FLOAT

シャローフリーク エクスパンダでの泉南メバルゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

 

今日は、新発売となった【シャローフリーク・エクスパンダ】を使って良いメバルゲームが出来たので、その時の模様をお届けしたいと思います。

 

釣行日は3月中旬、新月大潮の2日目。

例年、大阪湾のメバルは、桜の開花時期に釣れ出す傾向があるのですが、今年は暖冬だった影響か、早めのスタートを切っている、という状況です。

 

フィールドインした時点で、下げ2分といった具合の高めの潮位。

シャロ―帯の手前までメバルが差して来ていそうなシチュエーションですが、フロートマンの私はやはり発売されたばかりの【シャローフリーク エクスパンダ】を結んでしまう(笑)

 

ちなみに、使用するロッドは【インスピレーションのS80】

【シャローフリーク エクスパンダ】や、【シャローフリーク】を遠投する釣りをするときに最適です。

 

【シャローフリーク エクスパンダ F 17.8g】【シンキングバランサー1.2g】を取り付けシンキング仕様にチューンし、まずは7割程の力で様子見キャスト。

 

ボトム付近の部周りや、海藻スレスレを丁寧に通していきますが、反応はイマイチ…。

 

使用しているワームはメバル狙いで絶大な信頼を寄せている【海ゲラ】ですが、それでも簡単に口を使ってくれる状況ではないようです。

断続的にカラーローテーションを行いながら一通りチェックしましたが、変わらずメバルの反応は悪い…。

 

思い切って大きくレンジを変えてみようと、シンキングバランサーを取り外し、フローティング仕様にチェンジ。

リーダー1m分の表層付近を探り始めると、ようやく反応がありました!

 

コンディションの良いメバル!

 

レンジが分かったところで、あらめてジグヘッドのウェイトやカラーローテーションを行いパターンを突き詰めていくと、どうやら今宵のメバルは【よもぎ】に反応が良さそうです。

 

ここ大阪湾では、【パールホワイト】【スノーマン】などソリッド系のアピールカラーが鉄板ですが、この日はバイトが浅く、よもぎに付け替えて再度同じ所を通すと、途端に暴力的なバイトで喰ってくる!という状況。

 

水色や、捕食している餌のカラーなのかは判りませんが、確実に「この日のカラー」でした。

 

大阪に限らず、全国各地のフィールドで、その日の条件ごとの「当たりカラー」は存在すると思います。

皆さんも是非、カラーのローテーションをこまめに行ってみてください。

 

今回潮位的には【シャローフリークプチ】【シャローフリーク】でも十分に釣りが展開できる状況でしたが、大潮周りの大きな干満差に対応するには、エクスパンダのキャスタビリティが大きな武器になります。

 

他のアングラーよりも遠投が出来る=そこに居るスレて無い魚が攻略できるって事ですね。

 

従来のシャローフリークに加えて、近距離のシャローフリーク プチ、超遠投のシャローフリーク エクスパンダ、それぞれをフィールドに合わせて使い分けることで、Fシステムも今まで以上に活躍する場面が増えました。

 

皆さんも是非、シャローフリークシリーズを駆使して、Fシステムでしか獲れないメモリアルな魚をゲットしてください!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Ar.PE レンジブレイド 0.5号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb-100cm [アルカジックジャパン]

●Fシステム・・・シャローフリーク エクスパンダ F-17.8g + 海ゲラ よもぎ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [いずれもアルカジックジャパン]

 
2019年03月19日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日

遠浅ゴロタに潜む大型アジを『Fシステム』で攻略!

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

今回は、私が日頃から励んでいるシャロ―エリアでのフロートアジングについて、ご紹介させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のホームグランドである大坂湾南部エリアには、人口浜や自然海岸などの比較的水深の浅い遠浅なシャローエリアが多く点在しています。

例年、8月頃から豆アジの接岸が始まり、お盆を過ぎた8月下旬頃より尺に届くような良型アジの回遊がみられます。その後、秋が深まるに連れ、おおよそ年末頃までのロングスパンで25cm前後をアベレージに、40cmを超えるような特大サイズが飛び出すこともある、関西エリアきってのライトゲーム激戦区です。

今年は、近年の温暖化の影響か海水温が高い状態が続き、アジの回遊コースも例年よりやや遠深寄りにシフトしているのかな?といった印象ですが、潮周りや潮位のタイミングで射程圏内に回遊してくることもあり、そんな千載一隅のチャンスを逃さないよう気を抜かずに、丁寧に探り続けることで釣果を出しています。

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ad%e2%80%95%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%82%a2私がシャローエリアで使用するリグは【シャローフリーク】【シャローフリーク Dive】でのFシステム。

先ずは、【シャローフリーク F-10.5g】【ラウンドロック #6-0.4~0.6g】を組み合わせたF(フローティング)モードで、表層付近を回遊しているアジがいるか確認することからスタートします。

Fモードでの基本操作は、デッドスローなタダ巻きにシェイクを折り混ぜて誘うのがセオリー。活性の高いアベレージサイズのアジは、表層~1m付近のレンジで釣れるケースが多いように感じます。潮の流れにフロートを乗せ、張らず緩めずのラインテンションを保ちつつ、ドリフトで広範囲を探るように心掛けます。


上記手法で表層付近を一通り攻めても反応が無い、もしくは、釣れていたが反応が薄くなりはじめたタイミングで【シャローフリークDive D-11.7g】に変更し、今度はカウントダウンによるレンジ攻略(Dモード)にシフトします。

着水後、糸ふけを回収したら再度ベールをおこし、任意のレンジまでリグをフリーフォールでカウントダウン。基本的には水面直下のレンジよりサーチし、反応が無ければキャスト毎で徐々にレンジを落とし、最終的にボトムまで探ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

操作はFモード同様、もしくは、シェイクアップ&テンションフォール(ドリフト)など、潮流に漂うベイトをイメージして探っていくと良いと思います。

また、補足としてシャローフリークとリーダー端糸の接続部に、小型スナップを使うとフロートの交換がスムーズになります。特に6lb以上のリーダーを使用する際は、トラブルも少なく良い感じに使用できているのでお勧めです。


大阪湾南部のシャロ―エリアで釣れるアジは、湾口の激流の中を回遊している群れと同じようで筋肉質で体高があり、そのファイトもかなりパワフルです。

大型ともなると、その引きは正に青物!

そういった理由からもフックには、フッキング性能と強度に信頼のおける【ラウンドロック】を愛用しています。%e6%84%9b%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af

リグの着水点で水深5~7メートルほど。ブレイクラインまでの距離にして40~50mほどのポイントが多い大阪湾南部のシャロ―エリア。

常夜灯完備のポイントも少なく、後ろの街明かりや道路の外灯が主な光源になるのですが、そんなシチュエーションの沖の潮筋やブレイクラインを回遊しているアジは、決して少なくないと感じます。

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e5%a4%a7%e5%9e%8b%e3%82%82%e9%a3%9b%e3%81%b3%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81皆さんの最寄りのフィールドにも、きっとこのような条件のポイントがあるハズです!

人知れず、竿抜けポイントとなっているフィールドを開拓するのも釣りの楽しみの一つ。皆さんもぜひ、そんなポイントで楽しいフロートゲームを満喫してみてはいかがでしょうか。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-T78“ライトタフ”[エバーグリーン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・スモールゲームPE 0.4号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFC 6~8lb[サンライン]

●Fシステム・・・シャローフリーク & シャローフリークDive 各サイズ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4~0.6g-#6 + 艶じゃこ 1.8inch & 海ゲラ 1.2inch各色など[アルカジックジャパン]

2016年11月02日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR