FLOAT

「シャローエリアを広範囲に探りたい」「さらに遠くのポイント を攻略するための飛距離がほしい」「超軽量ジグヘッドの動き をストレスなく自然に演出したい」それに加えて「バイトだけ でなく、リグの動きも確実に感じたい」…。そんなアングラー の要求を満たしてくれるのが、ブランドビルダー/藤原真一郎 考案のフロートリグシステム『Fシステム』であり、その専用 設計フロート『シャローフリーク』です。

●空気抵抗と飛行姿勢、着水後の安定性を計算したオーバル形状。

●計算された絶妙の残浮力を生み出すオリジナル樹脂マテリアル。

●「飛距離」「自重」「体積」のバランスにこだわった構造設計。

●蓄光量を調整したグローカラーは、夜間での視認性も重視。


シャローフリーク
【タイプ】 F(フローティング)
【カラー】ホワイトグロー
希望本体価格¥380


タイプ 重量(g) 残浮力(g) 商品コード
F(フローティング) 7.5g 0.3g 25011
F(フローティング) 10.5g 0.6g 25012
F(フローティング) 15.0g 0.8g 25013
※表示している希望本体価格には、消費税は含まれておりません。
※表示している一個あたりの重量および残浮力は平均値です。 多少のバラツキはご了承ください。
※残浮力として表示されている数値は、その負荷がかかると沈みはじめる重量の目安です。但し、製造工程による若干のバラツキの他、塩分濃度、水温等によっても変化しますのでご了承ください。

●シャローフリーク構造図●


●基本的な仕掛け図●





●F(フローティング)モードでの基本アプローチ●

2015年11月現在、シャローフリークを使用した『Fシステム』には、様々な使用モードがあります。その一つが、最も基本となる[F (フローティング)モード]です。 [ F (フローティング)モード]は、シャローフリークに設定されている残浮力値未満のジグヘッドを組み合わせた状態のリグを指します。例えば、シャローフリーク F-10.5gの残浮力値は0.6g。これに0.6g未満のジグヘッドを組み合わせるとシャローフリークは海面に浮いた状態となり、リーダーの長さ分の深さまでしかジグヘッドを沈めることができなくなります。水面直下のレンジに的を絞って攻略できる最も基本となる使用モードです。





●P(パラシュート)モードでの基本アプローチ●

[ P (パラシュート)モード]とは、シャローフリークに設定されている残浮力値以上のジグヘッドを組み合わせた状態のリグを指します。
例えば、シャローフリーク F-10.5g(残浮力:0.6g)に1.0gのジグヘッドを組み合わせた場合、シャローフリークはジグヘッドの重量負荷に耐えられず、ゆっくりと沈下を開始します。『シャローフリークダイブ』のページで紹介されている[D (ダイブ)モード]との違いは、フロート本体に浮力があるか否かです。
[P(パラシュート)モード]では、フロート本体に浮力がある状態でリグを沈下させるため、ジグヘッドの着底と同時にフロートの沈下もストップします。また、フロートの浮力を相殺するカタチでリグが沈下するため、例えば、1.0gのジグヘッドのフォールスピードを抑えつつ、そのジグヘッドのウエイトのアクションレスポンスを活かしたリグの演出が可能となります。

PRODUCTS