FLOAT

キャロで尺メバルを攻略する!!

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです。

早くも6月中旬に差し掛かろうとしている昨今ですが、全国各地でご活動いただいております弊社ブランドスタッフから“梅雨メバル&アジ”の情報が続々あがってきております♪

本日は、ブランドビルダー/藤原克則氏より届きました【キャロライナリグを使ったメバルゲーム】のレポートをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【梅雨の伊豆メバル好調です!】

私がホームグランドとしている伊豆エリアの春メバルは、梅雨入りした現在でもなかなか好調な釣果が続いております。

例年、5~8月までのロングスパンで楽しめる伊豆の春メバルですが、毎年そのヒットパターンには若干の違いがあるように感じています。

『好調!!』と言っても、投げて巻くだけで簡単に釣れるというわけではなく【その日のヒットパターンを掴めれば・・・】という条件付きです。

実際に、ヒットパターンを外すとバイトすらない日もあるのですが、パターンにハマれば“尺オーバー連発!!”なんて日もあって、釣行の度になかなかエキサイティングな釣りを楽しむことができています。

中でも、私が今年1番!と感じているストロングパターンが『Ar.キャロ フリーシンカー』での“リフト&フォール パターン”

変幻自在メバル狙いにおいて、キャロライナリグを使用するアングラーは正直少ないかと思いますが、今年はこのパターンがかなりハマっているのです。

昨年も一筆させていただきましたが、キャロライナリグ最大の特徴は、その体積によるスローフォールアクション。

同重量のスプリットシンカーと比べて体積が大きいキャロシンカーは、私が通うゴロタ場などの水深が浅いフィールドでも、その威力を存分に発揮してくれます。

また、ラインをカットせずに瞬時にウエイトやバランスが交換できることもフリーシンカーの嬉しい特徴です♪

フリーシンカー私がフリーシンカーを使用する際のスタートセッティング【Ar.キャロ ウエイトアジャスター】×5個+【Ar.キャロ バランスアジャスター】×3個をリアウエイト(後方重心)でセットした約7.0gのキャロライナリグからスタートします。

ワーム&フックは【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】に2インチほどのグラブをセットしたものを多用。

リグをフルキャストした後、まずは中層をリフト&フォールさせるイメージで探っていきます。

ロッドをさびいてリグをリフトしカーブフォール。

カーブフォール中は、ロッドティップを下げながらラインテンションを保ちつつ余分な糸ふけを回収して、次のリフトアクションに備える。リグが波線を描くような軌道で同じレンジをトレースするイメージです。

キャロ・スラロームアクションこのアクションを表層、中層、ボトムと大まかなレンジに別けて探りながら、ラン&ガンで広範囲を攻めていきます。 また、根掛かりが多発する場合やフォールスピードがいまいち合っていないと感じる場合は、ウエイトやバランスを調整して、当日のベストセッティングを探していきます。

BB藤原克則今春は、HITポイントが遠いうえにスローなフォールアクションが効く場合が多く風や波がある状況下ではフリーシンカーの独壇場となることもしばしば♪  ウネリのある状況下でも波に揉まれ過ぎることもなく、なかなか良い仕事をしてくれます。

アジングで使用するイメージの強いキャロシンカーですが、ゴロタ場のメバルゲームでも、そのポテンシャルを遺憾なく発揮してくれるので、皆さんもぜひ!ローテーションの一つに加えてみてくださいね!

もちろん、その日によってHITゾーンやレンジは違うので、リグセレクトは適材適所♪

ラウンドロックでも【Ar.ヘッド ラウンドロック 3.0g-#4】のジグ単が良い日もあれば・・・

リグは適材適所!【シャローフリーク】などのフロートリグが威力を発揮する日もあります。

メバルという共通のターゲットであっても、その攻略方法は千差万別。

私の場合は“リグをローテーションさせながら、その日のヒットパターンを見つけていくスタイル”が、多くの魚と出会えるチャンスが増えるのでオススメですね!!

伊豆もいよいよ【梅雨入り】が宣言され、ついに本格的な梅雨メバルシーズンの開幕です♪

長雨、ウネリ、濁りなど釣りにおけるマイナス要因も増える季節ではありますが、まだまだ伊豆のメバルは最盛期!それらの条件も含めて楽しみながら、梅雨~初夏のメバルも満喫したいと思います。

ブランドビルダー 藤原 克則

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 8.4ft(高弾性チューブラーモデル)

●リール・・・スピニングリール 2506H

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 2.0号

【使用リグ】

●キャロライナリグ・・・Ar.キャロ フリーシンカー + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム(グラブ 2インチ)

●ジグヘッドリグ・・・ラウンドロック 2.0~3.0g-#4 + ワーム 2 ~ 2.5インチ前後

●フロートリグ[Fシステム]・・・シャローフリーク 7.5~10.5g + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム (グラブ 2インチ)

●フロートリグ[中通し式]・・・ぶっ飛びロッカー L-SS + ノットプロテクター 小 + ユニットスイベル or スティックストップ + ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム (グラブ 2インチ)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BB藤原克則氏の釣行レポートをご紹介させていただきました!!

【キャロライナリグでのメバルゲーム!】

私も思い当たるフィールドが幾つかあるので、実戦してみたいと思います♪

【スプリング・フォトカーニバル】リンクバナー【スプリング・フォト・カーニバル】も残すところ後2日!!

対象写真のある方は、お早目にご応募くださいね♪

2014年06月13日

“梅雨メバル”開幕!!

皆さん、こんにちわ♪ 企画担当のコーノです。

暦は6月!! いよいよ【梅雨メバル&アジ】のシーズンに突入しましたね!!

春メバルは、全国的にもそろそろラストスパートを迎える季節。 釣れているうちに、思う存分、今春のメバルを満喫しちゃってくださいね♪

本日は、そんな【梅雨メバル】を一足先に満喫しちゃったレポートをBA中崎氏からいただきました。ぜひ、あなたのフィールドに置き換えて読み進めてみてください。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【梅雨メバル開幕!!】

とある日の休日。 午後より本降りとなった雨と雷で、さすがに本日の釣行は難しいかと思っていましたが、予報より早めに天候が回復。 それならばと、近場のポイントにエントリーしてみました。

ここは、河川に隣接した岬状の地磯。

到着後さっそく状況を確認しましたが、河川から流れてきたゴミと沖から入るウネリが重なって、正直ここでは釣りが出来そうもない。

そこで、岬状の地磯から湾奥へと連なるサーフをラン&ガンで探ってみることに。

干潮だと完全に干上がってしまうような遠浅のサーフですが、沖に満潮位で水没する瀬が点在しているので、そこを【ぶっ飛びRocker F-L】+【Ar.ヘッド ラウンドロック 0.4g-#4】のフロートリグで狙っていくことに。

水深は2mあるなしといったところ。 瀬の沖側にキャストし、潮流と風を利用してカーブを描くように攻略していく。

リグが瀬の裏側に迫ったところで直ぐにヒット!

重量感のある引きに期待したものの、あがって来たのはお決まりのゲスト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA『正直、嬉しいような悲しいような・・・。』

その後も、足をつかって点在する沈み瀬を狙っていきますが反応はない。

さらに釣り歩いていくと、リップラップが整備された道路脇のポイントに差しかかる。沖は変わらずのサーフ&沈み瀬地帯であるが、やや水深が深くなっているポイント。

早速、沖の沈み瀬の先までフルキャスト。 瀬の裏側でフロート越しにジグヘッドをリフト&フォールさせると・・・『ゴゴンッ!』といきなりバイト!!

瀬を越えるカタチで強引に寄せてきた魚は、ナイスプロポーションの26.0cm!!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA写真撮影を済ませ、高鳴る気持ちを抑えつつ正確に同じポイントへリグを届けるとまたまたヒット!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれもなかなかの良型♪

その後も20.0~23.0cmほどをアベレージに怒涛の連続ヒットが続きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAメバルが付いているスポットは沈み瀬の周辺のみ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA瀬から少し離れてしまうと、釣れてくるのがセイゴに変わる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAしばらく、狙って魚種を釣り別けることを楽しんでいましたが、潮位が下がり、瀬が頭を出し始めたころから反応がなくなってしまったので、この日はここで終了としました。

今回のポイントは、これまで幾度も足を運んでいたにもかかわらず、釣果を上げられずにいたポイント。

今回の釣行で、釣れる潮位は把握できたので今後の展開が今から楽しみです。 また、当日のベイトは【バチ】だったので、この時期は、潮周りも踏まえたエントリーが必要になるかもしれません。

ともあれ・・・何度もなんども足を運んでやっと実を結んだ今回の結果は、サイズ以上の満足感が得られた思い出深い一夜となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール 2500S

●メインライン・・・PE 0.4号 ●リーダー・・・フロロカーボン 1.75-1.2号

【フロートリグ】

ぶっ飛びRocker F-L + ノットプロテクター 小ユニットスイベル+ ラウンドロック 0.4g-#4 + ワーム 2インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【スプリング・フォト・カーニバル】

【スプリング・フォトカーニバル】リンクバナーいよいよ残すところ2週間余り!ぜひ、奮ってご応募ください!!

2014年06月03日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR