FLOAT

技アリ!!フォローショットでのメバル攻略!!

日を追うごとに暖かさを増してきている今日この頃。季節はすっかり春ですね。

春といえば春告魚、そぅ今回のテーマはメバルです。

 

クリクリっとした愛くるしい瞳!

造形美すら感じるカッコいいボディ!!

ファイトはパワフル!!!

 

ソフト・ハード問わずルアーに好反応な、この時期のライトゲームのメインターゲットです。

 

さて様々なルアーで狙えるメバルですが、裏を返せば適材適所のリグ選択、アプローチ方法が必要であるとも言えます。

 

そこで今回私がご紹介したいのが『フォローショット』

樹脂製のシンキングフロートであるこの『フォローショット』を、【スプリットショットリグ】の要領で固定した中間分離リグです。

 

『フォローショット』「キャストアシスト」「フォールセーバー」の役割を担い、中・近距離でのメバル攻略において、私にとっては欠かすことのできないアイテムです。

 

例えば港湾部に位置する一般的な漁港でメバルを狙う場合、メバルは船影や係留ロープ等に身を寄せていることが多いのですが、そういう状況のメバルはトレースコースやレンジ、スピード等に意外とシビアな場合が多いです。

1.0~1.5gのJH単体で届く距離だけど、そのウェイトではスピードが速すぎて食ってこない。

かと言って極軽量のJHでは飛距離やキャストの正確性に難がある。

そういうシチュエーション、よくありますよね。

 

こんな時は『フォローショット』の出番です。

JHの重さはそのままにフォローショットでフォールスピードをコントロールして誘ったり…。

軽量JHと組み合わせ、飛距離とキャストの精度を上げつつ、よりスローに誘う…。

 

どちらも非常に有効です。

 

軽量JHとの組み合わせでは操作感も増しますし、水受けも良くなるので、流れに乗せドリフトで送り込んで誘う、なんてことも可能です。

 

またレンジ攻略においても、表層~水面直下はフォローショットの得意とするところですし、中層やより深いレンジまで送り込んでのスローな誘いも全然アリです。

 

また深めのレンジまで早く送り込みたい、速めのアクションでも食ってくる、そのような状況であれば『スプリットシンカー』『スプリットシンカースリム』に変更するのですが、これらのリグ変更はものすごく簡単で着脱・交換がワンタッチ、『スプリットストッパー』に差し替えるだけ。

       

すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めて声を大にして言いたくなります。

 

「着脱・交換、めっちゃ楽!!」

 

日中のサイトフィッシングでも活躍してくれるリグですので、動きの確認も兼ねて試して頂けたら、なるほどと思ってもらえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、状況に合わせて様々なリグでターゲットにアプローチしていくことこそライトゲームの醍醐味であり、釣果への近道であると私は考えます。

他のリグ同様、フォローショットだけあれば完全無欠、とはならないのがライトゲームの面白いところですが、きっとお役に立つシチュエーションがあると思いますので、ぜひ試して頂ければ幸いです。

   
 

【使用タックルデータ】

 

●ロッド・・・LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF [がまかつ]

●リール・・・ヴァンキッシュ C2000HGS [シマノ]

●メインライン・・・Ar.PE レンジブレイド 0.2号 [アルカジックジャパン]

●リーダー・・・Ar.ライトゲームリーダー 5lb [アルカジックジャパン]

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL [アルカジックジャパン] + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#6 [アルカジックジャパン] + 海ゲラ 1.2inch [アルカジックジャパン]

2018年04月16日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR