FLOAT

瀬戸内アジングの上達のポイント


みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの清水 千央です。


初レポートとなります今回は、瀬戸内でのアジングで、安定した釣果を出すことをテーマにお話しさせていただこうと思います!

 
 

私のホームグラウンドであるしまなみ海道(瀬戸内海中部)では、これまで「希少種」といわれることもあったアジですが、最近では2桁釣果も狙えるほどに、安定した釣果が見込めるようになってきました。

 

これまで完全にオフシーズンとされていた2~3月でも、まばらながら釣れるほど。

仲間内では、1~12月 毎月安打を達成された方の報告をもらうほど、アジの魚影自体は、少し前に比べるとずいぶんと濃くなっているように思います。


そんなしまなみで、安定した釣果を出すためにはどうしたらいいのか?。


①季節パターンを意識する!

 

南北に広がるしまなみ海道。

季節ごとに、釣れる場所もパターンも様々ですが、大まかな傾向があります。


・3~4月は回遊性が高いため、潮流の変化の大きな場所が有利!

・5~6月は産卵後の回復のため、ベイトの多い場所がチャンス!

・7~8月は尺アジと豆アジの入れ替わり時期、サイズを意識!


こうした「季節感」を意識して出掛けると、早くアジに出会えるかもしれません

 

②タイミングを意識!

 

瀬戸内アジングでは、アジの回遊するタイミングを狙うことがキモとなります。


例えば、満潮前後がタイミングとなり、転流によって釣れ始めるパターン。

アジの実績のある場所で、このような潮流の変化がある時はチャンス!


「いるけど食わない」「レンジがあっていない」ということも往々としてあるので、あの手この手を試してください。

 

③実績を大切にする!

 

釣れた実績ももちろん大切なのですが、釣れなかった時の実績も大切にしています。


例えば上げ潮では回遊がなかった場合では

→「下げ潮で試してみよう」「塩はよく流れていたのでもう一度チャレンジ」

→「思い切ってエリアを変えてみよう」「2週間後の潮で来てみよう」

など試行錯誤してアジを探すことで、新たなパターンや群れを発見したり、釣れた時の嬉しさも一塩です!

 

そして、瀬戸内で主に使用するリグについて。


私は基本的にはジグ単を使用します。

ウェイトは、1gを基準として、潮に馴染む(浮かず沈みすぎず)よう調整します。


カラーは『ケイムラピンク』からスタートしつつ、海色をみて『あみだんご』や『チャートラメ』にチェンジして反応を見るようにしています。


シーズンによって、様々な顔を見せてくれる瀬戸内アジング。

これからも楽しみです!

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・Shijima Range Finder 52[自作]

●リール・・・ヴァンキッシュ 1000SSPG[シマノ]

●メインライン・・・鯵の糸エステル NightBlue 0.3号[サンライン]

●ルアー・・・ジャックアッパー 0.6~1.5g-#8 + 艶じゃこ1.8inch[いずれもアルカジックジャパン]

 
2020年05月20日

BRAND STAFF に新しい仲間が加わりました!

長らく更新が滞っておりましたが…

本日は、本年度より新たに協力をいただくことになりましたブランドスタッフを紹介させていただきます!

 

水戸口 弘樹 【HIROKI MITOGUCHI】

 

自身が編み出した「マジカルダート」を武器に、ホームグランドである鳥取のアジを昼夜追いかけるエキスパートアングラー。 「釣道不撓不屈」を掲げ、釣りに対する姿勢には、一切の妥協もない。 その「釣道」は、渓流やブラックバス、ロックフィッシュやヒラマサなど、多くの魚たちとの出会いを経て、確固たる釣果をたたき出す今日へと至っている。

 
 

すでに誌面などの多くのメディアで活躍中の水戸口氏に、今期より協力いただくこととなりました。

ホーム・鳥取から情報発信はもちろん、そのスキルを活かしたアウェイ攻略などの新しい側面もお届けできればと思っておりますので、ご期待いただければと思います。

 

對馬 智樹 【TOMOKI TSUSHIMA】

 

北海道・道央を拠点に、トラウトやロックフィッシュなど、北海道の豊かなフィールドがはぐくむ魚たちを追い求める。 ベイトタックルにひときわ拘るそのアプローチは、ときには1g未満のライトリグを緻密に、またあるときは100gクラスのヘビールアーを華麗に操り、常識を覆すような釣果を世に示す。 自身の感じる可能性をとことん突き詰める、情熱と探求心の塊。

 
 

北海道エリア担当の「自称・小物釣り師」な對馬氏。

しかしその実態は「気になった要素は検証せずにはいらられない超行動派」

その独自の視点・考察を積み重ねる、氏のアングラーとしてのバックボーンから湧き出る新たな閃きを、新たなアイテムとしてお届けできるよう、共に歩んでいきたいと思います。

 
 

このほか、近日中また改めて紹介を予定しております1名を含めた3名が、今年度より活動いただくこととなりましたので、今後もぜひご期待ください!

2020年05月13日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR