FLOAT

ゲストも飛び出す!? 沖磯ロックフィッシュゲーム。

こんにちは。アルカジックジャパン・ブランドアドバイザーの平川 潤です。

先日、ロックフィッシュを狙いに沖磯へ釣行してきました。

昨今人気のロックフィッシュゲームですが、特に沖磯は一発大型を狙える可能性が高い魅力的なポイント。 新商品の『Ar.フック ロッキンロー』『リーバレット ナツメ』を引っ提げて、長崎県西部の沖磯へ乗り込みました。
今回持ち込んだタックルは、ベイトタックルを2セット。 軽めのルアーを繊細に操作できるミドルウェイトクラスのタックルと、1ozオーバーの重量級のルアーも難なく扱えるパワータックル。

それぞれに異なるウェイトのリグをセットし、地形や潮の流れなどのフィールドの状況に合わせて手返しの良い釣りを展開する狙いです。

  まずはヘビータックルを手にし、21gのタングステンシンカーに『Ar.フック ロッキンロー #1/0』を組み合わせたテキサスリグで、全体的な水深、潮の流れ、ボトムマテリアルや地形変化を探っていきます。 初場所ということもあり、まずはポイントの全体像を手早く把握するためのタングステンシンカーというチョイスでしたが、点在する「ここぞというポイント」でも反応が得られません。

ここでシンカーをタングステン製のものから、ブラス製の『リーバレット ナツメ 18g』に変更。

 

よりソフトなアクション、スローなフォールを意識しつつ、再度丁寧にアプローチしていくと、リフト後のフォール中に明確なアタリ!

  大きくアワセを入れた途端、物凄い勢いで潜ろうとするその引きに、ヘビーウェイト用のパワーロッドが大きな弧を描きます! パワータックルだからと無理なやりとりはせず、時間を掛けて浮かせると、なんと大型真鯛! (帰宅後計量すると、67cm/4090gでした!)

こんなサイズの真鯛が釣れたことにも驚きましたが、それ以上に、このサイズの魚を掛け、抜き上げても一切変形していなかったこの鈎にはもっと驚かされました。

  さてその後、改めてロックフィッシュゲームを再開。

序盤とは一転、早々に中層スイミングで25cmクラスのアコウをゲット。

また、見逃しがちな足元のピンスポットに対しては、着底後に一度大きく跳ね上げてからのスローフォールでアプローチし、30cmクラスのアカハタも引き出せました。

同じように近距離を丁寧に探り、多数のカサゴをキャッチしつつ、この日は納竿となりました。

今回の釣行ではやはり、タングステン製シンカーからブラス製シンカーへと切り替えたことが、釣果に繋がった一つの要因だと思います。 併せて使用した『Ar.フック ロッキンロー』も、コイルキーパーによりワームのズレを極力抑えてくれます。 ストレスなく釣りに集中できるこのメリットは、非常に大きかったと思います。

  アカハタやアコウといったロックフィッシュは、これから秋頃まで身近なフィールドでも狙うことのできるターゲットです。 これからも、これらのアイテムを駆使してロックフィッシュゲームを楽しんでいきたいと思います。

【使用タックルデータ】

 

★パワータックル

●ロッド・・・HRF KJ711HB[グローブライド]

 

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

 

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

 

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~24g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+ダブルモーション 3.6inch [エバーグリーン]、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 

★ミドルウェイトタックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSC-T82 “ゲームファインダー”[エバーグリーン]

 

●リール・・・モラム ZX1601C MAG[Abu Garcia]

 

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.2号[サンライン]

 

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

 

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 14~18g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+バグアンツ 3inch、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 
2017年08月18日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日

せとうち中部のライトブリームゲーム

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの高木 謙一郎です。

今回は、私が夏に手軽に楽しんでいるライトブリームゲームついて、ご紹介させていただこうと思います。

ライトブリームゲーム私がホームグランドとする瀬戸内中部エリアの河川は、潮の干満差が非常に大きいのが特徴です。

干満差の大きい時は4mを超えるほどで、干潮時には潮が引き、シャローエリアそのものが完全に露出するような場所も多いです。

今年のチヌの動向は、ポイントごとに魚影の濃い薄いの差こそありますが、ベイエリア、河川共に今年も安定して釣れています。梅雨明け以降は、大雨で地形が変わってしまったこともあり、再開拓を余儀なくされているポイントこそありますが、チヌゲーム全体としては変わらず安定していて、すでにハイシーズンに突入している印象です。


その中でも、私が好んでゲームを楽しむスポットは、砂泥の干潟にゴロタ混じりのエリア。

風景写真このようなポイントは、シャコやカニといった甲殻類や貝類などが多く生息し、それを求めてチヌがシャローに入ってきます。

特に干潮時に水が無くなるようなシャロ―まで、潮位の上昇とともに入り込んでくるようなチヌは活性が高い個体が多く、私は、そういったチヌを回遊待ちで狙うスタイルが、ゲーム性も高く、魚と出会える確率も高いので好んで行っております。

また、潮位が高くなるにしたがって狙えるスポットも広くなっていくので、そうなると地形変化や潮の変化も考えながら、できるだけ広範囲に探っていくラン&ガンスタイルも行います。


使用するリグは、BM.シリーズにワームをセットしたジグヘッドリグがメイン

前途した通り、干満差が激しく流れが速いため、5g以上のウエイト規格を使用する機会が多いです。

コンタクトでBM.シリーズそれぞれの使い分けとしては、『BM.キール』を基軸に、フィールドの状況にあわせて『BM.キューブ』『BM.コンタクト』へ変更します。

『BM.キール』は、いわゆる「ボトムゲーム」におけるベーシックなアイテム。ボトムをゆっくりリトリーブでズル引いたり、少し動かしてはステイさせたりと、直線的なアプローチが主で、勝手の分からないポイントで、まず様子を見るなら『BM.キール』がオススメです。

また、『BM.コンタクト』は、ロッドワークによるアプローチで抜群のレスポンスを誇ります。『BM.キール』様ボトムをはわせる事はもちろん、スイミングやボトムワインド的なアプローチも得意。フットボール型のヘッドは、アクションさせても移動距離を短くでき、より細やかなアクションで喰わせることができる、場所を選ばないジグヘッドです。

『BM.キューブ』は、ストラクチャーの多いエリアに向いたアイテム。台形型の特徴的なシンカーが、フォール時に水の抵抗を受けやすいので、同重量でのフォール時間が長くとれます。形状的にもストラクチャーにウエイトが干渉しにくい特徴があり、多少荒いボトムでも根掛かりしにくい特徴があります。リップラップや、今まで攻めきれなかった牡蠣殻などが点在するボトムエリアなどは『BM.キューブ』のリフト&フォールなどが活きるシチュエーションです。

キビレも多いせとうち中部同じ瀬戸内エリアでも、海や河川など、各エリア&ポイント毎で魚影も特性も大きく異なるため一概には言えませんが・・・チヌ自体は周年狙えるとても身近なライトゲームのターゲットです。

どこに行っても、まずは基本を大事に、自分の得意な釣りでゲームを組み立てていくこことが大切かと思います。

これからの晩夏~秋にかけてまだまだ好調なチヌゲーム!共に楽しみましょう。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトポージーR LPS-75R[ゴールデンミーン]

●リール・・・コンプレックスCi4+ 2500S[シマノ]

●メインライン・・・ソルティー・メイト スモールゲームPE-HG 0.4号[サンライン]

●リーダー・・・エギリーダーFC 8lb/100~150cmほど[サンライン]

●ジグヘッド・・・BM.キール #1/0-5.0~7.0gBM.キューブ #1/0-5.0~7.0gBM.コンタクト #2-5.0g[アルカジックジャパン]

●ワーム・・・藻蝦 2.0inch、ラッシュクロウ 2.0inch[ベイトブレス]、UMA 46mm [グラッド]など

2016年08月19日

ジグヘッドリグでのスタンダードアジング


こんにちわ。アルカジックジャパン・ブランドアドバイザーの平川 潤です

今回の釣行エリアは、私の自宅からほど近い場所にある小規模な漁港。

このポイントは以前より知っていたのですが、外海から少し入り込んだ位置にあるため潮が緩やかで、アジなどの回遊魚が入りにくい印象を持っていたので、正直、今まであまり重要視していなかったポイントでした。

ところが・・・「今年は、年明け頃よりポツポツと良型のアジが釣れている。」との情報を耳にしたため、改めて再調査してみることに。

小さな漁港の両側より堤防が伸びており、その先端には常夜灯がぼんやりと灯っている。潮流という条件さえ除けば『ここぞ、アジングの定番ポイント!』といった条件が揃っている場所です。


夕刻後、常夜灯周りに釣り座を構え、いざ実釣開始です。

ポイントに入ってまず行うことは、水深の把握と何かしらの変化を見つけること。

一口に『変化』と言っても解りづらいと思いますが、常夜灯の灯りの明暗潮のヨレ防波堤の基礎の境目船道のブレイクなどの地形変化がそれにあたり、それらが複合的に絡む点こそ、好ポイントになる可能性が高いスポットです。

まずは、左から右へ緩やかに流れる潮の中で、船道のブレイクと灯りの明暗が重なるスポットを重点的に攻略してみます。

『Ar.ヘッド ジャックアッパー 1.5g-#8』『艶じゃこ 1.8インチ』のジグヘッドリグを、潮上からのカウントダウンで狙いのスポットまで送り込んでいきます。

すると、早々に船道のブレイクあたりで「コン!」という明確な反応♪

フッキングを入れると同時に、ロッドがベリーまでキレイな弧を描き、絞り込まれる!小気味良い手ごたえを楽しみつつ、姿を見せたのは25.0cmを超える良型アジ♪

幸先よく良型ゲット♪

※白飛び写真で申し訳ございません。

幸先よい反応にテンションも上がり、再現性を求め、同様のアプローチで二匹目を狙いますが・・・

反応が無い。

同じスポット内を、レンジやアプローチを変えて探るも、これまた音沙汰無し。

こういった時は、一度思考をリセットして、一から再構築する方が賢明

まだ探りきっていない、沖のブレイク付近を狙ってみることに。

ボトムまでのカウント30。

まずは、ボトムベタベタをトレースしてみますが・・・無反応。

次投は、5カウント上げて、カウント25。

ロッドを横にさびくアプローチを基準に、時折アクションやフォールを加える探っていると、待望のバイト!!

一匹目同様、ロッドが絞り込まれ良型確定♪

プロポーションの良いアジサイズは同じくらいですが、先程よりプロポーションの良い個体です♪

これまた、再現性を求め同じスポットへキャスト&アプローチ。

スッ!とティップのテンションを抜くようなフォールを入れた瞬間に・・・「コッ!」と明確なバイト!!!!

狙って再現性を確認できた、気持ちの良い瞬間です。

しかも、あがってくるアジはどれも良型♪

「やはり、先入観を持たずにいろいろなポイントを試さないといけないな。」と痛感しつつ、しばしの良型アジのイレグイを堪能します。

その後は、アジの群れも入れ替わったのか、豆メバルと18.0cmほどの小アジが釣果の主体に。

ジグヘッドのウエイトを0.6g、1.0g、1.5gとローテーションさせながら探り続けましたが、最終的に反応もなくなり、この日は納竿としました。

しばしのイレグイを満喫今回の釣行では、常夜灯の明暗や船道などの比較的近距離の変化に的を絞って、ジグ単のみで攻略してみましたが、他リグも入れていくと、また違った結果が出て面白いかもしれません。

『地元のポイントもまだまだ捨てたものではないな♪』と実感できた一夜でした。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-610S  “リンバーティップ”[エバーグリーン]

●リール・・・セルテート 2004CH[ダイワ]

●メインライン・・・鯵の糸(エステルライン) 0.3号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFC(フロロカーボン) 0.3号[サンライン]

●ジグヘッド・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8~10 [アルカジックジャパン]

●ワーム・・・艶じゃこ 1.8inch  ケイムラピンク,ケイムラブルー,クリアーラメ [アルカジックジャパン]、フィッシュテール 2.0inch[ベイトブレス]など


2016年03月28日
1 / 1012345...10...最後 »
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR