FLOAT

中通し?固定式?悩めるフロートリグのセレクトについて

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

本日は、弊社お問い合わせフォームよりご質問の多い『中通し式フロートリグと固定式フロートリグ(Fシステム)の使い分け』についてコチラでもご紹介させていただきます。

あくまでも弊社基準ではございますが、参考にしていただければ幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【中通し式、固定式。それぞれのフロートリグシステム】

2014年11月現在、弊社が推奨しておりますフロートリグシステムには、二つの選択肢があります。

一つは【ぶっ飛びRocker】を使用した最も一般的な中通し式のフロートリグシステム。

butobi_rokerう一つが、弊社ブランドビルダー/藤原真一郎氏考案の【シャローフリーク】を使用した【Fシステム】という固定式フロートリグシステム(以降、Fシステム)です。

shallow freakこの二つのフロートリグシステムを使い分けることで、より状況にアジャストしたフロートリグをセレクトすることができます。

まず、【シャローフリーク】を使用したFシステムのリグシステムは下図の通りです。

Fシステム仕掛図Fシステムの大きな特徴は、PEラインの先に結ばれたリーダー本線とその端糸に、それぞれ独立してジグヘッドとフロートが組まれていることです。

この特異なリグシステムにより、以下のようなメリットが生まれます。

①.キャスト時に、フロートが先行するカタチで飛行するため、中通し式のフトートリグより飛距離が伸びる。

②.フロートがジグヘッドに干渉することを抑えることができるので、沖の表層付近でジグヘッド単体リグのようなアクションを演出できる。

③.②項同様の原理で、感度が向上し、フッキングレスポンスに長ける。

上記特徴を理解すると、一般的な中通し式のフロートリグと比べ、特に遠投&フロートリグが必須なフィールドでの優位性は非常に高く、その威力を発揮します。

しかし、【シャローフリーク】を使用したFシステムに関して述べればシャローフリーク本体の残浮力が低いことで、残浮力以上のウエイトのジグヘッドを使用した際にリグが沈下してしまう点や、その特異なリグシステムが他リグへ応用しづらいなどのご意見もあります。

そこで登場するのが、一般的にもポピュラーな中通し式のフロートリグシステムです。

中通し式フロートリグ仕掛図そのメリットを【ぶっ飛びRocker】を使用した中通し式フロートリグで説明すると、

①.ウエイトキャパシティーが低いロッドでもフロートリグを使用できるサイズラインナップがある。

②.SS(スローシンキング)モデルが規格品で存在し、フロートのローテーションを簡単に行える。

③.リグシステムが、キャロライナリグやスプリットショットリグなどの他リグへ変更しやすく、様々なシチュエーションに対応しやすい。

など、【Fシステム】ではやや対応しづらい状況をカバーする役目を果たします。

また、フロート越しにジグヘッドを沈下させることができるのも中通し式の大きな特徴。フロート越しにジグヘッドをリフト&フォールさせて、藻場などのピンスポットを攻略する縦の釣りには、中通し式のフロートリグが効果的です。

つまり、可能な限りの遠投が有効的なポイントや、細かいリグ操作が必要な状況では【Fシステム】

ピンスポットの縦の釣りを演出したい場合や、他のリグとの流用が必要なシチュエーションなどでは【中通し式のフロートリグ】をセレクトするといった見解になります。

メバルしかし、実際はFシステムをカスタムしたり応用したりすることでカバーできるシチュエーションも増えていますし、逆に飛距離や細やかな操作性を必要としない、近~中距離でのリーリング主体の釣りなどでは、どちらのリグをセレクトしても構わないといった状況もあります。

私の場合、遠投性に優れたフロートリグが圧倒的に有利なフィールドであるゴロタなどへ出掛ける際には、始めからFシステム。

ゴロタ水深があるポイントでのアジングなど、現状は水面直下に反応であっても、状況によってアプローチやリグを変更する可能性がある場合は、中通し式のフロートリグ。

アジ軽量ジグヘッドリグのような繊細なアクションがバイトを誘発する場面ではFシステム。

漁港先端に結ぶワームをノーシンカーで使用する際は中通し式。

メバル2などなど、フィールドのシチュエーションや状況によって、どちらのフロートリグをセレクトするかを決定しております。

つまり、目の前の状況に必要な性能を発揮しやすいリグ、持ち込んだタックルで使用できる範囲のリグをセレクトすれば良いということで、これはフロートリグに限った話ではありません。

以上、簡単ではありますが、それぞれのリグ特性を理解した上で『どちらのフロートリグを組むか』、ご判断いただけると幸いです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2014年11月27日

待ちに待ったハイシーズンの到来!!

皆さん、こんにちは。 企画担当のコーノです。

本日は、BA平川氏より届きました釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ハイシーズンの到来!!】

日増しに秋深る昨今、多種多彩な釣果が耳に入る季節ですが、私自身は秋のアジングシーズン開幕頃から通っている【マヅメの短時間ゲーム】に変わらず精を出しております。

最近では、先月まで釣れていなかったポイントからも釣果が聞こえるようになり、いよいよ私のホームグラウンドである山口西部エリアでも、秋のアジング・ハイシーズンに突入といった印象です。

近隣のポイントにも万遍なく接岸しているベイトの状況から、『せっかくのハイシーズン。通い慣れたポイントでいつもと同じように過ごすよりも、新たな刺激を求めて、新規ポイント調査も兼ねた楽しい釣りを満喫しよう!』と思い、今回は新規ポイントへエントリー。

サーフ&流入河川が隣接したシャロー帯にある漁港に目星を付けて車を走らせます。

この漁港は地図上で観ると、大きなワンドの中にあるポイントなのですが、防波堤の随所にテトラが埋設されており、潮通しの良さが伺えます。

夜間の照明設備がないポイントなので、ナイトアジングで訪れる方は少ない漁港なのですが、マズメ限定のアジングでは、ベイトの接岸と潮通しの良さが釣果のカギを握る場合が多いので、照明設備の有無は釣果にほとんど影響がありません。 活性の高いアジが回遊してくる可能性のある条件がいくつ揃っているか?でポイントをセレクトしていきます。

朝のプライムタイムまだ薄暗い時間にポイントへ到着。 先行者もいなかったので、最も潮通しの良いと思われる外波止先端部で夜明けを待ちます。

ファーストキャストで解ったことは、正面から潮流が押してくる“当て潮”だということと、その浅い水深。

同行していた友人がフロートリグで表層付近をスローに攻略していたので、違うリグ&アプローチでまずは状況を把握するほうが吉と判断し、私は【Ar.キャロ フリーシンカー】【Ar.キャロ ウエイトアジャスター×5個】+海水を詰めたキャロライナリグで広いレンジ&範囲を探っていきます。

しかし、流石にトータル7.0gのキャロライナリグで攻略するにはオーバーウエイトの水深。 その重量で広範囲は探れるものの、沈下速度が速く直ぐにボトムに着底してしまう。

直ぐにウエイトアジャスターを2つ抜きとり再キャスト。 この手返しの早いウエイト変更がフリーシンカーの真骨頂です。

釣行風景朝マズメの高活性なアジはレンジが浅い傾向にあるので、表層からのカウントダウンでレンジを刻み探ります。(ファーストキャストから数投で、ボトムまでのカウントや大まかな地形等を把握した後に行っております。)

しばらくは何の反応も無い時間が流れましたが、夜明けのタイミングと重なる様に『コツンッ!』というアジ特有のバイトがピックアップ寸前の近距離で多発!!

直ぐに、タックルバッカンに差してあったジグヘッド用のロッドに持ち替え、【Ar.ヘッド ジャックアッパー 1.5g-#8】のジグヘッドリグで再アプローチ。

タックルバッカン答えは直ぐに返ってきました!

着水と同時にラインメンディングを行い、カウントでバイトがあったレンジまでリグを沈める。軽いロッドワークでリグを跳ね上げ、そのままフリーフォール・・・。

すると、猛烈なバイトと共にロッドが絞り込まれ、きつめに絞めたドラグがジリジリと音を立てる!!・・・良型確定だ!!

しっかりとフッキングを行っていた為、バラシの心配をする事も無くゴリ巻で一気に抜き上げます。

良型確保!!29.0cm!!!! 厚み&体高共に申し分ないプロポーション抜群のアジ♪

魚の重量もトルクも想像以上に強かったので、念のため結んであるジグヘッドをジャックアッパーから【Ar.ヘッド ラウンドロック 1.0g-#6】に変更。

もしもの大型アジに備えて、ジャックアッパーより太軸のラウンドロックで保険を掛けおきます。(現に、大阪在住のブランドビルダー達はラウンドロックで30.0cmを遥かに超える大型アジを抜きあげているので。)

そして、短いながらも濃密な時合いに突入♪ 尺絡みサイズのアジが怒涛の連続ヒットという、夢のような時間を満喫できました。

当日の釣果今回の釣行では、新たなポイントを開拓できたうえ、これからの更なる可能性と期待を感じることのできた釣行となりました。

いよいよライトゲームのハイシーズン。そろそろメバルも良い時期なので何かと忙しくなりそうです。

ブランドアドバイザー 平川 潤

【使用タックルデータ】

■キャロライナリグ用

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.7ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2004CH

●メインライン・・・PE 0.3号 ●リーダー・・・フロロカーボン 6-4lb

●キャロライナリグ・・・フリーシンカー + ウエイトアジャスター×5個ノットプロテクター + ユニットスイベル + ジャックアッパー #10~8-0.4g + 2インチ前後のワーム

■ジグヘッドリグ用

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 6.10ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2004CH

●メインライン・・・PE 0.3号 ●リーダー・・・フロロカーボン 4lb

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパー #8-1.0~1.5g or ラウンドロック #6-1.0g+ 2インチ前後のワーム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA平川氏の釣行レポートをご紹介いたしました!!

いよいよ、秋のライトゲームもハイシーズン!!!! 皆さんもぜひ、最寄のフィールドへ出掛けてみてはいかがでしょうか。

2014年11月13日

JAPAN FISHING SHOW 2015

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

暦も11月に入り、いよいよライトゲームのハイシーズンに突入しました!!!! アジにメバルと、どちらのターゲットを狙おうか贅沢に悩める季節ですね☆(笑)

また、この時期はデスクワークも激務になる季節(笑) 新しいカタログやフィッシングショーの準備、新製品の開発に現場での実釣などなど、私事ではございますがお陰様で慌ただしい日々を送らせていただいております。

そして、本日は来年度のイベント出展のお知らせです。

2015横浜FSバナー平成27年1月30日(金)~2月1日(日)[みなとみらい・パシフィコ横浜]にて開催されます

【JAPAN FISHING SHOW 2015】

にアルカジックジャパンもブース出展させていただくことになりました!!!!

当日は、2015年度上半期発売予定の新製品を一挙公開☆ あんなモノや、こんなモノまで・・・公開を待ちわびているアイテム達を連れて東日本に上陸です!

ブース出展位置は下記の通り♪

横浜FS 会場MAP

横浜FS 会場拡大MAP開催までしばらく期間がございますが、随時、最新情報を報告させていただきますので宜しくお願い申し上げます。

2014年11月12日

ロックショアからマグロ狙い!?

皆さん、こんにちは!! 企画担当のコーノです。

冒頭より【ロックショアのマグロ狙い!?】 なんて、ライトゲームらしからぬ表題ですが・・・(笑)

BA中崎氏より、ショアグライダーを使っての“ロックショアゲーム”のレポートが届きましたので、折角なので皆様にもご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ロックショアからマグロシューティング!!!!】

※ライトゲームでの釣行レポートではないのですが、参考までにレポートを提出させていただきます。(中崎)

ロックショアからマグロ狙い!!とある日のこと。 釣友から『ショアからマグロが上がっているぞ!!』との情報が飛び込んできました。

早速、詳しい情報を入手し、朝マズメのプライムタイムに向けて車を走らせました。

今回のターゲットは、最大100cm/10.0kg程までに成長する【コシナガマグロ】という種類のマグロで、ショアラインから届く距離でナブラを起こしている!との情報でした。

コシナガマグロ実は・・・今回のレポート以前に、既に一尾を仕留めていたのですが・・・。

現場の状況によっては、ショアグライダー 30gでも十分狙える!』と解ったので、今回再チャレンジしてまいりました。

今回のポイントは、潮が激しく流れるエリアにあり、100g前後のメタルジグを使ったショアジギングスタイルが主流のポイント。通常であれば30gのメタルジグでは、一瞬で流れてしまう様なポイントです。

しかし、潮止まり前後の時合いなら30gのメタルジグでもフォールさせることが可能なことが解り、『このシチュエーションに対して、最軽量なメタルジグ』を使用しているアングラーを見たことが無かったので、『もしかすると、違ったパターンの魚が狙えるかも!?』という思いがあり実釣してみました。

朝マズメと潮止まりが重なった釣行当日。

前回の釣行で、良型のヒラマサを掛けて純正フックを伸ばされてしまっていたので、フックだけは大型仕様のものに変更して挑みます。

マグロのナブラシューティングは、実際にナブラが起こってもなかなかバイトさせるのが難しいと聞いていたのですが、対象魚問わず【喰わせの間を演出しやすいショアグライダーならなんとかなるかも・・・。

しかし、当日は潮が悪いこともあってか期待のナブラは起こらず、【ショアグライダー 30g】をアジング同様に表層からレンジを刻みながら狙っていきます。

沖に走る潮目の中にキャストし、カウント30ほどのレンジからシャクり上げると、潮が重たく感じる層を発見。

『釣れるならこのレンジだ!』と思い、再キャストでそのレンジを集中的に狙っていきます。

アクションは、ショアグライダーが得意とする【スローな水平フォールを主体】とし、ゆっくりと大きくシャクり上げては、軽く水平フォールを入れる。このアクションを潮が重いレンジ付近で繰り返し、そのレンジを通過したらジャカジャカと4~5回巻きジャクって、10秒ほどの水平フォール。

この一連のアクションで挑んだ数投目。

ファイトシーン①後半のジャカジャカっとシャクり上げている最中に“ゴツン!”と強いバイト!

青物特有のトルクあるファイト!!! 上がって来たのは3.0kgほどのヤズ(ブリ)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA早々に写真を撮り、再度同じコース&レンジを探ると、直ぐにヒット!

先ほどより更に強いファイトに良型と確信して、やや強引にファイトしましたが、ポンピングしている途中に無念のフックアウト

直ぐに投げ直したものの時合いは長くは続かず、潮が強く流れ出し、ショアグライダーでの攻略は難しいシチュエーションに。

仕方がないので、ルアーをダイビングペンシルに付け替え、潮目付近を丁寧に流すと、すぐに激しいスプラッシュがあがる!!

ファイトシーン②2度のミスバイトの末、3度目の正直で、水面が炸裂すると同時に止まらないドラグ!!!!

マグロと確信し、慎重にファイトを続けるも、なかなか寄ってくる気配がない。 それでも根気良く綱引きを繰り返していると遂に魚体が見えてきました。

ファイトシーン③フッキング位置を確認すると・・・見事なほどのスレ掛かり(泣)。 これはなかなか寄らないハズです。

その後、瀬際のウネリに揉まれながらも、そのウネリを利用して何とかランディングに成功!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今シーズン2本目となる 6.0kgほどのコシナガマグロ!!!!

(ファイト中、磯に洗われ、魚体がボロボロになってしまいました。汚い画で申し訳ありません。)

ファイトにかなりの時間を費やしてしまい、この日はここでタイムアップになってしまいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回の釣行では、目的であった【ショアグライダーでマグロGET!!】とはなりませんでしたが、潮止まりというお世辞にも良いとは言えない状況下で、一尾の魚を絞り出した実力に、大きな可能性を感じることができた釣行でした。

ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ シーバスロッド 11.0ft(MAX56gウエイトモデル)

●リール・・・スピニングリール3500番(ノーマルギア)

●メインライン・・・PE 2.0号 ●リーダー・・・フロロカーボン 7号

●使用ルアー・・・ショアグライダー 30g/ゼブラグロー(フック改)、ダイビングペンシルなど

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

2014年11月04日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR