FLOAT

重たいリグで強風対策

皆さん、こんにちは♪ 企画担当のコーノです!!

【フィッシングショー 大阪 2014】も無事閉幕を迎え・・・『いい加減、海に行きたい!!』という衝動に駆られる毎日ですw

しかし、ここ数週間は週末の度に“大寒波到来”という、サンデーアングラー泣かせの気象状況。。。

大雪の対策に追われ、釣行どころではないアングラーの皆様も多いかと思いますが、そろそろアフター明けのメバルの釣果が多くなってくる頃ですね♪

本日も、BA中崎氏よりメバルの釣行レポートが届いておりますので、そちらをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【強風下でのメバルゲーム】

私が日頃から足を運ぶ九州北部から山陰エリアのフィールドは、真冬になると冷たい北風が吹き荒れる日が多くなります。

日本海に面した地域は概ねこの傾向にあるかと思いますが、タイミング的にもメバルのプリスポーン~アフター前期と重なる場合が多く、釣りを展開するためには強風対策として重量級のリグを駆使し、シビアなメバルに口をつかわせなければならない非常に難しいゲームの組立てを強いられる季節であると感じています。

釣行当日も生憎の強風警報・・・。

しかし、不幸中の幸いか計画していた離島の漁港は南向きに面していること、天気自体は安定していること、定期船の出港も可能だったことなどから、僅かな期待を胸に渡島してみました。

初めて訪れるフィールドで釣りを行う場合、明るいうちにできるだけ多くのポイントを下見しておくと、夜間での釣りのヒントが得られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA沈み根の位置やブレイクラインまでの距離、ベイトフィッシュの有無など、暗くなってからでは困難な視覚での確認作業をメインに、エリア全体をラン&ガンして把握していきます。

しかし、今回は予想以上の強風。 島影にあたる港内のポイントですら風が舞って吹き付けるほどです。 ウエイトにして7.0g以上の重量級リグでないと何をしているのかまったく解らない状況。

釣り場に降り立った以上、安全を確保できる範囲であれば、釣行を続行したいのは釣人の性。 さっそく【スプリットシンカー 7.0g】を使用したスプリットショットリグで釣行を開始します。

まずは、港内の一番深くなっているエリアからチェック。

大きなロッド操作を行うとラインが風にとられるので、リトリーブをメインにゲームを組み立てていきます。

豆アジちゃん♪早速、可愛いサイズのアジをゲット♪ その後も同型のアジが釣れ続きますが、サイズアップとメバルを求めてポイントを移動してみます。

港の出入口付近。敷石周りにブロックが積んであったので、その周りを狙ってみることに。

DAYメバルこのポイントでもやはり強風の影響を受けますが、潮も動きやすくベイトの回遊も期待できるポイントであったためか20.0cm前後のメバルがしばし入食い状態に。

ムツの幼魚も良く釣れます。港内奥~港の出入口にかけての広い範囲で、ベイトフィッシュの存在を知らせてくれるコイツ(ムツの幼魚)が明るいうちから混ざるので、魚の活性は悪くなさそうな感じ。

沖にキャストすると豆アジ、近距離のストラクチャー周りではメバルとムツ。 離島のポテンシャルに助けられながらも釣果を伸ばしていきます。

夜間はやや風が落ちてきたものの、以前としてポイントは絞られる状態です。

風の影響を受けにくい常夜灯周りのポイント。 水面下の明暗部の境目にはメバルらしい魚影が確認できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA先程までと同様のスプリットショットリグをシャクってカーブフォール。ややリアクション気味に反応させて釣果を重ねていきます。

25.0cmまで釣れました。MAX 25.0cm ほど。

ポイントを制約されるこの状況下なら合格レベルのサイズではないでしょうか。

その後は、潮が緩むと同時に反応が悪くなっていったのですが、【Ar.キャロ フリーシンカ―】ウエイトアジャスター×4個+海水を封入した7.0gほどのキャロライナリグをメインに、できるだけスローな釣りを展開。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAリグの重量やアクションは同じでも、体積と比重の違いでフォールスピードに変化を与えることで、喰い渋る状況にも対応していきました。

贅沢を言えば、漁港に隣接する写真のようなゴロタ場も打ちたかったのですが・・・ここは次回に持越しということで。

漁港に隣接するゴロタエリアまだまだ安定しない天候が続いている昨今ですが、メバルもそろそろアフターからの回復個体が釣れ出すタイミングが近づいていると思います。

天気図を眺めながら、週末を愉しみにする日々がまだまだ続きそうです。

ブランドアドバイザー 中崎 優斗

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・ライトゲーム用ロッド 7.0ft(高弾性ソリッドティップモデル)

●リール・・・スピニングリール C2000S

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・フロロカーボン 1.0号

【スプリットショットリグ】

スプリットシンカー 7.0g+ウキゴム+ユニットスイベル+ラウンドロック 0.4g-#4 & ジャックアッパー 0.4-#6+ワーム 2~2.5インチ前後

【キャロライナリグ】

フリーシンカー+ウエイトアジャスター×4~6個+海水+ノットプロテクター 小+ユニットスイベル+ラウンドロック 0.4g-#4 & ジャックアッパー 0.4-#6+ワーム 2~2.5インチ前後

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA中崎氏の釣行レポートをご紹介させていただきました!!

冬期のライトゲーム釣行は、正直天候に悩まされることが多いですよね

アプローチの観点からはもちろん、強風などの悪条件に対応する為にも、リグの種類やウエイトのバリエーションなどは多くあった方が良いと思います。

“さまざまなリグを駆使してターゲットに迫る!!”

そんなライトゲームらしい展開で、みなさんも釣果UPを目指してみてくださいね♪

2014年02月15日

【フィッシングショー OSAKA 2014】 たくさんのご来場ありがとうございました!!

平成26年02月08日(土)~平成26年02月09日(日)

【フィッシングショー 大阪 2014】!!!!!!!

031アルカジックジャパンは、今年も出展させていただきました☆

※個人情報保護の観点から、画像の一部を処理&修正させていただいております。予めご了承ください。

今回で3回目となる“西の祭典”♪ 日頃から弊社製品をご愛用いただいているアングラーの方々と、直にお話しができるこの機会は、私たちにとっても大変貴重かつ重要な2日間なのです。

057また、全国で活動いただいているブランドスタッフが一同に会するのもフィッシングショーならではのこと♪

035

041

053眠らない大阪の夜の“裏イベント”が連日続く事実は、ここだけの話です(笑)

今年のブースはこんな感じ♪

056

043ブルーを基調した爽やかな壁面にホワイトの帯でアクセントを入れて♪ アルカジックらしいカラーパターンで展開してみました。

028対面カウンター方式で、アングラー一人ひとりと濃密な時間を共有☆

新製品情報はもちろんですが、現行アイテムのすべてを一度に観覧することができるのも展示会ならではないでしょうか?

ブース内では、「このアイテムはどうやって使うの?」「このリグはどんな時に使用したらいいのか?」「◯◯な時はこのアイテムがいいねん!!」「こんなアイテムをつくって欲しい!!」といった、現場直送の貴重な釣り談義に花が咲きます♪

029弊社アイテムを使用したリグ(仕掛図)なども展示。

誌面や動画などでは、どうしてもお伝えしきれない部分をご質問いただき理解して貰えることは、私たちにとっても非常に大切なことです。

058全国のファンの方々との交流や再会♪ ブランドとしても一個人としても、これ以上の財産はないですね~。

【ブランドビルダーの面々によるトークショー】もお陰様で大好評♪

037フロートリグのエキスパートたちによる【フロートリグでのライトゲーム戦略!!】

032様々なリグを駆使してアジを確実に捕える【最新アジング戦略!!】

045尺メバルハンターがお届ける【尺メバルに一歩近づくメバリング戦略!!】

などなど、ライトゲームの第一線で活躍するブランドビルダーたちのタイムリーなライトゲーム戦略をご紹介いただきました♪ ほか、ここでは書ききれないほどの貴重で有意義な時間・・・。 正直、あっという間の2日間でございました☆

065最後に・・・全国的にも稀にみる大寒波到来中の開催にも関わらず、お足元も悪い中ご来場されたアングラーの皆さま、この場をお借りして心からお礼申し上げます。 また、連日にわたりご協力いただきました関係者の方々、本当にお疲れ様でした!

次回は、平成27年02月07日(土)~平成27年02月08日(日)に開催予定!!

よりたくさんのアングラーの方々と、さらに密な交流できることを愉しみに・・・♪

来年もご来場お待ち致しております!

2014年02月13日

狙いは夢の50オーバー!!!!

みなさん、こんにちは。 季節の進行は早いもので・・・気が付けば、年明けから早一ヶ月を経過。 本日より暦は2月ですね。

ライトゲームのシーズンと言えば『真冬』というイメージが定着しておりますが・・・実際は、晩秋と春が全国的にみても最も盛んな釣期ではないでしょうか。

2月といえば、全国的にメバルは産卵直後のアフターシーズンにあたりますし、アジも沿岸部からは正直なかなか厳しい季節です。

こういってしまうと、現場から足が遠くなってしまいそうですが・・・それでも他のターゲットよりは釣果を期待できますし、シビアさを愉しむという意味では、腕の見せ所な季節がこの時期とも言えます。

もちろん地域によっては、大型のアジが狙えるシーズンに入ったり、アフターメバルが早くも好調になったり・・・と、一概には言えませんが【行かなければ釣れない】ということだけは確かでしょうね♪(笑)

弊社ブランドスタッフ達も各地で勢力的に活動中!! 本日は、BA髙橋氏より“早くも大型アジ接岸!!”との知らせが届いておりますので、そちらをご紹介させていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【狙いは、夢の50オーバー!!!!】

先月中頃。「そろそろかもね♪」と、離島への釣行を釣友と計画していた。

狙いはアジ。 それも40.0cm。いや45.0cmオーバー!!!! ・・・いやいや、夢は大きく!50.0cmオーバーの特大サイズのアジを狙いたい!!

私が活動する九州北部エリアは、全国的にみても季節の進行が早い地域。 特にアジに関しては、12月中頃から大型が期待できる季節にあたる。

昨年は、このタイミングで45.0cmの大型アジをキャッチしていたので、今年は更なるサイズアップを目標に、新年早々から現場へ足を運び、そのタイミングを待ち望んでいた。

釣行当日。 行きの船中では「こういう攻め方はどうだろうか。」「自分はこうアプローチしてみる。」「ベイトは入っているだろうか。」「本命のデカアジも入ってくるだろうか。」などなど、釣友と釣談義に花を咲かせ、期待と不安に胸躍るあっという間の船旅だった。

到着早々、まずは明るいうちにポイントの様子を伺う。

潮は良い感じに流れているし、風もそれほど気にならない。海面にはチラホラとベイトフィッシュの群れも目に入る・・・。

「どうだろうね?」と釣友に問いかけると、「どうでしょうね」と返事が返ってくるが、お互いに状況は悪くないと察しており、二人ともニヤリと笑みを浮かべて準備に取りかかった。

昨年までのパターンでは、朝夕マズメの僅かなタイミングが大型アジの時合い。表層付近のレンジを早いテンポで手返し良く釣ることが好釣果を上げる秘訣であったため、今回はジグヘッドリグを主に釣りを展開することにした。

夕日が傾き、空の色が変わり始めた頃、釣友に待望のファーストヒット。 しかし、期待とは裏腹に25.0cm前後の小ぶりなアジ。 自分にも同サイズがヒットするが、お互い後が続かない・・・。

通常なら「幸先のいいスタート!」と言えるサイズなのだが、この島のポテンシャルを知ってる以上は素直に喜べない。

『数も出ないし、型も小さい・・・。もしやタイミングを外してしまったのだろうか?』と、二人して顔を見合わせ首をかしげる。

一向に好転の兆しがみえない状況のまま、早くも夕日は島影に沈む。

不安な気持ちに陥りそうになったとき、何の前触れもなく「ズシリ」という独特の重みでロッドがしなった!!

時合い突入!丸々とした35.0cmのアジをキャッチ。 そこから一気に、祭りの様相を呈し始めた!

【Ar.ヘッド ジャックアッパー HW 3.5g-#7】のジグヘッドリグで、表層からカウント5前後のレンジを早めのアクションで誘うとバイトが多発!!

躊躇なくゴリ巻きでキャッチし、時間を惜しむように即キャスト!この繰り返しでゲームを展開する。

時合いは決して長くはない。

出ました!40.0cmオーバー!!!「小さいな。」と感じるアジが尺サイズ。 「まあまあかな。」が35.0cm前後で、「コイツはそこそこあるんじゃない?」なんていうのが40.0cm前後という完全に感覚のマヒしたゲーム。

そんな贅沢な状況を楽しんでいると・・・「デカイ!!」釣友が声を上げる!

キツめに設定しているハズの彼のドラグを【ジーーーーッ!!!!】と音を響かせラインを引き出すさまは大型特有のサイン。 声にならない声を上げつつファイトする釣友に駆け寄り「丁寧にいこう!」と声をかけつつファイトを見守る。

ドタっとした音を立てて陸に上がったのは、47.0cmの超ビッグサイズだった。

釣友が仕留めた特大サイズ♪お互い満面の笑みでガッチリと握手を交わし、「次は自分だ!」とキャスト再開。

その後もアベレージ35.0cm前後、時折40.0cmオーバーといった感じでヒットが続くが、釣友のデカアジには敵わないまま時間は過ぎていく・・・。

次第にアジの活性も落ちついてきたのか、引っ手繰っるような明確なバイトは減り、ややセレクティブな状況に。

速いテンポのアクションの間に、意図的なフリーフォールを演出することで釣果を繋ぐ。

重量級ジグヘッドリグ炸裂!!スローなアプローチも視野に入れ、1.5gのジグヘッドリグやスプリットショットリグなども試したが、やはり3.5gのジグヘッドリグが一番状況に合っていたようで、アクション後の素早い瞬間的なフリーフォールアクションにリアクション気味に反応しているようだった。

結局、私はMAX41.0cm止まりであったが、大型のみでご覧の好釣果♪

贅沢過ぎる釣果贅沢をいえば、釣友のように45.0cmオーバーを釣りたかったが・・・まだ勝負は終わってはいない。 翌朝へと期待を込め、この日は早めに床に就いた。

翌朝、まだ夜が明けぬうちにポイントへと降り立った。 身体を慣らすようにキャストを繰り返し、時合いの到来を待つ。

東の空が次第に白み始め、隣で竿を振る釣友の表情がなんとか判断できるようになってきた。 「そろそろ・・・」とお互いに顔を見合わせた瞬間!ティップに重みが伝わる。

先手必勝でゴリゴリと巻き続け、あがってきたのは34.0cm!!!!

34.0cm「時合い到来か!」と、期待を込めてキャストを繰り返したのだが・・・前日のようなラッシュはなく、結局朝マズメは写真の2匹を追加しただけで、そのまま納竿となってしまった。

このサイズが狙える季節です。前日のレコードフィッシュにニコニコの釣友。 若干の悔しさを覚えつつも、次回のリベンジ釣行が楽しみになる贅沢な釣行となった。

ブランドアドバイザー 髙橋 大介

【使用タックルデータ】

●ロッド・・・オリジナルのベイトフィネスロッド 8.3ft

●リール・・・小型ベイトリール

●メインライン・・・PE 0.4号

●リーダー・・・フロロカーボン 2.0号

【使用リグ】

●ジグヘッドリグ・・・ジャックアッパーHW 3.5g-#7+ワーム 2~2.8インチ など

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

以上、BA髙橋氏の釣行レポートでした。

【夢の50.0cmオーバー!!!!】

九州北部エリアでは、例年12月中頃~3月上旬くらいまで特大サイズのアジが狙えます!!

皆さんも夢の50.0cmオーバーを求めて、ぜひ釣行を重ねてくださいね~♪

2014年02月01日
  • RECENT POSTS

  • CATEGORY

  • CALENDAR