FLOAT

狙いは夢の50オーバー!!!!

みなさん、こんにちは。 季節の進行は早いもので・・・気が付けば、年明けから早一ヶ月を経過。 本日より暦は2月ですね。

ライトゲームのシーズンと言えば『真冬』というイメージが定着しておりますが・・・実際は、晩秋と春が全国的にみても最も盛んな釣期ではないでしょうか。

2月といえば、全国的にメバルは産卵直後のアフターシーズンにあたりますし、アジも沿岸部からは正直なかなか厳しい季節です。

こういってしまうと、現場から足が遠くなってしまいそうですが・・・それでも他のターゲットよりは釣果を期待できますし、シビアさを愉しむという意味では、腕の見せ所な季節がこの時期とも言えます。

もちろん地域によっては、大型のアジが狙えるシーズンに入ったり、アフターメバルが早くも好調になったり・・・と、一概には言えませんが【行かなければ釣れない】ということだけは確かでしょうね♪(笑)

弊社ブランドスタッフ達も各地で勢力的に活動中!! 本日は、BA髙橋氏より“早くも大型アジ接岸!!”との知らせが届いておりますので、そちらをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【狙いは、夢の50オーバー!!!!】

先月中頃。「そろそろかもね♪」と、離島への釣行を釣友と計画していた。

狙いはアジ。 それも40.0cm。いや45.0cmオーバー!!!! ・・・いやいや、夢は大きく!50.0cmオーバーの特大サイズのアジを狙いたい!!

私が活動する九州北部エリアは、全国的にみても季節の進行が早い地域。 特にアジに関しては、12月中頃から大型が期待できる季節にあたる。

昨年は、このタイミングで45.0cmの大型アジをキャッチしていたので、今年は更なるサイズアップを目標に、新年早々から現場へ足を運び、そのタイミングを待ち望んでいた。

釣行当日。 行きの船中では「こういう攻め方はどうだろうか。」「自分はこうアプローチしてみる。」「ベイトは入っているだろうか。」「本命のデカアジも入ってくるだろうか。」などなど、釣友と釣談義に花を咲かせ、期待と不安に胸躍るあっという間の船旅だった。

到着早々、まずは明るいうちにポイントの様子を伺う。

潮は良い感じに流れているし、風もそれほど気にならない。海面にはチラホラとベイトフィッシュの群れも目に入る・・・。

「どうだろうね?」と釣友に問いかけると、「どうでしょうね」と返事が返ってくるが、お互いに状況は悪くないと察しており、二人ともニヤリと笑みを浮かべて準備に取りかかった。

昨年までのパターンでは、朝夕マズメの僅かなタイミングが大型アジの時合い。表層付近のレンジを早いテンポで手返し良く釣ることが好釣果を上げる秘訣であったため、今回はジグヘッドリグを主に釣りを展開することにした。

夕日が傾き、空の色が変わり始めた頃、釣友に待望のファーストヒット。 しかし、期待とは裏腹に25.0cm前後の小ぶりなアジ。 自分にも同サイズがヒットするが、お互い後が続かない・・・。

通常なら「幸先のいいスタート!」と言えるサイズなのだが、この島のポテンシャルを知ってる以上は素直に喜べない。

『数も出ないし、型も小さい・・・。もしやタイミングを外してしまったのだろうか?』と、二人して顔を見合わせ首をかしげる。

一向に好転の兆しがみえない状況のまま、早くも夕日は島影に沈む。

不安な気持ちに陥りそうになったとき、何の前触れもなく「ズシリ」という独特の重みでロッドがしなった!!

時合い突入!丸々とした35.0cmのアジをキャッチ。 そこから一気に、祭りの様相を呈し始めた!

【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW 3.5g-#7】のジグヘッドリグで、表層からカウント5前後のレンジを早めのアクションで誘うとバイトが多発!!

躊躇なくゴリ巻きでキャッチし、時間を惜しむように即キャスト!この繰り返しでゲームを展開する。

時合いは決して長くはない。

出ました!40.0cmオーバー!!!「小さいな。」と感じるアジが尺サイズ。 「まあまあかな。」が35.0cm前後で、「コイツはそこそこあるんじゃない?」なんていうのが40.0cm前後という完全に感覚のマヒしたゲーム。

そんな贅沢な状況を楽しんでいると・・・「デカイ!!」釣友が声を上げる!

キツめに設定しているハズの彼のドラグを【ジーーーーッ!!!!】と音を響かせラインを引き出すさまは大型特有のサイン。 声にならない声を上げつつファイトする釣友に駆け寄り「丁寧にいこう!」と声をかけつつファイトを見守る。

ドタっとした音を立てて陸に上がったのは、47.0cmの超ビッグサイズだった。

釣友が仕留めた特大サイズ♪お互い満面の笑みでガッチリと握手を交わし、「次は自分だ!」とキャスト再開。

その後もアベレージ35.0cm前後、時折40.0cmオーバーといった感じでヒットが続くが、釣友のデカアジには敵わないまま時間は過ぎていく・・・。

次第にアジの活性も落ちついてきたのか、引っ手繰っるような明確なバイトは減り、ややセレクティブな状況に。

速いテンポのアクションの間に、意図的なフリーフォールを演出することで釣果を繋ぐ。

重量級ジグヘッドリグ炸裂!!スローなアプローチも視野に入れ、1.5gのジグヘッドリグやスプリットショットリグなども試したが、やはり3.5gのジグヘッドリグが一番状況に合っていたようで、アクション後の素早い瞬間的なフリーフォールアクションにリアクション気味に反応しているようだった。

結局、私はMAX41.0cm止まりであったが、大型のみでご覧の好釣果♪

贅沢過ぎる釣果贅沢をいえば、釣友のように45.0cmオーバーを釣りたかったが・・・まだ勝負は終わってはいない。 翌朝へと期待を込め、この日は早めに床に就いた。

翌朝、まだ夜が明けぬうちにポイントへと降り立った。 身体を慣らすようにキャストを繰り返し、時合いの到来を待つ。

東の空が次第に白み始め、隣で竿を振る釣友の表情がなんとか判断できるようになってきた。 「そろそろ・・・」とお互いに顔を見合わせた瞬間!ティップに重みが伝わる。

先手必勝でゴリゴリと巻き続け、あがってきたのは34.0cm!!!!

34.0cm「時合い到来か!」と、期待を込めてキャストを繰り返したのだが・・・前日のようなラッシュはなく、結局朝マズメは写真の2匹を追加しただけで、そのまま納竿となってしまった。

このサイズが狙える季節です。前日のレコードフィッシュにニコニコの釣友。 若干の悔しさを覚えつつも、次回のリベンジ釣行が楽しみになる贅沢な釣行となった。

ブランドアドバイザー 髙橋 大介

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・オリジナルのベイトフィネスロッド 8.3ft

●リール・・・小型ベイトリール

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・フロロカーボン 2.0号

【使用リグ】

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパーHW 3.5g-#7+ワーム 2~2.8インチ など

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA髙橋氏の釣行レポートでした。

【夢の50.0cmオーバー!!!!】

九州北部エリアでは、例年12月中頃~3月上旬くらいまで特大サイズのアジが狙えます!!

皆さんも夢の50.0cmオーバーを求めて、ぜひ釣行を重ねてくださいね~♪

2014年02月01日

離島で尺アジ連発!!

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。

唐突ですが・・・ライトゲームで狙うターゲットで「大型」と呼べる一つの目安となるサイズは「尺(約30.0cm)」ではないでしょうか。

そんな尺オーバー捕獲!!の良報を全国的にも多く耳にする季節が、まさに今の時期♪

本日も、BA髙橋氏より“尺アジ連発!”との良報が入っておりますので、ご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【レンジ調整で尺アジ連発!!】

寒波の到来で一気に冬の様相を呈してきた昨今。 ホームエリアのショアライン沿いで良く釣れていたアジも一段落といった感じであるが、入れ替わりでメバルの姿を拝める季節がやってきた。

平日はホームエリアでメバル、休日は離島へ渡って良型アジ狙いという流れが最近の私のトレンドである。

前週に訪れた離島でなかなかの好釣果が得られたため、今回も再び足を運んでみることに。

日中は、港内に入っているカマスを狙ってみるが反応はいま一つ。 この時期のこの島は夕マズメ頃からアジの活性が高まるため、その時合いに合わせて港内をスプリットショットリグで狙い続けていると、予想通り、日が傾きはじめた頃に良型がヒット!!

水面に浮かんだ魚体は30cmを確実に越えた良型のアジ! 「幸先がいいぞ!」と思いながら軽快に抜き上げようとしたところ・・・まさかのポロリ。

「ボチャン」ではなく「バタン」という大型らしい落水音に、より一層ショックが大きくなった。 「・・・幸先が悪い。」

港内でのゴールデンタイムが落ちついた頃合いを見計らって、外洋向きに常夜灯がある本命ポイントへと移動した。 先週はこのポイントで7.0gのスプリットショットリグを使用してなかなかイイ思いをさせていただいた。

前週の様子前回からの状況変化を知るためにも、まずは【スプリットシンカー 5.0g】+【ジャックアッパー 0.4g-#6】を組み合わせたスプリットショットリグから開始してみる。

沖の暗部までフルキャストし、まずはボトム着底までカウントをとる。 70カウント。

そこから毎投ごとに5カウント刻みでレンジを上げて探っていくと・・・・55カウントでヒット!!

ジャスト30.0cm!!30.0cmジャストの良型♪

相変わらずイイところに刺さってくれます♪その後も、同じレンジで尺絡みの良型アジが続けてヒットしてきた。

しかし、好調な時間がそう長くは続かない。 群が移動したのか、しばしの沈黙。 再度、カウントを取り直し幅広くレンジを探ってみるが、いまひとつアジのレンジをとらえきれない・・・。

試行錯誤しながら探っていたところ、隣で釣っていた弟の竿が大きくしなり34.0cmのグッドサイズが飛び出した!

34.0cm!!さらに連続で尺上サイズを追加していく弟・・・。

釣れているパターンに合わせるために、リグを尋ねると「7.0gのスプリットショットリグで40カウント」とのことだったので、私も右に倣えで【スプリットシンカー 7.0g】に変更しカウントを開始する。

40カウント。 教えられたレンジを丁寧に探るが、私にヒットするアジは何故かサイズが小さい・・・。

サイズが上がりません。時折25.0cm程度の中型は混じるものの単発的。

しかし、その間も弟は1キャスト1ヒット状態で尺絡みの良型ばかりを釣り上げている。

これもイイサイズ♪「どう考えても同じ群れをとらえているとは思えない。 いったい何が違うのだろうか・・・?」

一旦、自分の竿を置き、隣で好調に竿を曲げ続ける弟をよく観察してみると・・・・私よりカウントが遅い。

弟の40カウントは、私の47~48カウント。 念のため数投ほど確認してみるが、やはり7~8カウントは違う。 つまり、私は良型のヒットレンジより、だいぶ上のレンジを探っていたことになる。

早速、ズレていた分のカウントでレンジを合わせたところ、尺上サイズがヒットしてきた。

私にもヒット

その後もヒットレンジに変化はあるものの、お互いのカウントを確認し合いながらレンジを微調整していくことで、釣り続けることができた。

連発です♪

私の当日最大サイズ当日は終始風が強く、やや釣り難い状況ではあったが、アベレージサイズもよく、最大34.0cmをはじめ尺上の良型も多数混じり、結果的には大満足の一日となった。

美味しくいただきました♪ブランドアドバイザー 髙橋 大介

【使用タックルデータ】

《スピニングタックル》

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.0ft(チューブラーモデル)

●リール・・・スピニングリール 200o番ほど

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・《メインリーダー》フロロカーボン 1.75号、《サブリーダー》フロロカーボン 1.5号

《ベイトタックル》

●ロッド・・・バスフィッシング用 Lクラスのベイトロッド 6.5ft(チューブラーモデル)

●リール・・・小型ベイトリール

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・《メインリーダー》フロロカーボン 1.75号、《サブリーダー》フロロカーボン 1.5号

【使用リグ】

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 5.0~7.0g+スプリットストッパー+ユニットスイベル+ジャックアッパー 0.4g-#6+ワーム 2~2.8インチ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA髙橋氏の釣行レポートをご紹介させていただきました!

僅か数メートルほどの立ち位置の違いであっても、そのアプローチ方法や探るレンジの違いで、釣果に明確な差がでるアジング。

仲間みんなで楽しく探るも良し、一発大型狙いでこっそり違うパターンを探すも良し。 ハイシーズンならではのアジングを、ぜひ、この機会に楽しんでみてはいかがでしょうか♪

2013年12月13日

長崎北部エリアもいよいよ本格シーズン!!

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。

いやぁ~、それにしても随分寒くなりましたね・・・。 寒さが苦手な私は一時的に低活性になりやすいタイミングなのですが、アジ&メバルは私とは裏腹に高活性化してきているようで・・・w 「寒い」なんて言ってられない状態なのです♪

そして・・・本日も、釣果レポートのご報告。 BA髙橋氏より九州・長崎北部エリアの近況報告が届いておりますので、そちらをご紹介させていただきますね♪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【長崎北部エリアの近況報告(アジ)】

私がホームグラウンドにしている長崎北部エリアでは、例年秋が深まるにつれ良型アジの回遊が始まる。 しかし、今季は海水温の影響なのか若干遅れて、11月に入った頃からようやく本格的なシーズンの幕開けを迎えることとなった。

今回エントリーしたフィールドは、水深が3~5mほどと比較的浅いシャローエリア。 アジも表層付近を回遊してくるケースが多いことから、表層から水面直下でのフロートゲームが成立しやすいポイント。

先週、先々週に訪れた際も、フロートリグが非常に有効的で、なかなかの釣果をもたらしてくれていた。

そこで、今回も【シャローフリーク 7.5g】を結んだ“Fシステム”のフロートリグから反応をみることにした。 軽くキャストするだけで、リグは水銀灯の灯りが届かない暗部(約30mほど)にまで達し、その飛距離に思わずうなる。

すぐにラインスラッグを回収し、『チョチョン』とアクションを入れると、右から左へと潮が動いている様子を伝えてくれる。 余分な糸フケが出ないようにラインスラッグを調節しながらアジのアタリを待つ。

スローリトリーブしながら数回のトゥイッチを入れ、水銀灯に明るく照らされた明部にリグが差し掛かったところでヒットしたのだが、これは18.0cmほどのサイズ

少しずつ立ち位置を移動しながら丁寧に探っていくが、ヒットしてくるアジのサイズは変わらない。 波止先端のもっとも潮効きがよい本命ポイントも、今ひとつといった様子・・・。

『今日はアジが沈んでいるのかもしれない』と思い、スプリットショットリグへと変更してみる。

【スプリットシンカー 3.5g】【Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.4g-#6】を組み合わせ、まずはボトム付近からチェックしていくが、これまた反応はない。

シャローエリアこそ、僅かなレンジの差で釣果が左右されることがあるのは、皆さんも知っての通り。

トゥイッチなどでアクションとレンジを調整し、ゆっくりとテンションフォールをさせていると『クッ』ともたれるようなバイト! 即アワセを入れると、『ググッ』と手元に良型の手ごたえが伝わってきた!

ようやくまずまずのサイズをGET25.0cm。 まずまずサイズの一匹をようやくキャッチすることができた。

続けざまに同じトレースコースとレンジを探ってみるが、後が続かない。

今宵はアジの足が速いのかもしれない・・・。

次第に潮も当て潮へと変わり、3.5gのウエイトではリグが手前に押されて操作しにくくなってきたので、5.0gへと変更。 ウエイトが変わったため、もう一度ボトムまでのカウントも取り直す。

カウント15で着底。 ボトム付近を数回探るが反応なく、レンジを変えカウント10から探ると、先ほどと同型のサイズがヒットした。

これくらいが今のアベレージです。続けて同じレンジ&コースを通すと、今度は再現性もあり連続ヒット!コイツは先程のアジより一層強い引き!

思わず笑みがこぼれます。

良型♪28.0cmの良型アジをキャッチできた。

結局この日は、【スプリットシンカー 5.0g】のカウント10からやや上ぐらいまでがヒットレンジであった。

その後も、ポツポツと釣れては沈黙を繰り返し、満潮を迎え潮が止まったところで納竿とした。

これから更に本格化!長崎北部エリアの近況としては、良型アジのシーズンはまだ始まったばかりで、これから年明けごろまでさらに本格化していくように思える。

尺オーバーのアジも沿岸部に回遊してくるエリアなので、そのタイミングを逃さないよう今後も釣行を重ねていきたい。

ブランドアドバイザー 髙橋 大介

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.0ft(チューブラーモデル)

●リール・・・スピニングリール 200o番ほど

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・《メインリーダー》フロロカーボン 1.75号、《サブリーダー》フロロカーボン 1.5号

【使用リグ】

●フロートリグ・・・シャローフリーク 7.5g +ジャックアッパー 0.4g-#6+ワーム 2~2.8インチ

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 3.5~5.0g+スプリットストッパー+ユニットスイベル+ジャックアッパー 0.4g-#6+ワーム 2~2.8インチ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA髙橋氏より頂きましたレポートをご紹介させていただきました!

メバル&アジも本格的なシーズンインを迎え、今秋の新製品もいよいよ出荷体制が整ってまいりました!

シャローフリークイメージ“Fシステム”の考案者/ブランドビルダー 藤原真一郎氏監修Fシステム専用設計フロート【Shallow Freak(シャローフリーク)】!!!!!

ラウンドロックイメージ『理にかなっているからこそ、スタンダードとして存在する-。』 アルカジックジャパンが考えるライトゲームのベーシックジグヘッド【Ar.Head Round Rock(Ar.ヘッド ラウンドロック)】!!!!

いよいよ月末頃より出荷開始となります!! ぜひ、新たな武器を手に皆さんもフィールドへ出掛けてみてくださいね☆

Free-Thinkキャンペーン【Free Think キャンペーン】

あなたのアイディア!まだまだ募集中!!!! ぜひ、奮ってご応募ください☆

2013年11月20日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR