FLOAT

今がハイシーズン! ドリフトで狙う、初夏の瀬戸内アジング!!

こんにちは。ブランドアドバイザーの高木謙一郎です。

 

僕のホームグラウンド・瀬戸内のアジングが、ハイシーズンをむかえています。

 

瀬戸内の中央部に位置する、広島~愛媛県を結ぶ「しまなみ海道」周辺のアジングは例年、この初夏の時期にハイシーズンをむかえます。

 

このエリアの地域的な特徴は、多くの島々で形成されている水道に面したポイントが多い事。

 

また干満差が大きいことがあり、潮周り次第では4mの干満差があります。

 

干満差が大きい事で潮流が強いポイントが多くなり、「湾内や潮溜まりを探る緩い釣り」から、「ドリフトを多用した流し込む釣り」まで、多様なアプローチでアジを狙える楽しいフィールドです。

 

狙えるサイズは20cm~尺クラスまで。

 

もちろんそれ以上に大きいサイズも釣れますが「狙って釣る」となると、表現的にどうかと。

「釣れることがある」と言った方が正しいかも知れませんね。

 
 

基本的なリグはジグヘッド単体リグが多くなりますが、流れが複雑で強い場所ではスプリットショットリグ、シャローではフロートリグも有効な場面も多くあります。

 

各リグ共に基本的なアプローチは「レンジを刻む」こと。

 

これに尽きます。

 

キャスト後のカウントダウンから、ラインは張らず緩めず。

アクションと、ラインスラッグ処理のためのトゥイッチを入れながら、テンションフォール。

常にカウントしながらバイトレンジを探してゆきます。

 

エステル、PE、フロロ、ラインシステムを問わず、これは共通です。

 
 

ポイントや活性次第では、「特定のレンジのみにアジが集まっている」場合があります。

 

アジが集まっているのがボトムなら分かりやすいのですが、中途半端な中層に浮いている場合は、難しいけれど面白いパターンです。

フォールのみで釣ろうとすると、リグが狙いのレンジを一瞬で通過してしまうため、いわゆる「拾い釣り」的な散漫なヒットになり、群れを捕まえる事が出来ません。

 

この場合に特に、カウントでヒットレンジを見つける事が大事になってきます。

 

バイトのあるレンジに集中してリグを引いてくる。

 

ロッドで引いてくるのも良いし、ラインテンションを強めにかけてフォール幅を狭くしたテンションフォールを多用するのも有効です。

 

フォールの釣りでアタリが続かない場合「特定の狭いレンジのみをグルグルと回遊している」事を疑って、狙いのレンジをより丁寧にアプローチする事が必要です。

 

ポイントによって潮流の有無、強弱、水深が違うので、「これ!」と決めてのアプローチは難しいのですが、まず潮流の合わせたウェイトを選択して潮上にキャストし潮下へ流し込む。

フォールメインでも、レンジキープメインでも、ジグ単なら0.6~1.5gを使い分けて、アジとの距離を縮めてゆきます。

 

この狙いがビンゴして、アジを見つけ出せた瞬間は、最大の醍醐味です。

   

昨年の傾向からすると、しまなみ周辺の初夏のアジングは7月まで盛期の予想です。

 

その後は豆アジの時期となり、しばらくして秋冬のハイシーズンをむかえます。

 

今が良い時です。

僕もまだまだ楽しんでいこうと思います。

 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単タックル

●ロッド・・・アリア ARS-56S[ゴールデンミーン]

●リール・・・ヴァンキッシュ 1000SSPG[シマノ]

●ライン・・・鯵の糸エステル NightBlue 0.35号[サンライン]

●リーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 4lb[サンライン]

●ルアー・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6~1.5g-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

 

★スプリット(フロート)タックル

●ロッド・・・アリア ARS-64S[ゴールデンミーン]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000S[シマノ]

●ライン・・・スモールゲームPE-HG 0.4号[サンライン]

●メインリーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 8lb[サンライン]

●サブリーダー・・・スモールゲームリーダーFCⅡ 4lb[サンライン]

●ルアー・・・スプリットシンカー 1.8~5.0g

       ジャックアッパー 0.6g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

 

       ぶっ飛びロッカーⅡ SS 各サイズ

       ジャックアッパー 0.6g-#8 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       ラウンドロック 0.6-#6 + 艶じゃこ1.8inch or 尺獲ムシ 2.6inch

       [いずれもアルカジックジャパン]

2019年07月01日

BRAND STAFF に新しい仲間が加わりました!

新元号の発表と共に、新たな年度がスタートしました。

 

新しい時代を迎えるにあたっての準備…といわれてもなかなかピンとくるものが少ないのですが、なぜかどことなく、いつもよりも晴れやかな心もちになる今日この頃です。

 
 

さて、そんなわけで本日は、本年度より新たに協力をいただくことになりましたブランドスタッフを紹介させていただきます。

 

羽田 泰 【YUTAKA HANEDA】

 

1984年生まれ 宮城県在住 ホームエリアは宮城県 牡鹿半島。 磯での釣りを得意とし、現場で培った経験値を活かして常にビックフィッシュを狙い続ける 実力派アングラー。 メバル、ロックフィッシュをメインターゲットとする一方で新たな魚種への取り組みも行い、自身の釣りを日々進化させようとする努力家。

 
 

この場での報告より一足先に、東北フィッシングショー会場でお会いされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ホームである宮城県を中心に精力的に活動を行う氏の釣技、ターゲットに関する見識には、卓越したものがあります。

今後の東北エリアでのますます活躍と、製品展開にご期待いただきたいと思います。

 
 

清水 千央 【YUKIHISA SHIMIZU】

 

1992年生まれ 広島県在住 海況や魚のコンディションを瞬時に見極める高い洞察力を持ち、平日の短時間釣行において も確実な釣果を叩きだす、しまなみ海道のアジングを知り尽くすスーパーロコ。 ロッドビルディングに関しても造詣が深く、日々の釣行の中で答え合わせをしながら、その探究を続けている。

 
 

 メバリングゲット2017優勝 の経歴を持つ、若き実力者。

 

日々の釣行で培った感性を、ロッドビルディングという手法でアウトプットし続ける清水氏にはもちろん、インスピレーションシリーズの展開に際して大いに活躍していただけるのではないかと思っています。

 
 

両名共に、アルカジックジャパンを今まで以上に盛り上げてくれる、エネルギー溢れるアングラーですので、今後の活躍をどうぞご期待ください!!

2019年04月09日

シーズン真っ只中! 関門エリアのロックフィッシュゲーム!!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今回は、私のホーム・下関のロックフィッシュゲームを紹介させていただこうと思います。

 
 

こちら下関には、全国的にも有名な『関門海峡』があり、その潮流が育む周辺のフィールドには様々な魚が居て、日夜釣り人を楽しませてくれます。

 

そんな釣りモノ豊かな関門エリアの中でも、最近特に人気が出ているのがアコウ(キジハタ)カサゴといったロックフィッシュです。

 

その釣期は早いポイントでは4月初旬から始まり、およそ10月半ばくらいまで狙える(カサゴは通年)為、それ専門で狙っているアングラーもいる程です。

 

例に漏れず私も、3月末より、ボチボチとポイントに足を運びアコウを狙っていました。

 

使用するリグは『Re:バレット ナツメ』『Ar.Hook ロッキンロー』【テキサスリグ】です。

 

メインウェイトは21g前後。

 

このウェイトを中心に、流速やアコウの活性に合った適正なウエイトを見つけていきます。

 

基本的な狙いは、沖の根やショア沿いのハードボトム。

 

なかでも、流れの淀みが絡む所は、非常に有望なポイントです。

 

多くの場合は、ボトムを取り、リフトさせフォールさせるボトムノックを行います。

   

『Re:バレット ナツメ』は、ブラス製の為、スローなフォールを演じる事が出来ますし、鏡面加工してある為、フラッシング効果で魚にアピールを自ずとしてくれる為、本当にありがたい。

 

こうしたボトムに絡めたシチュエーションではホッグ系のワームを使い、主食と思われる甲殻類に見たてて口を使わせます。

アコウもカサゴも、ロックフィッシュ特有の強烈な引きで楽しませてくれます。

 
 

アコウについては、巻きの釣りによく反応することもあります。

 

一言に「巻き」と言っても、ボトムを取りそのままボトム付近をスイミングさせてみたり、リフトさせてスイミングさせてみたりと、狙い方は様々。

 

「巻き」の誘いの際には、『Arブレード コイルスピン』を装着するのも効果的。

 

その時のメインのベイトを予想し、それに当て嵌めた釣りを展開していくと出会う確率は更に高くなっていきます。

 

そして、出会ってからの楽しみは・・・やっぱりあの強烈な引き♪

 

餌を咥え、巣穴へ戻ろうとするアコウと、人とのパワーファイト。

   

これはまた、格別です。

   

そして、信頼の強度で、やりとりを心から楽しませてくれるのが『Ar.Hook ロッキンロー』

 

エクストラヘビーワイヤーを使用したクエ針ベースのオフセットフックです。

 

アイにはコイルキーパーが装着してあり、ワームをがっちりホールド。

ワームの切れやズレを劇的に軽減してくれるのが、これまたありがたい。

 

私は、関門海峡~旧下関市内では#1~#2/0を多用します。

 

フックサイズも中々重要ですので、乗りが悪い場合やショートバイトが続く場合は、違うサイズを試してみることをお勧めします。

 

勿論、クエ針がベースですので、クエとのパワーファイトにも全く動じません(笑)

 

これからが本番のロックフィッシュゲーム、暑さとの戦いにもなると思いますが、更に楽しんでいきたいと思います。

 
 

【使用タックルデータ】

 

★パワータックル

●ロッド・・・HRF KJ711HB[グローブライド]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.5号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~32g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+ダブルモーション 3.6inch [エバーグリーン]、藻蝦 3inch、BeTanCoカーリーテイル 3inch [ベイトブレス] など

 

★ミドルウェイトタックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSC-T82 “ゲームファインダー”[エバーグリーン]

●リール・・・モラム ZX1601C MAG[Abu Garcia]

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 14~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+バグアンツ 3inch、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 
2018年06月27日

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!

大変遅くなりましたが…。

 

平成30年 2月3日(土)~2月4日(日) に、インテックス大阪にて開催されました、FISHING SHOW OSAKA 2018

 

今年は、横浜会場に続くかたちで出展させていただきました!

   

振り返ってみても、まさに「あっという間」の2日間…。

 

横浜会場と同様 昨年実績を上回る盛況ぶりに、当日会場で感じていた”つり人のエネルギー”の根源を垣間見たように感じます。

 

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

 
 

お話させていただいた多くのアングラーの方からも、

 

「このアイテム使ってますよ!」といった応援の御言葉から、

「コレのここって こういう風にできないですか!?」といったありがたいご意見まで。

 

同じくルアーフィッシングを愛するものとして、非常にたくさんのエネルギーを別けていただけたような、そんな刺激に溢れた2日間でございました…。

 

期間中、新製品はもちろん、これまで送り出してきた製品を経て、多くのアングラーの皆様と触れ合うことができ、大変うれしく思います。

 

ブースへお立ち寄りくださいました皆様へ、心より御礼申し上げます。

また、連日に渡ってご協力いただきましたブランドスタッフをはじめとした関係者の皆様、大変お疲れ様でした!

 

これからも、より多くのアングラーにルアーフィッシングを楽しんでいただけるよう、各地のイベント、そしてご期待に沿える製品展開に尽力してまいりますので、どうぞ今後とも、変わらぬご支援、ご愛願のほど、宜しくお願い申し上げます。

   
2018年02月14日

ゲストも飛び出す!? 沖磯ロックフィッシュゲーム。

こんにちは。アルカジックジャパン・ブランドアドバイザーの平川 潤です。

先日、ロックフィッシュを狙いに沖磯へ釣行してきました。

昨今人気のロックフィッシュゲームですが、特に沖磯は一発大型を狙える可能性が高い魅力的なポイント。 新商品の『Ar.フック ロッキンロー』『リーバレット ナツメ』を引っ提げて、長崎県西部の沖磯へ乗り込みました。
今回持ち込んだタックルは、ベイトタックルを2セット。 軽めのルアーを繊細に操作できるミドルウェイトクラスのタックルと、1ozオーバーの重量級のルアーも難なく扱えるパワータックル。

それぞれに異なるウェイトのリグをセットし、地形や潮の流れなどのフィールドの状況に合わせて手返しの良い釣りを展開する狙いです。

  まずはヘビータックルを手にし、21gのタングステンシンカーに『Ar.フック ロッキンロー #1/0』を組み合わせたテキサスリグで、全体的な水深、潮の流れ、ボトムマテリアルや地形変化を探っていきます。 初場所ということもあり、まずはポイントの全体像を手早く把握するためのタングステンシンカーというチョイスでしたが、点在する「ここぞというポイント」でも反応が得られません。

ここでシンカーをタングステン製のものから、ブラス製の『リーバレット ナツメ 18g』に変更。

 

よりソフトなアクション、スローなフォールを意識しつつ、再度丁寧にアプローチしていくと、リフト後のフォール中に明確なアタリ!

  大きくアワセを入れた途端、物凄い勢いで潜ろうとするその引きに、ヘビーウェイト用のパワーロッドが大きな弧を描きます! パワータックルだからと無理なやりとりはせず、時間を掛けて浮かせると、なんと大型真鯛! (帰宅後計量すると、67cm/4090gでした!)

こんなサイズの真鯛が釣れたことにも驚きましたが、それ以上に、このサイズの魚を掛け、抜き上げても一切変形していなかったこの鈎にはもっと驚かされました。

  さてその後、改めてロックフィッシュゲームを再開。

序盤とは一転、早々に中層スイミングで25cmクラスのアコウをゲット。

また、見逃しがちな足元のピンスポットに対しては、着底後に一度大きく跳ね上げてからのスローフォールでアプローチし、30cmクラスのアカハタも引き出せました。

同じように近距離を丁寧に探り、多数のカサゴをキャッチしつつ、この日は納竿となりました。

今回の釣行ではやはり、タングステン製シンカーからブラス製シンカーへと切り替えたことが、釣果に繋がった一つの要因だと思います。 併せて使用した『Ar.フック ロッキンロー』も、コイルキーパーによりワームのズレを極力抑えてくれます。 ストレスなく釣りに集中できるこのメリットは、非常に大きかったと思います。

  アカハタやアコウといったロックフィッシュは、これから秋頃まで身近なフィールドでも狙うことのできるターゲットです。 これからも、これらのアイテムを駆使してロックフィッシュゲームを楽しんでいきたいと思います。

【使用タックルデータ】

 

★パワータックル

●ロッド・・・HRF KJ711HB[グローブライド]

 

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

 

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.5号[サンライン]

 

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

 

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~24g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+ダブルモーション 3.6inch [エバーグリーン]、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 

★ミドルウェイトタックル

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSC-T82 “ゲームファインダー”[エバーグリーン]

 

●リール・・・モラム ZX1601C MAG[Abu Garcia]

 

●メインライン・・・ソルトウォータースペシャル PEジガー8 HG 1.2号[サンライン]

 

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC[サンライン]

 

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 14~18g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+バグアンツ 3inch、キジハタグラブ 4inch [エコギア] など

 
2017年08月18日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR