FLOAT

居るけど喰わない、タフコンディションなアジを攻略する!フロートアジングのマル秘プラスワンメソッド

 

11月に入り、今年もあと2ヶ月。

朝晩も、めっきり肌寒くなりました。

 

つい最近の猛暑も遠く忘れ去られているかの様な、季節の移り変わりの速さに驚くばかりです。


我々の遊び場である海も、夏場には黒潮が大接近し例年以上の高海水温を記録しましたが、その後押し寄せた大型台風たちが海を掻き混ぜてくれたおかげで、落ち着きを見せ始めました。

 

夏場の高水温が尾を引いてか、どこでもかしこでも釣れる訳ではないけれども、実績ポイントの夕マヅメなどの時合いでは、ちゃんと釣果も出ているようです。


【Fシステム】の登場により、今まででは釣りにならなかったシャロー帯や岩礁帯、サーフなどが、新たなポイントとなりました。


【Fシステム】を使いこなせるライトゲーマーは好釣果を上げる一方で、ポイント難民の救世主となったこのリグをもってしても、時合いを外すと厳しい展開を強いられることもあります。

そんな時にぜひ試してほしい小技を、今日は紹介したいと思います。

 

プレーンなFシステムを少しアレンジするだけで、「プラスワン」の釣果が安定して望める引き出しです。


本来、【Fシステム】でのフロートアジングで推奨しているリーダー長は、80~100cm程度ですが、このリーダー長を思い切って、150~180cmにしてみてください。


活性が低かったり、群れの規模が小さいとき、アジは捕食のレンジがシビアになります。

 

標準のリーダー長でも、神経をとがらせてリグをピンスポットに留めておけると食ってきますが、このロングリーダー仕様のFシステムなら、限られたレンジにじっくりリグをとどめておくことが容易になるのです。


この時、ジグヘッドのウェイトも、通常の0.4gから0.2g、あるいは0.15gと極々軽いものへと変更し、超スローフォールでじっくりリグを見せてあげると、威力が倍増します。


ちなみに、フロートアジングで使用しているジグヘッドの『ラウンドロック』は、0.4gからのラインナップなので、『ジグフック』ガン玉のG5 or G4を組み合わせて自作して使用しています。(これがジグ単で使うのにもイイんです…。)


アクションは単純で、張らず緩めずのテンションを一瞬だけ抜く「ノックオフ」

 

ティップを一瞬だけ戻すことでリグがバランスを崩すアクションに、それまで追尾してきていたアジがリアクション的に口を使う…そんなイメージです。

 

このロングリーダー仕様のFシステム、注意点がひとつあります。

やはりロングリーダーということで、根がかりのしやすさは避けられません。

シャロー帯では、フロートごと全てロスとしてしまうこともあると思います。

 

対策としては、リーダーの先に捨て糸を組むこと。

 

私の場合、普段使用している8lbリーダーの先15cmほどを、5lbに結び変えています。

 

結束方法は、8の字結びで十分。

 

8lb + 5lb でも、尺アジの抜き上げにも対応できますし、仮に根がかってもフロートの回収率は大幅に上がります。(海中に残る糸が少なくて済むのもイイヨネ)


今ではかなり浸透した【Fシステム】ですが、『Fタイプ/Dタイプ』といったアイテム的な使い訳 だけでなく、こうした工夫ひとつでまだまだ釣果が伸びます。

 

今まで難攻不落に思えていたあのポイントが攻略できるようになるかも知れませんよ。

 
 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単用タックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション スペリオル SPRS-83H-T”マイティハンツマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ルビアス2506<グローブライド>

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・バスザイルR 8lb + 5lb(先15cm)[エバーグリーン]

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク各種 + ラウンドロック 0.15~0.4g-#4 + 艶じゃこ、舞シュリンプ[アルカジックジャパン]ほか

 
2020年11月09日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日

泉南の梅雨メバル事情

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの豊西 和典です。

今回は、いよいよ終盤を向かえています梅雨メバルについて、今年の泉南エリアの傾向もふまえてご紹介させていただきます。


梅雨入り宣言から二週間余り経ちましたが、ここ大阪ではあのじめじめした嫌な梅雨空も皆無で、 日中は真夏のような陽射しがきつく時おり梅雨を飛び越えて夏になったのか? と勘違いする様なお天気が続いています。
しかし朝晩はかなり涼しく少し肌寒いくらいで、本格的な夏の到来はまだ少し先のようです。
一方で、海の中は確実にシーズナルな様相をみせつつあります。

我らがホーム・泉南エリアの今春からのメバル事情ですが、海藻の繁茂の遅れのせいか?昨年にはかなり釣れ盛った大型の白メバル(茶メバル)の釣果も、今シーズンは少し大人しめに推移していました。

しかし遅れていた海藻の育成もここに来ておびただしい勢いとなり、大荒れの日も少ないため、まだまだ元気にその存在を誇示しています。

この海藻帯は、シャローに身を寄せる傾向のあるメバルには大きなキーポイントになる物です。

シャロー帯に限らず、港湾の護岸の際に繁茂するホンダワラ等も同様で、ジグ単で丁寧に探るとこの時期独特のよく肥えたコンディション抜群のメバルが飛び出し驚かされる事もしばしばあります。

 

そんなわけで、いよいよ条件も整ったであろう梅雨真っ只中の6月某日、シャローに身を寄せるブルーバックの様子を探りに出撃しました。

定番の【シャローフリーク F-10.5g】【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6】+ 【艶じゃこ 1.8inch】のFシステムをチョイス。

フルキャストして潮の在処を探していくと、どうも南流が強く流れていい感じです。


潮上から潮下にかけてドリフト…


弱冠流れが弛んだあたりで海藻のあたまに触れる違和感…


次の瞬間に強く鋭いショートバイト!!


 

この強く鋭いアタりこそが梅雨メバル独特のバイトパターンで、一年で一番活性の高い時と解ります。

 

ヒットした場所は直接確認できませんが、どうやら海藻ジャングルの様です。

メバルが強烈な引きをみせて海藻に突っ込まれます。

ここで慌てず、ラインテンションを完全フリーにして海藻からの脱出を待つと、程なくして出てきました。

フッキングはしっかり出来ていたので、ラウンドロックがガッツリ貫通していると信じて強引にやり取りします。

なんとか取り込んだのは肩の筋肉が発達したマッスルブルーでした。

しかし、今年のブルーは何時にも増して足が速く地合いが非常に短い印象を受けます。

トラブルなどしていると、何事もなかったかの様な海に戻ります。

 

ちなみに別日の調査では、沖合では全くアタらず、ほんの10~20m あたりのブレイクラインで反応がある、ということもありました。

そこで【シャローフリークDive D-7.6g】に変更し瀬際を集中して攻めると、やはり強く鋭いアタりをみせるナイスなメバルをキャッチ出来ました。

梅雨メバルのレポートにしては弱冠遅い気もしますが、この記事を書いているのが6月23日、梅雨の新月大潮の前日です。

年間を通じてメバリングが最もアツい「Xday」かも!?とフィールドに思いを馳せながら筆を進めています。

全国のメバリングフリークな皆様は、どの様なメモリアルフィッシュに出逢えたのか? 楽しみです‼

 

-追伸-

ゴロタや小磯に出撃するなら、足周り、ライジャケ、ヘッドライトなどの装備は万全の状態で臨んでください。

ブーツ若しくはウェーダーならフェルト、フェルトスパイクライプのものが望ましいです。

新月周りはほぼ闇なのでヘッドライトの予備電池、予備のヘッドライトまで携帯されることをオススメします。

夜間釣行の際の騒音、ゴミの後始末などにも十分に配慮し、また気持ちよく釣りができるように心掛けてくださいませ…。

では皆様ご安全に🎵(^^)d


【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-T82  “ロッキーハンツマン”[エバーグリーン]

 

●リール・・・ルビアス2506[グローブライド]

 

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・バスザイルR 8lb[エバーグリーン]

 

●フロートリグ[F-システム]・・・シャローフリーク F10.5g、シャローフリーク Dive D-7.6g[アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6[アルカジックジャパン] + 艶じゃこ[アルカジックジャパン]

2017年07月05日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR