FLOAT

身近な河川での楽しむハゼゲーム♪

みなさん、こんにちは。ブランドビルダーの藤原克則です。

今回は・・・最近、密かにハマっているライトゲームの新ジャンル『ハゼのワーミングゲーム』についてご紹介いたします。

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e5%85%8b%e5%89%87 私のホームグランドである南伊豆エリアは、シーズンになると様々なターゲットを求めて、都心や遠方から足繁く通うアングラーも多い、屈指の好ポイントが点在しています。

そんな釣りのメッカとも言えるエリアで、何でハゼ?と思われる方も多いかと思いますが・・・ハゼゲームは、豆アジゲームのような趣深い釣りでもあり、日中の僅かな時間で手軽に楽しめる、最も身近なライトゲームで非常に面白いものです。

%e7%a9%b6%e6%a5%b5%e3%81%ae%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e2%99%aa私の地域では、大よそ7月頃から干満の影響を受ける河川のシャロー帯で、小さなハゼの姿をちらほら確認できるようになります。そこから季節が進むに連れサイズも次第に大きくなり、9月~11月末頃までシーズンといった感じです。

南伊豆で、秋の河川での代表的なライトゲームのターゲットと言えば「メッキアジ」なのですが、干潮時などメッキの反応が悪くなる時間帯に、同じタックルを使用して狙えるターゲットはないか?と注目したのが、このゲームの始まりでした。

当初は、メッキで使用するフローティングミノーなどでそのまま狙っていましたが・・・最近は、流行りのクランクベイトも多用しています(笑)

%e5%b9%b2%e6%ba%80%e5%b7%ae%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e8%ba%ab%e8%bf%91%e3%81%aa%e6%b2%b3%e5%b7%9d%e3%81%8c%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89今回、紹介するジグヘッドリグでのハゼゲームは、「クランクベイトから逃げるハゼも多数いる。」という事実から始まりました。

クランクベイトなどのハードルアーで一通り攻めきった後でも、ワーム+ジグヘッドを通してみると、まだまだ面白いようにハゼがアタックしてくるので、最近は、このワームの釣りにもハマっています。

狙い方は、至ってシンプルで簡単♪

【Ar.ヘッド ジャックアッパーNano 0.4~1.0g #12】のジグ単をチョイ投げし、竿を立てて、ボトムをズル引きやシェイクでサビいてくると、何処からともなくハゼが湧いてきます。そのまま止めずにアクションを続けていると、たまらず飛び付いて来るといった感じです。

ジグヘッド単体リグの最大の利点は、手返しが良く数釣りに適している点です。また、ジャックアッパーNanoは、フックの線径やサイズ、アイの向きなど、ボトムでのハゼゲームに適した形状をしている点もあり、気に入って愛用しています。

%e8%b1%86%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ae%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%aa%e5%a5%a5%e3%82%86%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%95ワームは、0.5~1.0cmほどにカットしたテール部などフックにチョン掛けして使用します。実は、これがもっとも重要で釣果のキーとなる部分。

普通にセットするとワームが泥や砂に埋まってしまい見失うのか、途端に反応がなくなってしまいます。『小さなワームをチョン掛けで!』・・・是非、試してみて下さい!

%e3%83%8f%e3%82%bc%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0また、手前でアタらない場合は、分離リグをセットして遠投します。

個人的には、そのままのタックルでも使用できる【Ar.キャロ フリーシンカーMini】のキャロライナリグが、中通し式で感度にも優れているのでオススメです。

分離リグでのアクションは、エサ釣り同様、基本的には、シンカーをサビいてズル引きからのステイです。また、奥の手ですが・・・追って来るのにあと一歩喰いつかない時は、汁系ワームが効果テキメンです!(※ここまでくると、餌を使った方が早いかもしれませんが・・・笑)

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%ab%e3%82%82%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b9%e3%83%a1ライトタックルでのハゼゲームは、身近な河川でお手軽かつ短時間でも楽しめるゲームです。

なにより、家族と、子供と、釣友と・・・デイゲームで誰とでも楽しめる敷居の低さも魅力です。

それでいて、しっかりと狙わないと、数が伸ばせないライトゲームらしい要素も満載で、まさにライトゲーム入門者には打って付けのターゲットだと思います。

ぜひ、皆さんも、日中のちょっとした空き時間にお手軽に狙える『ハゼ』をライトゲームのターゲットの一つに加えてみてはいかがでしょうか?


【使用タックルデータ】

★ジグヘッド単体リグ用

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-T610S“リンバーティップ”[エバーグリーン]

●リール・・・セルテート 1003[グローブライド]

●メインライン・・・スモールゲームFC 1lb直結[サンライン]

●ジグヘッド・・・Ar.ヘッド ジャックアッパー Nano 0.4~1.0g-#12[アルカジックジャパン] + 各種カットチューンワーム 10mmほど

★分離リグ&プラグゲーム用

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-T610S“リンバーティップ”[エバーグリーン]

●リール・・・ルビアス 2004[グローブライド]

●メインライン・・・スモールゲームPE 0.2号[サンライン]

●リーダー・・・バスザイル マジックハードR 6-4lb[エバーグリーン]

●キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカーMini + ウエイトアジャスターⅡ 2~3g + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル #8Ar.ヘッド ジャックアッパー Nano 0.4g-#12[アルカジックジャパン] + 各種カットチューンワーム 10mmほど

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 2.5~3.5g または スプリットシンカースリム 5B~6B + スプリットストッパー SSユニットスイベル #8Ar.ヘッド ジャックアッパー Nano 0.4g-#12[アルカジックジャパン] + 各種カットチューンワーム 10mmほど

●プラグ・・・ハゼ専用クランクベイト各種

2016年11月09日

Ar×GMコラボレーションモデル『Ar.Grip』限定販売!!!!

Ar.Grip_i_01

突然ですが!!!

アルカジックジャパン×ゴールデンミーン社様とのコラボレーションモデル『Ar.Grip(Ar.グリップ)』完全数量限定品として、8月末頃より発売となります!!!!!


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 『Ar.グリップ』は、メバルやチヌ、ロックフィッシュなどの小~中型ターゲットに適した小型ランディンググリップです!

コンパクトかつ必要十分な強度で人気のゴールデンミーン社『GM.グリップ』を、アルカジックジャパン専用デザインで製造していただきました♪


主な製品仕様は『GM.グリップ』に準じますが・・・

ArGrip_i_03


①.フック部

Ar.Grip_02魚種を問わないラウンド型フック(SUS316ステンレス)採用。


②.本体フレーム

Ar.Grip_03ABSカバー(クリアー)でジュラルミンプレートをインサートした軽量かつコンパクトなボディー。


③.トリガー

Ar.Grip_04プル式トリガー採用で、スピーディーかつ確実なランディングをサポート。


④.GMロゴ入り上部ラバー

Ar.Grip_07プル式トリガーの操作を補助するスベリ止めラバー。


⑤.グリップ

Ar.Grip_05スベリ止め効果の高いノンスリップラバー採用で、ランディングをサポート。


Ar.Grip_06オリジナルロゴ入りカラビナ&スパイラルコード付属で携帯性もバッチリ♪


Ar.Grip_01

【製品スペック】

●製品名:Ar.Grip(Ar.グリップ)

●自重:110g ●全長:185mm

●本体素材:ジュラルミン ●本体側面素材:透明ABSカバー ●フック素材:SUS316ステンレス

●付属品:カラビナ付きスパイラルコード(150mm)

●希望本体価格:定価6,800円(税別)

●発売:8月末頃 (※完全数量限定生産品につき、在庫が無くなり次第、販売終了となります。)


大人気アイテム&完全数量限定生産品につき、即完売の可能性もございます。

後にも先にも、今回一度限りの生産となりますので、ご購入を希望される方は、お早めに弊社アイテム取扱店舗様にて、ご予約のほど宜しくお願い申し上げます。

2016年07月19日

生産終了のお知らせ

『ぶっ飛びRocker』生産終了のお知らせ

ぶっ飛びRocker日頃より弊社製品をご愛願いただき誠にありがとうございます。

この度、『ぶっとびRocker』の製造を終了する運びとなりましたことをお知らせ致します。

弊社ブランド創設より歩みを共にしてきた『ぶっ飛びRocker』ですが、昨今の材料費高騰などの影響もあり、継続生産が困難な状況となって参りました。 既に一部規格では弊社倉在庫完売となっているものもあり、市場流通在庫を残すのみの規格もございます。

今後は、『ぶっ飛びRockerⅡ』を後継機種とし対応を進めてまいりますので、何卒ご理解・ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

長らくのご愛顧、心より感謝申し上げます。

今後とも変わらぬご愛願を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

平成28年07月08日 株式会社キザクラ アルカジックジャパン

2016年07月08日

2015秋の新製品 一挙公開!!

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

暦は10月も半ばを過ぎ、いよいよ【秋のライトゲームシーズン開幕!】といった季節です。

アジをはじめ、早い地域ではメバルの釣果も耳にするようになってきた昨今。日に日に寒さが増すタイミングですが、その分ライトゲームのほうは日に日に熱くなっていくタイミングです♪

ハイシーズンを迎えるアジングさてさて、コチラでのご報告が遅くなってしまいましたが、弊社2016年度秋の新製品たちがそろそろ出揃います。

今回は、簡単ではございますが、その新製品たちを告知も兼ね、ご紹介させていただきます。


 Arukazik Japan New Collection 2015 Autumn


艶じゃこ1.8イメージ艶じゃこ(なまじゃこ) 1.8インチ

アルカジックジャパン・オリジナルワーム第二弾!!

『海ゲラ』最も得意とするマイクロベイトパターンに対して、小魚などのベイトフィッシュパターンに対応するために開発されたワームが『艶じゃこ(なまじゃこ)』です。

ピンテールとシャッドテールの中間域に値する、オリジナル『シャッドピンテール』が生み出す艶めかしいタイトアクションは、まさに生命感あふれるベイトフィッシュそのもの。

シャッドテールの長所である“高いアピール力”と、ピンテールが得意とする喰わせの“微波動”

その双方を合わせ持つテール形状が、アクションの緩急によるアピール力の差を生み、シビアなターゲットにも思わず口をつかわせます。

“ただリーリングするだけでターゲットのバイトを誘発するー”

その確かな威力をご体感ください

製品名:艶じゃこ(なまじゃこ)

サイズ:1.8インチ  カラー:全8色  入数:7匹入り

小売希望価格:定価¥500(税抜)

発売開始時期:10月末頃


シャローフリーク追加モデルShallow Freak [F-15.0g (追加モデル)]

大人気のFシステム専用設計フロート『シャローフリーク』に、ご要望の多かったF-15.0gが仲間入りです!

今回、追加ラインナップとなった『シャローフリーク F-15.0g』は、残浮力:0.8g設定で “あと、もぅ少し!”の残浮力と飛距離をカバー。 より遠くのポイントをFシステムの射程圏内におさめます!

製品名:シャローフリーク

規格(残浮力):F7.5g(0.3g) / F-10.5g(0.6g) / F-15.0g(0.8g)  タイプ:F(フローティング)

小売希望価格:定価¥380(税抜)

発売開始時期:10月末頃

※残浮力とは?・・・その負荷がかかると沈みはじめる重量の目安です。


シャローフリーク-DiveShallow Freak Dive(シャローフリーク ダイブ)

『全層完全掌握!!』

これまで個人のカスタマイズによりカバーされていた[Fシステムによるレンジ攻略(シンキングチューン)]

その確かな威力を、より多くのアングラーにご体感いただくために、シャローフリークのシンキングバージョン『シャローフリーク Dive』が満を持して登場です!

Fシステムの考案者である弊社BB:藤原真一郎氏監修のもと、最も使用頻度の高いウエイト&沈下速度で設定されたダイビングタイプ。

『キャロライナリグやメタルジグなどの釣りでは攻略スピードが速すぎる!』

『もっとスローに、もっと繊細に、潮流に乗せながら、レンジも掌握したい・・・。』

そんな想いをカタチにしたのが『シャローフリーク Dive』です。

飛距離だけでなく、レンジ攻略も可能となったシャローフリーク・シリーズ!! 今秋よりFシステムによるシャロ―ゲームは、更なるセカンドステージへ深化します。


製品名:シャローフリーク Dive(ダイブ)

規格(残浮力):D-8.1g(-0.3g) / D-11.7g(-0.6g) / D-16.6g(-0.8g)  タイプ:D(ダイビング)

小売希望価格:定価¥450(税抜)

発売開始時期:10月末頃

※D(ダイビング)・・・シンキングと同意。

※マイナス(ー)表記の残浮力は、その沈下速度の目安です。

【-0.3g表記】・・・F-7.5gのシャローフリークに0.6gのウエイトを追加した場合と同等の沈下速度です。

【-0.6g表記】・・・F-10.5gのシャローフリークに1.2gのウエイトを追加した場合と同等の沈下速度です。

【-0.8g表記】・・・F-15.0gのシャローフリークに1.6gのウエイトを追加した場合と同等の沈下速度です。


BM.コンタクトBM.Contact (ビーエム・コンタクト)

ライトタックルでのボトムゲーム専用アイテムを展開するBM.シリーズに、スタンダードタイプのジグヘッド『BM.Contact(ビーエム・コンタクト)』が仲間入りです♪

『BM.コンタクト』は、ライトタックルでのあらゆるボトムゲームで活躍するベーシックな形状のジグヘッドです。

ボトムのズル引きやリフト&フォールなどのアクションを得意とする『BM.キューブ』『BM.キール』に対し、ロッドワークを駆使した様々なアプローチに対応するアクション重視型モデルが『BM.コンタクト』です。


フットボール型のヘッドは、横の移動距離を抑えたピッチの狭いアクションが得意!ボトムバンピングやシェイク、中層スイミングなど、ロッドワークを駆使した多彩なアプローチに高次元で対応します。

丸海津をベースとしたフック形状は、フックポイントをネムらせることでターゲットの上アゴやジゴクを捕えやすい設計。根掛かりの軽減にも一役かってくれます。

これからシーズンインとなる“カサゴ”をはじめとした小~中型ロックフィッシュやチヌのサイトフィッシングなど、根掛かり回避性能よりもアプローチを優先したい様々なシチュエーションで、その威力を最大限に発揮してくれるアイテムです。

また、BM.シリーズは、あくまで“ライトタックルでのボトムゲーム”を想定したアイテム群です。

ライトタックルでの使用を前提とした、必要最小限のフック線径とウエイトでラインナップです。


製品名:BM.コンタクト

規格:1.5g-#2 / 2.0g-#2 / 2.5g-#2 / 3.5g-#2 / 5.0g-#2 入数:1.5~3.5g=4個入り / 5.0g=3個入り

小売希望価格:定価¥400(税抜)

発売開始時期:11月末頃


Ar.テトラミットAr.Tetramitt (アルカジック テトラミット)

テトラ帯などでの釣行の際、釣り上げたアジを口切れなどのトラブルで、テトラの隙間にサヨウナラ~(泣) ・・・なんて悔しい思いをしたことはありませんか?

『Ar.Tetramitt(テトラミット)』は、名称の通り、抜きあげたアジやメバルのフィニッシュをサポートする為のキャッチングネットです。

外観ソルトライトゲームでの使用を想定した取回しの良いサイズ設計。ラバーコーティングを施したメッシュネットは、軽量で水切れも良く、携帯時の重量による違和感を軽減してくれます。

ネットの縫製には、3D縫製処理を採用。型崩れしづらく、常にネットを拡げた状態をキープできるので、素早くターゲットのキャッチングへ移行できます。また、ネットの接触によるウェアの濡れ等のストレスも軽減してくれます。

カラビナ付き携帯に便利なカラビナ付で、マグネット式のスパイラルコード等と連結すれば、更にスムーズなキャッチングにも対応可能。

スマートかつスピーディーなキャッチングで、フィールドに華を咲かせてください♪

使用例製品名:Ar.テトラミット

全長:370×220mm [フレーム:250×220mm ネットの深さ:180mm]

重量:135g  カラー:ガンメタ

小売希望価格:定価¥2,600(税抜)

発売開始時期:10月末~11月上旬末

以上、簡単ではございますが2015秋の新製品たちをご紹介させていただきました!

それぞれの製品インプレや詳細は、発売後に改めて公開させていただきます。

来る秋のライトゲームシーズン☆ 皆様もぜひフィールドへ出掛けてくださいね♪

2015年10月17日

製品に関するQ&A

皆さん、こんにちは。 企画担当のコーノです。 久しぶりの更新となってしまい、申し訳ございません!

早い地域では、いよいよ本格的な秋のライトゲームシーズンに突入!といったタイミング☆

そろそろ気になる、今秋の新製品を発表!・・・といきたいところですが、その前に!

弊社が現在販売しているアイテムに対するお問い合わせの中でも、特にご質問回数の多いモノを、コチラでご紹介させていただこうと思います。

新製品もですが・・・今ある製品への理解も今一度しっかり深めて、今秋のライトゲームシーンに望んでいただければ幸いです。


Q.これからライトゲームを始める初心者なのですが、フロートリグの釣りに興味があり、アルカジックさんの『ぶっ飛びRocker』が良いと聞いて、いろいろ調べたのですが、私のような初心者には『ぶっ飛びRocker』『ぶっ飛びRockerⅡ』どちらのフロートが適しているのか教えてほしいです。

Rocker or Rocker2A.お問い合わせありがとうございます。まず『ぶっ飛びRockerⅡ』の製品コンセプトを説明しますと【細やかな残浮力の設定による多規格化により、リグ操作やシチュエーションへのベストマッチを可能にする。】といったものです。

–¼Ì–¢Ý’è-2サイズと残浮力の違いで、フロート自体を状況に合わせて使い分けることで、よりシビアな状況にも対応できるフロートが『ぶっ飛びRockerⅡ』なのですが、その分、玄人好みのサイズ設定&残浮力値など、初心者にはやや難しく感じられる部分も多く、どちらかというと中~上級者向けのフロートと言えます。

逆に『ぶっ飛びRocker』は、フローティングタイプ(F)とスローシンキングタイプ(SS)の2パターンの規格しかないので、単純に【フロートを浮かして釣りをしたいか、ゆっくり沈ませながら釣りをしたいか】といった、簡単なセレクトで規格を選ぶことができます。

また、サイズ設定もSサイズから展開しており、初心者にも使いやすく解りやすいフロートが『ぶっ飛びRocker』となっております。

ぶっ飛びRockerどちらのほうが良い!とは一概には言えない部分があるのも事実ですが・・・

まずは、解りやすく使いやすい設定の『ぶっ飛びRocker』からスタートしていただき、フィールドで【もう少し〇〇〇であれば!】と感じるシチュエーションや要望が生まれたら『ぶっ飛びRockerⅡ』へ移行していただくことをオススメしております。

 

Q. スプリットシンカーのカラー、スプリットシンカースリムとの使い分け方が解りません。好みでいいんでしょうか。

A. お問い合わせありがとうございます。弊社ではスプリットショットリグに使用するシンカーを2種類展開しております。

–¼Ì–¢Ý’è-1『スプリットシンカー』は、1.8~7.0gの計5規格、“クロム”と“ガンメタ”の2カラー(計10アイテム)で販売しております。

まず、上記2カラーの使い分けですが・・・正直、お客様の好みでセレクトいただければ良いと思います。

カラーに関してはいろいろなご意見があるのですが、“クロム”カラーの光沢を魚が嫌がる、また、その逆でフラッシング効果で遠くの魚にもアピールできる、など様々なご意見を頂戴するため、どちらの好みにも対応できるように2色で展開している次第です。

split sinker slim『スプリットシンカースリム』は、3B(1.00g)~6B(2.65g)の計4規格、マットな“ブラック”の1カラー展開となっております。

本題のスプリットシンカースプリットシンカースリムの使い分けですが、まず、同一の重量規格が存在しないため、単純にウエイトバリエーションでの展開が可能です。

また、それぞれの愛用者の傾向をご紹介すると、スプリットシンカー愛用者は、スプリットショットリグ用のロッド(1.8~7.0gすべての規格を背負えるロッド)での使用が多く、スリム愛用者は、主にジグヘッドリグ用ロッドでの使用が多い傾向にあるようです。

スリムは名前の通り、抵抗の少ないスリムなフォルムであるため、ウエイトキャパシティーの低いロッドでも操作しやすいアイテムです。また、ウエイトラインナップもジグヘッドリグ用ロッドでの使用にマッチしているようです。

最終的なご使用判断は好みにはなりますが、上記ご紹介したような観点でセレクトしている方々も多いようです。


Q. アルカジックの『ウミゲラ』などのいわゆる虫系ワームといわれるヤツは、どのような時に使えばいいのか今いちわからない。オススメのフックやリグなどはあるか?

ウミゲライメージA. お問い合わせありがとうございます。

まず、弊社オリジナルワーム『ウミゲラ 1.2インチ』は、アミ、ワレカラ、コイカなどのいわゆるマイクロベイト(小さなベイト)パターンを攻略するために生まれたワームです。

解りやすく言うと、アミなどの10mmにも満たないような動物性プランクトン類などを捕食しているターゲットに威力を発揮するワームということです。

弊社調べ(釣れた対象魚の胃内調査)では、メバルやアジは、この動物性プランクトンをメインベイトとして捕食している確率が非常に高く、逆に小魚やゴカイなどを捕食しているケースの方が実は稀である。といった見解があります。

このメバルやアジの常食とされるベイトをイミテートして造られたワームが『ウミゲラ』をはじめとする、いわゆる“虫系ワーム”という認識です。

特定のベイトが明確に判別できないシチュエーションやパイロットワームとして、普通に常用していただけるワームだと考えております。

ストレートワームやピンテールワームのように、特に使用目的を意識せずに使用されることの多いワーム類と同様に、ご使用いただいて構いません。

虫系ワームという言葉の括りが、難しく考えさせてしまう原因かもしれませんね。

また、弊社『ウミゲラ』と相性の良いリグに関しましては、0.4~1.5gほどのジグヘッドリグやフロートリグが相性の良いリグです。

基本的に、アミなどの動物性プランクトンは遊泳能力が低く、潮に流されながら海中を浮遊するような習性をもつため、それを模したアプローチを行う場合、軽量ジグヘッドリグやフロートリグなど、スローなアプローチを得意とするリグとマッチさせるほうが、相性の良い傾向にあると思います。

弊社製品内での適合フックに関しましては、ジャックアッパーなら#8ラウンドロックなら#6番が、見た目のシルエットとしてはベストなフックサイズだと思います。

ただし、リグおよびフックサイズに関しては、必ずしも!ということはございませんので、あくまで参考程度にご理解いただると幸いです。


 以上、簡単ではございますが、今回のQ&Aでは、上記3項目をピックアップさせていただきました。

まだまだ、コチラでご紹介させていただきたいご質問もありますが・・・また次の機会に。

また、弊社製品に関するご質問やお問い合わせは、下記アドレスの【お問い合わせフォーム】よりお気軽にお寄せくださいませ。


【アルカジックジャパン製品に関するお問い合わせ】

http://www.arukazik.com/contact

2015年09月25日

『BM.シリーズ』始動!!

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

春の穏やかな日が続くと、最寄りの河川へのチヌ(クロダイ)の遡上が気になって仕方がない‥そんな昨今です(笑)

今春よりいよいよ販売開始となる、ライトボトムゲーム専用アイテム『BM.シリーズ』!!!!

BM.シリーズ本日は、その製品特徴を一足先にご紹介させていただきたいと思います。


先ず始めに・・・

『BM.シリーズ』とは?

CIMG0486『BM.シリーズ』のBM.とは、Bottom(ボトム)&Bream(ブリーム)の意。

チヌ(クロダイ)を始め、ロックフィッシュやフラットフィッシュなど、現代の進化したライトタックルで軽量ウエイトのリグを駆使し、手軽に楽しむことができるボトムゲーム専用に開発されたアイテムです。

近年のライトゲームタックルは劇的な進化を遂げ、それに伴い、様々な魚種を狙えるようになりました。

「高弾性ロッド」に「極細PEライン」という高感度のタックルバランスが、今まで感知することの難しかったボトムや潮流の変化を明確に手元へ伝え、より軽量なウエイト、ファインワイヤーフックでのゲーム展開が可能となりました。

また、「極細PEライン」+「一口サイズのワーム」+「軽量ウエイトのリグ」というセッティングが、よりシビアな状況に対して、繊細なアプローチを可能にするだけでなく、ボトムゲームにつきものの根掛かりの軽減にもつながり、高いゲーム性とアドバンテージをアングラー側にもたらしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真は初期プロトモデルでの釣果です。

『BM.シリーズ』の代表的なターゲットであるチヌ(クロダイ)は、都心部の河川など、アングラーの最も身近なフィールドで、わずかな時間でも手軽に楽しむことができるといった魅力もあります。

また、ライトゲームの対象魚が少ないとされる夏期に、狙えるターゲットが多いこのゲームは、日頃愛用しているライトタックルをそのまま流用して、新たなターゲットに挑戦できるというメリットもあります。

028狙えるターゲットもさまざまで、チヌ(クロダイ)にマダイ、マゴチやヒラメなどのフラットフィッシュ、カサゴやソイ、アコウ、アイナメ等のいわゆるロックフィッシュ。その他、イシモチやハゼなどもそのターゲットになります。

001

※写真は初期プロトモデルでの釣果です。

ターゲットのサイズによっては、ランディングネットやフィッシュグリップでのランディングが前提となりますが、それでも日頃愛用しているライトゲームタックルとランディングツール、アイテムを詰め込んだ小型のバッグを持参すれば、全国各地の様々なフィールドで、多彩なターゲットに出会うことができるはずです。

003

※写真は初期プロトモデルでの釣果です。

『BM.シリーズ』は、ライトタックル×ボトムゲームという、新たなライトゲームのカテゴリーの可能性を拡げるアイテムです。


BM.Cube×ジグヘッドスタイルラフボトムの攻略を可能にする 『BM.キューブ』

『BM.キューブ』は、リップラップや牡蠣殻が点在するエリアなどのいわゆるラフボトムでの根掛かり回避性能を追究したモデルです。

台形型のウエイトが、ボトムでの抜群の安定感を生み、クランクベイトのリップ同様の根掛かり回避性能を発揮します。

また、フォール時には、ウエイト底面が水の抵抗を受けることによりスローフォールを演出します。

ストラクチャーからのハングオフや、砂底での高速リトリーブによる砂塵効果など、あらゆるボトムゲームのテクニックに対応するモデルです。

BM.Cube×チヌ(2)

BM.キューブ形状&特徴


BM.Keel×オフセットスタイル

抜群のスリ抜け性能で根掛かりを回避する 『BM.キール』

『BM.キール』は、ストラクチャーに対するスリ抜け性能を追究したモデルです。

房型のウエイトが、点在するアマモや流れ藻、ストラクチャーなどをスリ抜けて回避し、より長いアプローチの継続を可能にします。

また、ボトムステイ時には、ワームがやや立ち上がるような姿勢で安定するので、その姿勢変化や揺らぎによって、ターゲットのバイトを誘発します。

リーリングを主体とするボトムゲームに高次元で対応するモデルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BM.キール形状&特徴


『BM.キューブ』&『BM.キューブ』共通コンセプト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『BM.キューブ』および『BM.キール』の主たる開発コンセプトは「アイのクランク部にウエイトを設置した、いわゆる通常のジグヘッドリグでは攻略困難なフィールドをもカバーできる(根掛かりを回避できる)ジグヘッドリグの開発」です。

ボトムゲームと根掛かりは、切っても切れない関係性にあることは、皆様も良くご存じのことでしょう。

もちろん、大前提として、全ての根掛かりを回避できるアイテムの開発は不可能なのですが、その確率を少しでも下げることができる形状、バランス、ウエイト位置を追究し、誕生したのが『BM.キューブ』、『BM.キール』です。

通常、根掛かり&ラインブレイクが発生するメカニズムとして、下記のような事例があげられます。

①.シンカー部が何等かの理由で、ストラクチャーにハマり抜けなくなる。

②.ウエイトの転倒などにより、フックが直接ストラクチャーに掛かり抜けなくなる。

③.ストラクチャーにスタックしたリグを回避しようとするロッドワーク中に、リーダーがストラクチャーに干渉しラインブレイクする。

上記3項が、アルカジックジャパンが検証および実体験した、根掛かり&ラインブレイクの主要因です。

BM.Keel×ジグヘッドスタイル

『BM.キューブ』と『BM.キール』は、この事例を可能な限り克服することで、根掛かり回避性能の向上を図っております。

フックのセンター部に設けられたウエイトは低重心バランス設計で、ボトムでの抜群の安定感を発揮します。 これにより、フックポイントとラインアイを常に高い位置でホールドできるので、リグの転倒による根掛かりを回避できるだけでなく、フッキングレスポンスの向上にも繋がっております。

BM.Cube×オフセットスタイル

また、ウエイトからラインアイまでの距離を設けることで、シャンク部がワイヤーベイトのアームのような役割を発揮し、ラインアイを常に高い位置でホールドすることで、根掛かりを回避します。

フック形状は、チヌ海津鈎をベースにフックポイントをネムらせることで、根掛かりを軽減し、ターゲットの唇やジゴクにフッキングさせやすい設計です。

また、ラインアイに装着されたクイックキーパー(ワームキーパー)で、ワームをオフセット式でセット。フックポイントをワーム内部に隠すことができるので、これも根掛かりの軽減に繋がっております。


【製品スペック】

BM.Cube(1)製品名:BM.Cube (ビーエム キューブ)

規 格:1.5g-#1 2.0g-#1 2.5g-#1 3.5g-#1 2.5g-#1/0 3.5g-#1/0 5.0g-#1/0 7.0g-#1/0 計8規格

カラー:NSブラック

その他:クイックキーパー(ワームキーパー)付属 / 1パック3個入り

希望本体価格:¥380(税別)

発売予定:平成27年4月末頃

BM.Keel(1)製品名:BM.Keel (ビーエム キール)

規 格:1.5g-#1 2.0g-#1 2.5g-#1 3.5g-#1 2.5g-#1/0 3.5g-#1/0 5.0g-#1/0 7.0g-#1/0 計8規格

カラー:NSブラック

その他:クイックキーパー(ワームキーパー)付属 / 1パック3個入り

希望本体価格:¥380(税別)

発売予定:平成27年4月末頃


『BM.キューブ』&『BM.キューブ』の基本操作

BM.Cube×チヌ(1)『BM.キューブ』、『BM.キール』の基本的なアプローチは非常にシンプルで、ボトムをコンタクトさせながらリトリーブするだけです。

水深や潮流などフィールドの状況に合わせて、上記アプローチが行える最軽量のウエイトをセレクトすることで、根掛かりも軽減できます。

また、リトリーブからのステイやシェイク、リフト&フォールなどのアプローチも効果的。

リップラップなどでは、「一度リグを軽くスタックさせてからそれをロッドワークで外す」、いわゆる【ハングオフ・テクニック】も非常に有効的です。

ターゲットやフィールドの状況にあったモデル、ウエイト、アプローチを行うことで、様々なフィールドのボトムゲームに幅広く対応することが可能です。


【ワームのセット方法】

 『BM.キューブ』、『BM.キール』は、アイに装着されたクイックキーパー(ワームキーパー)で、ワームをオフセット式でセットします。

①.まず、クイックキーパーをワームに突き刺しセットします。塩ビ系のワームであれば容易に貫通することが可能ですが、エラストマー系ワームの場合は、予めフックでクイックキーパーを突き刺すゲートを設けて置くことで装着が可能になります。また、クイックキーパー先端部の戻り(カエシ)部をワーム外部に露出(貫通)させることで、キープ力を向上させることが可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


②.クイックキーパーでワームを固定したら、次にそれぞれ好みのセット方法で、ワームのセットを完了させます。

『オフセットスタイル』

オフセットスタイル

フックポイントをワーム内部に隠すセット手法。予めフックをワームに貫通させる位置を確認してから、フックを貫通させます。 その後、ワーム本体を軽くアイ側に引っ張り、フックポイントをワーム内部に薄く刺さる様に隠してセット完了です。


『ジグヘッドスタイル』

ジグヘッドスタイル

フックポイントをワーム外部に露出させてセットする手法。 オフセットスタイル同様、予めフックをワームに貫通させる位置を確認してから、フックを貫通させセット完了です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA以上、簡単ではありますが、『BM.キューブ』&『BM.キール』の製品特徴をご紹介させていただきました!

いよいよ本格始動を開始する【ライトタックルでのライトボトムゲーム】!!!!

皆様もぜひ最寄のフィールドで、このゲームを手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

2015年04月15日

たくさんのご来場ありがとうございました!!

 平成27年01月30日(金)~年02月01日(日)

【JAPAN FISHING SHOW 2015】!!!!!!!

JFS2015

平成27年02月07日(土)~08日(日)

【FISHING SHOW OSAKA 2015】!!!!!!!

FSO2015_1

FSO2015本年は、東西それぞれのフィッシングショーの日程が近いこともあり、思い切って両方とも出展させていただきました☆

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

特に、パシフィコ横浜で開催された【JAPAN FISHING SHOW 2015】は、弊社ブランドとして初の東日本でのイベント!!

yokohama

九州の片田舎で生活している私にとって、フルムーン以上に明るい都会の夜景は、たいへん印象的でございましたw

FSO2015_2今回で4回目の出展となった【FISHING SHOW OSAKA 2015】では、日頃全国で活動いただいているブランドスタッフが一同に会しました☆

brand-staff

今年のブースはこんな感じ♪

001

002

005

006

ホワイトの清潔感溢れる壁面にアルカジックブルーの帯&ポップな魚影をアクセントを散りばめて♪

004

003

008 今年も、対面カウンター方式でファンの皆様一人ひとりと、製品や実釣面における様々な意見を交換♪

誌面や動画などのメディアでは、どうしてもお伝えしきれない部分を伝えることのできる、私たちにとってもたいへん大切な時間なのです。

また、新製品の展示はもちろんですが、現行品も含め、すべての弊社アイテムを一度に観覧することができるのも、展示会ならではの魅力の一つです。

ブース内では、「このアイテムはどうやって使うの?」「このリグはどんなシチュエーションで使用したらいいのか?」「この時期の◯◯漁港ではコイツがイイ!!」「こんなアイテムもつくって欲しい!!」などなど、現場直送の貴重な釣り談義に花が咲き、私たちにとっても今年一年の活動基盤となるご意見をいただけたりと、たいへん濃密な時間が流れていきました。

また、各種会場で実施したイベントも大好評♪

009

横浜では、ライトゲームに関するアンケートを実施し、大変貴重なご意見をアングラーから直接頂戴致しました。

会場で過ごす貴重な時間を割いて、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!!!!

※頂戴したご意見は、今後のブランド活動の参考にさせていただきます。

セミナースケジュール予定

また、大阪では、【ブランドビルダーの面々によるトークショー】を今年も開催

010フロートリグのエキスパートたちによる【進化するフロートゲーム】

012

013

011様々なリグを駆使してアジを確実に捕える【最新アジング戦略!!】

014

015

016

伊豆の尺メバルハンター両名がお届ける【尺メバルに一歩近づく ゴロタでのストロングスタイル!】

017 018

などなど、ライトゲームの第一線で活躍するブランドビルダーたちのタイムリーなライトゲーム戦略をご紹介いただきました♪

ほか、ここでは書ききれないほどの貴重で有意義な時間・・・。

019 020

021

022

023 正直、あっという間の2週間でございましたぁ~☆

最後に・・・限られた来場時間の中、ブースまで足を運んでいただいたアングラーの皆さま、この場をお借りして心からお礼申し上げます。 また、連日にわたりご協力いただきました関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

024よりたくさんのアングラーの方々と、さらなる交流を愉しみに・・・♪ 来年もご来場お待ち致しております!

2015年02月13日

【FISHING SHOW OSAKA 2015】のご案内。

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

先日開催されました【JAPAN FISHING SHOW 2015】

本当に多くのご来場を頂き、ありがとうございました!!!!

当日の模様は、また後日お伝えさせていただくとして―。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本日は、今週末に迫りました【FISHING SHOW OSAKA 2015】のご案内をさせていただきます。

FISHING SHOW OSAKA 2015 (1)

平成27年2月7日(土)~2月8日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2015】

アルカジックジャパンは、下記ブース出展位置にて皆様の御来場をお待ち致しております。

FISHING SHOW OSAKA 2015 (2)

FISHING SHOW OSAKA 2015 (3)ブースでは【JAPAN FISHING SHOW 2015】同様に、今春の新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全ての製品アイテムを観覧することができます♪

最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

また、【Arukazik Japan COLLECTION 2015(カタログ)】も無料配布!!

2015カタログ表紙必要十分な数をご用意しているつもりですが・・・数に限りがございますので、なるべくお早目にブースまでお越しくださいね☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

更に・・・!! 【FISHING SHOW OSAKA 2015】では、弊社ブランドビルダーによります≪セミナー&トークショー≫をブース内特設ステージにて開催させていただきます。

両日のセミナースケジュールは下記の通りです。

セミナースケジュール予定

■07日(土) AM09:30~ ブランドビルダー/黒原祐一・木下彰・髙橋大介による『最新アジング戦略!!』

■07日(土) PM12:00~ ブランドビルダー/藤原真一郎・豊西和典による『進化するフロートゲーム』

■08日(日) AM09:30~ ブランドビルダー/山城剛・藤原克則による『尺メバルに一歩近づく ゴロタでのストロングスタイル!』

■08日(日) PM12:00~ ブランドビルダー/藤原真一郎・伊川和隆による『進化するフロートゲーム』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、手短ではございますが・・・

アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りください♪

2015年02月02日

【JAPAN FISHING SHOW 2015】のご案内。

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

本日は、いよいよ今週末に迫ってきました【JAPAN FISHING SHOW 2015】のご案内です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015横浜FSバナー平成27年1月30日(金)~2月1日(日)[みなとみらい・パシフィコ横浜]にて開催されます

【JAPAN FISHING SHOW 2015】

アルカジックジャパンは、下記ブース出展位置にて皆様の御来場をお待ち致しております。

横浜FS 会場MAP

横浜FS 会場拡大MAPブースでは、今春の新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全ての製品アイテムを観覧することができます♪

最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

また、【Arukazik Japan COLLECTION 2015(カタログ)】も無料配布致しております!!

2015カタログ表紙必要十分な数をご用意しているつもりですが・・・数に限りがございますので、なるべくお早目にブースまでお越しくださいね☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 更に・・・!! アルカジックジャパンのイベントとしては、今回が『初の東日本進出!!』ということで・・・。

【土日限定】で実施致します≪アンケート調査≫へご協力いただいた方、先着100名様(土日それぞれで先着50名様)に弊社製品をプレゼント♪

001

アンケートの内容は、“東日本におけるソルトライトゲームに関する簡単な内容に✔方式でご回答いただくカタチとなっております。

ものの一分もかからない、本当に簡単な内容のアンケートとなっておりますので、お時間の許す方は、是非ともご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 それでは、いよいよ今週末となりましたが・・・

アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りください♪

2015年01月26日

FISHING SHOW OSAKA 2015

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。 いよいよ今年も残すところ…といった季節。 最近は全国的に不安定な天候が続いておりますが、海へ出れればアジもメバルもまだまだ楽しめるタイミングです。

そして、本日も来年度のイベント出展のお知らせです。

FISHING SHOW OSAKA 2015 (1) 平成27年2月7日(土)~2月8日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2015】

に今年もブース出展させていただくことになりました!!!!

当日は、2015年度上半期発売予定の新製品を一挙公開☆ あんなモノや、こんなモノまで・・・公開を待ちわびているアイテム達を連れて皆様のご来場をお待ちいたします!

ブース出展位置は下記の通り♪

FISHING SHOW OSAKA 2015 (2)

FISHING SHOW OSAKA 2015 (3)

コチラも開催まで、まだしばらくございますが、随時、最新情報を報告させていただきますので宜しくお願い申し上げます。

2014年12月18日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR