FLOAT

夏の大型メバル攻略

 

皆さん、こんにちは。ブランドアドバイザーの羽田泰です。

暦は9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続いている宮城県牡鹿半島。

 

ロックフィッシュファンの私にとっては、沿岸部の個体数が少なくなる辛い季節ですが、実はこんな季節だからこそ釣れる魚が居るのです。

 

「夏に釣れる大型のメバル」

 

多くの方が「メバルと言えば春~初夏。あるいは、秋~冬」といった印象をお持ちだと思われますが、実は夏でも条件を満たせば狙えるターゲットなのです。

 

海水温が上昇し多くの魚が岸辺を離れてしまう夏ですが、体力のある大型の個体、ベイトに固執している個体は、岸辺を離れずに残っている傾向にあります。

 

ハイシーズンに比べれば数こそ圧倒的に少ないですが、釣りものが減る夏の時期に「大型のメバルが狙える」としたら、それは夢がありますよね?

 

しかも、尺メバルも夢じゃないとしたら…。

 
 

期待を胸に出掛けた今回の釣行。

スケジュールは0泊2日・15時~翌朝までの夜通し釣行。

 

青物、ロックフィッシュ含むメバル狙いの欲張りな感じです(笑)

 

残念ながら青物のヒットとはなりませんでしたが、夕マヅメに良型のベッコウゾイ(タケノコメバル)がヒット!!

 

冷水系のロックフィッシュですが、夏の厳しい状況でも強い個体は残っているという証拠。

 

メバルにも期待が持てそうです!

 

ヒットルアーは【ショアグライダーjr】の10gで、カラーはブルーベイト。

 

ボトム近辺を小刻みにシャクっていたときに、海草の中から飛び出してきてくれました。

ショアグライダーjrと同じくらいのカタクチイワシが群れで泳いでいたので、マッチザベイトだったのでしょう。

 

その後のヒットはなく、日没を迎え、メバルに移行。

 

使用タックルはジグ単用に【インスピレーションS63】と、
フリーシンカー及びメバちょこ用に【インスピレーションS69】

 

狙う魚が大きいので、使うワームもシャッド系2インチクラスです。

メインベイトとなり得るのは基本アミですが、そのアミを狙って小魚も接岸している状況でしたので、小魚に合わせることで狙いを大型に絞りました。

※アミを狙う大型ももちろんいます

 

夏の大型メバルの傾向としては、ケーソンや根回りの海草帯のボトム周辺に着く傾向がありますので、基本はボトム狙い。

 

水深が2m~5m程でしたので、【ラウンドロック】の1.5g#4を使用。

アクションはスイミング主体ですが、一定のスピードで巻き進めるよりもストップ&ゴーを織り交ぜて食わせの間を与えてあげる方が、バイトが多く取れるように感じます。

 

コンマ数グラムで魚の反応が変わるメバリング。

 

水深、流れ、魚の活性などを考慮し、ジグヘッドのバリエーションは持ち合わせておくのが良いでしょう。

 

メバリングに移行して早々に良型のバイト!

大型特有の押さえ込む食い方に期待が高まります。

 

無事ランディングできたのは27.5cmの良型のメバル。

 

数こそ多くは獲れませんが、夏の厳しい季節に狙える大型メバルを捉えることが出来れば、また一つ釣りの楽しさが味わえると思います。

 

その後も25cmクラスを数本追加。

 

次第に、足下のケーソン付近のバイトが遠退いたので、遠投に狙いを切り替えます。

この日は回遊で回っている個体も多く、フリーシンカーが活躍してくれました。

私のおすすめはフリーシンカーに海水封入+1gウエイト のセッティング。

 

使用ジグヘッドが1.5gなので飛距離を伸ばしつつ、フリーシンカーの沈下スピードがジグヘッドを上回らないようにするセッティングです。

 

最終釣果は25cmオーバーが10数本、尺メバル1本(同行者)とこの時期としては満足な釣果。

 

狙い目のポイントのキーワードとしては、「潮通しが良いこと」が必須。

「海草帯」「沈み根」「ケーソン」などのベイトが溜まる要素があること。

あとは年間通じて「実績」が高いことです。

併せてメバルに対しての「熱意」もあると良いでしょう。

 

9月に入った現在でも岸辺に残っている個体は居ますので、是非皆さんも尺メバルを目指して通ってみてくださいね!

 

【使用タックルデータ】

 

★ジグ単用タックル

●ロッド・・・インスピレーション S63″ジャックアッパー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・C2000番クラス

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 4lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・ラウンドロック 1.5g-#4[アルカジックジャパン]+シャッド系2インチ

 

★フリーシンカー&プラグ用

●ロッド・・・インスピレーション S69″スプリットシーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・2000番クラス

●ライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.3号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb + 4lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・Ar.キャロ フリーシンカー Long(ウェイトアジャスターⅡ 1g + 海水) + ラウンドロック 1.5g-#4[アルカジックジャパン]+シャッド系2インチ

2020年09月18日

晩夏~秋シーズンのライトブリームゲーム


皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの中崎優斗です。

今日は、夏から秋にかけてのライトブリームゲームを紹介したいと思います。


夏が最盛期と思われがちなブリームゲームですが、これから晩秋まで間もオススメな季節です。


夏の間、チヌは流れを求めて河川に遡上してきます。
流れで涼をとりつつ餌を食べて生活する夏場のチヌですが、8月ごろには河川でも高水温となるため、いよいよ口を使わなくなります。

この水温が低下に傾きだすと、一転して活発に行動を再開します。


狙うポイントについても変わります。

アフターから夏場は流れを求めて集まるチヌを狙うのがセオリーでしたが、秋が進むにつれて、餌を食べに河川へ上がって来た個体を狙うのが有効になってきます。


デイゲームでは、サンドバーなどの浅場のベイトフィッシュを追い込めるようなポイントをトップウォーターで攻略。


産卵後流れを求めて浮いているチヌ狙いにはポッピングを用いることが多いですが、秋のベイトフィッシュを捕食している個体は【くろポップ】を用いてドッグウォークの主体の早い動きで狙っていくのが効果的です。


がれ場など甲殻類を捕食しているポイントではサイトフィッシングをメインに地形や魚の状況に合わせて狙って行きます。


サイトフィッシングでは、がれ場等の根掛かりが多い地形の場合が多く根掛かりを少なくすることと、一瞬の吸い込みバイトに対応することを目的に、3.5g以下の軽量リグを多用します。


おすすめは【BM.キール】【躍ハゼ】の組み合わせでフォールとステイで狙う事がほとんどです。


ナイトゲームでも水温が下がるにつれ、果敢に甲殻類を捕食し始め、サイズ・数共に狙えるボトムゲームが面白くなって来ます。


河川だけでなく、磯場やサーフでもベイトフィッシュを狙うチヌが狙える様になってきます。
ベイトフィッシュが多く入っているポイント、シモリや藻場など隠れる場所があるポイントを狙うのがオススメです。


サーフやベイトフィッシュが多いポイントではドッグウォーク主体で広範囲に誘い、シモリや藻場といった”ここぞ!”といったポイントではポッピングやターンを繰り返してじっくり誘う狙い方がオススメです。


これからの季節、昼夜問わず色々な釣り方で狙えるので、是非トライしてみて下さい。

 

【使用タックルデータ】

 

★トップウォータータックル

●ロッド・・・インスピレーション S76″フリーシンカー”[アルカジックジャパン]

                S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・くろポップ[アルカジックジャパン] ほか

 

★ジグヘッドタックル

●ロッド・・・ソルティーセンセーションPSSS-S70″D-アタッカー”[エバーグリーン]

●リール・・・ツインパワー2500S[シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.6号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 8lb[アルカジックジャパン]

●ルアー・・・BM.キール 2.0g-#1~3.5g-#1[アルカジックジャパン] + 躍ハゼ[アルカジックジャパン]

2020年09月08日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR