FLOAT

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート3~

暦もいよいよ12月になろうかという本日。

 

「2018秋~冬」と銘打ったのは別のこの為の予防線というわけでもないのですが、やっとこさのパート3をお届けしたいと思います。

 
 

Shallow Freak Expanda[シャローフリーク エクスパンダ]

 

全国のシャローフリーカー待望の、シャローフリーク追加ラインアップです。

 

Fシステム考案者:藤原真一郎氏がテストを重ね、さらなるキャスタビリティと、レンジ攻略性能を獲得した、Fシステムの領域を更に拡張するエキスパートフロートとなっています。

 
 

まず体感していただきたいのは、その飛行性能。

 

「スコーッン!!」と、迷いなく真っ直ぐに飛んでくその飛行姿勢が、アングラーの体格や腕力に関わらない安定したロングキャスタビリティをもたらしています。

 

【シャローフリーク F-10.5g】と比較すると、こんな感じ。

より全長のある構造とすることで、飛行中の整流効果を付与するデザイン。

 

従来の【シャローフリーク】で時々感じていた「あれっ?今のキャスト、思ってたより飛ばなかった…?」の原因、球体後方に出来る空気の巻き込み抵抗を極力軽減することで、後半により伸びのあるキャストフィールを体感していただけるようになっています。

 

そして、回収が億劫になるほどのロングキャストともなれば、当然糸絡みは厳禁。

 

シャフトはフロート内部にスイベル構造を有するローリング仕様。

 

アイ部は溶接仕上げとし、糸絡みを徹底的に排除しています。

 
 

【シャローフリーク・エクスパンダ】のもうひとつの大きな特徴、それが『残浮力調整機構』です。

 

シャフトの付け根に任意のウェイトを着脱することで、既定の浮力を状況に合わせてカスタマイズ。

 

例えば 0.6gの浮力を有するF-17.8g に、0.6gのウェイトを追加することで、浮力0のフロートを創り出すことが出来る、というものです。

 

【シャローフリーク】【シャローフリーク ダイブ】へ付け替えていた手間を省き よりスピーディに状況に、そのうえ、『入りそうで入りきれないあのレンジに、スっと収まる絶妙な浮力調整』までもが可能となります。

 

この【シャローフリーク・エクスパンダ】は、

F-17.8g(残浮力:0.6g)

D-19.0g(残浮力:-0.6g)

の2規格と、残浮力調整用の専用ウェイト(別売)というラインナップでのリリースを予定しています。

 

今まで届かなかった遥か沖合、そしてレンジを攻略可能にする、『expandability(=拡張性)』の名に恥じぬパフォーマンスを是非とも体感していただきたいと思います。

 
 

Shallow Freak Petit[シャローフリーク プチ]

 

こちらも、【シャローフリーク・エクスパンダ】と同じく、藤原真一郎氏考案のシャローフリークシリーズの追加ラインナップのひとつ。

 

従来の【シャローフリーク F-7.5g】の更にライトユースをカバーする、その名の通りのプチフロートです。

 

本体重量は3.3g。

 

いわゆるジグ単ロッドでも十分に扱うことができるウェイトなので、ジグヘッドの釣りからそのまま、フロートの釣りに移行することが出来ます。

 

ハリス止めを採用した本製品。

 

本来のFシステムはもちろん、ジグヘッドリグでの釣りの最中に、リーダーに後付けすることで簡易Fシステムに素早く移行できる、というのが最大の強みです。

 

リーダーの目安は3lb前後。

 

4lbを使用すれば、プチを取り外してジグヘッドリグに戻した際の強度にも余裕を持てるので、様子見として投入する場合には、このあたりの太さがオススメです。

 

本体の残浮力は0.3gなので、1gのジグヘッドリグと組み合わせると、-0.7g。

 

フロート本体の体積の抵抗と相まって、0.7gジグヘッドリグよりもよりスローなフォール、アクションが可能となります。

 

もちろん、0.3g以下のウェイトを組み合わせて、水面直下を超スローに誘ったりと、従来のFシステム同様に幅広い演出が可能ですので、是非いろいろな状況で投入してみていただきたいと思います。

 

なお、この【シャローフリーク・プチ】には、本体上部に「ケミホタル20」が装着可能なケミホールが設けられています。

 

着水点、トレースコースの視認がしやすく、また浮かせて使う際には、アタリがケミホタルの動きに現れるので、初めて使う方はオススメです。

 

初心者からエキスパートまで、「とりあえずプチがあればもう少しなんとかなる…」なシチュエーションは、きっと多いはず。

いつもジグヘッドリグで釣りが成立している「あのポイント」での、すこし違った角度からのアプローチ、試してみていただければと思います。

 
 

以上、言わずと知れたライトゲームフロート【シャローフリーク】の新展開についてのご案内でした。

 

シャローフリーク・プチは丁度出荷がスタート!

シャローフリーク・エクスパンダは少し遅れて1月末頃の初回出荷を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月30日

Fシステムで攻略する愛媛のギガアジ!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの藤原 真一郎です。

冷たい季節風でライトゲーマーには厳しい時期が到来しましたが、フィールドに出かけてみると熱いゲームが待っている!?

 

というわけで、今が最盛期の愛媛県西部のデカアジを狙いに行って来ました。

 

愛媛県西部の豊後水道に面したエリアは、海岸線がクネクネとしたリアス式になっており、水深も足元から数m沖で深く落ち込むような“ドン深”が特徴のエリアです。

 

水温は比較的高く、年間通じてアジが狙える海域。

とくに、晩秋から春にかけては40cmを軽く超えるようなデカアジが陸っぱりで狙える魅力あふれるエリアです。

この時期、昔はほんとによく通ったものですが、ここ数年、再び足繁く通っています。

というのも、当時、飛距離や水深のためにキャロでやっていた場所を『シャローフリークDive』での【フロートリグ】で攻める、ということを検証…というか単純に楽しんでいるためです。

今までキャロで楽しんでいた場所をフロートリグメインでアプローチすることで、さらにスリリングで面白いゲームが広がりつつあるからです。

 
 

『シャローフリークDive』でのアプローチということは、遠投しつつスローフォールで攻めるという釣り方です。

大型アジは、例えばベイト付きのマズメの釣りなどではジグやキャロの巻きなどで釣れることも多いですが、ナイトゲームでは、それでは食い切らないこともよくあります。

トレーススピードやフォールスピードがキモになる場面がやはりあって、そこに着目したアプローチができるフロートリグの釣りは、大型アジに対してもときに非常に有効なのです。

一昨年のある釣行では流れが緩い時間が多く、キャロだと交通事故的な単発アタリがあるのみという状況だったのが、フロートで攻め始めると尺オーバーが連発。

じっくりと沈めるため一匹に多少時間は掛かるものの、「狙ったゾーン」「狙ったアクション」に反応してくれる再現性の高い釣りが楽しめました。

 

昨年末に数度行ったときは、活性は高くはないもののバイトがあれば40オーバーという状況で非常にスリリングなゲームが楽しめました。

 
 

『シャローフリークDive D-16.6g』【Fシステム】を、静かに沈めてレンジを探っていくというこの釣り。

 

飛距離は60mほど、そしてレンジは10m前後とずいぶんな遠距離戦ですが、誘いやリズムは軽量ジグ単ゲームによく似ています。

ロッドをさびくようにラインテンションをキープし、ときおりシェイクを入れて誘い、アタリに集中する。

微かな変化も捉えようと没頭していると小さくも鋭い生命感を持ったアタリが伝わります。

しっかりとフッキングした瞬間、40cmオーバー特有の重量感と走りが始まります!

基本的には『シャローフリークDive』のFシステムを用いた、ゆっくりと沈めて狙う釣りですが、その日そのときどきでの微妙なパターンの違いを感じます。

 

あるときは、ジグヘッドを0.6g、ワームを艶じゃこなどやや水押しの強いルアーを選んで、テンションを掛け気味でトレースするというのが結果的にもっともアタリを引き出しやすかったのですが、いっぽうで、軽くサビいておいてフリーフォールを一瞬入れるというようなアクションにやたらと反応があるときもあります。

 

ジグヘッドも0.4gなど極軽量で水に馴染むような薄い引き抵抗のルアーがハマりました。

1.5gなど重めのジグヘッドと組み合わせてボトムから跳ね上げるといったパターンが効果だったこともありました。

大型アジと言っても、ナイトのスローな状態では微妙な違いが差となって現れることもあります。

 

流れのないところではリトリーブ主体で、流れのある場所ではロッドをサビいてラインテンションを調整しながらアクションを入れていく、という釣り方を基本にしておくと状況に合わせやすいと思います。

Fシステムのフロートリグの作り方は、PEラインとリーダーを結束したときのリーダーの余り糸に管付き型のフロート『シャローフリーク』『シャローフリークDive』を結び、メインのリーダーの先に0.5g程度の極軽量ジグヘッドを結びます。

 

フロート側のリーダーの長さは10~15cmほど。

ジグヘッド側のリーダー側は、アジ狙いだと長めになり100~150cm。

シビアなときや波風の強いときほど長めに調整するようにしています。

 

ノットはFGノットが強いですが面倒だと言う方にはクインテットノットがおススメ。

トリプルサージェンスノットの5回版で、とても簡単で手早く結べますが十分な強度が得られます。

PEラインは0.5号、リーダーは6lbというのが扱いやすく、いざというときにも無理の効く号数だと思います。

陸っぱりからでもまだまだデカアジが狙えるポイントはあります。

外灯が広範囲を照らしている所や遠投したらブレイクに届くというような場所、今までキャロで狙っていたポイントなどでフロートアジングを試してみて欲しいと思います。

 

スリリングで楽しいゲームが待っているかも!?

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫 華 S82H-solid [がまかつ]

 

●リール・・・イグジスト 2003H [グローブライド]

 

●メインライン・・・スモールゲームPE-HG 0.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・スモールゲームリーダー FCⅡ 6lb[サンライン]

 

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク Dive D-16.6g[アルカジックジャパン] + キャロヘッド 0.4g-#4[がまかつ] + 艶じゃこ[アルカジックジャパン]など

 
2018年02月19日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR