予想し、なるべく軽いウェイトを中心に釣行を重ねました。

 

メインで使用したのは、【Re:バレット ナツメ 18g】 + 【Ar.Hook ロッキンロー #1】

 

関門海峡としては比較的ライトなセッティングで、しっかり食い込ませる狙いです。

 

関門海峡の下関側は、比較的護岸整備が進んでいるためポイント」に乏しく、「波止周辺の基礎狙い」と、「沖の沈み根狙い」を主に釣りを展開します。

 

特に基礎周りは複雑に石が積まれており根魚達のストック量も多い為、丹念に探っていくことが重要です。

 

例年の実績で言うと、4月は大型狙いに期待が持てる分、ハズせばボウズ…という感じ。

当日もやはり魚影は薄く、釣行を重ねてもボウズやカサゴのみの日が続きました。

 

季節は進んで6月。

 

各ポイントでは次第ベイトを見かけるようになり、「そろそろ良さそう」な雰囲気ですが…。

 

潮通しの良い波止先端周り。

 

その沖合の沈み根。

 

波止の基礎周り。

 

足元のシェード。

 

撃てども撃てども根魚からの反応は無く、日は高々…。

 

周りの釣り人も帰りだす始末です。

 

しかし私はそれをチャンスと捉え、波止の基礎撃ちランガンを開始♪

 

キャストするのは基礎のあるちょい沖に絞り、撃っては歩きを繰り返します。

潮流の変化に合わせてウェイトも小まめに変えつつ、基礎周りを丁寧に根気よく撃ち続けると、やがて「ゴンッ!!」という明確なバイト!!

 

しっかりフッキングも決めて、念願の令和初アコウをGET♪

 

この一尾を皮切りに、地磯でのアコウと、ヒラメもキャッチ出来ました。

 

今季の釣行では、新発売の【扇クロー 2.8&3.4inch】【岩礁ウオ 3.6inch】【捲ナゴ 3.6inch】をメインで使用しています。

 

このワーム達は甲殻類フレーバーを配合し、臭いでものすごくアピールしてくれます。

各種特徴が違うので、使い分けると良い釣果に繋がると思います。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション C88XH”ロックショアスピン”[アルカジックジャパン]

       ブラックスター ハード B72MHX[ゼスタ]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・スーパーブレイド5  1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC 20lb[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+扇クロー2.8inch or 3.4inch岩礁ウオ 3.6inch捲ナゴ 3.6inch[アルカジックジャパン]、ロックマックス 3inch [エコギア] など

 
2019年07月30日

夏季休業に伴うお知らせ

平素は、Arukazik Japanホームページをご観覧いただき誠にありがとうございます。

夏季休業に伴い、令和1年08月10日(土)~令和1年08月18日(日)までの期間内、弊社業務のすべてを休業とさせていただきます。

 

つきましては、期間内すべての対応ができませんので予めご理解ください。

尚、期間内にインフォメーションよりお問い合わせ頂きましたメール等による応対に関しましては、翌営業日【令和1年08月19日(月)】以降のご返答となります。

 

※期間内の電話対応は致しておりません。予めご了承ください。

※お問い合わせの応対に関しましては、迅速な対応に努めますがご返答にお時間をいただく場合がございます。予めご理解ください。

※お問い合わせの内容によりましては、ご返答できない場合もございますので、ご了承ください。

※土曜日、日曜日、祝日などは弊社休業日となっております。休業日内のお問い合わせにつきましては、翌営業日以降の応対となりますので、ご了承ください。

※お客様のご利用環境によりましては、お問い合わせ並びにご返答ができない場合がございます。

※弊社営業稼働日数が7日以上経過してもご返答が無い場合は、改めてお電話にてお問い合わせ願います。

 

【弊社製品に関するお問い合わせ先】

●お電話によるお問い合わせ

株式会社キザクラ アルカジックジャパン

【TEL:0955-29-8177】

●書面等によるお問い合わせ

株式会社キザクラ アルカジックジャパン

【住所:〒848-0035 佐賀県伊万里市二里町大里乙3503 / FAX:0955-22-6716】

●電子メールによるお問い合わせ

HP内のコンタクトサイトよりお問い合わせ願います。

【アドレス://www.arukazik.com/contact

2019年07月29日

舞シュリンプで良型連発!本格シーズンインのライトブリームゲーム!!

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

 

梅雨入りを目前に、そろそろ『アフター回復のクロダイ』が狙えるではないかと河川に様子見に行って来ました。

産卵を終えたクロダイが、流れを求めて河川へ遡上し出すこの時期を境に、いよいよライトブリームゲームのハイシーズンが開幕します。

 

今回の釣行では、直前まで晴れの日が続き、河川の流量が低下していることが予想されました。

そのため、この状況でも「流れ」が期待できる河川をピックアップ。

なかでも中流域で川幅が狭まる様なポイントにエントリーしました。

 

日没前、干潮からの動き出しと夕マヅメが重なる時間帯からスタート!

の緩やかな流れの中を遡上するイナっ子も見当たり、釣れそうな雰囲気が漂います…。

 

使用するリグは、【BM.キール5.0g-#1/0】 +【舞シュリンプ 3.2inch】

 

瀬やガレの、「潮が当たる面」を特に念入りにチェックしていきます。

ガレにリグが差し掛かったらすぐにハズしたりはせず、引っ掛けつつシェイク。

移動距離を抑えて繰り返し誘っていると、コツンッっと繊細なバイト!

 

しっかりフッキングも決まり、幸先良くグッドサイズのクロダイを釣る事が出来ました!

 

手短に写真を撮りしっかり蘇生させてからリリース。

 

これからの時期、弱りやすい個体も多くなってくるので、フィッシュグリップやタモでエラに流れが当て、泳げるようにしっかりと回復させてからリリースしてあげて下さい。

 
 

その後潮が止まり、日も暮れ、いよいよ最高のタイミング!

 

と思っていたのですが、予想とは裏腹に中々上げ潮が効かずバイトが無い時間が続きます。

 

徐々に効きだした上げ潮の流れに、BM.キールのウエイトを7.0gに変更して対応しながら辛抱強く粘っていると「バイトかな?」というような違和感程度のアタリ。

 

再アプローチすると、やっぱり微妙なアタリがあるので、半信半疑でフッキング!

 

一瞬「エイかな?」と疑うほどトルクフルな引きを見せてくれたのは、歳なしサイズ!

 

再開後、今度はハッキリしたバイトを掛け、もう一枚追加し終了となりました。

 
 

今釣行では、BM.キール舞シュリンプ で全ての魚をキャッチ出来ました。

 

「魚が居るだろうピンスポット」を確実に攻略するための

 

・小さなロッドワークでもアクションしてくれるパーツがあること

・不必要に流されない細身なボディデザイン

 

を満たした舞シュリンプが、非常にマッチしました。

 

舞シュリンプのような細身のワームは流れに対して抵抗が少なく、比較的軽いウェイトのリグでもしっかりとボトムを捉えることが出来ます。

ボトムの質感も感知できるため「根掛かりしそうな場所」ではそれに備えることもできます。

 

そんな時は、今回のように、ワームのボリュームを意識することで対応できるかもしれませんので、是非試してみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-T84″マークスマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 5.0g-#1/0~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2019年06月05日

ゴールデンウィークに伴う休業のお知らせ

 

平素は、Arukazik Japanホームページをご観覧いただき誠にありがとうございます。

ゴールデンウィークに伴い、2019年04月28日(日)~2019年05月06日(月)、までの期間内、下記の通り営業させていただきます。

尚、サービス停止期間内にインフォメーションよりお問い合わせ頂きましたメール等による応対に関しましては、2019年05月07日(火)以降の返答になります。

 
※サービス停止期間内の電話対応は内容に関わらず致しておりません。予めご了承ください。
※お問い合わせの内容によりましては、通常営業対応期間内でも対応できない場合がございます。予めご理解ください。
※お問い合わせの内容によりましては、返答できない場合もございますのでご了承ください。
※土曜日、日曜日、祝日などは弊社休業日となっております。休業日内のお問い合わせにつきましては、翌営業日以降の対応となりますので、ご了承ください。
※お客様のご利用環境によりましては、お問い合わせ並びに返答ができない場合がございます。
※弊社営業稼働日数が7日以上経過しても返答が無い場合は、改めてお電話にてお問い合わせ願います。
 

【弊社製品に関するお問い合わせ先】

●お電話によるお問い合わせ

株式会社キザクラ アルカジックジャパン 【TEL:0955-29-8177(アルカジックジャパン専用回線)】

●書面等によるお問い合わせ

株式会社キザクラ アルカジックジャパン 【住所:〒848-0035 佐賀県伊万里市二里町大里乙3503 / FAX:0955-22-6716】

●電子メールによるお問い合わせ

HP内のコンタクトサイトよりお問い合わせ願います。 【アドレス://www.arukazik.com/contact
2019年04月16日

BRAND STAFF に新しい仲間が加わりました!

新元号の発表と共に、新たな年度がスタートしました。

 

新しい時代を迎えるにあたっての準備…といわれてもなかなかピンとくるものが少ないのですが、なぜかどことなく、いつもよりも晴れやかな心もちになる今日この頃です。

 
 

さて、そんなわけで本日は、本年度より新たに協力をいただくことになりましたブランドスタッフを紹介させていただきます。

 

羽田 泰 【YUTAKA HANEDA】

 

1984年生まれ 宮城県在住 ホームエリアは宮城県 牡鹿半島。 磯での釣りを得意とし、現場で培った経験値を活かして常にビックフィッシュを狙い続ける 実力派アングラー。 メバル、ロックフィッシュをメインターゲットとする一方で新たな魚種への取り組みも行い、自身の釣りを日々進化させようとする努力家。

 
 

この場での報告より一足先に、東北フィッシングショー会場でお会いされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ホームである宮城県を中心に精力的に活動を行う氏の釣技、ターゲットに関する見識には、卓越したものがあります。

今後の東北エリアでのますます活躍と、製品展開にご期待いただきたいと思います。

 
 

清水 千央 【YUKIHISA SHIMIZU】

 

1992年生まれ 広島県在住 海況や魚のコンディションを瞬時に見極める高い洞察力を持ち、平日の短時間釣行において も確実な釣果を叩きだす、しまなみ海道のアジングを知り尽くすスーパーロコ。 ロッドビルディングに関しても造詣が深く、日々の釣行の中で答え合わせをしながら、その探究を続けている。

 
 

 メバリングゲット2017優勝 の経歴を持つ、若き実力者。

 

日々の釣行で培った感性を、ロッドビルディングという手法でアウトプットし続ける清水氏にはもちろん、インスピレーションシリーズの展開に際して大いに活躍していただけるのではないかと思っています。

 
 

両名共に、アルカジックジャパンを今まで以上に盛り上げてくれる、エネルギー溢れるアングラーですので、今後の活躍をどうぞご期待ください!!

2019年04月09日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR