FLOAT

遠投系リグで夏メバリング!!

皆さん、こんにちわ!! 企画担当のコーノです。

夏季は【ライトゲームのオフシーズン】という認識が一般的ですが・・・まだまだ各地でアジ&メバルの釣果が上がっております!!

正確には・・・『今年も・・・』という表現が正しくなりつつある昨今。 ライトゲームは“冬季の釣り”という認識がすでに間違っていたのかもしれませんね。

また、アジ&メバルだけがライトゲームのターゲットではないことも考慮すると。。。

今や【多種多様なターゲットを狙って、周年楽しめるゲーム】として認識していたほうが賢いようです。

本日は、そんな旬なレポートをご紹介☆ BB木下彰氏より最近話題の“夏メバリング”のレポートを頂いておりますのでご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【遠投系3種で夏メバルを攻略!!】

梅雨も明け、連日の猛暑で釣場から足が遠のくアングラーも多い時期かと思いますが、現場に立てば、夏は夏の出会いがあります。

今回の釣行では、『Ar.キャロ フリーシンカー』『ぶっ飛びRocker』『シャローフリーク』の遠投系3アイテムが活躍してくれました。

リールを巻くorロッドをさびくなどの“横の釣り”に反応が良い場合、または激流の中を沈めながらレンジを探りたい時にはフリーシンカー

フロートを支点としてワームを上下に跳ね上げる“縦の釣り”に反応が良い場合、または潮流に任せてリグを自然にドリフトさせながら、浮いたメバルに口を使わせたい時にはぶっ飛びRocker

ぶっ飛びRockerより更に遠投が必要な場合、または少し太めのリーダーを使用したい時、ジグヘッドのフォール速度を早く演出したい時には、シャローフリークを誘導式で使用して釣果を上げていきます。

遠投系3種釣行開始時はまず、潮の流れや強さ、ストラクチャーの有無などを把握しながら広範囲を効率良く探るために、【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】×5個と海水を充填したフリーシンカーをチョイス。

手前のポイントから沖のポイントへむかって順にチェックしていきます。

沖はかなり速い潮流が走っているので、徐々にウエイトを追加しながら探る範囲を広げていきます。

夏メバルMAXウエイトのフリーシンカーで沖のボトムまでキッチリ攻略しましたが、あまりレンジを下げ過ぎると小さいメバルやベラなどが容赦なくワームを食い千切っていきます。

フリーシンカーで広範囲をサーチ最終的には、ウエイトアジャスター×7個での中層攻めが良い感じでした。

そうこうしているうちに夕マズメの時合に突入し、メバルの反応も海面付近に集中してきます。

ぶっ飛びRocker L-Fのフロートリグに変更。

ラインテンションを掛けすぎてリグを引っ張ってしまうと極端に反応が悪く、リグを流れにそのまま乗せ、できるだけ自然にドリフトさせると面白いように引っ手繰っていきます。

ドリフトでGETアベレージサイズは20.0cm前後とやや小ぶりなサイズではありますが、夏期のメバルは流れの中でベイトをたらふく捕食していることもありとてもパワフル! 筋肉質で体高のあるプロポーション抜群のメバルたちにしばし癒させます。

すっかり日も暮れた頃、沖の流れも止まり、それと同時に反応も薄くなってきたので、ここで一旦休憩。朝マヅメの少し前から再びメバルを狙います。

まずは状況確認。手前はほぼ流れておらず、キャスト範囲ギリギリのところで潮流がぶつかり沖に払いだしている様子。 前日の傾向も考慮して、シャローフリークを誘導式でセットしフルキャスト。

誘導式シャローフリークうまく流れに乗ってくれたリグをそのまま軽くテンションをかけながら送り込んでいくと・・・「コンッ!」と良い感触。

潮流に乗って“これでもか!”と抵抗し、楽しませてくれます。

朝マズメなかなかのファイトにサイズも期待しましたが、浮かせてみれば22.0cmほどと前日に少し色がついた位のサイズ。

このサイズでこれほどのファイトが堪能できるのは、夏期ならではです。

その後も、流れにうまくリグを送り込みさえすれば、ほぼ1キャスト1ヒット!!

パワフルなファイト!途中フリーシンカーに変更して、手前に引きながら探るも流れに逆らうアプローチは反応が芳しくなかったので、すぐにシャローフリークへ戻します。

メバルの高活性状態は朝マヅメいっぱいまで続きましたが、サイズは右肩下がりで、終いには掌サイズが多くなってきました。

『夜間にこのポイントに入っていれば、もしかしたら良型も・・・』とも思いましたが、まぁ時すでに遅しのタラレバです。

完全に夜が明け、流れの緩いポイントのボトム付近までワームを送り込んで20.0cmちょっとのサイズをキャッチしたところで終了としました。

シャローフリーク応用術このメバル達がいつまで釣れ続くかは解りませんが、潮流の中をアグレッシブに回遊している夏のメバルは、サイズ以上にパワフルなターゲットです。

ハイシーズン、オフシーズン・・・どのターゲットも確かにその傾向はありますが、それを決めつけているのは私たちアングラー側なのかもしれません。

釣れづらい時期だからこその細かい探求の積み重ねが、ハイシーズンの釣果にも影響を与えることは事実だと思います。

ブランドビルダー 木下 彰

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.7ft(ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C3000S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 8-5Lb

●キャロライナリグ・・・フリーシンカー + ウエイトアジャスター×5~8個(海水充填) + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[中通し式]・・・ぶっ飛びロッカー L-F + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

●フロートリグ[誘導式]・・・シャローフリーク 10.5g + ノットプロテクター 大 + ユニットスイベル + ラウンドロック #4-0.4g + ワーム(1.2インチ)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BB木下氏のレポートをご紹介させていただきました!!

ハイシーズンほどの安定した釣果は期待できないものの、条件さえ解ってしまえば案外簡単に楽しめる“夏メバル”!!!!

皆さんも地域でもきっと! 夏メバルと出会えるスポットが存在しているはずですよ♪

2014年07月30日

話題のチヌゲームにチャレンジ!!

皆さん、こんちには♪ 企画担当のコーノです。

梅雨もそろそろ中~終盤。 暦の上では7月に入り、いよいよ夏が目前に迫ってまいりました。

梅雨メバル&アジもそろそろ終盤戦の様子で、地域によっては既に夏のツリモノに移行している地域も多いようです。

夏のライトゲームは、小~中型のマアジや良型のマルアジ、小型回遊魚(青物)やカマス、メッキやチヌ、キスなどあげればキリがないほどの多種多様なターゲットが狙える季節です♪

中でも【チヌのライトゲーム】は今、話題の一押しターゲット!!

本日は、そんな“ライトタックルでのチヌゲーム”を満喫したというBA中崎氏の釣行レポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【スプリットショットリグでの“チヌのDAYゲーム”】

とある日、友人との会話の中で『チヌが良く上がっているよ~。』との近況を聞いて、そのポイントを案内してもらうことに。

今回の舞台となった河川は、最干時にその大部分が干上がってしまうような干満の影響をモロに受ける中規模河川。地質は泥質で、牡蠣殻の付着したストラクチャーが各所に点在しているようなフィールドでした。

友人の話によると、最干時に出来るスリ鉢状の潮溜まりに上潮で遡上してきたチヌが居残り、そこにストックされたチヌをバイブレーションのリフト&フォールなどで釣っていくのが、このポイントの定評あるパターンらしい。

バイブレーションでのチヌしかし、今回私が持ち込んだタックルはライトタッックル。 今話題の“ライトタックルでのチヌゲーム”に私も挑戦してみようと思ってのエントリーでした。

現場に到着したのは、ちょうど最干のタイミング。地元では有名なポイントだけに、すでに多くのアングラーが並んで釣りをしているような状況です。

ボトムには泥が堆積し、水深は1~2m前後。前日までの雨の影響もあってか、かなりの濁りで流れも速い。川幅も広く、手前は牡蠣のガレ場が点在している-。

現場を目にして、ライトタックルのチヌゲームにおける定番アプローチである【ボトムのズル引きパターン】は、今回のフィールドでは適切なアプローチではないだろうと判断。

友人が操作するルアーのアクションを確認しても、重めのスプリットショットリグやキャロライナリグを使用してのリフト&フォールのほうが、今回のフォールドは攻略しやすそうな印象を受けました。

【スプリットシンカー 7.0g】【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】を組み合わせたスプリットショットリグをフルキャスト。

川幅の2/3程度までしか攻略できないが、本流から駆け上がるブレイクは何とか攻められる。

リグを2~3回シャクり上げ、流れに乗せながら着底するまでドリフト。このアプローチで扇状に広く探っていくが・・・ブレイクラインのエンドにあるガレ場が想像以上に手強く、根掛かりが多発してしまう。

リグの変更も視野にいれるが、スプリットシンカー 7.0gでも普通に流されていくほどの流速。 ポイントまでの飛距離や水深を考慮しても今のセレクトがベストだと思い、リグは変更せずに“根掛かりの回避方法”に思考をシフトしてみました。

そうこうしているうちに、この河川での釣行をすでに経験している友人のロッドが大きく曲がった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA良型のチヌ!!

友人が仕留めた良型チヌこの河川はご覧のような良型のチヌが多く生息しているらしい。

焦る気持ちを抑えながら幾度も同じコースを通し、根掛かりを起こしてしまう状況の分析を続ける。 自分の立ち位置より上流側にキャストしたリグが下流側まで流され、ティップを支点にリグがスライドすると根掛かりが多発する状況。

逆を言えば、リグが自分より上流側から並行位置にくるまでの間は根掛かりが少ないことに気付き、その範囲のみにあるポイントを自分の立ち位置を変えながらスポット的に攻略していくことで、根掛かりを減少させることに成功しました。

この時点で、既に最干から30分以上の時間が経過していましたが、ようやく【魚へのアプローチ】に集中できる状況♪

狙いのポイントより上流側にキャストし、そこをかすめるように1~2m刻みのリフト&フォールでトレースコースを丁寧に修正しながら攻めていくと・・・リグがポイントを通過した直後のシャクり上げ中に「ガツッ!! ガツンッ!!」という明確なバイト!

すかさずフッキングを入れると、ロッドはバットから弧を描き、重々しい重量感とゴンゴンと竿を叩いて抵抗するファイトに、ヒットした魚がチヌだと確信しました。

手前のガレ場にラインが触れると即ラインブレイクとなってしまうので、なるべく魚が暴れないように慎重にじわじわと寄せ無事にランディングに成功

作戦成功♪45.0cmオーバーの良型チヌ!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその後は、ほどなくして上げの満ち潮が効き出したころからチヌの反応は極端になくなり、帰路に着くアングラーも多くなりました。

しばらく続けていましたが、中型のマゴチを追加できただけでチヌからの反応は無くなったので、私たちもここで終了といたしました。

マゴチライトタックルでのチヌゲームは、そのスリリングかつエキサイティングなファイトが病み付きになるゲームでした♪

これから到来する本格的な夏シーズンに向けて、身近な河川にも足を運んでいろいろと試みていこうと思います。

シビれるファイト!!ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.0ft(チューブラーティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2500S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.5-1.2号

●スプリットショットリグ・・・スプリットシンカー 7.0g + ユニットスイベルラウンドロック 0.4g-#4 + 2~3インチ前後のブラックバス用ワーム

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎氏のレポートをご紹介させていただきました。

北海道を除く、日本各地の沿岸に生息するチヌ。

この夏は、そんな身近なターゲットに皆さんもチャレンジしてみませんか。

ライトゲームならではのスリリングかつエキサイティングなファイトが、新たなライトゲームの世界を体感させてくれることでしょう。

2014年07月04日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR