FLOAT

シャローフリーク エクスパンダでの泉南メバルゲーム

皆さん、こんにちは。ブランドビルダーの伊川和隆です。

 

今日は、新発売となった【シャローフリーク・エクスパンダ】を使って良いメバルゲームが出来たので、その時の模様をお届けしたいと思います。

 

釣行日は3月中旬、新月大潮の2日目。

例年、大阪湾のメバルは、桜の開花時期に釣れ出す傾向があるのですが、今年は暖冬だった影響か、早めのスタートを切っている、という状況です。

 

フィールドインした時点で、下げ2分といった具合の高めの潮位。

シャロ―帯の手前までメバルが差して来ていそうなシチュエーションですが、フロートマンの私はやはり発売されたばかりの【シャローフリーク エクスパンダ】を結んでしまう(笑)

 

ちなみに、使用するロッドは【インスピレーションのS80】

【シャローフリーク エクスパンダ】や、【シャローフリーク】を遠投する釣りをするときに最適です。

 

【シャローフリーク エクスパンダ F 17.8g】【シンキングバランサー1.2g】を取り付けシンキング仕様にチューンし、まずは7割程の力で様子見キャスト。

 

ボトム付近の部周りや、海藻スレスレを丁寧に通していきますが、反応はイマイチ…。

 

使用しているワームはメバル狙いで絶大な信頼を寄せている【海ゲラ】ですが、それでも簡単に口を使ってくれる状況ではないようです。

断続的にカラーローテーションを行いながら一通りチェックしましたが、変わらずメバルの反応は悪い…。

 

思い切って大きくレンジを変えてみようと、シンキングバランサーを取り外し、フローティング仕様にチェンジ。

リーダー1m分の表層付近を探り始めると、ようやく反応がありました!

 

コンディションの良いメバル!

 

レンジが分かったところで、あらめてジグヘッドのウェイトやカラーローテーションを行いパターンを突き詰めていくと、どうやら今宵のメバルは【よもぎ】に反応が良さそうです。

 

ここ大阪湾では、【パールホワイト】【スノーマン】などソリッド系のアピールカラーが鉄板ですが、この日はバイトが浅く、よもぎに付け替えて再度同じ所を通すと、途端に暴力的なバイトで喰ってくる!という状況。

 

水色や、捕食している餌のカラーなのかは判りませんが、確実に「この日のカラー」でした。

 

大阪に限らず、全国各地のフィールドで、その日の条件ごとの「当たりカラー」は存在すると思います。

皆さんも是非、カラーのローテーションをこまめに行ってみてください。

 

今回潮位的には【シャローフリークプチ】【シャローフリーク】でも十分に釣りが展開できる状況でしたが、大潮周りの大きな干満差に対応するには、エクスパンダのキャスタビリティが大きな武器になります。

 

他のアングラーよりも遠投が出来る=そこに居るスレて無い魚が攻略できるって事ですね。

 

従来のシャローフリークに加えて、近距離のシャローフリーク プチ、超遠投のシャローフリーク エクスパンダ、それぞれをフィールドに合わせて使い分けることで、Fシステムも今まで以上に活躍する場面が増えました。

 

皆さんも是非、シャローフリークシリーズを駆使して、Fシステムでしか獲れないメモリアルな魚をゲットしてください!

 
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション S80″シャローフリーカー”[アルカジックジャパン]

●リール・・・セルテート 2004[グローブライド]

●メインライン・・・ Ar.PE レンジブレイド 0.5号[アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 6lb-100cm [アルカジックジャパン]

●Fシステム・・・シャローフリーク エクスパンダ F-17.8g + 海ゲラ よもぎ + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [いずれもアルカジックジャパン]

 
2019年03月19日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR