FLOAT

たくさんのご来場、誠にありがとうございました!!

平成29年02月04日(土)~02月05日(日)インテックス大阪で開催されました

FISHING SHOW OSAKA 2017】!!!!!!!

アルカジックジャパンは、今年も変わらず出展させていただきました!


※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。


毎年申し上げますが・・・フィッシングショーは、日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができる絶好の機会♪

正直、商売としての費用対効果ということを考えると、『・・・』なイベントで出展メーカーも減少しつつありますが、私たちにとっては大変貴重なイベントと考えております。

今年度は特に!今年の上半期に発売予定の新製品たちを大量出展!!

担当としては、『今年も、みんな、来てくれるかな。。。』と、毎年ドキドキなわけが・・・

おかけげさまで、両日共に大盛況のまま、無事に閉幕となりました!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってます!』

『このウキ、雑誌で観たけど、使い方が良く解らないんやけど・・・』

『今年の新製品はどれですか~♪』

などなど、日頃から疑問に思っていることなど、本当に多くの方々から質問をいただき、たいへん充実した2日間でした♪


中でも、アクリル水槽でのライトボトム紹介は、今回の目玉だったといえるほど、大好評でしたね。

全国のファンの方々との交流の場

仲の良いスタッフ間との年に一度の集結の場

ライトゲームファンの楽しい共有時間として・・・

今年も、あっという間の2日間・・・

ご来場いただき、誠にありがとうございました!!!!


最後に・・・

開催期間の僅かなお時間の中、ブースまで足を運んでいただいた皆さまには、この場をお借りして、心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました、ブランドスタッフはじめ関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

さらに多くのアングラーとの出会いと交流を胸に・・・♪

そのままの勢いで、各種イベントや各地フィッシングショーなどにも、今年は特に力を入れていきますので・・・

一人でも多くのご来場、ファンの皆さまの変わらぬご支援、ご愛願のほど、今後とも宜しくお願い申し上げます。

2017年02月08日

【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内

いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2017】のご案内です。

平成29年2月4日(土)~2月5日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2017】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ちしております。

ブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます。

本年度は特に、注目の新製品を多数ご用意して出展する予定ですので、ご期待くださいね♪ 最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、例年通り【Arukazik Japan COLLECTION 2017(カタログ)】無料配布します!!

必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、お早目にブースまでお越しください。


また、今年も『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いから、本年もブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

楽しみにしていただいている方もいらっしゃるとは思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

また、ブースにお越しの際は、ぜひ製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。

本年も、弊社ブランドスタッフ総動員で皆様のお越しをお待ちしております♪(※他メーカー様との重複スタッフに関しては、ブース内に滞在していない時もございます)

  それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りくださいませ♪


※平成29年1月19日(金)~21日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2017】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2017年01月17日

瀬戸内の春メバル

こんにちわ。アルカジックジャパン・ブランドビルダーの木下 彰です。

BB木下彰本日は、夜のゴロタや磯を舞台とした春~梅雨期のメバルゲーをご紹介させていただきます。

タイミング的には、シーズン終盤に差し掛かる春のメバルゲーム。

これから梅雨までの期間は、体力の回復したアグレッシブなメバル達に出会える季節です。


私のホームグラウドである瀬戸内エリアの春メバルは、例年2月中旬頃からアフターのシーズンが始まり、そのまま6月頃まで楽しむことが出来ます。

狙うポイントもさまざまで、常夜灯のある波止やテトラ帯、サーフなど、どこでもある程度の釣果は期待出来ますが・・・私個人としては、比較的水深が浅い潮通しの良いゴロタや磯で、ベイトを求めて回遊してくる活性の高い個体や、居着きの大型個体などを狙うスタイルが最近の流行りであり、今回は、そういったポイントでのメバルゲームについてご紹介させていただきます。

ぶっ飛びロッカー今シーズンの傾向としては、例年に比べ海水温が高く、シーズン開幕がずれ込むことも考えられましたが、例年通りのタイミングでアフターから回復したメバルが接岸しています。また、大型の捕獲情報も多く寄せられており、数、サイズ共にまだまだ期待できそうな感じです。


初春~梅雨にかけてのシャローエリアは、海藻が繁茂するシーズンでもあり、ジグヘッド単体リグやプラグなどの“横の釣り”では、なかなか攻略しづらいシーンも多いため、『ぶっ飛びロッカーⅡ』を使用したフロートリグをメインにしています。

フロートが強いシャロ―ゲーム

狙うのは、潮流の変化、流れの当たるストラクチャー周辺。

潮流に対してアップ(潮上側)にキャストした後、時折軽いトゥイッチで上下の誘いを入れながら、張らず緩めずのラインテンションをキープし、可能な限りリグを自然にドリフトさせ、メバルからのバイトを待ちます。

ラインテンションを掛けすぎたり、アクションを強く入れすぎたりしてしまうと、メバルに警戒心を与えてしまうので、むしろ放置するくらいの勢いでリグを自然に流れに乗せ、軽めのアクションを心がけることが釣果を伸ばす秘訣ではないかと思います。

フロートリグとの相性の良い海ゲラまた、これらのパターンで狙う流れの中に潜むメバルは、流れてくるプランクトンなどのマイクロベイトを強く意識しているケースが多く、使用するワームはストレート系などのロングワームより、『海ゲラ』などの小型でややファットなシルエットのワームのほうが高実績です。


また、フロートリグと合わせて行うパターンとして、『Ar.キャロ フリーシンカー』『艶じゃこ』などを使用したキャロライナリグでの巻きの釣り

フロートリグで攻略するには流れの速すぎるポイントや、イワシなどのベイトフィッシュを捕食していてドリフトの釣りでは反応が得られない場合など、沖から手前の海藻帯までの間に狙いを絞って、リーリング主体の釣りで展開します。狙いどころは、潮の中や潮が変化する場所など、ベイトフィッシュが回遊、もしくは留まっていそうなポイントを、リグが通るようにトレースします。

キャロも準備しよう!このパターンで重要なのは、リーリング中にリグが浮かび上がらないように注意しながら一定のレンジを探ることです。

リグのウエイトに対してリーリングが速すぎると、リグが浮き上がってメバルの捕食ゾーンから外れてしまい、バイトが得られなくなってしまいます。

また、メバルが反応する速度も状況によってマチマチですので、こまめにウエイトを調整し、その日の状況に適したリーリング速度を行えるリグのウエイトを探すことが重要かと思います。

他、プラグやメタルジグなどのハードルアーにも反応の良いことが多い春~梅雨期のメバルゲーム。そちらの釣りは、また別の機会にご紹介させていただければと思います。


※ゴロタや磯での注意点※

お手軽、お気軽といったイメージの強いライトゲームですが、外灯が常設された足場の良い波止場を離れ、テトラや磯、ゴロタ等へと一歩足を踏み出すと、そこには危険がいっぱいです。

また、ナイトゲームが主であることもあり、寝不足等で身体の疲労が進んでいる場合も多く、『自分の予想以上に体は動かない!』という心構えでフィールドへエントリーするほうが良いです。

フローティングベストやフェルトスパイクシューズ、グローブの着用は必ず行ってください。ヘッドライトなどの照明は、万が一のトラブルに備え、予備のものを携帯しておいてください。

転倒の恐れがあるような足場の安定しないフィールドなどでは、必要に応じて浮力体入りのライフジャケットを選択するなど、安全のための装備を事前にしっかりと充実させてから、経験者と一緒に複数人で行うこと、予め明るいうちにポイントの下見を行うことなどをお勧めします。

また、不幸にも転倒してしまった時のために、どこに手を着くのか、どこに着地するのかなど、不意のトラブルを常に考えながら行動することも重要です。

お手軽にエントリーできる足場の良い波止場などとは違い、ゴロタや磯などへの釣行の際は、『危ない、怖いと感じたら、その時点で釣行を断念することができる判断力』も必要になってきます。

その高いポテンシャルが魅力的なゴロタや磯でのメバルゲーム。ぜひ、安全で楽しい釣りを仲間と共に謳歌してみてください。


【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ソルティセンセーション PSSS-74S  “BBヒットマン”[エバーグリーン]

●リール・・・ステラ C3000S[シマノ]

●メインライン・・・ソルティー・メイト スモールゲームPE-HG 0.4号[サンライン]

●メインリーダー・・・バスザイルマジックハードR 8lb-40cm[エバーグリーン]

●サブリーダー・・・バスザイルマジックハードR 6lb-50cm[エバーグリーン]

●フロートリグ・・・ぶっ飛びロッカーⅡ LL-HF + ユニットスイベル #12 + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.6g-#4 + 海ゲラ 1.2inchなど[アルカジックジャパン]

●キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカー & Ar.キャロ ウエイトアジャスター(重量は状況により調整) + ユニットスイベル #12 + Ar.ヘッド ラウンドロック 0.6g-#4 + 艶じゃこ 1.8inchなど [アルカジックジャパン]

2016年05月12日

【FISHING SHOW OSAKA 2016】ご来場ありがとうございました!!

平成28年02月06日(土)~平成28年02月07日(日)

【FISHING SHOW OSAKA 2016】!!!!!!!

FISHING SHOW OSAKA 2016アルカジックジャパンは、今年も休まず出展させていただきました☆

2016_Arukazik Japan※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

今年の大坂FSは、ブランド発足5年目という、ある種の“節目”となるイベント。

今や自他共に認める名作フロートとなった『ぶっ飛びRocker』。。。それ一つを引っ提げて、会場に立ったあの日・・・インテックス大阪へ行くと、当時の記憶が今でも甦りますw(涙)

buttobi-rocker


まぁ、そんなノスタルジックな想いを巡らせつつ、毎年、この場所に変わらず足を運べるというのは、ファンの皆様のおかげであり・・・

日頃から弊社製品をご愛用いただいているファンの方々と、直にお話しができるこの機会は、私たちにとっても大変貴重なイベントなのです。

OSAKA_FS2016_01今年度は特に!『ブースまで足を運んでいただいたファンの方々、一人一人との交流の時をもっと深めたい!!』という一心で、【ステージイベントの廃止】という一大決心で挑んだ年でもありました。

『みんな、来てくれるかな。。。』と、正直、内心ドキドキだったのですが・・・

OSAKA_FS2016_02蓋を開けてみれば、ブースは終始大盛況!!!!

ご来場、いただだいた多くの方々から

『いつも使ってますよ!』

『もっと詳しく教えて欲しくて、来ました!!』

『アルカジックのファンなんですぅ~♪』

なんていう、嬉しすぎるお言葉を本当に多くの方々からいただき、本当に感謝、感謝の2日間となりました♪


また、私たち運営側にとっても、当イベント開催の楽しみがありまして・・・(笑)

日頃から全国で活動いただいているブランドスタッフ、関係者などが一同に再会できる機会でもあるのです♪

OSAKA_FS2016_03『ルアルアチャンネル』で活躍中のペルビー貴子さん。実は、数年前に弊社ブースのお手伝いをしていただいたこともありました♪
※尺メバルハンター【伊豆の大魔神】こと、BB山城剛氏
OSAKA_FS2016_04 ※カメラ&カスタムマニア【せとうちの奇才】こと、BB黒原祐一氏と、お仕事の邪魔をされるBB伊川和隆氏
OSAKA_FS2016_05 ※超ハードスケジュールな中ブースにも遊びに来てくれた、【なにわのグリズリー】こと、BB藤原真一郎氏と、愉快でエロい仲間たち♪(BB豊西和典氏、BB藤原克則氏、BB髙橋大介氏)
OSAKA_FS2016_06 ※真面目な写真も少しはあります。その壱 (BA平川潤氏、BB木下彰氏、BB髙橋大介氏)
OSAKA_FS2016_09 ※真面目な写真も少しはあります。その弐 (BB黒原祐一氏、BB木下彰氏、BA髙木謙一郎氏)
OSAKA_FS2016_10 ※若きカリスマ、チヌの鬼!【ゆーと】こと、BB中崎優斗氏
OSAKA_FS2016_08 ※弊社イメージキャラクター!? 【九州のエ○えもん】こと、BB髙橋大介先生!
OSAKA_FS2016_07 ※『隊長!今夜は何処を廻りましょうか~♪』⇒『ちょっと、まって、今調べてる』・・・夜の作戦会議中な 【伊豆のエ○魔人】こと、BB藤原克則氏とエ○えもんw
OSAKA_FS2016_14※あのぉ~、そろそろお仕事して貰ってもいいですか?爆
OSAKA_FS2016_12
※あ、でも、本当は、こういう方が一番危ないんだろうな。と思うワケで・・・(BB中崎優斗氏、BA平川潤氏)
OSAKA_FS2016_11

※安心してください! 釣りと製品は至って真面目ですよ!!

そんな、とても仲の良いスタッフ達に囲まれ、アルカジックジャパンのブースは今年も賑やかでございました♪
 

全国のファンの方々との交流♪

仲の良いスタッフ達との楽しい時間♪

ブランドの企画担当としても、一個人としても、ホントこれ以上の財産はないですね。 ほか、ここでは書いてはいけない書き切れないほどの有意義な時間・・・。

今年も、本当にあっという間の2日間をありがとうございましたっ☆


最後に・・・

OSAKA_FS2016_13ご来場されたファンの皆さま、この場をお借りして心からお礼申し上げます。

また、連日にわたりご協力いただきました関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

来年は、平成29年02月04日(土)~平成29年02月05日(日)に開催予定!!

より多くのアングラーとの出会いと交流を愉しみに・・・またのご来場お待ち致しております!

2016年02月13日

【FISHING SHOW OSAKA 2016】のご案内

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

『暖冬』と言われていた今冬ですが・・・年明け以降、それなりの寒さが続いている九州北部です。

例年に比べると、氷点下を迎える日は確かに少ないように感じていますが、想像以上?例年通り?の寒さにやや戸惑い気味です(笑)

そんな寒いが続いている昨今ですが、釣果の方は、全国的にまだまだ好調な模様♪

アジ九州北部エリアでは、例年より魚の動向が若干遅れている印象はあるものの、良型のアジに加え、産卵を控えたプリップリのメバルなどが釣れ盛っています♪

皆さんも、寒さに負けず、ぜひ、フィールドへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


さてさて本日は、いよいよ来月に迫った【FISHING SHOW OSAKA 2016】のご案内です。

フィッシングショー大阪-2016平成28年2月6日(土)~2月7日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2016】


アルカジックジャパンは、下記ブース位置にて、皆様の御来場をお待ち致しております。

会場マップブースでは、新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全てのアイテムを観覧することができます♪

最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。


会場では、【Arukazik Japan COLLECTION 2016(カタログ)】無料配布致します!!

Arukazik collection 2016_hyou1必要十分な数をご用意していく予定ですが・・・数に限りがございますので、欲しい方は、お早目にブースまでお越しください。


また、今年に限っては、『ブランドスタッフによるトークショー』などのブースイベントは、基本的に開催しない運びとなりました。

『ブースに来ていただいた一人一人のファンの皆様との交流を、少しでも長くとりたい!』という想いもあり、今年のブースイベントはスケジュールしない方針です。(※ゲリラ開催する可能性はございます。)

毎年楽しみにしていただいている方もいらっしゃると思いますが、予めご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

ブースにお越しの際は、ぜひ、製品の観覧だけではなく、ブランドスタッフたちとの交流も、お時間が許す限り楽しんでいただければ幸いです。


 フィッシングショー大阪-2016それでは、アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りください♪


※平成28年1月29日(金)~31日(日)に[みなとみらい・パシフィコ横浜]で開催されます【JAPAN FISHING SHOW 2016】への出展に関しましては、今年度は見合わせております。予め、ご理解、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

2016年01月15日

たくさんのご来場ありがとうございました!!

 平成27年01月30日(金)~年02月01日(日)

【JAPAN FISHING SHOW 2015】!!!!!!!

JFS2015

平成27年02月07日(土)~08日(日)

【FISHING SHOW OSAKA 2015】!!!!!!!

FSO2015_1

FSO2015本年は、東西それぞれのフィッシングショーの日程が近いこともあり、思い切って両方とも出展させていただきました☆

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

特に、パシフィコ横浜で開催された【JAPAN FISHING SHOW 2015】は、弊社ブランドとして初の東日本でのイベント!!

yokohama

九州の片田舎で生活している私にとって、フルムーン以上に明るい都会の夜景は、たいへん印象的でございましたw

FSO2015_2今回で4回目の出展となった【FISHING SHOW OSAKA 2015】では、日頃全国で活動いただいているブランドスタッフが一同に会しました☆

brand-staff

今年のブースはこんな感じ♪

001

002

005

006

ホワイトの清潔感溢れる壁面にアルカジックブルーの帯&ポップな魚影をアクセントを散りばめて♪

004

003

008 今年も、対面カウンター方式でファンの皆様一人ひとりと、製品や実釣面における様々な意見を交換♪

誌面や動画などのメディアでは、どうしてもお伝えしきれない部分を伝えることのできる、私たちにとってもたいへん大切な時間なのです。

また、新製品の展示はもちろんですが、現行品も含め、すべての弊社アイテムを一度に観覧することができるのも、展示会ならではの魅力の一つです。

ブース内では、「このアイテムはどうやって使うの?」「このリグはどんなシチュエーションで使用したらいいのか?」「この時期の◯◯漁港ではコイツがイイ!!」「こんなアイテムもつくって欲しい!!」などなど、現場直送の貴重な釣り談義に花が咲き、私たちにとっても今年一年の活動基盤となるご意見をいただけたりと、たいへん濃密な時間が流れていきました。

また、各種会場で実施したイベントも大好評♪

009

横浜では、ライトゲームに関するアンケートを実施し、大変貴重なご意見をアングラーから直接頂戴致しました。

会場で過ごす貴重な時間を割いて、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました!!!!

※頂戴したご意見は、今後のブランド活動の参考にさせていただきます。

セミナースケジュール予定

また、大阪では、【ブランドビルダーの面々によるトークショー】を今年も開催

010フロートリグのエキスパートたちによる【進化するフロートゲーム】

012

013

011様々なリグを駆使してアジを確実に捕える【最新アジング戦略!!】

014

015

016

伊豆の尺メバルハンター両名がお届ける【尺メバルに一歩近づく ゴロタでのストロングスタイル!】

017 018

などなど、ライトゲームの第一線で活躍するブランドビルダーたちのタイムリーなライトゲーム戦略をご紹介いただきました♪

ほか、ここでは書ききれないほどの貴重で有意義な時間・・・。

019 020

021

022

023 正直、あっという間の2週間でございましたぁ~☆

最後に・・・限られた来場時間の中、ブースまで足を運んでいただいたアングラーの皆さま、この場をお借りして心からお礼申し上げます。 また、連日にわたりご協力いただきました関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

024よりたくさんのアングラーの方々と、さらなる交流を愉しみに・・・♪ 来年もご来場お待ち致しております!

2015年02月13日

【FISHING SHOW OSAKA 2015】のご案内。

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

先日開催されました【JAPAN FISHING SHOW 2015】

本当に多くのご来場を頂き、ありがとうございました!!!!

当日の模様は、また後日お伝えさせていただくとして―。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

本日は、今週末に迫りました【FISHING SHOW OSAKA 2015】のご案内をさせていただきます。

FISHING SHOW OSAKA 2015 (1)

平成27年2月7日(土)~2月8日(日)[インテックス大阪]にて開催されます

【FISHING SHOW OSAKA 2015】

アルカジックジャパンは、下記ブース出展位置にて皆様の御来場をお待ち致しております。

FISHING SHOW OSAKA 2015 (2)

FISHING SHOW OSAKA 2015 (3)ブースでは【JAPAN FISHING SHOW 2015】同様に、今春の新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全ての製品アイテムを観覧することができます♪

最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

また、【Arukazik Japan COLLECTION 2015(カタログ)】も無料配布!!

2015カタログ表紙必要十分な数をご用意しているつもりですが・・・数に限りがございますので、なるべくお早目にブースまでお越しくださいね☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

更に・・・!! 【FISHING SHOW OSAKA 2015】では、弊社ブランドビルダーによります≪セミナー&トークショー≫をブース内特設ステージにて開催させていただきます。

両日のセミナースケジュールは下記の通りです。

セミナースケジュール予定

■07日(土) AM09:30~ ブランドビルダー/黒原祐一・木下彰・髙橋大介による『最新アジング戦略!!』

■07日(土) PM12:00~ ブランドビルダー/藤原真一郎・豊西和典による『進化するフロートゲーム』

■08日(日) AM09:30~ ブランドビルダー/山城剛・藤原克則による『尺メバルに一歩近づく ゴロタでのストロングスタイル!』

■08日(日) PM12:00~ ブランドビルダー/藤原真一郎・伊川和隆による『進化するフロートゲーム』

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、手短ではございますが・・・

アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りください♪

2015年02月02日

遠投系リグで夏メバリング!!

皆さん、こんにちわ!! 企画担当のコーノです。

夏季は【ライトゲームのオフシーズン】という認識が一般的ですが・・・まだまだ各地でアジ&メバルの釣果が上がっております!!

正確には・・・『今年も・・・』という表現が正しくなりつつある昨今。 ライトゲームは“冬季の釣り”という認識がすでに間違っていたのかもしれませんね。

また、アジ&メバルだけがライトゲームのターゲットではないことも考慮すると。。。

今や【多種多様なターゲットを狙って、周年楽しめるゲーム】として認識していたほうが賢いようです。

本日は、そんな旬なレポートをご紹介☆ BB木下彰氏より最近話題の“夏メバリング”のレポートを頂いておりますのでご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【遠投系3種で夏メバルを攻略!!】

梅雨も明け、連日の猛暑で釣場から足が遠のくアングラーも多い時期かと思いますが、現場に立てば、夏は夏の出会いがあります。

今回の釣行では、『Ar.キャロ フリーシンカー』『ぶっ飛びRocker』『シャローフリーク』の遠投系3アイテムが活躍してくれました。

リールを巻くorロッドをさびくなどの“横の釣り”に反応が良い場合、または激流の中を沈めながらレンジを探りたい時にはフリーシンカー

フロートを支点としてワームを上下に跳ね上げる“縦の釣り”に反応が良い場合、または潮流に任せてリグを自然にドリフトさせながら、浮いたメバルに口を使わせたい時にはぶっ飛びRocker

ぶっ飛びRockerより更に遠投が必要な場合、または少し太めのリーダーを使用したい時、ジグヘッドのフォール速度を早く演出したい時には、シャローフリークを誘導式で使用して釣果を上げていきます。

遠投系3種釣行開始時はまず、潮の流れや強さ、ストラクチャーの有無などを把握しながら広範囲を効率良く探るために、【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】×5個と海水を充填したフリーシンカーをチョイス。

手前のポイントから沖のポイントへむかって順にチェックしていきます。

沖はかなり速い潮流が走っているので、徐々にウエイトを追加しながら探る範囲を広げていきます。

夏メバルMAXウエイトのフリーシンカーで沖のボトムまでキッチリ攻略しましたが、あまりレンジを下げ過ぎると小さいメバルやベラなどが容赦なくワームを食い千切っていきます。

フリーシンカーで広範囲をサーチ最終的には、ウエイトアジャスター×7個での中層攻めが良い感じでした。

そうこうしているうちに夕マズメの時合に突入し、メバルの反応も海面付近に集中してきます。

ぶっ飛びRocker L-Fのフロートリグに変更。

ラインテンションを掛けすぎてリグを引っ張ってしまうと極端に反応が悪く、リグを流れにそのまま乗せ、できるだけ自然にドリフトさせると面白いように引っ手繰っていきます。

ドリフトでGETアベレージサイズは20.0cm前後とやや小ぶりなサイズではありますが、夏期のメバルは流れの中でベイトをたらふく捕食していることもありとてもパワフル! 筋肉質で体高のあるプロポーション抜群のメバルたちにしばし癒させます。

すっかり日も暮れた頃、沖の流れも止まり、それと同時に反応も薄くなってきたので、ここで一旦休憩。朝マヅメの少し前から再びメバルを狙います。

まずは状況確認。手前はほぼ流れておらず、キャスト範囲ギリギリのところで潮流がぶつかり沖に払いだしている様子。 前日の傾向も考慮して、シャローフリークを誘導式でセットしフルキャスト。

誘導式シャローフリークうまく流れに乗ってくれたリグをそのまま軽くテンションをかけながら送り込んでいくと・・・「コンッ!」と良い感触。

潮流に乗って“これでもか!”と抵抗し、楽しませてくれます。

朝マズメなかなかのファイトにサイズも期待しましたが、浮かせてみれば22.0cmほどと前日に少し色がついた位のサイズ。

このサイズでこれほどのファイトが堪能できるのは、夏期ならではです。

その後も、流れにうまくリグを送り込みさえすれば、ほぼ1キャスト1ヒット!!

パワフルなファイト!途中フリーシンカーに変更して、手前に引きながら探るも流れに逆らうアプローチは反応が芳しくなかったので、すぐにシャローフリークへ戻します。

メバルの高活性状態は朝マヅメいっぱいまで続きましたが、サイズは右肩下がりで、終いには掌サイズが多くなってきました。

『夜間にこのポイントに入っていれば、もしかしたら良型も・・・』とも思いましたが、まぁ時すでに遅しのタラレバです。

完全に夜が明け、流れの緩いポイントのボトム付近までワームを送り込んで20.0cmちょっとのサイズをキャッチしたところで終了としました。

シャローフリーク応用術このメバル達がいつまで釣れ続くかは解りませんが、潮流の中をアグレッシブに回遊している夏のメバルは、サイズ以上にパワフルなターゲットです。

ハイシーズン、オフシーズン・・・どのターゲットも確かにその傾向はありますが、それを決めつけているのは私たちアングラー側なのかもしれません。

釣れづらい時期だからこその細かい探求の積み重ねが、ハイシーズンの釣果にも影響を与えることは事実だと思います。

ブランドビルダー 木下 彰

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.7ft(ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C3000S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 8-5Lb

●キャロライナリグ・・・フリーシンカー + ウエイトアジャスター×5~8個(海水充填) + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[中通し式]・・・ぶっ飛びロッカー L-F + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[誘導式]・・・シャローフリーク 10.5g + ノットプロテクター 大 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BB木下氏のレポートをご紹介させていただきました!!

ハイシーズンほどの安定した釣果は期待できないものの、条件さえ解ってしまえば案外簡単に楽しめる“夏メバル”!!!!

皆さんも地域でもきっと! 夏メバルと出会えるスポットが存在しているはずですよ♪

2014年07月30日

【フィッシングショー OSAKA 2014】 たくさんのご来場ありがとうございました!!

平成26年02月08日(土)~平成26年02月09日(日)

【フィッシングショー 大阪 2014】!!!!!!!

031アルカジックジャパンは、今年も出展させていただきました☆

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

今回で3回目となる“西の祭典”♪ 日頃から弊社製品をご愛用いただいているアングラーの方々と、直にお話しができるこの機会は、私たちにとっても大変貴重かつ重要な2日間なのです。

057また、全国で活動いただいているブランドスタッフが一同に会するのもフィッシングショーならではのこと♪

035

041

053眠らない大阪の夜の“裏イベント”が連日続く事実は、ここだけの話です(笑)

今年のブースはこんな感じ♪

056

043ブルーを基調した爽やかな壁面にホワイトの帯でアクセントを入れて♪ アルカジックらしいカラーパターンで展開してみました。

028対面カウンター方式で、アングラー一人ひとりと濃密な時間を共有☆

新製品情報はもちろんですが、現行アイテムのすべてを一度に観覧することができるのも展示会ならではないでしょうか?

ブース内では、「このアイテムはどうやって使うの?」「このリグはどんな時に使用したらいいのか?」「◯◯な時はこのアイテムがいいねん!!」「こんなアイテムをつくって欲しい!!」といった、現場直送の貴重な釣り談義に花が咲きます♪

029弊社アイテムを使用したリグ(仕掛図)なども展示。

誌面や動画などでは、どうしてもお伝えしきれない部分をご質問いただき理解して貰えることは、私たちにとっても非常に大切なことです。

058全国のファンの方々との交流や再会♪ ブランドとしても一個人としても、これ以上の財産はないですね~。

【ブランドビルダーの面々によるトークショー】もお陰様で大好評♪

037フロートリグのエキスパートたちによる【フロートリグでのライトゲーム戦略!!】

032様々なリグを駆使してアジを確実に捕える【最新アジング戦略!!】

045尺メバルハンターがお届ける【尺メバルに一歩近づくメバリング戦略!!】

などなど、ライトゲームの第一線で活躍するブランドビルダーたちのタイムリーなライトゲーム戦略をご紹介いただきました♪ ほか、ここでは書ききれないほどの貴重で有意義な時間・・・。 正直、あっという間の2日間でございました☆

065最後に・・・全国的にも稀にみる大寒波到来中の開催にも関わらず、お足元も悪い中ご来場されたアングラーの皆さま、この場をお借りして心からお礼申し上げます。 また、連日にわたりご協力いただきました関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

次回は、平成27年02月07日(土)~平成27年02月08日(日)に開催予定!!

よりたくさんのアングラーの方々と、さらに密な交流できることを愉しみに・・・♪

来年もご来場お待ち致しております!

2014年02月13日

フィッシングショー OSAKA 2014 出展のお知らせ

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。 最近は・・・正直、テンテコ舞いな毎日でございます(笑)

と言うのも、いよいよ来週末に迫った【フィッシングショー OSAKA 2014】の準備の為、バタバタと社内を走り回っております。

2014-osaka_FSバナー今年度の弊社ブース位置は、6号館Bゾーンのコチラです♪

会場MAPそして・・・

今年もやります!!  ブランドビルダーの面々によるトークショー!!

BB全国各地の第一線で活躍する彼らのトークショーは必見です! ぜひイベント時間は、弊社ブースまで足をお運びくださいね♪

【2014 OSAKA-FS Arukazik Japan イベントスケジュール】

■平成26年02月08日(土)

AM10:45~ ブランドビルダー 黒原 祐一&木下 彰の両名による【最新アジング戦略】!!

トークショー3PM13:15~ ブランドビルダー 藤原 真一郎&豊西 和典&伊川和隆 の3名による【フロートリグでのライトゲーム戦略】!!

トークショー1■平成26年02月09日(日)

AM10:45~ ブランドビルダー 藤原 真一郎&山城 剛&藤原 克則 の3名による【尺メバルに一歩近づくメバリング戦略】!!

トークショー2PM13:15~ ブランドビルダー 黒原 祐一&木下 彰の両名による【最新アジング戦略】!!

トークショー4その他、当日初公開の“ムフフ♪なプロトアイテム”も展示予定です☆

ぜひ、お時間の許す限り【 Arukazik Japan ブース】へお越しください!!!!

お待ち致しております♪皆様のご来場、心よりお待ち致しております♪

2014年01月28日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR