FLOAT

今年も開幕!関門アコウゲーム!

みなさん、こんにちは。ブランドアドバイザーの平川 潤です。

今年もいよいよ、私のホームである関門ロックゲームが開幕しましたので、レポートしたいと思います。

 
 

実は、4月初旬から、ちょこちょこと釣行を重ねている今年の関門ロック。

 

例年通りの展開であれば、関門海峡(北九州側)→関門海峡(下関側)→下関市内~山陰と、季節の進行と共に北上しつつ魚を追いかけるのですが、今年は調査目的も兼ねた関門海峡(下関側)からのスタートとしました。

 

リグはテキサスリグ。

 

釣行初日はまだ、ロックフィッシュには少し早いイメージのある4月。

ショアに寄っている魚も少なく、その活性も低いだろうと予想し、なるべく軽いウェイトを中心に釣行を重ねました。

 

メインで使用したのは、【Re:バレット ナツメ 18g】 + 【Ar.Hook ロッキンロー #1】

 

関門海峡としては比較的ライトなセッティングで、しっかり食い込ませる狙いです。

 

関門海峡の下関側は、比較的護岸整備が進んでいるためポイント」に乏しく、「波止周辺の基礎狙い」と、「沖の沈み根狙い」を主に釣りを展開します。

 

特に基礎周りは複雑に石が積まれており根魚達のストック量も多い為、丹念に探っていくことが重要です。

 

例年の実績で言うと、4月は大型狙いに期待が持てる分、ハズせばボウズ…という感じ。

当日もやはり魚影は薄く、釣行を重ねてもボウズやカサゴのみの日が続きました。

 

季節は進んで6月。

 

各ポイントでは次第ベイトを見かけるようになり、「そろそろ良さそう」な雰囲気ですが…。

 

潮通しの良い波止先端周り。

 

その沖合の沈み根。

 

波止の基礎周り。

 

足元のシェード。

 

撃てども撃てども根魚からの反応は無く、日は高々…。

 

周りの釣り人も帰りだす始末です。

 

しかし私はそれをチャンスと捉え、波止の基礎撃ちランガンを開始♪

 

キャストするのは基礎のあるちょい沖に絞り、撃っては歩きを繰り返します。

潮流の変化に合わせてウェイトも小まめに変えつつ、基礎周りを丁寧に根気よく撃ち続けると、やがて「ゴンッ!!」という明確なバイト!!

 

しっかりフッキングも決めて、念願の令和初アコウをGET♪

 

この一尾を皮切りに、地磯でのアコウと、ヒラメもキャッチ出来ました。

 

今季の釣行では、新発売の【扇クロー 2.8&3.4inch】【岩礁ウオ 3.6inch】【捲ナゴ 3.6inch】をメインで使用しています。

 

このワーム達は甲殻類フレーバーを配合し、臭いでものすごくアピールしてくれます。

各種特徴が違うので、使い分けると良い釣果に繋がると思います。

 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・インスピレーション C88XH”ロックショアスピン”[アルカジックジャパン]

       ブラックスター ハード B72MHX[ゼスタ]

●リール・・・ジリオンSV TW 1016SV-XXHL[グローブライド]

●メインライン・・・スーパーブレイド5  1.2号[サンライン]

●リーダー・・・ソルトウォータースペシャル ポケットショックリーダーFC 20lb[サンライン]

●ルアー・・・リーバレット ナツメ 18~21g[アルカジックジャパン] + Ar.フック ロッキンロー #1/0~#2/0[アルカジックジャパン]+扇クロー2.8inch or 3.4inch岩礁ウオ 3.6inch捲ナゴ 3.6inch[アルカジックジャパン]、ロックマックス 3inch [エコギア] など

 
2019年07月30日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR