FLOAT

メバちょこ&シャローフリークプチでのメバリング・ワンポイントアドバイス

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの髙橋大介です。

今年の春は、桜の開花こそ二週間ほど早い感じでしたが、海の状況はそれほど例年と変わりなくといった印象でした。

 

メバルたちは産卵後のアフター期から、体力回復に務める時期になりました。

今日は、そんな上ずり加減のメバルを効率よく釣るべく私が実践しているメソッドを、アイテムとともにご紹介したいと思います。

 

■メバルの活性に合わせたアイテム&アプローチ■

活性が良い時はジグ単のステディリトリーブで良いのですが、「居るのに食ってこない」ときには、レンジとスピードの調整が必要になってきます。

 

レンジを合わせるだけならスプリットショットリグなどの重ためのリグで対応することができますが「ゆっくり送り込んで、ふわっとしたアクションで攻めないと食わない」ときがあります。

 

こんなときに無類の強さを発揮するのが【シャローフリーク プチ】です。

 

【シャローフリーク プチ】残浮力が0.3gに設定されているので、例えば使用するジグヘッドのウェイトが0.4gなら0.1g程度の沈降速度で、任意のレンジに送り込むことができます。

メバルがレンジにシビアな状況、食い渋りや速い動きには反応しない状況では非常に役立ちます。

 

使い方としてはキャスト後にカウントダウンして任意のレンジまで送り込み、そのレンジを外さないようリトリーブや軽いトゥイッチを入れながらフワフワとアクションしていきます。

 

次にパチャッ…パチャッ…とメバルの捕食音が聞こえたり、ライズする姿が見えたりする場合です。

 

もちろんジグ単の表層リトリーブで食ってくるなら簡単ですが、意外と食ってこないものです。

 

そこで使用したいのが【メバちょこ】です。

 

【メバちょこ】は表層を意識しているのにセレクティブなメバルに、思わず口を使わせてしまう超小型ダイビングペンシルです。

 

ライズしている付近、船際やロープなどメバルが潜んでいそうな所の近くにキャストしたら、まずは水に馴染むのを待ちます。

竿先で極軽くトゥイッチを入れると、ちょこんとダイブし、フワッと水面へと浮かび上がります。

その時発生した波紋が消える頃、メバルがバイトしてきます。

 

プラグで釣れると喜びが3割増ぐらいに感じるのは私だけでしょうか。

 

さてメバちょこを使う際のコツをいくつか。

 

まずプラグだから動かさなきゃという意識はいりません。

むしろ動かさずほっとけくらいの意識で大丈夫です。

 

アクションを入れたら5秒から10秒は最低でもステイさせます。

長いときは30秒ぐらいステイさせて様子を見ても食ってくる場合も多々あります。

 

イメージは我慢比べです。

 

昼間に試してもらうとわかりやすいのですが、メバルの姿が確認できる状況でメバちょこを投入してみると、ステイの間じっとメバちょこを見つめる姿が確認できます。

 

「これは何なのか?」「捕食しようか?どうしようか?」と思案しているようです。

すっとメバルが興味を失い、反転したらそこでアクションを入れると再び興味を示してメバちょこの下に寄ってきます。

これを繰り返すことで痺れを切らしたメバルがバイトしてくるといった寸法です。

 

夜間はこれを頭でイメージしながら我慢比べをしていきます。

 

アクションは極軽くで大丈夫です。

渋い時のメバルの捕食範囲はすごく狭く、ちょっとでもそこを外れると追いかけてきません。

アクションによる移動距離を極力小さくし、ネチネチと何度もアピールしましょう。

イメージは、竿先でちょこん、もしくはスラッグを軽く弾く程度で。

頭がぴょこんと波紋をたてるぐらいで十分なので「動かし過ぎないことを意識する」のがコツです。

   

最後にフッキングについてですが、早合わせは禁物です。

 

時にはバシャっとド派手に水面を割ってバイトしてきますが、その音に合わせてフッキングを入れるとすっぽ抜けてしまう場合もあります。

慌てず、しっかりと竿先にメバルの重さが乗ってからフッキングしましょう。

 

そんなこんなでメバちょこで釣りをしているとまた「当たるのに乗らない」「テールフックにギリギリでフッキングする」という『トッププラグのほんの少し下がバイトレンジ」という状況に行き当たります。

そういう場合は前述のシャローフリークプチなどで水面直下を意識しながら釣ると、バチっとハマったりします。

 

これから梅雨時期まで楽しめるメバル、ぜひ色んなリグを駆使してチャレンジしてみてください。

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ハイレボリューション S58″ピアニシモ”(プロト)[アルカジックジャパン]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●ルアー・・・シャローフリークプチ[アルカジックジャパン]

       +Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン]

       +海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

       メバちょこ[アルカジックジャパン]

2021年05月13日

居るけど喰わない、タフコンディションなアジを攻略する!フロートアジングのマル秘プラスワンメソッド

 

11月に入り、今年もあと2ヶ月。

朝晩も、めっきり肌寒くなりました。

 

つい最近の猛暑も遠く忘れ去られているかの様な、季節の移り変わりの速さに驚くばかりです。


我々の遊び場である海も、夏場には黒潮が大接近し例年以上の高海水温を記録しましたが、その後押し寄せた大型台風たちが海を掻き混ぜてくれたおかげで、落ち着きを見せ始めました。

 

夏場の高水温が尾を引いてか、どこでもかしこでも釣れる訳ではないけれども、実績ポイントの夕マヅメなどの時合いでは、ちゃんと釣果も出ているようです。


【Fシステム】の登場により、今まででは釣りにならなかったシャロー帯や岩礁帯、サーフなどが、新たなポイントとなりました。


【Fシステム】を使いこなせるライトゲーマーは好釣果を上げる一方で、ポイント難民の救世主となったこのリグをもってしても、時合いを外すと厳しい展開を強いられることもあります。

そんな時にぜひ試してほしい小技を、今日は紹介したいと思います。

 

プレーンなFシステムを少しアレンジするだけで、「プラスワン」の釣果が安定して望める引き出しです。


本来、【Fシステム】でのフロートアジングで推奨しているリーダー長は、80~100cm程度ですが、このリーダー長を思い切って、150~180cmにしてみてください。


活性が低かったり、群れの規模が小さいとき、アジは捕食のレンジがシビアになります。

 

標準のリーダー長でも、神経をとがらせてリグをピンスポットに留めておけると食ってきますが、このロングリーダー仕様のFシステムなら、限られたレンジにじっくりリグをとどめておくことが容易になるのです。


この時、ジグヘッドのウェイトも、通常の0.4gから0.2g、あるいは0.15gと極々軽いものへと変更し、超スローフォールでじっくりリグを見せてあげると、威力が倍増します。


ちなみに、フロートアジングで使用しているジグヘッドの『ラウンドロック』は、0.4gからのラインナップなので、『ジグフック』ガン玉のG5 or G4を組み合わせて自作して使用しています。(これがジグ単で使うのにもイイんです…。)


アクションは単純で、張らず緩めずのテンションを一瞬だけ抜く「ノックオフ」

 

ティップを一瞬だけ戻すことでリグがバランスを崩すアクションに、それまで追尾してきていたアジがリアクション的に口を使う…そんなイメージです。

 

このロングリーダー仕様のFシステム、注意点がひとつあります。

やはりロングリーダーということで、根がかりのしやすさは避けられません。

シャロー帯では、フロートごと全てロスとしてしまうこともあると思います。

 

対策としては、リーダーの先に捨て糸を組むこと。

 

私の場合、普段使用している8lbリーダーの先15cmほどを、5lbに結び変えています。

 

結束方法は、8の字結びで十分。

 

8lb + 5lb でも、尺アジの抜き上げにも対応できますし、仮に根がかってもフロートの回収率は大幅に上がります。(海中に残る糸が少なくて済むのもイイヨネ)


今ではかなり浸透した【Fシステム】ですが、『Fタイプ/Dタイプ』といったアイテム的な使い訳 だけでなく、こうした工夫ひとつでまだまだ釣果が伸びます。

 

今まで難攻不落に思えていたあのポイントが攻略できるようになるかも知れませんよ。

 
 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単用タックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション スペリオル SPRS-83H-T”マイティハンツマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ルビアス2506<グローブライド>

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・バスザイルR 8lb + 5lb(先15cm)[エバーグリーン]

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク各種 + ラウンドロック 0.15~0.4g-#4 + 艶じゃこ、舞シュリンプ[アルカジックジャパン]ほか

 
2020年11月09日

晩夏~秋シーズンのライトブリームゲーム


皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

今日は、夏から秋にかけてのライトブリームゲームを紹介したいと思います。


夏が最盛期と思われがちなブリームゲームですが、これから晩秋まで間もオススメな季節です。


夏の間、チヌは流れを求めて河川に遡上してきます。
流れで涼をとりつつ餌を食べて生活する夏場のチヌですが、8月ごろには河川でも高水温となるため、いよいよ口を使わなくなります。

この水温が低下に傾きだすと、一転して活発に行動を再開します。


狙うポイントについても変わります。

アフターから夏場は流れを求めて集まるチヌを狙うのがセオリーでしたが、秋が進むにつれて、餌を食べに河川へ上がって来た個体を狙うのが有効になってきます。


デイゲームでは、サンドバーなどの浅場のベイトフィッシュを追い込めるようなポイントをトップウォーターで攻略。


産卵後流れを求めて浮いているチヌ狙いにはポッピングを用いることが多いですが、秋のベイトフィッシュを捕食している個体は【くろポップ】を用いてドッグウォークの主体の早い動きで狙っていくのが効果的です。


がれ場など甲殻類を捕食しているポイントではサイトフィッシングをメインに地形や魚の状況に合わせて狙って行きます。


サイトフィッシングでは、がれ場等の根掛かりが多い地形の場合が多く根掛かりを少なくすることと、一瞬の吸い込みバイトに対応することを目的に、3.5g以下の軽量リグを多用します。


おすすめは【BM.キール】【躍ハゼ】の組み合わせでフォールとステイで狙う事がほとんどです。


ナイトゲームでも水温が下がるにつれ、果敢に甲殻類を捕食し始め、サイズ・数共に狙えるボトムゲームが面白くなって来ます。


河川だけでなく、磯場やサーフでもベイトフィッシュを狙うチヌが狙える様になってきます。
ベイトフィッシュが多く入っているポイント、シモリや藻場など隠れる場所があるポイントを狙うのがオススメです。


サーフやベイトフィッシュが多いポイントではドッグウォーク主体で広範囲に誘い、シモリや藻場といった”ここぞ!”といったポイントではポッピングやターンを繰り返してじっくり誘う狙い方がオススメです。


これからの季節、昼夜問わず色々な釣り方で狙えるので、是非トライしてみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

★トップウォータータックル

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

                S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・くろポップ[アルカジックジャパン] ほか

 

★ジグヘッドタックル

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 2.0g-#1~3.5g-#1[アルカジックジャパン] + 躍ハゼ[アルカジックジャパン]

2020年09月08日

盛夏南国のチヌトップ

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの河野大輔です。

 

梅雨の晴れ間に日差しに、これから訪れるであろう蒸し暑い盛夏の気配を感じる鹿児島。

 

纏まった雨が降るのたび、各河川にはチヌの姿が多くなり、いよいよ夏のハイシーズンが開幕します。

 

年によってタイミングの差こそありますが、大よそ5月下〜6月上旬頃からが、鹿児島本土でのトップチヌゲームの開幕戦。

産卵明けの体力が回復したチヌたちが、群れをなして河川を遡上するタイミングです。

 

私がチヌゲームで使用するタックルは、専らライトゲームスタイル。

ボトムゲームのイメージが定着している『ライトブリームゲーム』ですが、今回紹介するトップチヌゲームなども楽しめます。

 

参考タックルは後述しますが、普段キャロライナリグやフロートリグを扱っているタックルに、太めのナイロンリーダーと、小型のトップウォータープラグを合わせたセッティングです。

 

10~16lbと太めのナイロンリーダーを組む理由は…

 

●高活性個体の激しい反転バイトによるラインの高飛び防止

●シーバスなどのゲストフィッシュがヒットした際にも安心して対応できる

●フックがラインを拾うトラブルの軽減

 

などなど、このゲームでは太めのリーダーをセレクトする方がメリットが大きいと感じています。

 

ルアーの基本操作は、ノンストップでのポッピングまたはドックウォーク。

 

ステイアクションは、チヌがルアーの真後ろに着いてからの演出として効果的で、特にサイトフィッシングで出番が増えますが、オープンウォーターを広くサーチしていくような釣りではノンストップが基本です。

 

ポッパーとペンシルベイトの個人的な使い分けは、ポッパーのポップ音やバブルなどの、ハイアピールアクションをチヌが嫌がるかどうかで判別しています。

 

基本は、風などの横滑りを軽減できるポッパーから開始し、状況に合わせてよりナチュラルに誘えるペンシルベイトへシフトするようなローテーションです。

 

また、オープンウォーターといえどストラクチャーやブレイクなどの有無、位置関係などは強く意識してゲームを展開しています。

 

チヌ はそのような地形変化の周辺に身を寄せていたり回遊したりしているので、着水点から回収までのトレースコースの中で『どこで気付かせ、どこまでに喰わせるのか』ということを想定しながら打っていくことも大切だと思います。

 

『足元まで追尾してきたけど結局見切られた。』なんてことにならないように心掛けましょう。

 

最後に、今夏発売予定の【くろポップ】は、ポッパーとペンシルベイトの良いところを盛り込んだ贅沢なトップウォータープラグです。

 

ポッピングさせてもよし、ドックウォークさせてもよしの【究極の食わせ系サーチベイト】として仕上がっておりますので、ぜひ一度、使用してみてくださいね。

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

                 S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・セルテート LT2500S[グローブライド]

●メインライン・・・ Avani ソルトウォーターフィネスPE X8 0.4号-150m [バリバス]

●リーダー・・・シーバスショックリーダー 10~16lb-30~60cm

●ルアー・・・くろポップ[アルカジックジャパン] などの小型トップウォータープラグ

 
2020年06月26日

舞シュリンプで良型連発!本格シーズンインのライトブリームゲーム!!

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

 

梅雨入りを目前に、そろそろ『アフター回復のクロダイ』が狙えるではないかと河川に様子見に行って来ました。

産卵を終えたクロダイが、流れを求めて河川へ遡上し出すこの時期を境に、いよいよライトブリームゲームのハイシーズンが開幕します。

 

今回の釣行では、直前まで晴れの日が続き、河川の流量が低下していることが予想されました。

そのため、この状況でも「流れ」が期待できる河川をピックアップ。

なかでも中流域で川幅が狭まる様なポイントにエントリーしました。

 

日没前、干潮からの動き出しと夕マヅメが重なる時間帯からスタート!

の緩やかな流れの中を遡上するイナっ子も見当たり、釣れそうな雰囲気が漂います…。

 

使用するリグは、【BM.キール5.0g-#1/0】 +【舞シュリンプ 3.2inch】

 

瀬やガレの、「潮が当たる面」を特に念入りにチェックしていきます。

ガレにリグが差し掛かったらすぐにハズしたりはせず、引っ掛けつつシェイク。

移動距離を抑えて繰り返し誘っていると、コツンッっと繊細なバイト!

 

しっかりフッキングも決まり、幸先良くグッドサイズのクロダイを釣る事が出来ました!

 

手短に写真を撮りしっかり蘇生させてからリリース。

 

これからの時期、弱りやすい個体も多くなってくるので、フィッシュグリップやタモでエラに流れが当て、泳げるようにしっかりと回復させてからリリースしてあげて下さい。

 
 

その後潮が止まり、日も暮れ、いよいよ最高のタイミング!

 

と思っていたのですが、予想とは裏腹に中々上げ潮が効かずバイトが無い時間が続きます。

 

徐々に効きだした上げ潮の流れに、BM.キールのウエイトを7.0gに変更して対応しながら辛抱強く粘っていると「バイトかな?」というような違和感程度のアタリ。

 

再アプローチすると、やっぱり微妙なアタリがあるので、半信半疑でフッキング!

 

一瞬「エイかな?」と疑うほどトルクフルな引きを見せてくれたのは、歳なしサイズ!

 

再開後、今度はハッキリしたバイトを掛け、もう一枚追加し終了となりました。

 
 

今釣行では、BM.キール舞シュリンプ で全ての魚をキャッチ出来ました。

 

「魚が居るだろうピンスポット」を確実に攻略するための

 

・小さなロッドワークでもアクションしてくれるパーツがあること

・不必要に流されない細身なボディデザイン

 

を満たした舞シュリンプが、非常にマッチしました。

 

舞シュリンプのような細身のワームは流れに対して抵抗が少なく、比較的軽いウェイトのリグでもしっかりとボトムを捉えることが出来ます。

ボトムの質感も感知できるため「根掛かりしそうな場所」ではそれに備えることもできます。

 

そんな時は、今回のように、ワームのボリュームを意識することで対応できるかもしれませんので、是非試してみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-T84″マークスマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 5.0g-#1/0~7.0g-#1/0[アルカジックジャパン] + 舞シュリンプ[アルカジックジャパン]

2019年06月05日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR