FLOAT

ヒットパターンはメタルアジング!? ハイシーズンの離島アジング。

 

みなさん、こんにちは、ブランドビルダーの黒原 祐一です。

 

秋も深まり各地でアジが好調となってきました。

 

僕のアジングで一番忙しいシーズンですが、そんな中、離島に行ってきたのでその時の様子をレポートします。

 

釣行した場所はルアーやロッドテスト等には必ず行ってしまう平郡島

 

この島を利用する理由は、まだこの島が有名になるよりも昔から通っている場所であり、勝手がわかっていること。

そして、年々変化していく様を見届けたいという思いがあるからです。

 

10年前に比べ、サイズも数もかなりダウンしてしまいましたが、その分「あらゆるリグ、テクニックを使いこなさないと好釣果を得ることが出来ないことがある」というところが一段と面白さを醸し出してくれます。

 

釣行時はかなり横風…。

 

ひとまず、いつものようにサーチリグとして5gのスプリットショットリグから開始したのですが、いつもと何か違う…。

 

先週同ポイントに釣行した時は、『夕マズメから普通に釣れるいつもの平郡』って感じでしたが、今回は全くアタリがありません。

軽量ジグ単でネチネチ探ろうにも、時折強く吹く風が邪魔をしウエイトを上げざるを得ない状況。

 

ジグヘッドを徐々にウエイトアップし、ようやくバイトがあったのが3.0g。

しかも、通常のテンションフォールでは中々バイトしない。

 

一番バイトを誘発できたのが横移動を抑えたフォールもしくはフリーフォール。

ただバイトは誘発できてもミスバイトが多くヒット率が低い。

比較的早いフォールが有効ではあるが、ノセることができなければ釣果にも繋がりません。

 

そこで選択したのが【マルチロック3.0g-#4】のジグヘッドリグ。

マルチロックは上下にアイがついているため下側のアイにはアシストフックやブレード等を取り付けることができます。

 

この下側のアイに、【ショットアシストTW】をつけてショートバイトも獲ってやろうという魂胆。

 

それが功を奏してヒット率は上昇。

 

しかし、これが最良、というわけでも無さそうな手応え…。

いつもの釣果と比べると雲泥の差です。

 

引き続き、ああでもない、こうでもないと自問自答しながら出た答えが、メタルジグ。

重めのジグヘッドへの反応の仕方といい、どうやら明暗の暗部+比較的早めのフォールというのが結論のようです。

 

使用したのは【ショアグライダーJr】の5gと7g。

基本は5gを中心に、風の影響により飛距離がスポイルしてしまう時には7gを使用しました。

 

メタルジグはベイトフィッシュを果敢に追っている時などに有効ですが別にベイトに拘る必要はなく、今回のように早いフォールを演出する際にも有効です。

 

狙いのレンジからしゃくり上げた後、ラインを軽く張ったままロッドを送り込んでいき、ルアーを縦に落としていくというテクニック。

 

テンションフォールでは不思議とほとんど釣れない一日でした・・・。

しゃくり上げるのは「魅せる」というよりも、落とすための高さ稼ぎがメイン。

 

これで怒涛の連荘をかまし、納得できる釣果を得ることができました。

 

今回の釣行ではこの時期でワースト1じゃないかと言わんばかりの状況でアセりましたが、最善なものが何かを探り当てることができアジングの楽しさを満喫できた一日となりました。

 

アジングは色々なリグ、ルアーを使い分けることで釣果は大きく変わるので皆さんも日頃使用したことのないリグ、ルアーを試してみては如何でしょうか?

     
2018年12月05日

2018秋~冬・新製品のご紹介~パート3~

暦もいよいよ12月になろうかという本日。

 

「2018秋~冬」と銘打ったのは別のこの為の予防線というわけでもないのですが、やっとこさのパート3をお届けしたいと思います。

 
 

Shallow Freak Expanda[シャローフリーク エクスパンダ]

 

全国のシャローフリーカー待望の、シャローフリーク追加ラインアップです。

 

Fシステム考案者:藤原真一郎氏がテストを重ね、さらなるキャスタビリティと、レンジ攻略性能を獲得した、Fシステムの領域を更に拡張するエキスパートフロートとなっています。

 
 

まず体感していただきたいのは、その飛行性能。

 

「スコーッン!!」と、迷いなく真っ直ぐに飛んでくその飛行姿勢が、アングラーの体格や腕力に関わらない安定したロングキャスタビリティをもたらしています。

 

【シャローフリーク F-10.5g】と比較すると、こんな感じ。

より全長のある構造とすることで、飛行中の整流効果を付与するデザイン。

 

従来の【シャローフリーク】で時々感じていた「あれっ?今のキャスト、思ってたより飛ばなかった…?」の原因、球体後方に出来る空気の巻き込み抵抗を極力軽減することで、後半により伸びのあるキャストフィールを体感していただけるようになっています。

 

そして、回収が億劫になるほどのロングキャストともなれば、当然糸絡みは厳禁。

 

シャフトはフロート内部にスイベル構造を有するローリング仕様。

 

アイ部は溶接仕上げとし、糸絡みを徹底的に排除しています。

 
 

【シャローフリーク・エクスパンダ】のもうひとつの大きな特徴、それが『残浮力調整機構』です。

 

シャフトの付け根に任意のウェイトを着脱することで、既定の浮力を状況に合わせてカスタマイズ。

 

例えば 0.6gの浮力を有するF-17.8g に、0.6gのウェイトを追加することで、浮力0のフロートを創り出すことが出来る、というものです。

 

【シャローフリーク】【シャローフリーク ダイブ】へ付け替えていた手間を省き よりスピーディに状況に、そのうえ、『入りそうで入りきれないあのレンジに、スっと収まる絶妙な浮力調整』までもが可能となります。

 

この【シャローフリーク・エクスパンダ】は、

F-17.8g(残浮力:0.6g)

D-19.0g(残浮力:-0.6g)

の2規格と、残浮力調整用の専用ウェイト(別売)というラインナップでのリリースを予定しています。

 

今まで届かなかった遥か沖合、そしてレンジを攻略可能にする、『expandability(=拡張性)』の名に恥じぬパフォーマンスを是非とも体感していただきたいと思います。

 
 

Shallow Freak Petit[シャローフリーク プチ]

 

こちらも、【シャローフリーク・エクスパンダ】と同じく、藤原真一郎氏考案のシャローフリークシリーズの追加ラインナップのひとつ。

 

従来の【シャローフリーク F-7.5g】の更にライトユースをカバーする、その名の通りのプチフロートです。

 

本体重量は3.3g。

 

いわゆるジグ単ロッドでも十分に扱うことができるウェイトなので、ジグヘッドの釣りからそのまま、フロートの釣りに移行することが出来ます。

 

ハリス止めを採用した本製品。

 

本来のFシステムはもちろん、ジグヘッドリグでの釣りの最中に、リーダーに後付けすることで簡易Fシステムに素早く移行できる、というのが最大の強みです。

 

リーダーの目安は3lb前後。

 

4lbを使用すれば、プチを取り外してジグヘッドリグに戻した際の強度にも余裕を持てるので、様子見として投入する場合には、このあたりの太さがオススメです。

 

本体の残浮力は0.3gなので、1gのジグヘッドリグと組み合わせると、-0.7g。

 

フロート本体の体積の抵抗と相まって、0.7gジグヘッドリグよりもよりスローなフォール、アクションが可能となります。

 

もちろん、0.3g以下のウェイトを組み合わせて、水面直下を超スローに誘ったりと、従来のFシステム同様に幅広い演出が可能ですので、是非いろいろな状況で投入してみていただきたいと思います。

 

なお、この【シャローフリーク・プチ】には、本体上部に「ケミホタル20」が装着可能なケミホールが設けられています。

 

着水点、トレースコースの視認がしやすく、また浮かせて使う際には、アタリがケミホタルの動きに現れるので、初めて使う方はオススメです。

 

初心者からエキスパートまで、「とりあえずプチがあればもう少しなんとかなる…」なシチュエーションは、きっと多いはず。

いつもジグヘッドリグで釣りが成立している「あのポイント」での、すこし違った角度からのアプローチ、試してみていただければと思います。

 
 

以上、言わずと知れたライトゲームフロート【シャローフリーク】の新展開についてのご案内でした。

 

シャローフリーク・プチは丁度出荷がスタート!

シャローフリーク・エクスパンダは少し遅れて1月末頃の初回出荷を予定しておりますので、是非楽しみにお待ちください!

 

※詳細情報は、近日中に【PRODUCTS】のページに掲載致しますので今しばらくお待ちください。

2018年11月30日

サイトのデイゲーム&繊細なナイトゲーム で真夏のリバーチヌを楽しみ尽くす!!

 

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎 優斗です。

 

毎日暑いですね。

私の住んでいる山口県も、例年にない猛暑日が続いています。

 

水中も、表水温は30度を超え、魚にとっても暑い夏となっているようです。

そんなわけで、例年以上に苦戦している今年の夏の釣りですが、そのなかでもなかなかと言える釣りが出来たので、レポートしたいと思います。

 
 

まずここ最近の動向ですが、例年のホームフィールドで思い通りの釣果があげられず、先日思い切って、エリアの選定をイチから見直すことにしました。

 

この時期、エリアを決めるうえで重要にしていることは「流れがある」こと。

 

まず第一に安定した流入量があること。

そして、大規模河川のように全体的な大きな流れを形成するのではなく、複雑な地形や障害物が絡み、わかり易い流れが形成される小規模河川に、狙いを絞って釣行してみることにしました。

 

流れの当たるポイントに狙いを絞り、

 

浅場は軽量リグを使ったサイト

 

深場は巻きの釣り

 

で、効率的に流していくプラン。

 

この河川では、ガレがきついポイントが多かったので、『BM.キール 2.5g-#1』『躍ハゼ』 を組み合わせたリグをメインで使用しました。

 

しかし…軽量リグと言えど、昼間のチヌの警戒心は高く、リグの着水音や、近づく段階で逃げて行ってしまうことも。

 

そんななかでも僅かに反応する個体をしっかり観察しながらアプローチを絞り込んでいきます。

 

そして待望のファーストフィッシュ。

 

基本サイトで釣り上がりながら、行き当たるチャンネルなどの深場をブラインドで流しているところでのキャッチ!

魚のポジションなどのイメージは浅場狙いのまま、リグを重めの『BM.コンタクト』 にチェンジし、ボトムに当てながらの早巻きでリアクションバイトを誘うと、狙い通りにヒットに持ち込むことができました。

 

この1尾をキッカケに、魚の反応の傾向もやや見えてきました。

 

具体的には、チヌの進行方向より前側からアプローチして、目線より上を通すこと。

 

ロッドでアクションを付けながら、ふわふわっ とスイミングで誘うと、浅場のサイトでもヒットに持ち込むことに成功!

 

やっとの思いでサイトで釣る事が出来ました!!

 

この後は、目線上の方が反応が良いということで、トップウォーターゲームにシフトし数枚追加し、そのままナイトゲームへ。

 

デイゲームで反応のあったチャンネルラインを中心に食わせの釣りで狙うと、デイゲームとは一変、キャストの度にアタリが!

 

バイト自体は多いもののフックアップには至らない浅いバイトが多いので、様々なリグを試しながら反応を煮詰めていくと、どうやら移動距離を抑えたアクションが正解な様子。

 

こういうときには、ヘッドがボトムにスパイクする、『BM.コンタクト』がベスト。

ピンポイントでねちねち動かし続けると、ゴツン!と明確なバイトが引き出せる感じです。

 

サイズこそ大小さまざまですが、満喫することが出来ました。

 
 

この日、デイゲームではベイトフィッシュが多く入っていたこともあり、トップウォーターゲームの方が反応が良い…という状況でしたが、日没以降は状況が一変し、ボトムでの反応が急によくなりました。

 

その日の状況やエリアによって、反応する魚やその釣り方も様々。

色々なリグや、その状況にあったアプローチを駆使して魚を探していく過程も、チヌゲームの醍醐味ではないかと思います。

 

これから9月一杯までは、多くの河川でチヌを狙うこと出来ますので、デイも無いとも、思いっきり楽しんでみて下さい!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワーMg C2000S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 2.5g-#1 + 躍ハゼ 、BM.コンタクト5~7g-#2 躍ハゼ[いずれもアルカジックジャパン]

2018年08月12日

身近なポイントで釣果を引き出す 新感覚フロートアジング

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの木下彰です。

 

今回は【フロートアジング】

それも『今までのフロートアジングとは一風変わったアプローチ』について、紹介させていただこうと思います。

 
 

初春から晩春へと季節が移り変わり、良型のアジの回遊が見られる頃になると、波止には釣り人が溢れ、なかなかお目当てのポイントに入ることが難しくなります。

釣果等の情報が簡単に手に入る様になった昨今、なかなか自分だけの「竿抜けポイント」を探し出すことは難しくなってきているのではないでしょうか。

 

そんな時にお勧めなのが、『ぶっ飛びロッカーⅡ』と、1~1.5g程度のジグヘッドを組み合わせた【フロートリグ】によるポイント開拓です。

 

『ぶっ飛びロッカーⅡ』を使用した【フロートリグ】は、主に軽量ジグヘッドと組み合わせて表層に浮いたターゲットをスローに狙うリグです。

 

しかし、1.5gと高い残浮力が設定されているHFタイプ(ハイフロートタイプ)は、ジグヘッドのウェイトを調整する事で、表層だけでなくボトムまでを隈無く攻めることが可能となります。

 

基本的な動かし方は、フロートを極力手前に引っ張らない様に注意しながらのリフト&フォール。

 

フォール中にフリーで落とせば、そのまま上下に誘う縦の釣り。

テンションをかければフロートをフォールセーバーとして使用した極スローなテンションフォールを演出できます。

またある程度の流れがあれば、1.5g以上のジグヘッドをセットしてもフロートを沈めることなく深場をドリフトさせるなんてことも可能です。

 

狙うポイントは磯場や砂利浜等で、水深は2mもあれば十分。

 

岬の先端部などの潮通しの良い場所も良いのですが、岬より少し内側にある、切れた藻が溜まっては流れてを繰り返す様な、潮が緩やかに流れるシャローなエリアもオススメ。

一見アジが入ってきそうにないポイントですが、日中のアジは基本ベイトについて移動することが多く、まさかこんな所に、と思うような場所に溜まっている事もありますので、足を使って様々なポイントを積極的に撃っていく事が釣果に繋がります。

 

また水温の上昇と共に藻が切れ始めると、スプリットやキャロでは浮き藻を拾って釣りにならないといった状況になりますが、フロートリグであればラインメンディングを行うことで何とか手前の浮き藻をかわしながらボトムまでワームを届けることも可能となります。

 

フロートリグ特有の横移動の距離を抑えた上下の誘いというのは、他のリグでは演出しづらく、ジグヘッドやスプリットで攻めてもあまり反応がない様なシチュエーションでもフロートリグなら連続ヒット、なんて状況に遭遇することがあります。

あまり釣れない人気のないポイントにも、フロートリグのアクションに高反応を示す魚がいるかもしれません。

 

正直、いつでも効果を発揮するリグというわけではありませんが、まさかこんなところで、という様なポイントを積極的に攻めてみることが、自分だけの竿抜けポイント開拓に繋がるのではないでしょうか。

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・ソルティーセンセーション PSSS-74S “BBヒットマン”[エバーグリーン]

●リール・・・14ステラ C2500HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.4号 [アルカジックジャパン]

●メインリーダー・・・バスザイルマジックハードR 8lb [エバーグリーン]

●サブリーダー・・・バスザイルマジックハードR 4lb [エバーグリーン]

●フロートリグ・・・ぶっ飛びロッカーⅡ LL-HF [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.6g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年05月21日

技アリ!!フォローショットでのメバル攻略!!

日を追うごとに暖かさを増してきている今日この頃。季節はすっかり春ですね。

春といえば春告魚、そぅ今回のテーマはメバルです。

 

クリクリっとした愛くるしい瞳!

造形美すら感じるカッコいいボディ!!

ファイトはパワフル!!!

 

ソフト・ハード問わずルアーに好反応な、この時期のライトゲームのメインターゲットです。

 

さて様々なルアーで狙えるメバルですが、裏を返せば適材適所のリグ選択、アプローチ方法が必要であるとも言えます。

 

そこで今回私がご紹介したいのが『フォローショット』

樹脂製のシンキングフロートであるこの『フォローショット』を、【スプリットショットリグ】の要領で固定した中間分離リグです。

 

『フォローショット』「キャストアシスト」「フォールセーバー」の役割を担い、中・近距離でのメバル攻略において、私にとっては欠かすことのできないアイテムです。

 

例えば港湾部に位置する一般的な漁港でメバルを狙う場合、メバルは船影や係留ロープ等に身を寄せていることが多いのですが、そういう状況のメバルはトレースコースやレンジ、スピード等に意外とシビアな場合が多いです。

1.0~1.5gのJH単体で届く距離だけど、そのウェイトではスピードが速すぎて食ってこない。

かと言って極軽量のJHでは飛距離やキャストの正確性に難がある。

そういうシチュエーション、よくありますよね。

 

こんな時は『フォローショット』の出番です。

JHの重さはそのままにフォローショットでフォールスピードをコントロールして誘ったり…。

軽量JHと組み合わせ、飛距離とキャストの精度を上げつつ、よりスローに誘う…。

 

どちらも非常に有効です。

 

軽量JHとの組み合わせでは操作感も増しますし、水受けも良くなるので、流れに乗せドリフトで送り込んで誘う、なんてことも可能です。

 

またレンジ攻略においても、表層~水面直下はフォローショットの得意とするところですし、中層やより深いレンジまで送り込んでのスローな誘いも全然アリです。

 

また深めのレンジまで早く送り込みたい、速めのアクションでも食ってくる、そのような状況であれば『スプリットシンカー』『スプリットシンカースリム』に変更するのですが、これらのリグ変更はものすごく簡単で着脱・交換がワンタッチ、『スプリットストッパー』に差し替えるだけ。

       

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて声を大にして言いたくなります。

 

「着脱・交換、めっちゃ楽!!」

 

日中のサイトフィッシングでも活躍してくれるリグですので、動きの確認も兼ねて試して頂けたら、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、状況に合わせて様々なリグでターゲットにアプローチしていくことこそライトゲームの醍醐味であり、釣果への近道であると私は考えます。

他のリグ同様、フォローショットだけあれば完全無欠、とはならないのがライトゲームの面白いところですが、きっとお役に立つシチュエーションがあると思いますので、ぜひ試して頂ければ幸いです。

   
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年04月16日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR