FLOAT

【JAPAN FISHING SHOW 2015】のご案内。

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

本日は、いよいよ今週末に迫ってきました【JAPAN FISHING SHOW 2015】のご案内です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015横浜FSバナー平成27年1月30日(金)~2月1日(日)[みなとみらい・パシフィコ横浜]にて開催されます

【JAPAN FISHING SHOW 2015】

アルカジックジャパンは、下記ブース出展位置にて皆様の御来場をお待ち致しております。

横浜FS 会場MAP

横浜FS 会場拡大MAPブースでは、今春の新製品から既存品まで、アルカジックジャパンが現在販売を行っている、ほぼ全ての製品アイテムを観覧することができます♪

最寄の取扱店様にお取扱いのないアイテムに関してもチェックできる絶好の機会ですので、ぜひブースまで足をお運びいただけると幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

また、【Arukazik Japan COLLECTION 2015(カタログ)】も無料配布致しております!!

2015カタログ表紙必要十分な数をご用意しているつもりですが・・・数に限りがございますので、なるべくお早目にブースまでお越しくださいね☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 更に・・・!! アルカジックジャパンのイベントとしては、今回が『初の東日本進出!!』ということで・・・。

【土日限定】で実施致します≪アンケート調査≫へご協力いただいた方、先着100名様(土日それぞれで先着50名様)に弊社製品をプレゼント♪

001

アンケートの内容は、“東日本におけるソルトライトゲームに関する簡単な内容に✔方式でご回答いただくカタチとなっております。

ものの一分もかからない、本当に簡単な内容のアンケートとなっておりますので、お時間の許す方は、是非ともご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 それでは、いよいよ今週末となりましたが・・・

アルカジックジャパン・スタッフ一同、皆様の御来場を心よりお待ち致しております。

ぜひ、お気軽にブースまでお立ち寄りください♪

2015年01月26日

ハイシーズンの離島

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

最近は、全国的に見ても『ライトゲームのハイシーズン』といった様子です☆

メバルはもちろん、アジも地域によっては好調な様子で、それぞれ尺オーバーのビッグサイズも飛び出しております。

メバルは、季節がら抱卵個体が増えているようなので、お腹をパンパンにした個体を釣り上げた際には、できるだけ優しくリリースしていただけると嬉しいですね。

寒さに負けず現場へ足を運べば、楽しいライトゲームを満喫できるハズなので、ぜひ防寒対策を整えて、こたつから一歩抜け出してみてください(笑)

本日は、そんなライトゲーム・ハイシーズンの離島釣行に挑んだ、BA中崎氏のレポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ハイシーズンの離島ゲーム!!】

一晩中、降り続く雨・・・。

天候はお世辞にも良いとは言えない状況であったが、仕事明けにそのまま車を走らせ、最終便で通い慣れた離島へ渡った。

島へは無事到着したものの、外海側は予想通りの荒れ具合で、まずは港内側でメバルを狙うことに。

常夜灯の明かりと潮流が当たるテトラの張出しに、【ぶっ飛びRocker L-F】+【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】【ウミゲラ 1.2inch / チャートラメ】をセットしたフロートリグを投じる。

様子見で明部内にキャストしたリグが着水すると同時に引っ手繰るようなバイト!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『幸先が良いな!』と思ったものの、あがってきたのは狙いのメバルではなく23~24.0cmほどのアジ。

その後も、同様に常夜灯の明部にアプローチを続けるが、結果は全てアジ、アジ、アジ(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA同型を十数匹追加したあたりからアジのバイトもなくなったので、今度は常夜灯の暗部を狙ってみると、直ぐに22~23.0cmほどのメバルがヒットした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『アジの群れが抜けてメバルの食いが立ったのか・・・、そもそも明部と暗部で棲み分けしていたのか・・・。』

そんなことを考えながら、その後も20~23.0cmセンチほどのメバルをポツポツと拾っていく。

釣行開始から1時間余りが過ぎた頃、アジもメバルも反応がなくなったのでリグを変更。

アジに狙いをシフトし、【スプリットシンカ― 5.0g】+【Ar.ヘッド ジャックアッパー 0.4g-#6】のスプリットショットリグで探ってみる。

沖の暗部に、うっすら潮目を確認できたので、その周辺をレンジを刻みながら探っていくと・・・カウント15~20ほどで連発♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA反応がなくなった時点から再度カウントを取り直し、今度はカウント25~30で再びアジの群れを捕える。

『更に深いレンジはどうか?』と、さらに5カウントづつ刻んでいくが、こちらは反応なし。

そうこうしているうちに、沖にあった潮目もだんだん手前に寄り、張出したテトラと重なる感じに―。

狙うなら今かなと、テトラの際にリグを通すと・・・一発でヒット!!!!

直ぐにメバルだと解るトルクフルなファイトを楽しみつつ、慎重に抜きあげる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA26.0cmほどの良型メバル♪

この1匹で、メバルのレンジもやや深いと判断し、リグを【Ar.ヘッド ラウンドロック 3.0g-#4】のジグヘッドリグに変更。

この頃には、外海側の海況もやや回復しつつあったので、狙いをテトラの際に絞り、テンポよくラン&ガンして周ったが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA20~23.0cmほどのメバルを主体に同型のアジが混ざる感じで、一向にサイズアップできない。

キャストしながら次の一手を練っていると・・・眼下にシーバスの姿が(笑)

なかなか反応が悪く、少々時間がかかったもののサイトでバイトに持ち込み、そのファイトを堪能♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERAプロポーション抜群の78.0cm!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この一匹で気持ちの入れ換えもできたので、再びメバル狙いに戻る。

リグやポイント、レンジを変更しつつアプローチを続けるも、釣れるのはアジばかりなので、メバルは諦め、良型アジ狙いに変更。

気が付けば、朝マズメの時合いが迫っていた。

夜が明けきらないうちは、ある程度の決まったレンジで【フリーシンカー】のキャロライナリグやフロートをドリフトさせ釣果を伸ばしていくが・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA光量が増えるに連れてアジのレンジやヒットパターンにも変化が出てきた。

朝マズメのラッシュ時は、【スプリットシンカー 7.0g】のスプリットリグで、広範囲をスピーディーに攻略することで数を稼ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAしばしの入れ食い♪ サイズもだんだんと上がってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA最終的にMAX 29.0cmまでのアジを手中に納めることに成功。

今回の釣行では、アジは尺に届かず、メバルも納得のいくサイズは釣れなかったものの、一晩中ライトゲームを楽しむことができました。

リグやアプローチも創意工夫しながら、結果を引き出していけたので、次釣行に繋がる何かは得られたのではないかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2500S

●メインライン・・・PE 0.3号 ●リーダー・・・フロロカーボン 4~6lb

●フトートリグ・・・ぶっ飛びRocker L-F , M-SS + ノットプロテクター 大 + ユニットスイベルラウンドロック 0.4g-#4など + ウミゲラ 1.2/チャートラメ

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 5.0~7.0g + スプリットストッパー S + ユニットスイベル + ジャックアッパー 0.4g-#6 + 2inch前後のストレートワームなど

●キャロライナリグ・・・フリーシンカー + ウエイトアジャスター×2個(海水封入)ノットプロテクター 大 + ユニットスイベルジャックアッパー 0.4g-#6 + ウミゲラ 1.2/チャートラメ

●ジグヘッドリグ・・・ラウンドロック 3.0g-#4 + 2inch前後のシャッドテールワームなど

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年01月17日

身近にある楽しみ♪

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

今年、一発目の釣行レポートが上がってきました。

BA平川氏による『身近なライトゲームの魅力を再確認できる』釣果報告から、本年も釣果レポートもスタートです☆

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【身近に楽しめるライトゲームの魅力】

皆さん、あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。

さてさて、早速魚釣りのお話ですw。 すっかり寒くなった昨今ですが、時間を見つけては近隣のポイントへ足を運んでいます。

ライトゲームの魅力の一つでもある【手軽に、いつでも、楽しめる―】といった部分にならって、身近なポイントにも注目している昨今です。

釣行当日の潮周りは、小潮~長潮にかけてということで、タイドグラフを眺めても干満差が少なく、潮があまり動かないことが予想されました。

タイドグラフ厳しい状況下での釣りになるだろうと覚悟しつつ、それでも幾分か潮が動きそうな、防波堤の先端付近に釣り座を構えます。

釣場を観察してみると、東寄りの風が強弱変化しながら吹いており、アングラーにとっても少々釣り辛い状況にありました。

まずは、【Ar.ヘッド ジャックアッパー 1.0g-#8】に2.5インチほどのストレートワームをセットしたジグヘッドリグをセレクト。

日頃、自分の釣りの基準となっているウエイトからスタートすることで、状況を一早く確認するための選択です。

今回のポイントには、波止の先端部のみに常夜灯が有り、それ以外は真っ暗闇に近いポイント。 月も小さいので、明暗の差がはっきりでる状況でもあります。

まずは、港内側の明暗部からキャストしてみる。

時折り強く吹きつける風の影響で、1.0gのジグヘッドリグでは多少やり辛さを感じる・・・。

キャスト後にロッドを倒し、風の影響を軽減するように対処していきますが、それでも少々難しい・・・。

そこで、ウエイトを1.0g⇒1.5gに交換し再度キャスト。

僅か0.5gの差ではあるが、ライトゲームでの、この差が如何に大きいことは、皆さんも承知の通り。

お陰で、随分と操作がやり易くなり、釣りに集中できるようになりました♪

潮は、ゆっくりではあるが、暗部から明部の方に向かって流れている・・・。

その流れにリグを乗せ、狙ったレンジをキープしつつ、アクションを付けたり、フォールをさせたり、横にサビいてみたり―。

表層からカウントを刻んで、いろいろ試しましたが、反応が得られたのはボトムでの小さなカサゴのみ。

次に、先端側の明部内を、先ほどの操作と同様に細かくチェックしていく。

アルカジックのジャックアッパーラウンドロックのヘッド形状は球体なので、変にアクションしたり、流れを受け過ぎたりしないところが好きである。

ロッド操作にも、リニアかつ素直に反応してくれるのが有難い。

バイトは突然訪れた。 ブレイク状に掛け下がる波止の基礎部分を越え、リグを回収するか、しないか、悩むくらいのフラットになった基礎のシャロー部分にリグが差し掛かった際にヒット!

2015-0103 382小気味良いファイトであがってきたのは、23~24.0cmほどのアジ♪

この一匹で、魚のレンジは浅いと判明し、よりスローにフォールさせる為に、ジグヘッドのウエイトを再び1.0gに戻してみるが・・・やはり風の影響を受け、操作が難しくなる。。。

そこで、【フォローショット LL】+【ジャックアッパー 0.4g-#8】のスプリットショットリグに変更。

ヒットポイントもそう遠くはない状況だったので、よりスローに表層付近の潮にリグをなじませながら、縦や横に誘って、バイトを引き出す作戦。

このリグセレクトが功を奏し、狙い通りに表層付近のレンジで数匹のアジを追加♪

2015-0103 376.ps

2015-0103 387.psフォローショットをキャストし、狙いのレンジまでリグを沈下させてからアクションをつけ、ゆっくり引き落として(リグをサビきながらも、ややリグが沈むくらいのスピードで操作して)、食わせの間を与えていく。

沈下速度はデッドスローながらも、しっかりとリグの抵抗を感じることができる【フォローショット】が当日の状況にはベストマッチだったようです。

2015-0103 378.ps結果的には、指で数えれる程度の釣果しかでなかったが、狙って仕留めた、いわゆる『釣った!』感の強い釣果なだけに十分満足のいく釣行でした。

日頃あまり使用することの少なかったリグでの釣果、自宅から気負わずに行けるポイントでの釣果・・・。

安・近・短でも、奥深く楽しむことができるライトゲームの魅力を、再確認できた一夜となりました。

ブランドアドバイザー 平川 潤

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 6.7ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2004CH

●メインライン・・・PE 0.3号 ●リーダー・・・フロロカーボン 4-3lb

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパー #8-1.0~1.5g + 2.5インチ前後のストレートワーム

●スプリットショットリグ・・・フォローショット LL + スプリットストッパー S + ユニットスイベル #12ジャックアッパー #8-0.4g+ 2.5インチ前後のストレートワーム

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2015年01月14日

TRY!

arukazik_logo-type1  

 たいへん遅くなりましたが・・・

あけましておめでとうございます。

本年もArukazik Japan を宜しくお願い申し上げます。

アルカジックジャパン社員 一同

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

今年は、今月末~来月頭に横浜と大阪の二大フィッシングショーを控えており、例年に増して慌ただしい日々を送れている―。 そんな昨今です。

釣りも、年明け後から、特にメバルが全国的に好調な様子で、ブランドスタッフや全国のユーザー様から嬉しい良報が増えていますね♪

メバル好調!

寒さに負けず! 防寒対策をしっかりと整えて!! 皆さんも【旬のメバルゲーム】を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さてさて、話は変わって・・・。

アルカジックジャパンでは、2015年度のブランドテーマ【TRY!(トライ)】を掲げ、本年も活動してまいります。

 2015_theme

【 もっと新たなメソッドを! もっと新たなストラテジーを! そして、もっと新たなターゲットを!】

日々、その進化を続けるライトゲームの世界で、私たち、アルカジックジャパンができることはなにか―。

ユーザーに支持・愛用される製品の開発はもちろんですが、ライトゲームシーンを担うメーカーの一つとして、その自負と誇りを皆様へもっとお伝えできればと思います。

 本年は、地元九州を離れた活動や、新たなライトゲームの提案、全国のユーザー様との交流なども、もっと増やしていきたいですね。

『現場を肌で感じて、生の声をきく―。』

この弊社ブランドの核とも言える活動に、もっと勢力的に【TRY!】していきたいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

また、もう一つの取組みとして、もっと新たなライトゲームのターゲットもご提案できればと考えております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA昨年、ご紹介させていただいたチヌ(クロダイ)を始め、全国各地には、日頃使用しているライトゲームタックルそのままで狙えるターゲットが、メバル・アジ以外にも多く存在しております。

カマス

マダイ

ヒラ(有明ターポン)ご当地ターゲットも含め、その釣法やリグをブラッシュアップして、手軽で楽しく、奥も深いライトゲームの魅力を、さらに皆様へご提案できればと思いますので、こちらにもご期待ください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

アルカジックジャパンでは、これからも多くのアングラーの意思に添えるような製品開発、ブランド活動に務めて参ります。

本年も変わらぬご支援、ご愛願のほど宜しくお願い申し上げます。

2015年01月13日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR